きたへふ おおの かわくち つた゛

岡田はリリーフの方がいいんですかね

このエントリーをはてなブックマークに追加

8連勝で80勝目。ひとまずマジックは「6」になりました。

 中 5-9 広

何やら「堰き止めていたものがなくなった」かのような怒涛の強さ。

負けてもいいのに負けない強さ。(笑)

こうなったらアレですね。 早目に胴上げをして、お疲れ気味の面々は一気に休んでもらいましょう。

フル出場を狙う広輔や最多安打と首位打者を狙う丸、同じく首位打者狙いの安部などはともかく、菊池やブラッドあたりは抹消してもいいかもしれません。

それにしても今日も4点差で一岡、中﨑のリレーでしたね。(苦笑)

ジャクソンが出て来たのは6回の時点で勝っていたわけでも大敗していたわけでもない微妙な点差だったので、元々そういう継投を選んでいたからだと思います。 特に「勝ちパターンの3名を使わない」とかそういう“縛り”はなかったと考えられますね。

で、その後逆転し2点リードした時点で勝ちパターンの投入を決めたんでしょう。

もう突き進むんだと思いますよ。 今日はお休みでしたが今村も加えた3名、もっと言えばおそらく廉もですが、リリーフ投手に関してはこういう起用で最後まで戦うような気がしています。

「申し訳ない」という思いと「大丈夫かな」という心配が交錯しますが(汗)、「優勝」という目標に向かって満身創痍になろうとも駆け抜けるというのであれば、黙って見守るしかないわけです。

腹を決めますか。  (^_^;)

さて、今日の先発は岡田でしたが、岡田ってこんなノーコンの匂いのする投手でしたっけ。(汗)

もうちょっと「完成度」が極まっていたような気がしていましたが、今の彼は「荒れ」のイメージがドンドン先行してしまっています。

「3巡目」がキーポイントになるのであれば「6回」を目標にでも設定し先発としても“使える”とは思いますが、こんな感じで早いイニングからグダグダになるのであれば、もういっそ先発ではなくリリーフの方がいいんじゃないかとさえ感じる次第であります。

元より入団時はリリーフで使ってほしかった(もちろん個人の感想です 笑)わけですし・・・。

今年はこのままで構わないとして、来年はいよいよ本格的にリリーフ転向も視野に入れて然るべきだと思います。

ちょうど薮田が前で成功してくれたことですしね。(笑)

後は明日の大瀬良次第でCS、日本シリーズのローテはジョンソン(どんな状況だろうとKJを先頭に書くことにします! 笑)、野村、薮田、祐太、大瀬良で組み、岡田は九里と一緒にベンチで待機。 ダブルスターターじゃありませんが、岩隈よろしく「第2先発」として置いておくのも悪くないでしょう。

・・・。

とまあ、何でしょう、この「終わった感」は。(苦笑)

気が抜けているのがバレバレですかね。(笑)  (/ω\)

しっかし打線は元気ですねえ・・・。

松山が「4番」にドガーンと座るようになってからの攻撃の厚みに驚くばかりです。

2点差くらいは全く気にならなく、今日のように2番手の九里がビシッと試合を締めてくれさえすれば、いずれ逆転できるだろうと胃が全然痛くならないわけですよ。(笑)

その松山は4安打4打点ですか。 ムラのある男だったくせに、急に安定感のある、そして頼りになる感のある打者になっていましたね。(笑) 「誠也の穴」などどこ吹く風に。 間違いなく後半戦の打者のMVPは松山です。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
広島東洋カープ
タグ:
岡田明丈

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

岡田はリリーフの方がいいんですかね

こんにちは。
コメントありがとうございます。


>jang-koi さん

岡田と今村ですか。
なるほど。ポーカーフェイスに乙女ンタルとは。(笑)
自分は今村のリリーフにある程度の「良さ」を感じているので、逆に二人が似ているというのであれば期待が出てしまいます。
劇場型はカープの専売特許ですしね。(笑)


>kansaibenisyouga さん

岡田の最近の「6回90球マン」(笑)っぷりは残念でしかありません。
自分も「中5日」に不安しかありませんでしたが、ホント案の定で・・・。
以前誰かも言っていましたが、岡田はケガでもしているのでしょうか。(汗)
頑丈そうなだけに心配していませんでしたが、やっぱり・・・となると危険ではありますね。

岡田はリリーフの方がいいんですかね


コメント失礼します。

私のブログの中で詳しくかいてるんですが、

後半戦の岡田は8回、9回なんて夢のまた夢、

7回突入したら100%(まあ2登板だけなんですが)打たれる6回90球が限界マンになってるので、

前半戦でも苦手にしてた(3戦3敗)中5日とか無理だろう、5回もたないんじゃない?

と思ってみてたので案の定でしたね。

まあ投手に四球出したりグダグダの投球してたので自業自得の部分もありますが、

今日炎上したことについては岡田の情けなさ半分、見えてる地雷踏みにいった首脳陣の責任半分だと思います。

ポストシーズンに備えて中5日試したかったのかもしれませんが・・・

というか、後半戦入ってから岡田の状態明らかにおかしいんで、疲れとか研究と言うより肩なり肘なり痛めてるんじゃないかと思います。

昨年も7月頃に一度離脱してましたし。

それ考えると来年以降はともかく今年の残りリリーフで回すのも怖いんですよね。

今の九里みたいな使い方ならそこまで負担にならないかもしれませんが、

昨年の大瀬良みたいに壊れないかが心配ですね。

長文失礼しました。

「岡田はリリーフの方がいいんですかね」へのコメント

岩本・松山カブりならぬ、個人的には岡田は今村とカブります。

速球主体のポーカーフェイスのドラ1。メンタル強そうで、実は乙女ンタル。

なので岡田を抑えで想定した場合、今村と似たような感じかなぁと思ってます。

岡田はリリーフの方がいいんですかね

こんばんは。
コメントありがとうございます。


>carp15lovesportscarp さん

自分も今季の8回、9回と投げ切っている姿を見ていて「先発・岡田」の魅力を再発見! という感じで、「もう先発でいいかな」と方向転換しかけたんですがねえ・・・。(苦笑)
交流戦あたりの不甲斐ない投球にその思いが消えかけました。
ただ、後半に入ってから一時ストレートでグイグイ押す岡田に再度可能性を感じ、またまたしかし、最近の四球で崩れる姿に気持ちが萎えている状況です。(苦笑)
今のままならリリーフでも上手くいかないでしょうね。


>ひろ さん

岡田にしろ加藤にしろ「先発とリリーフどちらでも」と獲得した投手なので、それなら質・量共に不足気味のリリーフを厚くしたいという思いもあります。
まあ、これは薮田にも言えることでしたが、彼の場合は故障歴がありまして。(汗)
先発転向が上手くいって良かったです。
大瀬良と言えば、自分は地味に、多くの方が推す「大瀬良リリーフ」だけは大反対なんですよね。(苦笑)


>信州の鯉人 さん

安部もファインプレーの後にエラーですもんねえ・・・。(汗)
ジョンソンじゃありませんが、味方の失策でリズムが狂うのは気の毒ではありますね。
岡田の先発適性は【大】でしょう。ただ、リリーフ適性も【大】か【中】あって、これほど使い勝手の良い投手は貴重だと思います(加藤や九里なんかもこんな感じですかね)。
それゆえ、せっかく今回は先発で2ケタ勝つという結果を残しているだけに「先発街道まっしぐら」を歩んでほしかったわけですが・・・。(苦笑)
自分でチャンスの芽を摘んでいるのがもったいなく感じます。

こんな記事も読みたい

DeNA戦の快勝劇に見る、対広島戦で止まらない風を感じているのは首脳陣だけではないのか?【ぷかちょの、野球はツーアウトから。】

今日もあと一本が【西にいても心はマリンに】

期待が膨らんだものの【アナグラム的分析ラボラトリ】

松山に複数年契約あげましょうよ。【関西紅ショウガ】

薮田、完封で14勝目!!【まるごとCARP! ・:,。★~いつのまにかPart2~★,。・:・゚】

レッド・ゼロ・ファイター。【Carpe diem 野球はドラマ!】

○ カープ 3-0 ドラゴンズ@ナゴド【2017/09/08】【スライリィーと愉快な仲間たち ~広島カープ優勝までの軌跡~】

投手起用のやり繰りはつくづく難しいね。【青木寝具店のブログ。】

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。

好きな選手ランキング
 1 山本浩二
 2 前田健太
 3 鈴木誠也【怪我平癒祈願】
 4 前田智徳
 5 川口和久
 6 黒田博樹
 7 新井貴浩
 8 横山竜士
 9 ブラッド・エルドレッド
  • 昨日のページビュー:9019
  • 累計のページビュー:32791434

(09月25日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss