きたへふ おおの かわくち つた゛

黒田デー

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は守り勝ちですね。

 広 2-0 ヤ

カード勝ち越しも続き貯金も「24」まで増えました。 デーゲームで巨人が勝っていたためゲーム差は縮まりませんでしたが、今はもう後ろを振り返っている余裕はありません。

とにかく「目の前の戦い」を必死に勝ち抜いていきましょう!

いやあ、それにしても黒田がようやく201勝目を挙げましたね。

今は「中6日」がやっとらしいんですが、まだまだ暑い中のこの1勝は自信にも繋がるでしょう。

初回こそ先頭に打たれ「おや」と思わせるも盗塁死に救われ、2回以降はノーヒット。四球で出したランナーもゲッツーで消し去りましたし、7回投げて打者22人88球と余力を残しての省エネピッチングはお見事でした。 ゴロアウトも11と本当に黒田らしい投球で、まさに今日の勝利の立役者だったと思います。

ひょっとすると完封もあり得るかとワクワクしましたが、まあ、結果だけ見れば勝ちパターン継投での勝利で良かったんでしょう。 JJはいつもようなの感じなんで置いておくとして、今日の中﨑は安心感がありましたしね。

勝ちパターンでしっかり勝てたということは明日(のブルペンデー)にも影響があると思います。

そして黒田はバットでも貢献していました。

6回の1安打はオマケとしても(笑)、チャンスは作れど各打者が石川を攻めあぐねる中、4回の先制スクイズが決勝点になったわけです。

昨日の野村やジョンソンもそうなんですが、やっぱりバントをしっかり決められるかどうかというのは先発ピッチャーとして結構重要なスキルになってくると思います。 ボールを見極め相手投手の嫌がる打席を作れたことなど、今日はまさに黒田博樹に尽きるでしょうね。

攻撃の方では、初回に“もらった”無死三塁を無得点に終わった時点で嫌な雰囲気がありました。 広輔の好走塁で得たチャンスでもあっただけに、あそこは菊池、丸、新井で1点奪っておかなければならなかったからです。(汗)

その後も堂林と石原の連打や菊池と丸の連打などで得点機を毎回のように作ったわけですが、二死になっていたりと思ったように先制することはできませんでした。 ところが、4回堂林が歩いて走って一死二塁を作ると石原が繋いで一死一塁三塁。黒田はてっきり一塁ランナーを進めるだけの送りバントかと思いきや、カウントもあってスクイズ敢行。今日は2安打以外に足でも魅せる堂林が好スタートでホームを踏んで思わぬ形で1点が入りました。

なかなか結果を出せず苦しんでいた堂林に好プレーが出て、そこを起点に先制できたことは、彼の今後においても良い流れを生みそうですね。

12安打を放ちながら2得点止まり、それもスクイズでの1点とワイルドピッチでの1点ですから、このあたりは次への反省点としておくべきでしょうか。

それでも田中と菊池がマルチ、丸も1安打とまさかの送りバント(笑)など上位打線が活発になりつつあるのは心強いですね。 新井や石原のベテランも一生懸命走っていましたし、ブラッドも3ショートゴロ(苦笑)ながら明日はやってくれるでしょう。 そういえば今日はやたらとチャンスで最後ショートゴロで終わるシーンが多かったですね(カープでいうところのセカンドゴロで終わる感じですか 笑)。

さて、これで5連勝です。 完全に底は脱したとみていいでしょう。

「逆転勝ち」ではなく「先行逃げ切り」なのもいいですね。(笑)

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
広島東洋カープ
タグ:
堂林翔太
黒田博樹

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

黒田デー

こんばんは。
コメントありがとうございます。


>takatou さん

「先行逃げ切り」も僅差だと胃に悪いですよね。(笑)
今年はあまり慣れていないせいか、どうしてもハラハラしてしまいます。
「後一本」があればそのあたりも「大差」となって気楽に見れるんですが、ここ数試合は若干繋がりに欠けてしまっていますからね。(汗)
二死からでも一本出るような勢いがつけば一気に突き進めそうな予感もありますが、今はそのあたりは投手陣に踏ん張ってもらうことで乗り切っていくしかなさそうです。


>しらたき さん

巨人以外の4球団はどうにも今季はいろいろ噛み合っていない感じがしますね。(汗)
DeNAには可能性を感じているんですが、やはり経験の差からなのか巨人には簡単に勝てないような・・・。
逆にカープはどのチームと相対しても「負けるかもしれない」という雰囲気を出しており、他球団が潰し合いをしてくれていなければこうも突き抜けることはできなかったと思います。
菅野、マイコラス、田口の中では、ジョンソンが登板する初戦をどうにか取りたいものですね。(苦笑)


>ひが さん

石原と黒田のコンビは見ていて本当に安心できますね。
會澤や磯村、船越らもそういった“信頼できる”捕手に成長してほしいものです。
後は「達川の系譜」として微妙なインチキ臭さも誰かに継承してほしいかな。(笑)
ヤクルトはどうして毎年こうもケガ人が多いんですかね。(汗)
ウチも「明日は我が身」と気を引き締め、ケガだけには最大限の注意を払ってもらわなくてはなりません。


>syo2114 さん

堂林の活躍嬉しかったですね。
このままの勢いで胴上げの瞬間まで1軍にしがみついていてほしいと思いますが、彼の場合は何かのキッカケでスランプに陥る可能性もあるので楽観できません。(汗)
まあ、今は右と左で使い分けられる身なので、左投手の時に使ってもらえるだけで良しとしておきましょうか。(笑)
札幌はここ数日蒸し暑いですが、本州の本格的な暑さに比べれば大したことないかもしれませんね。

黒田デー

◇syo2114さん
横から失礼します
堂林がなかなか見れないのは野球選手に限らず日本人に右利きが多いのもあるかもしれませんね
緒方監督は古い言い方をするなら左右病の気配があるので上位と捕手はともかくその他は相手の先発の左右で結構とっかえひっかえしてます
そして右の堂林と左の安部で比べるなら右投げが多い日本の投手事情から言うと上記の論法が成り立つなら安部の方が出番が多くなるわけで
ただ、ベンチスタートというのも堂林にはある意味でチャンスだと思います
スタメンで4打席というのがファンの理想なのは間違いないでしょうがベンチからここ1番の大仕事を任される代打として成長して信頼を勝ち得た後安部であったりルナであったりなどとポジション争いをするときには「チャンスで頼れる男」という攻守には表れない武器を持って戦えますし

黒田デー

やっと、堂林が働きました。

ただ、今日(昨日?)も外出していて、家に帰ると代打松山でした。

何故かいつも堂林を見れないんですよね。(相性悪いのかなぁ?嫁さんにも笑われました。)

でも、小窪が由宇で出ていたので、jsport1を録画して、先程、堂林を見ておきました。

あまりカッコ良くないヒットかもしれませんが、今は結果が必要でしょうから、何でもいいんです。
それにしっかり振り切っているからヒットにもなっているのでしょうし。

このまま調子を上げてくれると、来週、内海や今村と戦えるかもしれません。

今日はベンチスタートでしょうけど、何となく山中は打てるかもしれないって思うんですけどね。 理屈じゃありません、直感です。

最後に、
北海道は大変そうですが、気を付けてくださいね。
こちらは関西ですが、アホみたいに暑いです。

今日はエアコン入れずに頑張っていますが、そろそろエアコン入れないと茹で上がりそうです。

黒田デー

おはようございます。
まさに黒田デー。ボールも動いてたし、決め球に使った4シームも威力抜群でした。石原のリードは深いな・・・
ちなみに脳震盪からの石原復帰後、チームは8勝2敗です。(會澤でも勝ってます)

ショートゴロの件も残塁の件も、石川が持ち味を発揮したと割り切りましょうか。
しかしヤクルトのファンタスティック4がいないのは楽ですね。
カープで言えば広輔キクマル新井がいないようなものです。
戦えませんよ、これじゃあ。
ヤクルトさんには気の毒ですが、今日もキッチリいただきましょう!
 

こんな記事も読みたい

あっぱれ両投手!【南国のカープファン】

真のエースと呼ばれるために【見せましょう鷲の底力を!!】

達川さんはよっぽど石原さん好きなのね【カープと共に生きる。】

広島は本当にBIG4へ食指を伸ばすのか【きたへふ おおの かわくち つた゛】

野村と黒田と週明けの3連戦【酔竜の館 スポーツナビ別館 カープの間】

打線の状態が上がってきましたの~【広島カープがんぼう主義!】

今季36回目?の逆転勝利 貯金を今季最多の23に【それでもカープファンはやめられない】

野球はツーアウトから【まるごとCARP! ・:,。★~いつのまにかPart2~★,。・:・゚】

ブロガープロフィール

profile-iconcobecobe

初めて見たオールスターゲーム。なんとなく見ていたら、「4番、レフト、山本浩二」のアナウンスが。
なんだろう。すごいインパクトでした。
それ以来、山本浩二のファンになり、広島東洋カープのファンになっていました。

好きな選手ランキング
 1 山本浩二
 2 前田健太
 3 鈴木誠也【怪我平癒祈願】
 4 前田智徳
 5 川口和久
 6 黒田博樹
 7 新井貴浩
 8 横山竜士
 9 ブラッド・エルドレッド
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:33791908

(01月24日現在)

関連サイト:Twitterアカウント      (きたへふ おおの かわはた つた゛)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カープ阿部慎之助」は誕生するのか
  2. 退任する野村謙二郎監督がおかした、この5年間でたった一つの失敗とは!?
  3. 女性ファン必見! カープ「イケメン」ランキング
  4. 緒方孝市の後任は誰が適任か
  5. 2015年ドラフト会議シミュレーション 上
  6. 金子千尋は今秋カープを選ぶのか
  7. 2015年ドラフト会議シミュレーション 下
  8. カープが今「首位」に立てていない原因はあの人
  9. 「誤審」に対し「ラッキー」はないでしょ
  10. もしも3人とも失ったら

月別アーカイブ

2018
01
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss