きたへふ おおの かわくち つた゛

2017年 巨人戦終了

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日と今日で今シーズンのジャイアンツ戦が終了となりました。

 広 5-0 巨

 広 3-2 巨

昨日の試合は全く見れていないのでスルーさせていただきます。(笑)

祐太が「4本目」として自身の立場を確立させたくらいなのかな。 後は野間が打ったりバティスタが右打ちしたりとそんな感じなんでしょうか。

で、日付が変わって今日。 17年度の巨人との最終戦となったわけです。

う~ん。 最終的に18勝7敗ですか。 あれほど苦手としていた“天敵”、『読売巨人軍』に対してここまで勝ち越せるもんなんですね。(苦笑)

今日の試合から感じたこととしては、よくこれで勝てたなあと。(笑)

阪神やDeNAに対してこんな戦いをしていたら間違いなく終盤ひっくり返されていたと思いますし、如実に対戦成績が反映されたゲーム展開だったと感じています。

打線の怖さがないので、6回にしろ9回にしろ「抑えられそうだな」というのがあるんですよね。 これが「筒香・ロペス・宮崎」だったら先頭打者を簡単に出していたり無駄な四球を出していたら致命的になるんですが、今のジャイアンツ打線にはそれがない。 これが勝負所で糸井、福留、鳥谷といったベテランに打席に立たれていたら恐怖なんですが、今の巨人打線の中核からはそういったオーラを感じることがないわけです。 中日やヤクルトにしても“下位打線の嫌らしさ”みたいなものを味わうことが多いんですが、どうしてか巨人戦はスムーズに進んでくれるんですよね。(苦笑)

だからこそ、3安打3得点で勝てたんでしょう。

要は対打線に関して言えば、「CSで戦いたいのは圧倒的に巨人」となるわけです。

ただ、ジャイアンツにはそれを補うに余りある先発投手力があり、今日の畠もそうですが、薮田と最多勝を争う菅野や左腕の田口あたりには手も足も出なくなるのが、その考えを改めさせる要因にもなっています。

やっぱり「短期決戦に強い」というイメージがまだまだ払拭できず、個人的にはこのような対戦成績の差が埋まれようとも「原・ジャイアンツ」に植え付けられた「試合巧者」の印象は消え去らないわけですよ。(苦笑)

何とか3位争いはDeNAに逃げ切ってほしいかな・・・。

今日の試合の感想を一言で言えば、前回捕まった感じと似ていたシチュエーションを打破することができて良かったかと。 まあ、薮田は菊池に感謝、でしょうか。(笑)

そう言えば坂倉がようやく打席に立ちましたね。

まるで清宮でも打席に立っているかのようなどよめきに、彼の輝かしい未来が想像できます。

まずは第一歩、おめでとう!

さて、プロ入りを表明した清宮には7球団前後の入札が予想されます。 カープは奨成との兼ね合いもあって“参戦できません”が、甲子園で過剰に中村奨成の評価が高まったことが影響してしまいましたね。(汗) 並び立つような書き方をよく見ますが、さすがに清宮は別格で、奨成は“ダントツの二番手”といった感じだと思います。 もちろん素晴らしい捕手だと思いますし、何より地元のスターなんで獲得してほしいに決まっていますよ!(笑) ただ、どうなんでしょうね。 指名すべきか否か・・・。

兼ねてからの予定通り投手に行くのか、それとも“取りやすくなった”奨成を狙いに行くのか。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
広島東洋カープ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017年 巨人戦終了

こんばんは。
コメントありがとうございます。


>carp15lovesportscarp さん

昨日の中日の9回の送りバントとの意味合いの違いが明確でしたね。
吉川ではなく京田だったならとまでは言いたくありませんが(苦笑)、どうも歯車が上手く噛み合っていないような気がしています。
たしかに言い方は悪いですが「格下の戦い」に近いものがありますね。(汗)


>seiyaganbare さん

ここに来てオーナーがコメントを発するくらい「奨成フィーバー」は無視できないものとなってしまいました。(汗)
この流れだと奨成にするかは最後まで迷いそうですね。
即戦力投手と決めたプランを変えてまでファンの声に寄り添うのか。
はたまた独自の路線を貫くのか。
奨成に関しては坂倉がいなかったら間違いなく1位指名で問題ないと思うのですが、そのあたりがポイントになりそうですね。(汗)


>2ndmix さん

たしかにマイコラスには安定して勝てていて、畠にもこの感じだとそこまで苦労はしなさそうですね。
となると打線がパッとしない巨人はオイシクもあるわけですが・・・。(笑)
どっちがいいんでしょう。
いまだに巨人を怖がっている自分が弱気すぎるんですかね。(苦笑)


>ひろ さん

観戦お疲れ様でした。
自分は観戦時はほとんど席を立ちません。(笑)
食べ物も我慢して家から持ってきた(厳密には持ち込みダメですが 汗)おにぎりとか食べています。
おしっこがしたくなるから飲み物も少なめにして、もう映画でも観に行っているくらいの完全防備で望んでいますよ!
さてさて、ドラフトが楽しみで仕方ありませんね。


>ひが さん

やっぱり坂倉は捕手一本だからこその魅力ですよね。
會澤が衰える頃とは言わず、バリバリの會澤に「併用」を考えさせるだけの存在になってもらいたいと願います。(苦笑)
となると、これまた捕手で使ってほしい奨成の枠もなく・・・。
悩ましいですが、こればっかりは運命なんでしょう。(汗)

2017年 巨人戦終了

更新お疲れ様です。
薮田15勝目。実際、最多勝は厳しいと思いますが、今シーズンはMVP級の大活躍でしたね。
普通は10勝あたりで勢いが止まるもんですが、その後も加速しましたからね。今のカープで最も長いイニングを投げられる投手。ミスター完投。日本シリーズ初戦は薮田で行ってもらいたいです。

坂倉プロ初打席。構えもスイングも良かったですが、一番魅力的だったのは「顔」です。やる気と向上心を感じましたね。
プロ初打席で、左投手相手に代打で出ていくなんて並みのルーキーじゃありません。長いことプロ野球を見てて、初めて見たように思います。
守備も見たいですが、さすがに今年はないですかね。坂倉を外野や一塁で安易に使わず、じっくりキャッチャーで育ててほしいと思います。

2017年 巨人戦終了

お疲れ様です

実は、昨日言って来ました。実は、友達がチケット余ってるから急に参戦したのですが、食べ物勝っている間に点が入ったりと何かちょっと悲しいです(笑)

中村・薮田投手は今後も楽しみですねぇ。中村投手もしかしたら先発4番手辺りで、ジョンソン・野村・薮田投手の次に行けそうですねぇ。

話変わりますが、ドラフト中村捕手言って欲しいですねぇ

2017年 巨人戦終了

ここ数日3位はどちらがいいか不透明になってましたが、この2連戦で明確になりました。
個人的には巨人に3位になって欲しいです。

DeNAにうちと相性がいい選手が多いというのもありますが、巨人のストロングポイントである先発4本柱のうちマイコラスと畠にはそんなに苦手意識がないというのがその理由です。
ストロングポイントが半減となりますと打線は管理人さんの仰る通りDeNAの方が怖いので、必然的に3位は巨人・・という結論に達してしまいました。

こんな記事も読みたい

ジャンケンと塩梅【no title】

【タイガース】阪神清宮はどうですか?【no title】

清宮は確かにファンを呼べるが…竜にその「余裕」はあるのか?【Walk On With Sports!!】

優勝セールはないけれど・・・ 20170922【跳ねすぎ!まるた鯉】

「揉み」は捏造記事?【酔竜の館 スポーツナビ別館 カープの間】

今年の秋は左腕がいっぱい!【カープファンの構想と妄想】

物事を野球に例えるおっさん世代【カープファン初心者が勝手なことを言います】

剛より柔のサビエル・バティスタ❗️【やっぱりカープがナンバーワン❗️】

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。

好きな選手ランキング
 1 山本浩二
 2 前田健太
 3 鈴木誠也【怪我平癒祈願】
 4 前田智徳
 5 川口和久
 6 黒田博樹
 7 新井貴浩
 8 横山竜士
 9 ブラッド・エルドレッド
  • 昨日のページビュー:408
  • 累計のページビュー:33769969

(12月08日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss