きたへふ おおの かわくち つた゛

“捨て”の「4番・丸」構想

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の試合では「4番」に丸が据えられていましたが、緒方監督の談話ではその打順の組み方も「ある」とのこと。

たしかに丸には長打力もありますし、チャンス時の打席の落ち着きなどカープの各選手の中でもその適性は高いでしょう。「4番」を「4番目の打者」程度に割り切れる度胸もあるだけに、プレッシャーに弱い若ゴイたち(苦笑)の中でも安心してその打順を任せられる強みもあります。 ただ、それを言えば彼には「3番」適性の方があるようにも思え、今度はようやく現れた「3番」打者を探さなければなくなるというデメリットも生じなくはないわけでして・・・。

まあ、一応丸を「4番」に置いた場合のオーダーでも考えてみましょうか。

  ▼ CASE 1

   ⑦ 堂林    ⑥ 田中    ④ 菊池    ⑧ 丸    ⑨ 鈴木    ③ 松山    ⑤ ペーニャ    ② 會澤

“カープの”理想の構想としては「4番」に鈴木誠也がドカッと座ってくれることが何よりでしょう。 つまり丸の「4番」はあくまでそこに辿り着くまでの「過程」の一つとして組み込むためのもの。 そんな感じで想いを巡らせれば、「4番・丸」はそれとして、並びはあくまで「3番・丸」という具合に機能してもらうのが一番だと考えられます。

「1番・田中」以下を一つずつ下にズラし、「0番」を打てる打者として足も速く選球眼も悪くない堂林を当てはめてみました。

「1番・堂林」は今も現在進行形で試されていますし、過去にも経験があります。 中途半端と揶揄される堂林は、ともすれば繋ぎもできるオールマイティーなバッターでもあります。彼の持ち味でもある長打は望みにくくなってしまいますが(汗)、堂林にしてもスタメンを手にすることが現時点での目標のはずです。しっかり働いてくれそうなんですよね。(笑)

メリットは並びに「無理」がないこと。 広輔からアツまでは特に違和感もありませんし、点の取り方という意味では申し分ありません。 松山のところに新井やブラッドが入り、ペーニャに代えて安部となってもおかしくないのが強みでもあります。

デメリットは堂林がコケた場合(苦笑)に代わりを務められる打者がやや見当たらないことでしょうか。 「1番」という点ではペーニャや安部を置くことはできますが、それを単独した「0番」と考えると些かもったいなくもあるわけです。 「7番」にレフトを守る打者を入れることになるので、そこに下水流あたりが配置されるのは悪くはありませんし、そこまで酷いデメリットではありませんが・・・。

  ▼ CASE 2

   ⑥ 田中    ④ 菊池    ⑤ ペーニャ    ⑧ 丸    ⑨ 鈴木    ③ 松山    ⑦ 堂林    ② 會澤

次は普通に「3番」の代役を作ったパターンです。

現有戦力の中では丸に代わる「3番」はそうそう見当たらないのですが、未知数でもある新戦力のペーニャの打撃が好調なこともあって、彼に可能性を見い出してみるのも面白そうです。 足も遅くありませんし、右打席時のムラさえなければ何となくチャンスでも打ちそうですしね。

無論、松山や誠也といったスラッガーを「3番」に置いても悪くはないんですが、どうしても彼らのようなホームランを期待できるタイプには「4番」以降が似合うとでも言いましょうか。どちらかといえばスピードタイプを1、2、3と連ねたいわけですよ。 以前も述べたことがありますが、要は「スーパーカートリオ」みたいなのが好みなだけですが。(笑)

メリットは、メリットと言っていいのか分かりませんが、何というか「いろいろ進化してるんだぞ!」という姿勢を他に示せるところでしょうか。(笑) いつまでも「タナキクマル」ではなく「ウチは平気で上手くいっていたものも壊しちゃうんです」といった不気味さを醸し出せるのがいいですね。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野手
タグ:
丸佳浩

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

“捨て”の「4番・丸」構想

こんにちは。
コメントありがとうございます。


>ひが さん

自分はイマイチ「4番・丸」は好きじゃないんですよね。(汗)
何と言いましょうか、「4番・西田」や「4番・前田」に似たような「その場しのぎ感」が感じられまして・・・。
それもこれも理想の「4番」が浩二さんゆえのものなのかもしれませんが(苦笑)、やっぱり誠也か堂林(あるいはもういっちょ新井)にこそ「4番」に座ってほしいと考えています。

“捨て”の「4番・丸」構想

おはようございます。
四番丸は3年ぶりで、調べてみたら2014年9月に3試合ありました。
ちなみに、その時は3試合ともCASE1のパターンでした。
今年も四番丸があるとしたら、そのパターンが濃厚ですかね。

去年までなら、誠也の足を活かすために「田中・菊池・誠也・丸」の並びも面白いと思っていましたが、今はもう「四番誠也」が2017年の「基本オーダー」になろうとしています。
「四番丸」は誠也のプレッシャーを減らすための「オプションプラン」にすぎないと思われますので、そうした場合にはタナキクマルの流れを引き継ぐCASE1がベストでしょうね。

ここまではイマイチですが、誠也にアメリカで大暴れしてもらい、どっかりとカープの四番を掴んでもらいたいです!
 

こんな記事も読みたい

中日戦。2【明日は明日の風が吹く】

【読書感想文】山田哲人のコーチの名は知られていても、担当スカウトの名は知られていないという現実【希望が奇跡の幕開く神宮劇場】

久々の。。【えんじょいブログ】

広島9-3日本ハム。主力3人を欠きながらも、甘い球を見逃さず大勝。【青木寝具店のブログ。】

2017開幕1軍予想【きたへふ おおの かわくち つた゛】

快勝!!と言いたいが・・・【カープファンの日常日記】

さあ準決勝!(WBC雑感)【まるごとCARP! ・:,。★~いつのまにかPart2~★,。・:・゚】

カープ手帳2017(^-^)【まるごとCARP! ・:,。★~いつのまにかPart2~★,。・:・゚】

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。

好きな選手ランキング
 1 山本浩二
 2 前田健太
 3 鈴木誠也
 4 前田智徳
 5 川口和久
 6 黒田博樹
 7 新井貴浩
 8 横山竜士
 9 ブラッド・エルドレッド
  • 昨日のページビュー:29228
  • 累計のページビュー:32173887

(08月18日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss