ホースレース・ロマネスク

レース回顧・中央競馬

2017 7月第3週新馬戦ほか レース回顧(日曜編)

★7/16(日) 福島5R 芝1800m戦  この日曜日は各競馬場で中々に見所のある馬が勝ち上がってきましたが、その中でもこのレースは、序盤からのハイペースという新馬中距離戦らしからぬレースの中、堂々とノームコアが番手から押し切る強い競馬を見せてきました。    レース展開は、2番人気のヘッドストリームが逃げて、そのすぐ外目にノームコアがつけて、延々プレッシャーをかける形で進めていきます。  1番......続きを読む»

2017 7月第3週新馬戦ほか レース回顧(土曜編)

★7/15(土) 福島1R 芝1800m未勝利戦  福島の馬場はまだ高速状態を維持、という感じで、その中でこのレースは、新馬戦はテンクウとの切れ味勝負の中でポジション差負けしたニシノベースマンがきっちりいい競馬で勝ち上がってきました。  スタートこそもっさりでしたが道中内目から少しずつポジションを上げていく戸崎Jらしいそつのない競馬で、4コーナー中韓あたりから一気に進出して直線大外から楽々突き抜......続きを読む»

2017 函館記念 レース回顧

 思いがけない集中豪雨があったようで、かなり渋った馬場での開催となった函館記念は、これまで重賞でも善戦を続けてきたルミナスウォリアーが、今までのもどかしさを振り払うような鮮やかな差し切りを決めました。  多分サムソン産駒も牡馬ではこれが初重賞だと思いますし、色々な意味で見応えのあった函館記念を改めて振り返っていきましょう。  馬場は、午前中は昨日と同等くらいに時計が出ていたのですが、どうやら5Rか......続きを読む»

2017 7月第2週新馬戦ほか レース回顧(日曜編)

★7/9(日) 福島5R 芝1800m戦  福島開催では数少ない1800mの新馬戦は、グランデウィークが出遅れや4コーナーでの不利をものともせずに押し切りました。  展開は、4着降着になったハクサンフエロが逃げて(シルポート産駒、という所に趣きがあります)、外からロードジパング、3着のピースユニヴァースあたりが追走して先団を形成します。  2着のトッカータはまずまずのスタートから先団のやや後ろでじ......続きを読む»

2017 7月第2週新馬戦ほか レース回顧(土曜編)

★7/8(土) 福島5R 芝1200m戦  土日通じて絶好の良馬場だった福島の新馬戦は、フィルハーモニーが外から一気に差し切って勝ち名乗りを上げました。  サカショウクイーンが好スタートから、内に切れ込んで同じくスタートが良かったショウナン、ダイメイあたりの進路をカットする粗さを見せつつ先頭、そのすぐ後ろに3着のジョブックコメンがつけて、外からハッピーナココロが引っ掛かり気味に押し上げて番手外に取......続きを読む»

2017 プロキオンS・七夕賞 レース回顧

★プロキオンS  昨日に引き続き、熱波で陽炎が浮かび上がりそうな馬場で開催されたプロキオンSは、常に堅実な走りを見せ続けてきたキングズガードが見事に差し切り、嬉しい初重賞制覇を飾りました。レースを振り返っていきましょう。  この時期はダート戦が少ないのでなんともですが、午前中の未勝利戦でも1,24,7が出ていたので、良馬場としては比較的軽めではあったと見てもいいとは思います。  展開は、外から......続きを読む»

2017 7月第1週新馬戦ほか レース回顧(日曜編)

★7/2(日) 福島5R 芝1800m戦  ここは人気のレーツェルがスタートから一気に逃げを打ち、終始後続に絡まれる厳しい展開ながらも最後もう一度突き放す、奥を感じさせる競馬で完勝しました。  レーツェルは内枠だったこともあり、スタートからある程度主張していきますが、最序盤はそれにクエントアスールが、中盤からは4着のクリノバルデュスが掛かり気味に馬体を合わせてきて、その分だけ中盤からペースアップす......続きを読む»

2017 7月第1週新馬戦ほか レース回顧(土曜編)

 段々レース数も増えてきましたので、ある程度簡素にまとめていきたいと思います。 ★7/1(土) 福島5R 芝1200m戦  福島開幕週最初の新馬戦は、伏兵ジェッシージェニーが外から鋭く差し切って勝利しました。  2着のセイウンリリシイが逃げ、3着のカガスター、ウインファルコンあたりが先団を形成する中、勝ち馬はそれを見る形で馬群の中からレースを進めていました。  ラップは34,4(11,47)-3......続きを読む»

2017 CBC賞・ラジオNIKKEI賞 レース回顧

★CBC賞  風雲急を告げる直前の雨が、混戦模様に一層の拍車をかけた桶狭間電撃決戦のCBC賞は、決死の先行から粘り込みを図るセカンドテーブルにアクティブミノルを、その名の通り閃光のような切れ味でまとめてかわし去ったシャイニングレイが、スプリント路線で高らかに復活の凱歌を上げました。  レースを振り返っていきましょう。  馬場状態は、少なくとも昨日から直前まで雨は降らず、散水などもなかったので、あ......続きを読む»

2017 6月第4週新馬戦 レース回顧(日曜編)

★6/25(日) 東京5R 芝1800m戦  日曜の府中は、夜半からの雨で稍重馬場でした。  ただメインのオーロCでも、35,7-11,5-33,7というかなりのスローバランスで1,20,9が出ていて、実質的にはほぼ良に近い条件だったと見ていいと思います。  このレースでは、カーネーションが好スタートからハナを切り、それを2着のライトカラカゼが番手でピッタリマーク、ニシノラブコール、リアルハニー......続きを読む»

2017 6月第4週新馬戦 レース回顧(土曜編)

★6/24(土) 東京5R 芝1600m戦  期待の新種牡馬、オルフェーヴル産駒の初出走でも話題になった当レースは、人気薄の伏兵マイネルサイルーンが絶妙のコース取りから押し切る競馬を見せました。  土曜の府中の馬場は、1000万下のリカビトスがスローの展開で1,46,1でしたので、基本的には高速馬場だったと思います。  バラッとしたスタートの中、クリノモリゾが絶好のスタートでハナ、3着のスピリッ......続きを読む»

2017 宝塚記念 レース回顧

 夜半からの雨で渋りが残り、空模様も曇天の中行われた宝塚記念は、香港ヴァーズであのハイランドリールを破ったサトノクラウンが、このレースでも重い馬場を味方に一気に外目を突き抜け、単勝1.5倍のキタサンブラックが馬群に沈む中で、国内初GⅠタイトルを獲得の大仕事をやってのけました。レースを振り返っていきましょう。  まず馬場状態からですが、正直雨量としては全く予想が外れた、というところですね。  午前中......続きを読む»

2017 6月第3週新馬戦 レース回顧(日曜編)

★6/18(日) 東京5R 芝1600m戦  他の2場が異常なくらい高速馬場でしたので、あまり目立ってはいませんが、府中もまだ普通に高速状態は維持できていたと思います。  その中でのマイルの新馬戦ですが、ここは新馬戦らしいゆったりした超スローからの上がり勝負で、番手につけたイブキの半弟・テンクウがきっちり抜け出しデビュー勝ちを飾りました。  展開は、3着のフォレストガーデンが好スタートでスッとハ......続きを読む»

2017 6月第3週新馬戦 レース回顧(土曜編)

 今週から3場開催で新馬戦も沢山レース数がありますので、土日に分割して書かせてもらおうと思います。 ★6/17(土) 府中5R ダート1400m戦  今週からはダートの新馬戦も始まりました。  このレースでは、人気になっていたパーラミターがどう頑張ってもゲートに入ってくれなくて除外、という珍事があり、直前で大きく人気が動きましたが、結果的に圧倒的1番人気になったマイネルユキツバキ(個人的にこの名......続きを読む»

2017 函館スプリントS・ユニコーンS レース回顧

★函館スプリントS  サマースプリントシリーズの開幕戦にもなる函館スプリントSは、稀に見る超高速馬場決戦の中、50kgの恵量を存分に生かしてジューヌエコールが楽々突き抜け、圧巻のレコード勝ちを収めました。レースを振り返っていきましょう。  まず馬場ですが、昨日の時点で超高速なのはわかっていましたけど、それでもなんだかんだ函館だしなぁ、と甘く見積もっているところはありました。  しかし蓋を開けて見......続きを読む»

2017 6月第2週新馬戦 レース回顧

★6/10(土) 東京5R 芝1400m戦  中々血統面や厩舎的に面白い馬が揃ったレースになりましたが、勝ったのは大外を突き抜けた4番人気のプレトリアでした。  レースは序盤からそこそこ先行争いでごった返す形になり、人気の一角ファストアプローチはその中に入っていく形で、マイネルキャドーはそれをマークしつつ先団の後ろを追走します。  人気のレピアーウィットは内枠のスタートから一度下げて、中団やや後ろ......続きを読む»

2017 マーメイドS・エプソムC レース回顧

★マーメイドS  初夏に牝馬が躍る伝統の一戦マーメイドSは、好位から積極的に仕掛けて早め先頭のマキシマムドパリが、そのまま後続を振り切って重賞2勝目を挙げました。レースを振り返りましょう。  まず馬場状態ですが、昨日に引き続き絶好の高速馬場でしたね。  8Rの500万下が34,4-11,4-34,9と前傾の流れで1,20,7、1000万下2200mの三田特別も、ややスローの流れからの5Fロンスパ......続きを読む»

2017 6月第1週新馬戦 レース回顧

 先週予告した通り、今週からは2歳馬のレース回顧を週中は積極的に進めていこうと思います。 ★6/3(土) 府中5R 芝1400m戦  日曜よりは土曜の方が少し時計がかかっていて、かつ外差し傾向が強かった芝で、中団から外目を回した、新馬御用達マイネル軍団のヴィオトポスが、直線かなりフラフラしながらも坂上で前を捉え、後ろからの追撃も抑え込んでの新馬勝ちとなりました。  レースラップは35,6(11......続きを読む»

2017 安田記念 レース回顧

 多士済々、好メンバーが揃った安田記念は、古豪ロゴタイプが前年度王者らしい素晴らしい逃げを打って最後まで粘り腰を見せる中、外から最後の最後にサトノアラジンが豪脚一閃、これまでのモヤモヤを一気に晴らす見事な末脚で悲願の初GⅠ制覇を達成しました。レースを振り返っていきましょう。  今日の馬場は、昨日よりも一段階回復して、ほぼ超高速に近い状態に戻っていたと感じます。  新馬戦も好時計でしたし、9,10R......続きを読む»

2017 鳴尾記念 レース回顧

 穏やかな日差しの元、絶好のコンディションでの開催となった宝塚記念の前哨戦・鳴尾記念は、長い休養期間がありつつ、常に素質の片鱗を見せ続けてきたステイインシアトルが、老練武Jの絶妙な逃げにエスコートされて見事に初重賞制覇を飾りました。レースを振り返っていきましょう。  今日の馬場は、昨日の渋りの影響もほとんどなく、それでいて高速過ぎず非常にいい状態だったと思います。  内外のバイアスも例年ほどはなく......続きを読む»

1 3 4 5

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:10653
  • 累計のページビュー:7827626

(07月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  6. 2017 天皇賞(春) 
  7. 2017 安田記念 プレビュー
  8. 2017 大阪杯 プレビュー
  9. 2017 オークス
  10. 2017 桜花賞

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss