ホースレース・ロマネスク

競馬歴が四半世紀を超えた、 スポーツとしての競馬観戦が趣味のおっさんの、 私的見解垂れ流しのブログです。 中央・地方・海外まで興味あるレースや馬を幅広く、 レース回顧をメインに、予想、列伝など、 様々な形で競馬の魅力を発信していきます。

clover

  • 昨日のページビュー:8513
  • 累計のページビュー:9228407
  • (09月22日現在)

最新の記事

2017 京王杯スプリングカップ レース回顧

 思った以上のまとまった雨が降り、重馬場まで悪化した府中で行われた京王杯スプリングカップは、外からレッドファルクスが58kgの斤量をものともせずに差し切りました。レースを振り返ってみましょう。  やはり今日は、特に午後のレースはみんな馬場が重くなったのを意識して前半ゆったり入るパターンが多かったですね。  ただそれでも後半のラップ的に極端に鋭い脚を使うのは難しい、使えても1Fくらい、という馬場では......続きを読む»

2017 京王杯スプリングカップ

★展開予想・ポイント  明日は安田記念の前哨戦、京王杯SCですね。  今週からBコースになって、内外ともに絶好のグリーンベルト、高速馬場でのレース…………になるはずでしたが、明日はあいにく終日の雨予報が出ています。  一応午前中から降水確率80%となっているので、まず確実に降るでしょうし、後は降水量がどのくらいになってくるか。  今の府中ですと、相当降らないと強烈に重い馬場にはならないとは思います......続きを読む»

2017 チャンピオンズマイル・チェアマンズSP レース回顧

★チャンピオンズマイル レース映像  去年はモーリスが制した当レース、今年は香港競馬界にとって未来永劫悲しい記憶とともに語り継がれるレースになってしまいましたね。  史上初めての香港四歳三冠を達成し、将来を嘱望されていたラッパードラゴンの競争中止、予後不良という痛ましい出来事は、改めて競走馬の懸命な走りの美しさの影に悲劇性が隠されている事を再認識させられます。  そのあたりの話は後ろに回すとして......続きを読む»

2017 ケンタッキーオークス・英1000ギニー レース回顧

★ケンタッキーオークス レース映像  昨日は英米3歳牡馬のクラシックレースを紹介しましたので、今日は3歳牝馬のレースにスポットを当てていきます。  まずケンタッキーダービーの前日に行われたケンタッキーオークスですが、こちらはダービー当日よりも更にドロドロの不良馬場で行われ、強烈なハイペースで展開した結果、最後方から捲って脚を伸ばしたアベルタスマンが惜敗続きに終止符を打つ嬉しい勝利をこの大舞台で飾......続きを読む»

2017 プリンシパルS・矢車賞 レース回顧

★プリンシパルS  伝統のダービートライアルプリンシパルSは、弥生賞の惨敗からしっかり立て直してきたダイワキャグニーが、得意舞台の府中で直線あっさりと突き抜け、見事ダービーの切符を手にしました。レースを細かく見ていきましょう。  馬場は当然超をつけていい高速状態で、他のレースでも相当に速い時計が出ていました。  その分騎手の意識も前掛かりになっていたか、このレースは相当にペースが速く、結果として......続きを読む»

2017 ケンタッキーダービー・英2000ギニー レース回顧

★ケンタッキーダービー レース映像  「スポーツで最も偉大な2分間」と称される、アメリカ競馬最大の祭典、ケンタッキーダービーが日本時間の日曜朝に行われました。  今年は前哨戦から混沌としていて、例年以上に人気も割れていたようですが、結果的にはフロリダダービーを圧勝したオールウェイズドリーミングが、その勢いのままに2番手から早め先頭で押し切って圧勝しました。  馬場はこの日は止んでいたものの、それ......続きを読む»

2017 ヴィクトリアマイル プレビュー

★はじめに  やはり大きく荒れたNHKマイルCが終わり、同時にGWも終わって、ブルーマンデー感もいつになくどっしり身に沁みる今日この頃とは思いますが、今週も競馬は続きます。  今週は古馬牝馬の春の頂上決戦、ヴィクトリアマイルとなります。  正直この時期の府中マイルは、昨日の結果を見てもわかる通りかなりスピード優位な結果になることは多くて、秋のエリ女とは全く違う適性が求められます。  惜しい馬は何......続きを読む»

2017 NHKマイルC・新潟大賞典 レース回顧

★NHKマイルC  18頭立てのGⅠで最低人気が100倍を切っているなどいつ以来だろう、という、大混戦の下馬評高かったNHKマイルCですが、終わってみればロケットスタートを決めて先団に取りついたアエロリットが楽に押し切り、牝馬の層の厚さを改めて知らしめる結果になりました。レースを振り返ってみましょう。  まず馬場ですが、昨日のレース後にも散水があったようで、午前中などは特にその影響が結構出ていた......続きを読む»

2017 NHKマイルC・新潟大賞典

★NHKマイルC 展開予想・ポイント  多種多様な路線からマイル王の座をかけての猛者が集結し、非常に難解な一戦になりましたね。  結果が出てもどうしてそうなったのかわからん、って話になっても不思議ないくらい、いい意味で実力伯仲、悪く言えば団栗の背比べ的なメンバー構成だと思います。  今日の府中はかなりの高速馬場でした。  準メインのOP戦が47,9-48,9-47,3とほぼ平均で2,24,1、プ......続きを読む»

2017 京都新聞杯 レース回顧

 時折小雨がぱらつく曇天の元でのレースとなった京都新聞杯は、スローの決め手勝負の中、中団でじっくり構えたプラチナムバレットが最後一気に馬群を飲み込む末脚で差し切り、嬉しい初重賞制覇、ダービーへの滑り込みの切符を手にしました。レースを振り返りましょう。  馬場は発表はずっと良馬場のままで、午後頭くらいに小雨が降ったようですが、実質的に馬場状態にはさほど影響はなかったと思います。  9Rの1000万下......続きを読む»

2017 京都新聞杯

★展開予想・ポイント  今週は交流重賞3連発で書くべきことが多くってそろそろ青息吐息ですが、もうひと踏ん張り土日頑張って予想していきましょう、というところで、明日はダービー最終便の京都新聞杯です。    馬場に関してはとりあえず金曜正午では良馬場、中間頻繁に散水しているものの現状は先週までの高速馬場を維持していると思います。  ただし、明日の朝から京都は雨予報で、降水確率60%とかなのでどのくらい......続きを読む»

2017 かしわ記念 レース回顧

 毎年こどもの日恒例の交流GⅠかしわ記念、私も柏餅を頬張りながらのレース観戦でしたが、人気馬が果敢にレースを進めていく中、船橋巧者で地力最上位のコパノリッキーが、なんと中団から差し切る競馬でこのレース3勝目、通算GⅠ9勝目を見事な復活劇で飾りました。レースを振り返っていきましょう。  やはり馬場は相当に重かったようで、しかも最近の南関レースって、午前から馬場を使い込むほどにどんどん重くなるイメージ......続きを読む»

2017 かしわ記念

★展開予想・ポイント  さて、明日はGWの交流重賞でも目玉となる交流GⅠ、かしわ記念が開催されますね。  ここ2~3年はかなり上位馬が強く似たようなメンバーでの対戦が続いていましたが、去年秋くらいからいよいよ世代交代、新陳代謝も進み始めて、その過渡期の中で、ここでは色々と悩ましいメンバーが揃った、という印象です。  まず馬場は、最近の南関の定石通りにかなり重いですね。  メインの東京湾カップでも......続きを読む»

2017 兵庫チャンピオンシップ レース回顧

 3歳ダート中距離路線の登竜門的な位置づけの兵庫チャンピオンシップは、中団から脚を伸ばしたタガノティグオが、前走までの惜敗続きが嘘のように鮮やかに差し切り連勝となりました。  まあ昨日にせよ今日にせよ、初物は適性判断ではどうにもならないところが多いなぁ、と切実に思うレース結果ではありますが、ともあれレースを振り返っていきましょう。  展開はシゲルコングが今回も大きく出遅れ、ノーブルサターンがすんな......続きを読む»

2017 兵庫チャンピオンシップ

★展開予想・ポイント  明日の3歳限定ダート交流重賞、兵庫チャンピオンシップを予想していきましょう。  過去の勝ち馬にはコパノリッキーやケイティブレイブなどがおり、この先のJDD路線への大きなステップにもなるレースですが、今年は例年にも増して地方勢の層は薄く、ほぼJRA勢5頭の争い、という事になりそうです。  馬場は正直比較材料がないのでわかりませんが、良馬場で雨も降らない以上いつも通りの力の要......続きを読む»

2017 かきつばた記念 レース回顧

 かきつばた記念は、スタートから楽に先手を奪った兵庫のトウケイタイガーが、軽斤量を生かして中央勢の差し込みを一切許さないワンサイドゲームで勝利しました。内容を振り返っていきましょう。  馬場自体は良馬場ですが、やはりトウケイタイガーが勝った東海桜花賞当日よりは重かったんじゃないかな、と思います。  それはトウケイタイガーの勝ち時計からも推察できますし、全体的にパワーを擁する上で、小回り特有のポジシ......続きを読む»

2017 スイートピーS・あやめ賞 レース回顧

★スイートピーS  オークスへの最終切符をかけた可憐なる3歳牝馬の一戦は、未勝利勝ち直後の関西馬ブラックスピーチが、中団から外目を通してきっちり差し切り、ラスト1枚の切符をもぎ取ることに成功しました。レースを振り返りましょう。  前日の青葉賞で破格の時計が出たように馬場自体はかなり高速状態で、未勝利や3歳500万のマイル戦でも平均で1,34,1~3という時計、ひとつ前の晩春Sが1,20,1で上位......続きを読む»

2017 かきつばた記念

★展開予想・ポイント  明日の憲法記念日に、名古屋の1400mで開催される交流重賞・かきつばた記念を予想していきましょう。  今日の開催は良馬場で、メンバーレベルは正直分からないですが、やや時計がかかっている印象です。  明日も終日晴れの予報ですのでこのまま良馬場、1,26,5~8あたりが勝敗ラインになってくるかな、というイメージで入っていこうと思います。  コース的には一応の引き込み線スタート......続きを読む»

2017 クイーンエリザベスⅡ世S・ガネー賞 レース回顧

★クイーンエリザベスⅡ世S レース映像  さて、こちらは日本でも発売があるという事で展望記事も書きましたし、JRA公式でもレース結果など簡易に見られるのでわざわざリンク張るほどでもないでしょうが、ともあれネオリアリズムが悲願のGⅠ制覇を異国の地で果たしたクイーンエリザベスⅡ世Sを振り返っていきましょう。  戦前から逃げ馬不在でスローは想定されていましたが、逃げると目されていたネオリアリズムがスタ......続きを読む»

2017 NHKマイルC プレビュー

★はじめに  今週は府中で、春の3歳マイル王決定戦、NHKマイルCが行われますね。  マル外ダービーと呼ばれたのも今は昔、またここ数年でも、よりレースカテゴリーの細分化が綿密になったことで、ここをステップに変則2冠を狙う馬もほとんど出てこなくなり、立ち位置としては微妙なGⅠとなっていますが、それでも数多の良質なマイラーを輩出してきたこのレース、今年も様々な路線からメンバーが集まり多士済々、といった......続きを読む»

2017 天皇賞(春) レース回顧

 圧巻。   ただただその一言しかない、凄まじいレースでした。  2強対決に沸いた春の天皇賞は、実質的に逃げる形でレースを完全に支配し切ったキタサンブラックが、4コーナー先頭から横綱相撲で堂々と押し切り、レコードタイムのおまけつきで、高らかに現役最強の称号を掌中に入れてみせました。  この素晴らしいレースを演出してくれた全ての人馬に感謝を捧げつつ、しっかりとレースを振り返っていきたいと思います。 ......続きを読む»

2017 天皇賞(春) 

★展開予想・ポイント  この一週間、色々な角度からスポットを浴びた天皇賞の2強対決、その盛り上がりにいよいよ結果を投じる本番が明日に迫ってきました。  今日のアドミラブルも中々にテンション上がりましたが、こちらも本当に楽しみで楽しみで、早く見たいけど見るのが勿体無い、という気分にさせられますね。  まず今日の馬場ですが、一時的に雨はあったものの明確に高速馬場を維持したままと感じます。  準OPの......続きを読む»

2017 青葉賞 レース回顧

 突然の激しい通り雨などもありつつ、スタート時には綺麗な晴れ間の下で開催された青葉賞は、大器と評判高いアドミラブルが、最後方から一気の一捲りで突き抜ける圧巻の競馬で、力強くダービーの切符を掴み取りました。レースを振り返っていきましょう。  まず今日の馬場ですが、綺麗な良馬場ではありましたが、スローが多かったことを鑑みても目を引く勝ち時計、ラップはこのレース以前には見当たりませんでした。  古馬50......続きを読む»

2017 青葉賞

★展開予想・ポイント  明日は好天にも恵まれ、青葉賞の名に相応しい絶好の良馬場、緑の芝生の上でのレースになりそうですね。  ホームページでの発表も金曜正午で良・良ですので、先週土曜程度の基本イン有利ではあるけれど差しも効く高速馬場、という見立てでいいかと思います。  この春は府中京都共に例年よりも芝丈が長い、という話をチラホラ聞きますし、そのあたりで完全に軽いスピードだけでなく、多少なりはパワー......続きを読む»

2017 香港クイーンエリザベスⅡ世S レース展望 及び簡易予想

★展開予想・ポイント  日本時間で日曜日の17:30過ぎに、香港中距離路線下半期最大のステータスを持つ、クイーンエリザベスⅡ世Sが開催されますね。  去年はラブリーデイ、ヌーヴォレコルト、サトノクラウンが参戦するも完敗となり、そして今年は中山記念の覇者ネオリアリズムが異国の地で初GⅠ制覇にチャレンジします。  今年は2時間ちょっと前に走る春の天皇賞が相当に盛り上がりそうなので、そこが堅く決着すれ......続きを読む»

2017 橘S レース回顧 その他雑談

★橘S  この辺のレースも、クラシック路線では少し足りなかった馬が、夏のスプリント路線への転換を目指す上でのステップにしている、という印象が強いですね。  個人的にひとつくらい、この時期に1200mの3歳限定重賞があってもいいと思うんですけどね。流石にもうこの時代、ここで賞金を稼いだから記念出走でダービー&オークスへ、って陣営もまずいないと思うのですが。  余談はともかく、レースは土曜日でしたの......続きを読む»

2017 新緑賞・あずさ賞 レース回顧

★新緑賞  府中開幕週の伝統の新緑賞が、今年も2300mという不思議な距離設定で開催されました。  府中の場合、2400mと2500mではスタート直後に坂があるかないかで大きなペースの違いが生まれやすいわけですが、じゃあ2300mだとどう違うのか、と言われると難しいですよね。  コーナーまでの距離が短くなる分先行争いが厳しくなる、とは言えますが、大概このレース多頭数にまではならないので大差はなく......続きを読む»

2017 天皇賞(春) プレビュー

★はじめに  いよいよ今週は伝統の天皇盾を巡っての大一番、春の天皇賞が行われますね。  余談から入りますが、私が競馬観戦を始めた90年代前半から2000年代初頭にかけては、春の天皇賞と言えば強い馬が順当に勝つ、荒れないGⅠの代名詞のようなところがありました。  実際に過去の勝ち馬を眺めていても、名前だけでその走りが脳裏にはっきり浮かんでくるような素晴らしい名馬ばかりなのですが、2000年代半ば頃......続きを読む»

2017 マイラーズC・フローラS レース回顧

★マイラーズC  好天に恵まれ、真っ青に映える淀のターフで行われたマイラーズCは、イスラボニータがインから強襲し勝利、エアスピネルとの善戦マン対決を鮮やかに制しました。レースを振り返っていきましょう。  まず馬場ですが、晴れ間が続いたことで土曜日よりもう一段階軽くなったイメージでいいと思います。  未勝利の2000mでもラスト3F11,2-11,2-11,4なんてラップを踏んでいたり、そこそこ流......続きを読む»

2017 マイラーズC・フローラS

★マイラーズC 展開予想・ポイント  まず開幕週の京都の馬場ですが、極端に高速ではない、やや高速くらいの状態だったと思います。  前開催の終盤が雨に祟られて荒れていたせいか、この中間にエアレーションを入れてこなかったのでどうかな、と思っていましたが、未勝利マイルが47,0-47,7で1,34,7、500万マイルが46,0-48,2で1,34,2、メインの1200mが34,2-34,1で1,08,3......続きを読む»

1 2 3 4 6 8 9 10 11

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  6. 2017 天皇賞(春) 
  7. 2017 安田記念 プレビュー
  8. 2017 大阪杯 プレビュー
  9. 2017 オークス
  10. 2017 桜花賞

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss