ホースレース・ロマネスク

2017 ラジオNIKKEI杯京都2歳S

このエントリーをはてなブックマークに追加

★展開予想・ポイント

 今週は多忙&体調不良につき、新馬回顧まで手が回らずに申し訳ありませんでした。  来週はそんなに記事ネタがないので、出来る限り今週分も軽くでも触れておきたいとは思いますが、週末は当然重賞に集中させていただきますね。

 そんな感じで、明日は2000m戦に生まれ変わってまだ間もない京都2歳Sです。  過去3年からはあまりクラシックで活躍するようなめぼしい馬が出ていないのですが、果たして今年はそういった風潮を吹き飛ばす強い馬がいるのか、注目ですね。

 馬場コンディションですが、金曜昼の時点で稍重になっていますね。  週中の降水量が6mm程度なのに稍重ってあたり、気温も低くなって中々乾きにくい条件になっているとは感じますし、流石に今後の雨予報は今のところないので、明日には発表自体は良に戻ると思います。  でもそれでも先週同様に力の要る馬場なのは間違いないと思いますし、勝ち時計もそこそこ流れても2,02,0前後、スローなら2分3~4秒台も視野に入ってくると考えます。

 展開的には、一応主導権を握るのが最内のケイティクレバーにはなると思います。  前走は逃げずに結果を出せてもいるので、もしも外のアイトーンが一気に出してくるなら譲ってもいいし、そうでなければ自分でハナを切ればいい、とある程度選べる並びで、自分のペースを作り出す余地はしっかりあると感じます。  そこに外の伏兵、ランリーナやナムラアッパレも取り付いていって、グレイルやスラッシュメタルもある程度先行するかもですがその辺は読みにくいところです。

 タイムフライヤーとマイハートビートは共にそこまでスタートが速くないですから、この枠で前目に入ってくるのかはこれまた読み辛く、ひよっとすると人気勢がまとめて後ろから牽制し合う形になるかもしれません。  ペース的にはケイティの意識次第、とは思いますが、少なくとも序盤からガンガン速くなるパターンはまずないかな、と感じますので、馬群は一団で進んでいく事となるでしょう。

 その上で、ケイティがしっかり自分の持ち味を引き出すために中盤から淡々と引き上げてロンスパ気味の競馬にするのか、それともヘタれて仕掛けが遅くなり、例年通りの2~3F瞬発力戦になるのか?  ここはケイティにも勝つチャンスは作れなくはない条件だと思うのですが、小林Jですしどこまでそれをこの舞台で貫徹できるかはやっぱり心許ないところはあるので、基本的には半々くらいのイメージで入っておきたいです。  そのどちらにも対応できる素地がある馬が望ましいですし、まだ水物の馬も多いので難しいですが、機動力面はある程度重視しておきたいですね。

◎スラッシュメタル

 新馬戦の勝ち方がかなり鮮やかだったので狙って見ようかなと思います。  無論新馬らしく超スロー展開でしたが、GⅠシリーズ谷間の三日間開催の淀も馬場はかなり重かったですし、そこで後半11,9-11,3-1,3という流れを、外から自分で押し上げて踏み切っています。  この馬場でこの加速性能と持続力、瞬発力の質という面でも中々のものがあったと思いますし、外から出し切るイメージを持ちやすいミルコJですので、特に仕掛けが遅くなった時は信頼度が高いと思います。

 逆にロンスパになってどうかは当然未知数ですが、血統的にワークフォースで母系もロプロイと、持続力よりは持久力を問われた方が噛み合いそうな血統ではありますし、今の馬場でまず流れない想定なら面白いと思いますね。

〇タイムフライヤー

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レース予想
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017 ラジオNIKKEI杯京都2歳S

>dive in future様

 いつもコメントありがとうございますー。

 ハーツって基本晩成ですけど、たまに二歳戦から良く走る完成度の高い仔も出しますよね。
 ただいずれにせよピークがそんなに長くない感はありますし、松国厩舎ですからダービーまで、ってイメージは容易につきますよね。。。

 キンカメ×サンデーもそうですねぇ、ドゥラメンテがまともだったら、とも思いますが。
 概ねサンデーの血が強い馬は、一生懸命走りすぎてしまうきらいがあるのかなって思います。ステゴ血統が多少例外的ですけれど、最上級以外は結構スランプ入るともうダメ、ってのも多いですし、その意味では押せ押せの時期は逆らわない方が無難なんでしょうけどね。

 申し訳ないですが競輪は見ないんですよ。
 用語自体他のところで耳にして、仕掛け遅れって書くより語呂が好きなので結構古くから使っちゃってる感じです。

「2017 ラジオNIKKEI杯京都2歳S」へのコメント

こんばんは。

単純にタイムフライヤーで良さそうな気がします。でも、使い減りするハーツ産駒としては使いすぎで、将来性に疑問も感じます。
キンカメ×サンデーもめちゃくちゃ使い減りしますよね。古馬になって、G1勝った牡馬いないような気がします。

cloverさんは競輪も見るのですか?踏み遅れとか、競輪用語たまに出てきます。
私は最近競輪始めて、ハマりかけてます(笑)

こんな記事も読みたい

【重賞展望】第37回ジャパンカップ 連覇か悲願か3歳馬の勢いか、それともまたまたミルコか。【人生は競馬と共に】

ジャパンC、各馬短評【レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~】

世代の権威、ダービー馬の誇り【137のブログ@スポナビ+】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:29837
  • 累計のページビュー:12540725

(12月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 天皇賞(秋) プレビュー
  6. 2017 菊花賞 プレビュー
  7. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  8. 2017 天皇賞(春) 
  9. 2017 安田記念 プレビュー
  10. 2017 大阪杯 プレビュー

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss