ホースレース・ロマネスク

競馬歴が四半世紀を超えた、 スポーツとしての競馬観戦が趣味のおっさんの、 私的見解垂れ流しのブログです。 中央・地方・海外まで興味あるレースや馬を幅広く、 レース回顧をメインに、予想、列伝など、 様々な形で競馬の魅力を発信していきます。

clover

  • 昨日のページビュー:10653
  • 累計のページビュー:7827626
  • (07月21日現在)

最新の記事

2017 アーリントンC

 いよいよクラシック路線も本格始動を告げる、春の阪神・中山開催がはじまりますね。  阪神開幕週の恒例重賞アーリントンCは、この時点ではクラシック路線の本筋からはやや外れた馬が出てくるレース、という印象は強いですが、しかし地味に近年の勝ち馬にはズラリと名馬が並んでいます。  ジャスタウェイやレインボーラインのように、晩成型で実際にはより長い距離で真価を発揮してきた馬。  ミッキーアイルやコパノリチャー......続きを読む»

加速力の種類と見極め、瞬発力と持続力・持久力の相関関係について

★はじめに  前回の能力分析記事で触れた、後半要素の中でも特に重要な四項目の内の残り二つ、加速力と瞬発力の考え方について、色々と私見を語っていきたいと思います。  特に現代競馬では後半勝負の比重はかなり高く、その上でコースロケーション次第で、後半四要素のどれを重視していくべきか、というのは当然違ってきますし、調教のスタイルなどでもより重点的に鍛えられる資質は異なってくると思いますのでねそのあたりの......続きを読む»

2017 フリージア賞 レース回顧

 本日は土曜府中の3歳500万下特別戦、フリージア賞を回顧していきます。  去年から特別戦の冠を戴いたレースとなりましたが、栄えある第1回の1,2着馬がマイネルハニーにジュンヴァルカン、その前年の、1回府中最終週の500万下2000m戦で1,2着したのがキタサンブラック、サトノラーゼンでした。  地味に近年出世馬を続々と輩出しているフリージア賞、さて今年はどのようなレースになったでしょうか?  馬......続きを読む»

2017 つばき賞 レース回顧

 日曜の京都で行われた3歳500万下特別戦のつばき賞、この世代最後の大物と名高いファンディーナが、圧倒的な人気をものともせずに、衝撃的な差し切り勝ちを収めたレースを振り返っていきましょう。  馬場は基本的に時計のかかる状態ですが一応は良開催、土曜から完全に外差し馬場に移行しており、このレースも例に漏れず上位2頭はずっと外々を走っていました。  この週は騎手が芝の状態を実質以上に重く見ていた感が強く......続きを読む»

2017 ヒヤシンスS レース回顧

 今年からロードトゥケンタッキーの選定レースとして頓に注目度を増し(すみません私主観です。。。)、例年以上の好メンバーが揃ったヒヤシンスSを回顧していきたいと思います。  馬場はパサパサながら、時計自体は全く出ない、というほどではなく、実際にこのレースでも速い上がりが掲示されています。  展開はアディラートとスターが好スタート、内外の差でじわっとアディラートがハナを取り切り、内から無難なスタートを......続きを読む»

2017 フェブラリーS・小倉大賞典 レース回顧

 春の足音が聞こえてきそうな好天の元、ついでに花粉の気配も漂い始める中で、痒みを覚える目で刮目して視聴した今年最初のGⅠフェブラリーS、やはりトップクラスの面々が揃っての真っ向勝負・しのぎ合いには痺れるものがありましたし、その上で終わってみればそうなるか、という結果でもありました。しっかり回顧していきたいと思います。 ★フェブラリーS  馬場コンディションはやはり先週までよりは若干軽くなってたと......続きを読む»

2017 小倉大賞典・ヒヤシンスS

★小倉大賞典 展開予想・ポイント  今年は例年に増して好メンバーが揃い、非常に難解な一戦になりましたね。  まず馬場状態ですが、昨日の最終で1,08,4、1800m戦でも48秒を切ってくる時計が出ているので、少なくとも月曜日水準の馬場には回復したと見ていいでしょう。まだ多少パワータイプの血統が優位なイメージはありますが、更に一日経過してもう少し高速寄りになってくる可能性はありそうで、このメンバーな......続きを読む»

2017 京都牝馬S・ダイヤモンドS レース回顧

★京都牝馬S  まず馬場ですが、表記は稍重ですけれど、実質的に騎手がイメージするほど重くはなく、その結果として道中スローで仕掛けも遅い、ラスト2Fの切れ味勝負、というレースが頻発していました。  加えて今日は一気に外差し傾向が強まり、特に内を通った馬が切れ味を発揮するのはかなり厳しい中で、外を回した馬が一気に突き抜けるパターンが大いに目立っていて、そのバイアスはしっかり見ておく必要があるレースだと......続きを読む»

2017 フェブラリーS

★展開予想・ポイント  さて、いよいよ今年最初のGⅠ、フェブラリーSと相成りました。  奇しくも本日、砂の名種牡馬として名を馳せたゴールドアリュールの訃報が流れていて、こういう時は追悼馬券がよく来ちゃうんだよなぁ、なんて感じもありつつ、ロマンはロマンとして、数字的に見えてくる部分はしっかり検証した上で予想に望みたいと思います。  馬場状態は、ちょっと難しい感じですね。全体的にスローのレースが多い......続きを読む»

2017 京都牝馬S・ダイヤモンドS

 さて、今週も週末がやってきましたね。4重賞と実に豪華な土日になりますし、三場それぞれで味のある熱戦が繰り広げられることを期待しつつ、しっかり予想していきたいと思います。 ★京都牝馬S 展開予想・ポイント  とりあえず正午の時点での馬場情報は良、天気は雨、との事でしたので、一応明日は雨予報ではなく、そこそこに渋っても回復傾向、と見ていいでしょう。全体的に先週くらいの馬場をイメージしていきたいです......続きを読む»

持久力と持続力の違い、その分水嶺の見極めについて

★はじめに  飛び飛びになってしまって申し訳ない能力分析ツールコーナーなのですが、今回からはいよいよレースにおいて最も重要視される、終盤戦で強く求められる要素について語り、考えてみようと思います。  以前に予告した通り、終盤要素はより細かい見極めが必要になってくる部分ですので、二回に分けて書かせてもらおうと思っていますが、さしあたり私が重要視している項目を一括して羅列、一言で簡素に説明付けしてみ......続きを読む»

2017 あすなろ賞 レース回顧

 去年はマウントロブソンが鮮やかな捲りで勝利を収め、そこからスプリングS勝利、春のクラシック2戦でも掲示板までもう一歩という健闘を見せましたあすなろ賞。  今年は土曜の降雪の影響で月曜に代替開催となり、その分だけ一日中荒れ模様のレースが続いた印象ですが、このレースもその例に漏れず中々に極端な競馬になっています。  馬場自体は日曜の時点から芝は良、ただ前半のペース如何に関わらず1200m戦最速は1,......続きを読む»

2017 こぶし賞 レース回顧 とその他雑談

 まずは日曜日に京都で行われた3歳500万下のマイル戦、こぶし賞を振り返っていきます。  馬場は全体的に重たくて、速いハロンラップは踏めても1Fが限界、という、持久力が強めに問われる状態でした。  中京の新馬戦を圧勝して、ここでも1倍台の圧倒的人気に推されたズアーが最内枠からポンとハナ、外から番手にディアドラ、ポケットにシゲルが入って、その後ろから前を見る形でマイスタイル、という展開になります。 ......続きを読む»

2017 フェブラリーS プレビュー

★はじめに  今年もJRAのGⅠシリーズの開幕を告げるフェブラリーSがやってきました。  GⅠに昇格した頃は、こんな安直なレース名のままでGⅠにしていいのかっ、と思ったものですが、昇格より二十年余り、積み重ねた伝統と、それを彩ってきた時代ごとの名馬の重みが、今では非常に馴染む感覚に書き換えてくれています。  競馬観戦歴が長くとも、GⅠの第一回目から見続けているレース、というのはそんなに多くはないの......続きを読む»

2017 共同通信杯・京都記念 レース回顧

 今日は心配された天気も回復、三場共に好天に恵まれて、気持ちのいい雰囲気でのレース開催になりましたね。  続々と春を賑わせる主役候補も登場して、冬の寒さを吹き飛ばすような熱戦が繰り広げられました。 ★共同通信杯  昨日のクイーンCの回顧では、多少影響はありつつもまだ高速気味、と書きましたが、今日を見ていると昨日もイメージより重かったかも?と感じる部分はありました。  もっとも今日も超スローのレー......続きを読む»

2017 共同通信杯・京都記念

★共同通信杯 展開予想・ポイント  ここ五年ほど、毎年のようにクラシック勝ち馬を輩出している出世レースの共同通信杯に、今年も素質溢れる好メンバーが出揃いました。  馬場はクイーンCが1,33,2の好タイムで決着したように高速馬場継続、ある程度流れてもスローバランスに入ってくる状態ですので、基本的には最低限の追走力と、それ以上の後半要素の総合力、或いは一点突破の爆発力を持っている馬を上位に取りたいレ......続きを読む»

2017 クイーンC レース回顧

 3歳牝馬の春へ向けての登竜門、クイーンCの回顧をしていきたいと思います。  にしても、ゲート機材故障で発走遅れ、というのは随分とレアケースですね。。。  昨夜は関東は粉雪のちらつく幻想的な空模様でしたが、今日の馬場にはほとんど影響なく、ほぼ高速馬場のままだったと思います。  未勝利のマイル戦が46,5-48,5のハイペースで1,35,0、1000万下の1800mが36,1-37,4-34,5とか......続きを読む»

2017 クイーンC

 昨年はメジャーエンブレムが強烈に過ぎる逃げ切り勝ちを演じてみせたクイーンC、どうしても本番桜花賞に完全にリンクはし切れないレースではあるのですが、今年は例年以上に層が厚い、豪華なメンバーが出揃いました。  阪神JFの1,2着馬が、王道のチューリップ賞から始動する中で、その2頭にここで強烈な挑戦状を突き付けられる馬が現れるか、今年も見応えのあるレースを大いに期待したいところです。 ★展開予想・ポイ......続きを読む»

私的名馬列伝 第四話 ブエナビスタ

★はじめに  先頃、スペシャルウィークの種牡馬引退が発表されました。  今後は生まれ育った牧場で余生を過ごすという事で、その生誕から競争生活、種牡馬になってからも波瀾万丈なドラマを生み続けてきた馬だけに、幸せな余生を全うできそうなのは何よりだと思います。  今回取り上げるのは、少なくとも競争成績、という面においては、間違いなくスペシャルウィークの代表産駒である、名牝ブエナビスタです。  現状牡馬......続きを読む»

2017 佐賀記念 レース回顧

 佐賀記念のレース回顧をしていきましょう。  馬場は不良、天気予報的には前日から湿りが残るほどだったの?って思いましたけど、そのあたりは普段見ていない弊害もありますね。  ともあれ、基本的には時計が出やすい馬場にはなっていたと思います。  レース展開は、まずリッカルド、ロンドンタウン、ストロングサウザーあたりは好スタート、タムロミラクルはやっぱり体一つ分ほどの出遅れとなります。  リッカルドがハナ......続きを読む»

2017 佐賀記念

★展開予想・ポイント  佐賀記念のレース展望をしていきたいと思います。  佐賀競馬場は内の馬場が深く、ほぼ全てのレースで逃げ馬でも三分所より外を走っていて、その境界線で馬場の色が違って見えるという特殊性の高いコースになっています。  2000m戦は2コーナーの引き込み線からのスタートで、最初のコーナーまではそれなりに距離がありますが、コーナーは地方小回りの例に漏れずに急であり、道中のラップが出な......続きを読む»

2017 エルフィンS レース回顧

 古くはシャダイカグラやファレノプシス、近年でもウオッカやマルセリーナなど、数々の名馬を輩出してきた伝統の3歳牝馬OP戦、エルフィンSを回顧していきたいと思います。  断然の1番人気は、新馬戦を強烈な一捲りで制した、昨年のオークス馬シンハライトの半妹でもあるミリッサでした。  馬場は土曜日の時点では雨の影響は一切なく、それでも全体的にやや時計がかかる馬場ではあったと思います。  レースは外から好発......続きを読む»

2017 東京新聞杯・きさらぎ賞 レース回顧

 冬らしい鈍色の空の下で行われた両重賞、その天候が指嗾していたかのように、どちらも小頭数ながら、一筋縄ではいかない波乱含みの結果となりました。いつものように回顧していきたいと思います。 ★東京新聞杯  ちらほらと午後から小糠雨が顔を覗かせる程度で、基本的には大きく馬場に影響はなく、高速馬場のまま当レースを迎えた、と見ていいでしょう。  展開は序盤から意外にも好発を決めたブラックスピネルがはじめ......続きを読む»

2017 東京新聞杯・きさらぎ賞

 今日は両場共に素晴らしい好天に恵まれての、絶好の競馬日和でしたが、残念ながら明日は東西共に雨予報、また馬場状態の変化や適性を読むのが難しい条件になっていきそうですね。 ★東京新聞杯 展開予想・ポイント  まず今日の馬場状態は、先週と同じくらいの高速馬場、と見ていいと思います。相変わらず後半の瞬発力勝負が多かったですが、流石に多少騎手の馬場意識も変わってきて、ロンスパ戦や平均で刻むレースもちらほ......続きを読む»

中盤の判断・評価と、息が入る分岐点の見極めについて

 色々と触れたいレースが多いので、中々サブコンテンツにまで手が回らないのですが、前回は序盤の分析、主に先行力と加速力、追走力について語らせていただきました。  二回目の今回は、中盤のラップを重視する意味と、その見方について、私見を語っていこうと思います。  大きく分けて、私が中盤のラップから判断するのは、そのレースで息が入るポイントがあったかどうかと、その度合い、どの地点でそれが起こったかです。 ......続きを読む»

2017 クロッカスS・梅花賞 レース回顧

 土曜日に行われた3歳OP戦のクロッカスSと、500万下の梅花賞を振り返ってみようと思います。 ★クロッカスS  馬場はセントポーリア賞回顧でも触れたように基本的には高速馬場でした。  このレースも他の芝レースの例に漏れず、キンシノクリーン、ワイナルダムの内枠の伏兵2頭がゆったりした流れを刻んで、道中も大きな隊列の変化がないままに直線の切れ味勝負になっています。  ラップは36,1(12,03......続きを読む»

2017 川崎記念 レース回顧

 今年最初の交流GⅠ(JpnⅠ)川崎記念は、新星オールブラッシュの鮮やかな逃げ切りとなりました。レース内容を見ていきましょう。  スタートからオールブラッシュは素晴らしい出足を見せ、内のケイティブレイブも多少なり抵抗するところはあったものの、外から譲らずにしっかりハナを取り切った形になります。  最初のゴール板前で、予想されたようにミツバが外から押し上げてきますが、それでも先頭は譲らずに、いかにも......続きを読む»

注目馬:グレーターロンドン

 日曜日の準メイン、節分ステークスを完勝して、6戦5勝でOP入りを果たしたグレーターロンドンの今後の将来性を考えていこうと思います。  いきなり余談ですが、私現役時代のロンドンブリッジがとても好きだったんですね。  あの外連味のない果敢な逃げ一本のスタイルで現役生活を全うしたわけですが、やはり最大のハイライトは桜花賞。  トライアルで執拗に絡まれ、ハイペースで失速して初の敗戦を喫した後のこのレース......続きを読む»

2017 川崎記念

 明日2/1に行われる川崎記念を予想していきたいと思います。  年末の大一番の東京大賞典と、年明け初頭の目標になるフェブラリーSに挟まれて、毎年やや寂しいメンバー構成になりやすいレースですが、今年も例に漏れず、という感じではありますね。 ★展開予想・ポイント  やはりトリッキーな川崎のコースに、2100mという距離も含めて、実力もさることながら舞台適性、距離適性をしっかり見極めていきたいところで......続きを読む»

2017 セントポーリア賞 レース回顧

 日曜日に行われた、3歳500万下のセントポーリア賞を回顧しようと思います。  一昨年はドゥラメンテが圧倒的な破壊力を誇示して制圧し、その後の二冠ロードに繋げたレースでもあり、個人的なイメージとしても、古い時代からまだ傷のついていない素質馬が揃って、将来性を高く期待されるレース、というイメージがあります。  一時期2000m戦になってそのイメージも薄れていた感がありますし、やはりこのレースはなんとな......続きを読む»

1 2 3 4 5 7 9

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  6. 2017 天皇賞(春) 
  7. 2017 安田記念 プレビュー
  8. 2017 大阪杯 プレビュー
  9. 2017 オークス
  10. 2017 桜花賞

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss