ホースレース・ロマネスク

2017 ジャパンカップ・京阪杯

このエントリーをはてなブックマークに追加

★ジャパンカップ 展開予想・ポイント

 惜しくもフルゲートは割ってしまったものの、外国馬4頭を含めて今年も様々な路線から豪華メンバーが集ったジャパンカップ、王者キタサンブラックに対して若い力の逆転劇があるのか、それとも常にキタサンの影で脇役に甘んじてきた伏兵陣の台頭があるのか、はたまた王者が貫録を見せつけるのか、見所満載で非常に楽しみな一戦となりました。

 まず今日の府中の馬場ですが、Cコース替わり以降継続している高速状態、インが伸びる状態を保っていたと感じています。  今日はムーアJが6勝と大暴れでしたが、芝のレースは概ね内から3~4頭目くらいを狙って通していたようなイメージで、いつぞやのラスパクを2着に持ってきた年のムーアロード的なイメージはありましたね。  ともあれ、基本的にはある程度内目を通したい印象ですし、外一気は中々決まり辛いコンディションだと感じました。

 時計的にも7Rの500万下が、48,6-48,5-47,9と緩みのない綺麗な平均ペースで2,25,0を出してきました。  ここはコルコバードぶっちぎりではありましたが、メインのキャピタルSも46,9-45,7とややスローバランスで1,32,6と中々の好時計決着であり、普通に流れれば2,23,5くらいは出せる馬場ではあるかなと感じます。  無論スローになれば24秒台とは思うのですけれど、余程前半が速くならない限りは、直線向いてそれなりの瞬発力は問われると思いますね。

 レース展開ですが、意外とハナに行く馬が読み辛いな、というのはあります。  キタサンブラックは理想的な内枠偶数番を引いたので、前走こそ出遅れていますがここは普通に出れば先頭列に入っていけるのは間違いないでしょう。  そして、すぐ内に出来れば逃げたいであろうギニョールがいるのがポイントで、キタサンが最初内を開け、この馬を行かせて番手を取る意識で入ってくるのか、それともギニョールの前に出切ってしまってこの馬をポケットに押し込め、相対的にライバルになるレイデオロやシュヴァルグランの位置取りを下げさせる戦略に出るのか、ここは中々悩ましいところです。  勿論今の馬場でギニョールがアシストありで逃げられるかもわかりませんし、キタサン武Jもある程度出たなりに柔軟に構えてくるだろうとは感じます。

 外から先行列に積極的に入ってきそうなのはソウルスターリングに、出足は常に速いブームタイム、それに外枠のアイダホやラストインパクトなども積極的にくるかもしれません。  特にアイダホは今日のレースでムーアJがかなり芝傾向を掴んでいるだけに、勝つためには前目内目、と強気に意識してくる可能性はあり、それがこの馬で叶うかは別にしても、下げて潜り込むよりは一か八かスタミナを生かす戦法に出そうな気はしています。  キタサンとしては、外から一気に行く馬がいれば譲って、でもいいので、その点も踏まえると最序盤は内外の動向を待つ格好になりそうですかね。まぁ一度やらかしたことで、晩年のルーラーシップみたいに出負け癖がつく可能性も皆無ではないですが、それはなったら仕方ない、で、基本考えないようにします。

 ともあれ、内枠勢は基本キタサンマークでなるべくいい位置を、となるでしょう。  ただシュヴァルグランにせよレイデオロにせよ、サウンズオブアースにせよスタートが常に安定している馬ではないのでその辺がまた読み辛いですし、ギニョールやディサイファあたりのあまり当てにできない馬が壁になるパターンもありそうで、ここも悩ましいところですね。  イキートスはまず下げるでしょうし、レインボーラインもある程度下げつつ岩田Jらしく内目を狙っていく形、マカヒキも後ろからで、サトノクラウンにシャケトラもこの枠ですから、序盤からは無理せず中団くらいにつけてくるだろうと考えます。  どうあれ、レース序盤から一気にペースが上がるイメージは持ちにくいメンバーですし、去年ほどではないにせよ前半1000mは60,5くらいになるのではないかなと見ています。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レース予想
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017 ジャパンカップ・京阪杯

>nankanking様

 いつもコメントありがとうございますー。返しが遅くなってすみません。
 結果的にキタサンが王者の競馬をした中で、どの馬が一番完璧にキタサンマークをやり遂げられたか、というイメージではありますね。レイデオロもあれでキタサンを差すんだから強いんですけどもね、覚醒した晩成ハーツの底力は素晴らしかったと思います。

「2017 ジャパンカップ・京阪杯」へのコメント

いつも拝見してます。
JC凄く楽しみです。メンバーは勿論、いい馬場で行われるからです。
 キタサンは各項目がオールA、そんな馬でさらに細かく言えば、スタミナSで瞬発力Bかなと思ってます。
 これだけの馬になると運も持ってると感じるのは、今まで高速馬場の状況であったのは今年の春天だけ。他のレースに至っては高速どころか通常より時計のかかる馬場が大半。プラス武豊の瞬発力勝負にさせない騎乗。大本命馬で四角先頭を出来る騎手は他にいない。
 推測通り自分も23秒台の決着だと思います。スローに落とせば33秒台の足を使える馬場。それを望まない武騎手がどう乗るか楽しみです。
 本命はレイデオロ。単勝で勝負。
ローテーション、前走の内容、3歳世代の活躍。突き抜けると思ってます。

こんな記事も読みたい

2017 ラジオNIKKEI杯京都2歳S レース回顧 【ホースレース・ロマネスク】

スポーツの熱い戦いを観てワーワーと大騒ぎしたい【Armar know Jack Bigwild】

京都2歳Sの【ペケマル指数】が確定! 東京・京都開催最終週の“ペケマル予想”は?【【競馬まとめ!ペケマル】編集長のblog】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:12602665

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 天皇賞(秋) プレビュー
  6. 2017 菊花賞 プレビュー
  7. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  8. 2017 天皇賞(春) 
  9. 2017 安田記念 プレビュー
  10. 2017 大阪杯 プレビュー

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss