ホースレース・ロマネスク

2017 有馬記念

このエントリーをはてなブックマークに追加

★展開予想・ポイント

 遂に今年の中央競馬も千秋楽……………ではない事にまだ違和感は抜けませんが、それでもやはり有馬記念は特別な感慨を呼び起こすレースにはなります。  今年も様々な名馬が名シーンを彩った中央競馬、その中でもずっと王道の中心を走り続けてきたキタサンブラックの引退レースで、果たしてどのようなドラマが展開されるのか、今から非常にワクワクが止まりません。

 さて、まずは今日の馬場を振り返っていきましょう。  芝はAコースのままですが、特に内が荒れたイメージはなく、時計もそこそこの水準を保っていると思います。  9Rの500万下マイル戦が、勝ち馬のぶっちぎりとはいえ46,8-47,3のややハイで1,34,1、最終の1200m戦は33,2-36,2=1,09,5ですので、お世辞にも高速馬場とは言えませんが、過去2年よりは若干時計は出るコンディションではないかな、と感じています。

 今日のメインの2500m・グレイトフルSが、42,6-38,0-37,4-36,1=2,34,1でした。  純粋に例年この辺りのレースよりは2秒くらいは時計が出るのが有馬記念ですし、その視座でも2,32,0を切ってくる蓋然性はそれなりに高いでしょう。  今日のレースでもかなりスローの上に、このラップは逃げ馬が刻んだもので、後続はラスト1000mを59秒前半でクリアしていると思います。

 なので仮に、前半1000mが61秒、中間の500mはいつも緩むのでここで32秒くらい、というスローの展開なら、前にいるキタサンはラスト1000mで58,5くらいは出してきていい条件だと見ていますし、そうなると直線で確実にもう一段の加速が問われると思います。  もうちょっと流れたとしても全体時計を詰めてきて、後半要素の中でも持久力特化戦になる可能性はそこまで高くないはずで、特にキタサンがこの枠で実質的にレースをコントロールするなら尚更、ではありますね。

 その上で、どのレースでも基本的に道中から延々外々、という馬はほぼ壊滅しています。  かなり流れた1200m戦ですらイン差しと道中内から馬群の真ん中へ出した馬、という決着なくらいですし、メインも外から捲っていったステイパーシストが最後止まって内から差し返されているように、基本的には前目内目をタイトに回れて、器用に加速出来る馬が強い馬場条件になっているかなと思います。

 有馬記念の舞台となるこのコースは、とにかく基本的に向こう正面の残り1000mからのロンスパになる可能性が相当に高いですが、ポジションが取れなかった馬がそこから外々を押し上げていく形で勝ち切るのは相当に難題です。  やはり理屈の上では、一番ペースが緩みやすいのはゴール板前から1~2コーナーですので、外枠の差し馬は最序盤にギャンブル的に出していくか、或いはこの1~2コーナーで去年のサトノダイヤモンド的な競馬をするか、でないと、直線入り口の加速度についていけないパターンが考えられるので、そのあたりの駆け引きも大注目です。

 そのあたりを踏まえた上でのレース展開予想ですが、キタサンは理想的な絶好枠を引きましたので当然ここは先行策を取ってくるでしょう。  それ以外に先手を主張しそうなのはトーセンビクトリーと外のカレンミロティック、というのは衆目一致のところでしょうし、後はトーセンが果敢に逃げる形を取って、キタサンがスタートから外目にエスコートしつつの3番手につけるか、それとも枠の差を生かして敢然と前走に続いての逃げを打つか、そこもひとつポイントにはなってくるでしょうか。

 ただ、前が仮に派手に飛ばしていったとしてもキタサンがそれに付き合う理由は皆目ないですし、実質的なペースはややスローからかなりのスローにコントロールされる公算は高いと踏んでいます。  時計的には上で書いた、61-32-58,5=2,31,5くらいを本命に、その前後0,5秒くらいの幅で前後半にブレが出るかも、とは思いますが、それでも後半に延々11秒後半から12秒そこそこが続く、宝塚記念的なロンスパになる可能性は低いでしょう。  そうなるとしたら、サトノクラウンあたりが1~2コーナーで動き、かつポジションを押し上げてからも緩めずに前をつつき続けた時くらいかな、とは思っていますし、それだけのことが出来たらそれはそれでアッパレなので、頭の片隅には置きつつ基本的にはそうならないだろうと考えます。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レース予想
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017 阪神カップ・中山大障害 レース回顧【ホースレース・ロマネスク】

阪神Cの【ペケマル指数】が確定! 悔いなく行こう、“ペケマル予想”!!【【競馬まとめ!ペケマル】編集長のblog】

第323回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~阪神カップ G2【『ウマニティ』凄馬(スゴウマ)プロジェクト/凄馬出馬表分析&馬券検討】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:638
  • 累計のページビュー:12943706

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 天皇賞(秋) プレビュー
  6. 2017 菊花賞 プレビュー
  7. 2017 天皇賞(春) 
  8. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  9. 2017 安田記念 プレビュー
  10. 2017 大阪杯 プレビュー

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss