きたへふ おおの かわくち つた゛

プロ野球界では猛禽類こそが生態系の頂点

このエントリーをはてなブックマークに追加

一つの「夢」が儚く散りました――。

 広 4-7 ソ

勝てば初の交流戦「優勝」となる一戦でしたが、やはりというか、こういう試合を悉く落としてしまう“カープらしさ”を見せつけてしまい(苦笑)、残念ながら今季一発目の「栄冠」というわけにはいきませんでした。

後1勝かあ・・・。

惜しかったなあ・・・。  (´Д`)

単純な勝ち負けではカープ、ホークス共に12勝6敗と互角だったんですが、大会規定に基づき同率で並んだ場合の「対戦成績」で2勝1敗と負け越しているので結果として交流戦は2位に甘んじることに。 これがよりいっそう「惜しさ」を醸し出すわけですよ。(苦笑)

ただですね。 この三日間ソフトバンクと戦ってみてその“強さ”を思い知らされたのは間違いなく、どうしても「恨み節」が出ないんですよ。(笑)

あの隙を突く走塁や各打者の勝負強さ、挙げ句投手陣まで盤石ですから(ただ、巷で絶賛している昨日の工藤監督のこまめな「継投」については、それほど凄いとも感じていませんでしたが 苦笑)。 言い過ぎかもしれませんが、どうやったってホークスが頂点に相応しかったと思います。

だからこそ「直接対決の結果」が上下の指針になっていたことに安堵しているわけで、3戦ぶつかって2戦負けているんですからこそ「仕方ない」と割り切れるわけです。 これが変に「リーグの勝敗が~」とか「得失点差の~」とかじゃなくて良かったですよ。(笑)

昨日はそもそも祐太が崩れたこともありましたが、初回の二つのエラー(記録はなぜか内野安打 苦笑)が出た時点で嫌なものは感じさせられましたね。 大事な局面で、しかも戦い慣れている本拠地でのミス。 太陽の位置が原因なので一概に選手を責めることはできないものの、できることなら最初の祐太の一回目を生かして対処してほしかったです(内野の場合、他者のカバーとかって可能なんでしょうか)。

それでもブラッドが意地の一本を打ってくれて“二死無走者からの同点”を演出してくれた時には「流れ」を強引に引き戻したようにも思えましたが、2回表に先頭を歩かせた時点で再度「流れ」はソフトバンクに戻って行ったんでしょう。(汗) 制球力が悪くないはずの祐太が制球を乱していたこと自体が、昨日の試合の「重さ」を物語っているのかもしれませんね。

九里が「第二先発」として力投を見せるも、その間に追い上げることもできなかったことが敗因でしょうか。(汗)

山田の位置付けが分からないので何とも言えませんが、ウチならそこまで早目の「切り替え」はしなかったでしょうし、そのあたりが試合巧者足る所以だったのかもしれません。 それだからこそカープ打線は岡本を攻略しなければならなかったわけで、小刻みな継投に戸惑ってしまったのか(汗)、その後も得点の匂いを感じさせられなかったあたり大勢は決していたんでしょう。

九里が力尽き、点差が開いて2-5に。

内川やデスパイネがいないにも関わらずソフトバンクは強い。 そう感じた瞬間でしたね。(汗)

後はジャクソンの2失点や加藤の登場、アンパンチなどありましたが、「6回までにリードしてれば勝つ」でしたっけ? まさにウチが目指している野球をホークスにやられて「栄誉」がすり抜けていったわけです。(汗)

しかし、交流戦の「優勝」が我々の目標ではありません。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
広島東洋カープ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

プロ野球界では猛禽類こそが生態系の頂点

こんにちは。
コメントありがとうございます。


>carp2011 さん

カープはまだまだ発展途上中なんでしょうね。
負けてなお強くなる可能性を秘めているあたり、サイヤ人のようでもあります。(笑)
幸い緒方監督も監督として成長途中ですし(苦笑)、良い意味でチーム一体となって学ぶ姿勢を保ち続けているんでしょう。
リーグ戦再開後と言わず、来年、再来年以降も期待が持てますね。

プロ野球界では猛禽類こそが生態系の頂点

去年の交流戦でもカープはパリーグから多くを学びリーグ戦に活かしてました。
今回もそういった意味の収穫も多いはず。
バージョンアップしたカープを楽しみにしてます‼️

プロ野球界では猛禽類こそが生態系の頂点

こんばんは。
コメントありがとうございます。


>mahoutukai さん

達川の存在はたしかに大きいかもしれませんね。(苦笑)
同じリーグにいた時はそこまで感じなかったんですが、このソフトバンク戦では何やらアドバイスも的確なようで。(笑)
金本もそうですが、「元カープ」の人材ってなかなか優秀(カープ戦において)なんでしょうか。


>nishikicarp さん

「打たれたらしょうがない」という気持ちはあるのかもしれません。
そこがセとパの違いなんでしょうかね。
打撃も思い切りが良いように感じますし、パ・リーグって良い意味での「大胆さ」があるとでも言いましょうか。
見習うべきところです。(苦笑)
ただ、カープはセの中でもその雰囲気が出始めていますし、こちらも良い意味でパ・リーグ化しているとも言えます。
強さの秘密が見えた気がしますね。(笑)


>pandanonohina さん

数年前を考えれば、そもそも勝ち越しているのが凄いですからね。(苦笑)
それが今は充分パの中に入っても通用するとでも言いましょうか。
要因は「打力」なんですかね。
そう言った意味では野手をドンドン補強しようとしている金本監督の目は確かなのかもしれません。(汗)


>がんばれCARP さん

負けてもハシゴするのは凄い胆力ですね。(笑)
昨日は守備に綻びが出ましたが、守りのミスがなくても負けていたような雰囲気でした。(汗)
ソフトバンクは強いですねえ・・・。
まずは阪神に勝ち越して良いスタートを切りたいものです。

プロ野球界では猛禽類こそが生態系の頂点

コメント、失礼します。

昨日は私用で結果のみを知りました。
いつもなら負けても夜のスポーツニュースのハシゴをするのですが、あまりに悔しかったので試合の詳細を知ったのは今朝の新聞を見てからでした。

よく頑張った交流戦だったとは思いますが、ホームグランドで守乱で負けたとあっては余計に悔しくなりました。

これを糧としてくれればいいと思いますが、いや~悔しいですね。

交流戦終了時の成績は昨年よりいいと切り替えて金曜日からのレギュラーシーズン、当面の敵であるT戦、まずはカード勝ち越しを目標に頑張ってもらいましょう。

こんな記事も読みたい

チャンスだ東倫!彼はチームを救えるのか【若年寄ののらりくらり】

【2017-65】嫌な予感はもう何度目だ【ツバメの舞い上がる夢日記】

ベースボール・タイムズ最新号が発売中!【野球専門誌『ベースボール・タイムズ』編集部ブログ】

交流戦が終わって【鯉に恋して20年】

第12週【かずのすけの日記】

ジャクソンスマイルをもう一度【南国のカープファン】

ペナントレース中盤戦【カープファンの構想と妄想】

涙のプロ野球【カープファン初心者が勝手なことを言います】

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。

好きな選手ランキング
 1 山本浩二
 2 前田健太
 3 鈴木誠也(←new!)
 4 前田智徳
 5 川口和久
 6 黒田博樹
 7 新井貴浩
 8 横山竜士
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:31330664

(06月25日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss