ホースレース・ロマネスク

雑談

2017 7月第1週海外GⅠ レース回顧 その他雑談

★愛ダービー レース映像  毎年恒例のオブライエン勢多頭出しに対し、英ダービー3着のクラックスマン、仏ダービー2着のワルドガイストがその包囲網打倒に挑む、という構図になった今年の愛ダービー。  オブライエン勢の大将格になる英ダービー馬ウイングオブイーグルスは、今回即座にトップジョッキーのムーアJに乗り替わっての一戦で、このあたりのシビアさは実に欧州らしいと感じます。  レースはオブライエン勢のペ......続きを読む»

2017 宝塚記念 プレビュー

★はじめに  いよいよ今週は春のGⅠシリーズ総決算、夏のグランプリ宝塚記念ですね。  今年は絶対王者キタサンブラックがいるからか、登録時点で11頭と、下手すると一桁頭数でのレースになりそうな寂しい雰囲気です。  それでも新設初年度からの、キタサンのおそらく達成できれば不朽になりそうな春古馬三冠(今後中距離と長距離の双方であれだけ強い競馬が出来る馬が早々出てくるとは思えません)、それをさせじと牙を研......続きを読む»

2017 白百合S レース回顧 その他雑談的なお知らせ

★白百合S  残念ダービーとして土曜日の京都で開催された3歳OP戦の白百合Sは、ダービー登録メンバーでたった1頭の無念の除外となったサトノクロニクルが、その鬱憤を晴らすように勝利しました。レースを振り返ってみましょう。  まずこの日の京都の馬場は、雨の影響もあったのかそれなりに時計がかかっていたと思います。  未勝利で45,9-47,5のハイペースとはいえ1,33,4が出てはいますが、午後の10......続きを読む»

2017 安田記念 プレビュー

★はじめに  まだまだダービーの残響も冷めやらぬ中ですが、今週は古馬の春のマイル王決定戦、安田記念が行われます。  ここ数年はダービーを機に賞金編成が一新されるので、そのせいで伸び盛りの4歳馬が出走しにくい事になっていたりもして、毎年直前までメンバーが読みにくいのが特徴的です。  ただ近々降級制度は廃止されるかも、という話も出ていますし、そうなれば傾向も変わってくるとは思いますね。  やはり今まで......続きを読む»

2017 ダービー プレビュー

★はじめに  さて、いよいよ今週は競馬の祭典、ダービーが行われますね。  「最も運がいい馬が勝つ」と言われ、それ故に一国の宰相が「ダービー馬の馬主になるのは一国の宰相になるより難しい」と嘆いたという逸話がまことしやかに囁かれたり、ダービーだけは勝てない名騎手が、「ダービーを勝ったら騎手を辞めてもいい」とまで思い詰めて臨んだと伝えられる舞台、果たして今年はどんな劇的なドラマが繰り広げられるのでしょう......続きを読む»

2017 オークス プレビュー

★はじめに  昨日で牝馬の戦いはつくづく難しい、と改めて痛感したところで、今週は3歳牝馬のクラシック第2戦、オークスが開催されます。  桜花賞までの下馬評が、その結果を受けて大きく揺らぎ、混戦模様の気配も醸し出す中で、改めてしっかり個々の適正を考え、このレースの傾向に当てはめていく必要性が強くなるのではないか、と思います。  今年のオークス路線で特徴的なのは、近5年オークスで勝ち馬3頭、馬券圏内......続きを読む»

2017 ヴィクトリアマイル プレビュー

★はじめに  やはり大きく荒れたNHKマイルCが終わり、同時にGWも終わって、ブルーマンデー感もいつになくどっしり身に沁みる今日この頃とは思いますが、今週も競馬は続きます。  今週は古馬牝馬の春の頂上決戦、ヴィクトリアマイルとなります。  正直この時期の府中マイルは、昨日の結果を見てもわかる通りかなりスピード優位な結果になることは多くて、秋のエリ女とは全く違う適性が求められます。  惜しい馬は何......続きを読む»

2017 NHKマイルC プレビュー

★はじめに  今週は府中で、春の3歳マイル王決定戦、NHKマイルCが行われますね。  マル外ダービーと呼ばれたのも今は昔、またここ数年でも、よりレースカテゴリーの細分化が綿密になったことで、ここをステップに変則2冠を狙う馬もほとんど出てこなくなり、立ち位置としては微妙なGⅠとなっていますが、それでも数多の良質なマイラーを輩出してきたこのレース、今年も様々な路線からメンバーが集まり多士済々、といった......続きを読む»

2017 橘S レース回顧 その他雑談

★橘S  この辺のレースも、クラシック路線では少し足りなかった馬が、夏のスプリント路線への転換を目指す上でのステップにしている、という印象が強いですね。  個人的にひとつくらい、この時期に1200mの3歳限定重賞があってもいいと思うんですけどね。流石にもうこの時代、ここで賞金を稼いだから記念出走でダービー&オークスへ、って陣営もまずいないと思うのですが。  余談はともかく、レースは土曜日でしたの......続きを読む»

2017 天皇賞(春) プレビュー

★はじめに  いよいよ今週は伝統の天皇盾を巡っての大一番、春の天皇賞が行われますね。  余談から入りますが、私が競馬観戦を始めた90年代前半から2000年代初頭にかけては、春の天皇賞と言えば強い馬が順当に勝つ、荒れないGⅠの代名詞のようなところがありました。  実際に過去の勝ち馬を眺めていても、名前だけでその走りが脳裏にはっきり浮かんでくるような素晴らしい名馬ばかりなのですが、2000年代半ば頃......続きを読む»

2017 皐月賞 プレビュー

★はじめに  さて、今週は牡馬クラシック第一弾の皐月賞が開催されます。  巷間低レベルが囁かれる中でも、ブレスジャーニーを除くほぼ全ての有力馬がきちんと駒を進めてきて、かつ牝馬ファンディーナの参戦もあって、非常に難解かつ面白いレースになりそうです。  昨日の桜花賞で、牝馬戦線におけるちょっとした下剋上が為された中で、改めてこの時期の3歳馬の適性判断、未知の要素の見極めの難しさを思い知らされます。......続きを読む»

2017 桜花賞 プレビュー

★はじめに  いよいよ春の三歳クラシック第一弾、桜花賞が開催されますね。  今年は桜の開花も遅かったので、文字通り満開の桜の元でのレースになりそうです。  巷間噂される通り、今年の三歳勢は非常に牝馬にタレントが揃っていて百花繚乱の趣き、目玉の一頭となるファンディーナこそ果敢に皐月賞挑戦を決めたものの、それ以外のマイル戦線での有力馬はしっかり顔を揃えてきました。  ここまでの前哨戦もどれもか例年の......続きを読む»

2017 大阪杯 プレビュー

★はじめに  さて今週は、今年からGⅠに昇格した大阪杯が行われますね。  春の中距離路線の大レースがない事を受けて創設され、春古馬三冠ロードとして新たに確立されたものの、現時点ではそのろせんを目指すと公言しているのは昨年の年度代表馬・キタサンブラックのみ。  戦前からの懸念通り、他の前哨戦やドバイを使う陣営も多く、せっかくGⅠ昇格を果たしながらも登録段階でフルゲート割れ、その内ディーマジェスティは......続きを読む»

2017 ジョージライダーS レース回顧 その他雑談

★ジョージライダーS レース映像  一昨年にはリアルインパクトが制して日本でも話題になったジョージライダーSは、もはや説明不要の名牝ウィンクスの独壇場、圧倒的な連覇達成となりました。  レース自体は細かく分析するほどのものでもなく、ただこの唖然とするほどの勝ち方を紹介したいだけです。  これでウィンクスは16連勝、今年の春シーズン(豪州だと秋シーズンですが)の最大目標は2000mのクイーンエリザベ......続きを読む»

2017 高松宮記念 プレビュー

★はじめに  未だファンディーナショックも冷めやらぬ中、それでも時間は何にも平等に進んでいきます。  今週末は、本格的な春のGⅠシーズン到来を告げる桶狭間電撃戦、高松宮記念が行われますね。  このレースもスプリントGⅠとしてリニューアルされて以降は全てリアルタイムで観戦しているので趣深いですし、第1回のナリタブライアン参戦の衝撃はまだ生々しく記憶に刻まれています。  今年は去年の上位3頭が引退や......続きを読む»

2017 こぶし賞 レース回顧 とその他雑談

 まずは日曜日に京都で行われた3歳500万下のマイル戦、こぶし賞を振り返っていきます。  馬場は全体的に重たくて、速いハロンラップは踏めても1Fが限界、という、持久力が強めに問われる状態でした。  中京の新馬戦を圧勝して、ここでも1倍台の圧倒的人気に推されたズアーが最内枠からポンとハナ、外から番手にディアドラ、ポケットにシゲルが入って、その後ろから前を見る形でマイスタイル、という展開になります。 ......続きを読む»

2017 フェブラリーS プレビュー

★はじめに  今年もJRAのGⅠシリーズの開幕を告げるフェブラリーSがやってきました。  GⅠに昇格した頃は、こんな安直なレース名のままでGⅠにしていいのかっ、と思ったものですが、昇格より二十年余り、積み重ねた伝統と、それを彩ってきた時代ごとの名馬の重みが、今では非常に馴染む感覚に書き換えてくれています。  競馬観戦歴が長くとも、GⅠの第一回目から見続けているレース、というのはそんなに多くはないの......続きを読む»

ケンタッキーダービー・ベルモントステークスへの挑戦に対する礎作りについて

 昨年の上半期、ラニがUAEダービーを制して堂々とアメリカの地に乗り込み、三冠レースを皆勤して、出走するごとに着順を上げたのは記憶に新しいところです。  その活躍の話題性と、そして折よく去年秋からJRAの海外馬券発売が重なったことで、表題の2レースにおいて、アメリカ側からの特別な受け入れ態勢、制度がいくつか提案されました。  ひとつは昨秋に発表になった、国内ダートレースに対するケンタッキーダービ......続きを読む»

2016 JRA賞 競走馬部門

 2016年のJRA賞競走馬部門が発表されましたので、基本短観で見ていきましょう。 ★最優秀2歳牡馬 サトノアレス  ここはまぁ、レースレベルはともかく唯一のGⅠ勝ち馬なのだから順当、ではあります。  ただ実際、将来性まで含めて見た時にレイデオロの方が、と思う人の方が多かったろう事が、この微妙な票数に分かれているなと。  来年からは、その是非はさておきホープフルSもGⅠに格付けされるわけで、単に......続きを読む»

2016 JRA賞 騎手・調教師部門

 JRA賞の騎手・調教師部門が発表されましたね。  2016年は例年になく上位勢の成績が良く、切磋琢磨の中で充実したシーズンだったのではないでしょうか。  騎手部門においては、やはり一番の注目は最終日にまでもつれ込んだリーディング争いだったと思いますし、戸崎J、ルメールJともに最後までそれぞれのらしさは存分に発揮しての高次元の争いには瞠目するものがありました。  実際2人の勝ち鞍は、武Jが3年連続......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:10653
  • 累計のページビュー:7827626

(07月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  6. 2017 天皇賞(春) 
  7. 2017 安田記念 プレビュー
  8. 2017 大阪杯 プレビュー
  9. 2017 オークス
  10. 2017 桜花賞

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss