きたへふ おおの かわくち つた゛

カープ 2017年のキーマンを占う

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。  <(_ _)>

31、1日とアップできなかったので、大晦日企画の『キーマンを占う』は本日に代替させていただきますね。(汗)

昨年はカープ25年ぶりの「優勝」に沸きましたが、惜しくも日本一は逃すこととなりました。 なので今年の目標は連覇、そして日本一の奪取ということになるわけですね。

黒田の引退というマイナス面が大きくない中、「優勝」を経験し一回り成長したヤング・カープが迎える新たな一年。 やや補強が手薄なこともあって現有戦力の底上げがそのカギを握ることとなるでしょう。

――キーマン。

今年は下水流やヘーゲンズがその役目を担っていたのかもしれません。

2017年もカープが躍動するために、今シーズンのキーマンを占ってみたいと思います(※ちょっと地味目なところを敢えてピックアップするコンセプトの企画です 苦笑)。

 *** *** *** *** ***

まずは前回の答え合わせから。

2016年のキーマンは前述したシーモやヘゲだったわけですが、本ブログで選出していたのは九里亜蓮でした。

今季の九里は、良く言えば前に後ろにと“使い勝手良く”働いていたようで、悪く言うなら“中途半端”な使われ方で終わっていたと思われます。 その“中途半端さ”が災いしてか、リリーフ起用の時期があった割に登板数が27しかなく、「キーマン」だったかと問われると瞬時に頷くことは難しいでしょう。(汗) まあ、九里らしいと言えばらしいわけですが(苦笑)、長いイニングを任せられる特徴も相まってかリリーフ時に「待機」させられることが多かったのが悔やまれますね。

答え合わせというのなら、これは「外れ」かなあ・・・。(笑)

では、気を取り直して今季のキーマンを発表したいと思います。  (σ´Д`)σ

  薮田和樹

昨季のカープ「優勝」の要因としては、類希なる強力打線のほか、「ヘゲジャクザキ」(のち「イマジャクザキ」)といった「勝利の方程式」が確立されていたことが大きかったことでしょう。 ですが今シーズンは「黒田の穴」を埋めるべくヘーゲンズが先発に回る可能性もあって、「四銃士」から一人が欠けることになってしまうわけです。(汗)

三本でも充分かもしれませんが、シーズンは長いですからね。 6、7、8、9と4イニングに一人ずつ宛がえられる方がいいに決まってますよ。

ということで「ヘーゲンズの穴」を埋める必要性があるわけです。

また、その「黒田の穴」をヘーゲンズだけで埋められるはずもなく、更に今年の終盤の一時期ヘーゲンズの代役をも務めていた大瀬良大地までもが先発に再転向されるようです。 となると「大瀬良の穴」も埋めなければならないことになるんですよね。

「黒田の穴」が取り沙汰される今季ですが、実は「ヘーゲンズの穴」と「大瀬良の穴」を埋めることが結構大切だったりするわけです。

そこを補うための「補強」がルーキーの加藤拓也になりますが、そこはやはり新人、過度の期待は禁物ということでして。(汗)

ここは一つ実績のある1軍経験者の中からキーマンを選出しておきましょうと薮田を抜擢したわけです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
広島東洋カープ
タグ:
薮田和樹

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

カープ 2017年のキーマンを占う

こんばんは。
コメントありがとうございます。


>syo2114 さん

堂林は自分もキーマンに挙げたかった存在でしたね。
というか毎年期待しています!(笑)
祐太に関しては、たしかに彼が出て来れるようであれば心強くもあるわけで、こちらも頑張ってほしいです。
ケガさえなければ「マエケンの後継者」の有力候補だったんですがねえ・・・。(汗)

カープ 2017年のキーマンを占う

あけましておめでとうございます。
今年も楽しく拝見させて頂きます。

さてさて、2017年のキーマンという事ですが、

中村佑、堂林

の2名を期待を込めて挙げたいと思います。

この二人が出て来て活躍するような事があれば、ぶっちぎりの優勝も見えてくると思います。

ただ、中村佑は下でも殆ど結果を出していませんが、突き抜けてくれる事を期待しています。


尚、DHですが、当方があまり好きじゃないんですよね。
選手起用の駆け引きが減るような気がするので...

カープ 2017年のキーマンを占う

こんにちは。
コメントありがとうございます。


>takatou さん

お久しぶりです。
エルドレッドが一年間故障なく働けるのであれば「野手1名」で充分なのかもしれませんが、連覇を目指すのであれば「控え」の存在は必至でしょうね。せめて一人、守備位置はどこでもいいので野手を1名加えたいところです。
ルナがケガしていなければなあ・・・。(汗)
そろそろセでもDHを導入してほしいですよね。(苦笑)

カープ 2017年のキーマンを占う

長きにわたるご無沙汰申し訳ございません
まずは新年あけましておめでとうございます
昨年は本当にカープファンとしてはいい思いをさせてもらった1年でした
その1年の締めとして黒田の15を永久欠番にしたフロントには拍手を送りたいです
日本だけで見れば平凡な数字かもしれませんがそれ以上に周囲への影響を考えるとやはりこの措置が妥当ではないかと
外国人についてはまず投手を獲りましたねルナを切った野手はどうするんでしょう
新しいサードを探してくるか最後のつもりで堂林にチャンスを与えるか
エルドレッドも決して健康体とはいえないので代わりの外人野手はいてもいいかなと思いますが、昨年のプライディのように試合に出たくても枠が空かないという状態を避けるなら野手についてはエルドレッドだけでもいいとは思います
誠也も成長というか覚醒しましたし、中軸についてはだれも故障しない前提で行くなら
丸・新井・エルドレッド・誠也で十分厚みがあると思います
切り込み隊長も広輔・菊池で整いますし、課題はやはり8番の打力でしょうか
DHの使えないセリーグでは9番に投手を入れるのがどの球団でも当たり前になってるので8番がケースバイケースで仕事をして9番(投手)のバットへの負担を軽くするべきと考えます
個人的な持論でいうならWBCに代表される国際大会やオープン戦では当たり前のように使ってるんだからセリーグもいつまでも頑固で古い考えを持たずにDHを導入すべきだと思ってますが
黒田引退というマイナスに対してドラフト以外今のところ目立った補強のないカープですがある意味これがいつものカープスタイルなので特に心配してません
変な話、去年優勝したチームは連覇しないといけないなんて変なルールもないですし選手も変に連覇を意識するのではなく次は「追われる立場」のプレッシャーを感じてどういう結果を残すかに注目してます
そこで連覇あるいはCSとなれば少なくとも今いる選手層は一通りの経験を積んで完成されるといえるのではないでしょうか
私なりに選ぶキーマンは野手はエルドレッド、投手は大瀬良ですね
エルドレッドも複数年を結んだという事は自然と要求レベルも上がりますし、実績面からいってもタイトルまでいいませんがまたどこか悪くしなければそのレベルをクリアする力はあると思います
大瀬良は今年は前と後ろどちらで投げるのか注目ですね
黒田は自分の後継者に大瀬良を指名したという記事をどこかで見た記憶がありますが確かに将来的には岡田と一緒にカープの屋台骨を支えてくれないと困る選手なので先発なら貯金を最低でも5つ、中継ぎなら60試合登板を期待します
具体的に何勝といわないのはかつて当時の横浜のフロントが投手補強について「10勝しても10敗する投手はいらない」と発言したことがあって私もこの発言というか考えに同意する部分があるからです
場所柄、甲子園とナゴヤが主な観戦場になりますが最低でも5~8試合くらいは生でみたいですね
来月になればキャンプ3月にはオープン戦とこれから1か月進むごとに開幕への針が進みます。変な話ですがあれこれ妄想できるのも今のうちですので吐き出したい事は今のうちに吐き出しちゃいましょう

こんな記事も読みたい

高橋周平よ!今年こそ覚醒せよ!【1998の感動をもう一度】

【西武】2017年開幕メンバー予想(願望)【獅子党のつぶやき】

* 2017年に注目する選手達。vol.02はカープ・鈴木誠也選手。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

カープシーズン回顧2016 ③交流戦のターニングポイント 6月2日西原の貢献【カープのことが好きだから】

1984年を回顧する②5月【カープ中心、日本酒ちびちび観戦記】

カープシーズン回顧2016 ②全員野球は2軍選手が支えた 5月29日中村恭平の好投【カープのことが好きだから】

* 今年もありがとう、プロ野球。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

俺の侍ジャパン2016【きたへふ おおの かわくち つた゛】

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。

好きな選手ランキング
 1 山本浩二
 2 前田健太
 3 鈴木誠也【怪我平癒祈願】
 4 前田智徳
 5 川口和久
 6 黒田博樹
 7 新井貴浩
 8 横山竜士
 9 ブラッド・エルドレッド
  • 昨日のページビュー:2915
  • 累計のページビュー:33757287

(11月21日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss