きたへふ おおの かわくち つた゛

「新黄金期」のサード

このエントリーをはてなブックマークに追加

堂林にイップス(精神的な原因などによってスポーツの動作に支障をきたし自分の思い通りのプレーができなくなる運動障害)の噂があるようで、これはもう本格的な外野転向というのもあながち大袈裟な話ではなかったのかもしれません。(汗)

「ヘタ」と言われた守備に苦しみながらも、必死に努力し成長していたんですがねえ・・・。

守備範囲の広さが魅力の大型サードになれる逸材だっただけに、この噂が本当であれば残念で仕方ありません。

これでカープのサードのレギュラーは、「本命・安部」「対抗・ペーニャ」を軸にそこへ西川や小窪、梵などが加わって争う形となるのでしょうか。

ブラッドのケガの程度によってはシーズン突入後もフルで働いてもらうわけにもいきませんし(汗)、場合によっては「本命」と「対抗」は逆になるかもしれませんね。

「新黄金期」を目指す『広島東洋カープ』にとっては、良いサードのレギュラーを確保できるかどうかというのは軽視できない問題です。

思えば「黄金期」には鉄人・衣笠祥雄が君臨していました。 「ビッグレッドマシン」時代には江藤智がいましたし、「暗黒期」に突入しかけた時にも我らが新井さんがホットコーナーを死守していたわけです。

本来であれば「4番」の系譜と共にサードの後継としても堂林が頭角を現すはずでしたが、ロードンやシーボル、マクレーンなどで凌いでいた頃のようにペーニャでこの危機を乗り越えなくてはならない可能性が出て来た現在、そのペーニャに次ぐサードを確保しておきたいところではあります。 やはり「新黄金期」と謳う以上、サードにも目立った選手を擁しておきたいですからね。

そう考えるとタナキクマルと同世代の安部が第一候補として挙げられます。 「新黄金期」を支える存在の一番手が菊池や丸であるのは明確ですし、時代を形成する意味でもちょうどいいでしょう。

そこからやや若い世代という点では西川というパターンもあり、大型サードの夢を見るのであれば美間や青木といったところも候補に加えられます。 いっそ今ドラフトで安田クンを獲得なんてロマンもありますし・・・。(笑)

しかし、それでもやっぱり堂林なんですよ。

「カープのプリンス」として人気も高いですし、何より登場時のワクワクした気持ちは何ものにも代えられません。

もう一度あのガムシャラで若干ヘタクソな(笑)サードでの堂林が見たいんですよねえ・・・。

「新黄金期」のサードとして数十年後に堂林翔太の名が思い起こせることを信じて――。

あの新井もサードをやった後、外野、一塁などをやりつつまたサードになんて流れでしたし、外野で自信をつけた堂林にも再びサードに挑戦する路線が残されていても不思議はありません。

頑張ってまずは1軍定着してほしいですね。


   カープファンブログはこちら ↓↓↓

              にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野手
タグ:
堂林翔太

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「新黄金期」のサード

こんばんは。
コメントありがとうございます。


>CARPONLY さん

サードに広輔をという意見も多いですよね。
盛り上がりすぎて菊池なんて声も・・・。(笑)
堂林には是非新井のようにファンに愛される選手になってほしいと思います。
イケメンなのが難点ですが。(笑)


>syo2114 さん

サードに別れを告げてしまったことは残念ですが、いずれ「4番・ファースト・堂林」がシックリくるようになるかもしれませんね。(苦笑)
さすがにレフトは野間や他のスピードスターに一歩及ばないかなあ・・・。(汗)
ただ③と⑦は打撃重視にできるので、堂林としてはバッティングさえ磨くことができれば充分スタメンに名を連ねることが可能になるでしょう。
西川ですが、自分は守備に関しても「天才」なのかをもう少し見極めたいですね。


>takatou さん

西川の使いどころが難しいですが、今は安部とサードを競うのが妥当だと思っています。
それほど菊池と田中の二遊間は完成されているとでもいいましょうか。
広輔の守備も悪くないと思いますよ。(笑)
それにしても堂林がレフトのファーストチョイスになれば厚みがでますねえ・・・。
松山と堂林で左右、或いは野間と堂林の左右。いずれの場合も堂林の役割がカギを握ることになりそうです。
下水流もうかうかしていられません。(汗)

「新黄金期」のサード

私も布陣を敷くならサード田中・ショート西川がいいと思います
ただ、田中は出塁率は悪くないんですが打率がやや劣るので安部が出てくる可能性も捨てきれないです
ペーニャはオープン戦次第ですかね。ジョンソンとジャクソンはほぼ確定でしょうしエルドレッドは足の違和感ですがこれは或る意味いつもの事ですから。いつもの事にしてはいけないんですが。足の状態次第とペーニャの結果次第では2:2かジャクソン・ジョンソン・ヘーゲンズ・ペーニャもあり得るかと
本人も自分はアベレージタイプと冷静に自己分析できてるようなので首脳陣が下手な要求をしない限りは枠に入れたらそこそこやれると思います
堂林も今のところ特に問題視されるような部分はないようなので外野へまわってフライの捕球や内野への送球に慣れればと期待してます
エルドレッドが失格というわけではないですがやはりエルドレッドのレフトというとどこか不安な気持ちがあるのも事実なので堂林がレフトをがっちり掴み取れば今までのツケを払ってくれると思います

「新黄金期」のサード

残念ながら、「4番サード堂林」は無くなってしまったようですね。

「4番レフト堂林」、「4番ファースト堂林」に期待したいと思います。

毎年、毎年、期待していますが、今年は打つ方で考え込んでいないような気がしますので、今年こそやってくれるかもしれません。
新井に付いて行った護摩行が良かったのかもしれませんね。

今の調子以上で開幕を迎えられれば、開幕スタメンもあるかもしれません。

投げる方が不安なら、ブルペンに入れば良いと思います。
緒方監督も現役時代にやっていたような...)


ところで、サードですが、

ペーニャがホンモノならば、外国人枠を考えてもあっさり決まるでしょう。
もし?ならば、サードには田中に入ってもらいたいです。

ショートは天才西川を入れて、二遊間を天才コンビで担って頂きたいです。


まぁ、オレンジ色のチームのような戦力強化はできませんが、戦力の底上げができているようなので、今年も優勝争いには加われるでしょう。
(勿論、ぶっちぎりの優勝が最高ですけどね。)


明日はオリックスと練習試合ですね。
カープに入って欲しかった山岡が登板するかもしれないらしいですね。
個人的には山岡にも期待です。


本題からズレッ放しで失礼致しました。

「新黄金期」のサード

私は、ショート龍馬、サード広輔派なんですが・・・、堂林は新井さんの後釜候補、但し、打撃がある程度の期待度(280.ホームラン25本、打点80、打順は5.6番辺りを想定)をクリアーしての話ですがね。

こんな記事も読みたい

沖縄で若手の実戦アピール【FF】

タイガースの右のスラッガーを1人挙げるとすると【妻を虎党にさせる-おっさんのブログ】

ここまでのキャンプを振り返って【常昇魂から真赤激 広島伝説】

2017年・期待の選手たち【まるごとCARP! ・:,。★~いつのまにかPart2~★,。・:・゚】

福井優也は、何故、今一つ殻を破れないままでいるのか。【青木寝具店のブログ。】

梵 英心【南国のカープファン】

革命のエチュード【カープ中心、日本酒ちびちび観戦記】

「黒田の穴」が不安視され過ぎているような気がしている【きたへふ おおの かわくち つた゛】

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。
  • 昨日のページビュー:13988
  • 累計のページビュー:29570871

(02月20日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2017
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss