ホースレース・ロマネスク

2017 黒船賞

このエントリーをはてなブックマークに追加

★展開予想・ポイント

 明日は高知競馬場で黒船賞が行われます。  一時は経営難で存続も危ぶまれた高知競馬ですが、近年は劇的なV字回復を果たして活況を呈しており、その中での看板レース開催となれば、例年よりも注目度が上がってくるのではないかと感じます。

 まずは自身のお勉強も兼ねてコース形態の紹介から。  一周1100mの小回りコースで、インコースは砂厚のため、内側を避けて走る形になっています。  そして形状としては綺麗な楕円ではなく、2コーナーから3コーナーにかけてホームストレッチから遠ざかるように直線が引かれています。

 イメージとしては阪神競馬場によく似ていて、少し歪なおにぎり型、とでも言えばいいでしょうか。  その為1~2コーナーはかなりきつく、逆に3~4コーナーは400m近くあるのかな?それなりにゆったりとしている感じです。  とはいえ当然地方競馬場の話なので、コーナーごとに減速する形になるのは避けられず、ここ5年でセイクリムズンとダノンレジェンドしか勝っていないように、コース適性の高さが問われ、リピーター率の高いレースになっていますね。

 黒船賞が行われる1400mは引き込み線スタートで、最初のコーナーまで400m近くあるので、それなりに先行争いは激しくなっています。  さっくりここ2年のレース映像を見た限りの判断ですが、最初の400mが23秒前後で進んでいます。  レース自体は1,27~28秒決着がほとんどですので、そこからの1000mで64秒くらいかかる計算になります。  イメージ的には12,5-11-14-12-13-13-12くらい、向こう正面とゴール前、200mずつくらいの直線でそれなりに加速していて、トップクラスだと直線を向いて器用に加速できるかの資質もそれなりに問われるのかな、と考えます。

 その上で展開予想ですが、この枠ならニシケンモノノフが逃げる形になるかなと思います。  グレイスフルリープが番手で、外からプラゾンとドリームも二列目には入ってきそうで、キンクズガードが読みにくいですが、このテンの流れですと普段のレースぶりからしてもその一列後ろ、にはなるんじゃないかなと感じています。

 まあ正直地方勢に面白い馬もほぼおらず、単調なレースにはなりそうですが、予想的にはキングズガードの扱いをどうするか、が最大のポイントになってくるでしょう。

◎ニシケンモノノフ

 まあこれは仕方ないところかな、と思います。  ダートスタートでのダッシュも鋭く、まずハナを叩けるメンバー構成ですし、小回りでの器用さもしっかり持ち合わせているのでほぼ堅軸でしょう。  怖いとすればフェブラリーの激走後での疲れと、去年のように向こう正面からの早仕掛けを食らうくらいですが、鞍上もそのあたりは百戦錬磨ですし、しっかり折り込んで対応してくれると思います。

〇グレイスフルリープ

 この馬はそこそこ追走力があるけれど流れ切ると脆い、ある程度再加速が問われるレースに特化的に向いている印象です。  なので地方小回りでポジショニングの良さを生かしていくのは強みになると思いますし、スッとニシケンの番手を取ってマークする形でついていければ、最後の一足で脅かすことも可能ではないかなと考えています。

△ドリームバレンチノ

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レース予想
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017 黒船賞

コメント及び、普段のご愛読ありがとうございますー。

仰る通り、実質五頭立てと思えばポジショニングなどの不器用さを相殺できる条件ではありますよね。
この馬自身常に外を回さなければならないタイプの差し馬でもありませんし、色々噛み合えば必然的に好勝負だとは思っています。

どうしても予想のスタンス的に、余程図抜けたパフォーマンスを見せていない限り、未知の魅力の部分は控えめに見積もってしまうのが私の悪癖でもあります。
実際一定数はこう考える人もいるだろう、と思えば、多少なりハイリターンにもなりますし、どうあれ予想の時点では、他者意見は参考にしつつも、ある程度確立したスタンスがあるなら、そこからブレないのがベターだと私は考えています。

キングズガード自身、中央の重賞戦線ではやや頭打ちの感が見え隠れしてきたところで、活躍の場を広げる意味でもここで好走はしておきたいでしょうし、記事にも書いた通り、どのようなレースをしてくれるか楽しみですね。

「2017 黒船賞」へのコメント

いつも読ませてもらってます。
黒船賞ですが、キングスガードを狙います。
自分の交流重賞の狙いは、中央で差し届かない馬。交流重賞では二割増し。
中央では後方の馬も、交流では自然と中段より前。
馬群を捌くロスがなくなり差し足全開です。
その筆頭が、サウンドトゥルーであり、
レーザーバレットもしかりです。

こんな記事も読みたい

今週の競馬を回顧します - 浜中君、太宰君に喝 -【競馬予想 時々 ゴルフコメント】

【スプリングS登録馬考察】この世代は「オルフェーヴル世代」か「エアシャカール世代」か(3/19中山)【馬券に年間300万投じる”リアル”な週末 by 安置エイジ】

2017 フィリーズレビュー・中山牝馬S レース回顧【ホースレース・ロマネスク】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:102085
  • 累計のページビュー:6006552

(05月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー プレビュー
  4. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  5. 2017 天皇賞(春) 
  6. 2017 大阪杯 プレビュー
  7. 2017 オークス
  8. 2017 桜花賞
  9. 2017 皐月賞 プレビュー
  10. 2017 NHKマイルC・新潟大賞典

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss