きたへふ おおの かわくち つた゛

ヘーゲンズは本物だった

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕方ないので「覇気」、流行らせましょうか。(苦笑)

 広 3-0 ヤ

久々の同一カード3連勝です!

チームとしても6連勝。 また、今日はデーゲームで巨人が負けてくれたのでゲーム差「8」で首位攻防戦に進めます。

これは大きいですね。

まだまだ気は抜けませんが、このまま駆け抜けましょう!

今日はヘーゲンズと山中の投げ合いだっただけに、こういった「投手戦」になるとは思ってもいませんでしたよ。(苦笑)

ヘーゲンズは途中までパーフェクト、ノーノーと安定しており、昨日の黒田じゃありませんが、6回を投げて打者20人、ゴロ9つというのは素晴らしい結果だったと思います。 今季は「勝利の方程式」の7回担当として欠かせない存在になっていましたが、この人、もしかすると先発の方が合っているのかもしれませんね。(笑) 普通に考えれば、球威で抑えるタイプではなくボールを動かしゴロを打たせて取るピッチャーですし、鉄壁の内野陣を誇るカープにあってはスターターとしての役目を与えられる方が彼のためになるのかもしれません。

それにしても、長いイニング(多い球数)を任せきれないことを除けば、今のカープ先発陣の中でも安定している方に入るのではないでしょうか。 もちろん6回に明らかに疲れが見えていたのでこのままずっとというわけにはいかないとは思いますが、今年のドラフトで良いリリーフを補強できるようであれば来季は先発に転向してもらってもどうにかなりそうです。

いやはや、彼は本物でした。

バッティングも魅力的ですし、前田健太のような「打てる投手」になってもらいましょう。(笑) アツとのコンビで結果を残せたことも柔軟性を感じさせてくれましたしね。

来シーズンに向けなかなか面白い「試運転」ができたと思います。

では、そろそろ試合を振り返っていきましょうか・・・。

やはりですね、ノーアウト満塁からのファーストゴロで3-2-3のダブルプレーを取れなかったのが痛かったと思うんですよ。(汗)

タイミング的にホーム封殺はできていたと思いますし、あそこで相手の勢いを削ぐことができていればエースがマウンドを降りることもなく、むしろ力をもらって9回を投げ抜けたのかもしれません。(泣) ま、さすがに連投の疲れもあってどこかで打たれていたのかな・・・。

とはいえファーストの川村クンは何も責められません。角度的には当たっていないようにも見えましたし、いずれにしろあの難しい打球にチャージしただけでもよくやったと褒めたいくらいですからね。

準優勝、素晴らしい勲章じゃないですか。 夢を見させてくれてありがとうと、北海ナインに伝えたいと思います。

今大会№1右腕の今井達也擁する作新学院相手によく頑張った! 胸を張って帰って来い!!!

あ、スミマセン。

あまりにもショックだったんで日中の試合が脳内にプレイバックしてしまいました。(苦笑)

さて、話をカープに戻しますが、攻撃の方では途中まで2安打とすっかり山中に翻弄されてしまいました。(汗) 松山のヒットこそ華麗でしたが、サードゴロの悪送球とワイルドピッチで進んだランナーを犠牲フライで返しただけでしたからね。(苦笑)

チャンスもあまり作れませんでしたし、今日に限っては完全に投手陣の踏ん張りが勝因だったと思います。

そんな中、広輔の一発が勇気を与えてくれましたね。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
広島東洋カープ
タグ:
安部友裕
ブレイディン・ヘーゲンズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ヘーゲンズは本物だった

こんにちは。
コメントありがとうございます。


>ひが さん

北海の大西健斗は現時点でのプロ入りは厳しいでしょうが、大学や社会人で鍛え上げれば良いリリーフに育ちそうです。
密かに追い掛けてみたいなあと思わせる魅力は感じられましたね。
もしカープに入るような未来があればイチオシの投手にしちゃいます。(笑)
それにしても今季はベンチの雰囲気が良いこともあってヒロインも和気あいあいとしてますよね。「覇気」いじりをあの寡黙な広輔がやった時には感激しちゃいましたよ。
まあ、ここまで流行ってないんで、「覇気」が「神ってる」や「最高でぇ~す!」の上を行くことはないでしょうが。(笑)


>しらたき さん

バレンティンが謝罪に来たということで、この件は「終わり」でいいですね。
自分も変な感情は水に流して日本のホームランキングのバッティングを素直に応援するつもりです(もちろんカープ戦以外)。
他球団ついでに福留はやっぱり凄いですねえ・・・。
あのカープキラーの福留ですが、この時ばかりは「味方で良かった」(ちょっと違うか 笑)と思ってしまいましたよ。
巨人はローテを自らでメチャクチャにしていますが、何をやってるんでしょうねえ・・・。(苦笑)

ヘーゲンズは本物だった

ヤクルトに対し、キッチリ前回の借りは返せましたね。
石原の件でどうしても嫌な印象がありましたが、今回は白星3つ勝ち取りましたし、先日は巨人に勝ち越してくれました。一応バレンティンからの謝罪もあったようですし、ここらで水に流しても良いかなと思えました。

しかし昼間の試合で阪神が勝ってくれたのは助かりましたね。普段は悪魔のような福留が、昨日は神様に見えました(笑)。
巨人は広島に集中砲火するために谷間をねじ込んでいるわけで、その試合くらいは「他球団にも頑張ってもらわないと」ですよ。

ヘーゲンズは本物だった

更新ありがとうございます。
川村君は責められません。難しい打球でアンラッキーでした。
北海高校は粘りのあるいいチーム。準優勝、大いに胸を張るべきです!

って乗っかっちゃいましたが、ヘーゲンズも完璧でしたね。
1点差でしたが、全く危ない気がしませんでした。
7回か8回、松岡あたりから2~3点取るだろうな、と思ってましたし。

これで日曜日、4連勝です。
月曜日が気持ちいいのは嬉しいですね。

カープもいよいよ第4コーナー。
覇気を出していきましょう!!
広輔が真顔で「覇気」をいじったのも嬉しかったです。
 

ヘーゲンズは本物だった

こんばんは。
コメントありがとうございます。


>takatou さん

ヘーゲンズのトレーナーが出て来た件は、「汗で指先の感覚が気になっただけ」らしいですね。(苦笑)
何はともあれ、ケガではなく安心しました。
今のローテの中でヘーゲンズは「5番手」にあたるので、岡田復帰の9月上旬までは踏ん張ってもらいたいところです。
ネガティヴ文、ぜひよろしくお願いいたしますね。
「巨人にはドームでは勝てない」とかそういうのをお願いしようかなあ・・・。(笑)


>kansaibenisyouga さん

ヘーゲンズは何だかんだ「先発、リリーフどちらでも」の謳い文句通りの投手でしたね。(笑)
自分も来季のローテ候補だと思っています。
そうなると投手3・野手1の枠の振り分けが続きますが、今の打線の感じならもう一年くらいは外国人野手1名でもやれる・・・でしょう。思い切って言い切っちゃいます。(苦笑)
ヘーゲンズがこのまま日曜に入るのが、ブルペンデーを使えることからも一番良いとして、木曜は今のところ九里でしょうね。
岡田が1日か8日あたりに戻って来れればまたローテ再編があるとは思いますが、今は九里しかいませんし。
大瀬良は緒方監督の発言からも今季はリリーフでの起用になるでしょうね。


>nishikicarp さん

巨人に2勝1敗、自分も対戦成績の負け越しが「気持ち悪い」ので、できることなら勝ち越しを望んでいます。(笑)
まあ、欲目は出さずにいきましょうか。
ドラフトは間違いなく2巡目の12番目になると思いますが、そのへんは「ドラフト巧者」として各スタッフの腕の見せ所になりますかね。(苦笑)

こんな記事も読みたい

○ カープ 3-0 スワローズ@マツダ【2016/08/21】【スライリィーと愉快な仲間たち ~広島カープ優勝までの軌跡~】

待ち焦がれているAクラス【素人目線のベイスターズ考察】

398†得点への打開案【Maybeな日々~ Deベイ成分多めにスポネタ書き~】

タイムリーヒットなしでも勝っちゃうカープって強いの?【ミーハーなカープファンのブログ】

黒田に最高のフィナーレをプレゼントするためには【酔竜の館 スポーツナビ別館 カープの間】

黒田201勝 石原猛打賞【それでもカープファンはやめられない】

「土砂災害」と「野球」と「平和」と・・・【広島カープがんぼう主義!】

打線が苦しいときは・・・【まるごとCARP! ・:,。★~いつのまにかPart2~★,。・:・゚】

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。

好きな選手ランキング
 1 山本浩二
 2 前田健太
 3 鈴木誠也(←new!)
 4 前田智徳
 5 川口和久
 6 黒田博樹
 7 新井貴浩
 8 横山竜士
  • 昨日のページビュー:13080
  • 累計のページビュー:30692276

(05月23日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss