ホースレース・ロマネスク

2017 もちの木賞・赤松賞・秋名菊賞 レース回顧

このエントリーをはてなブックマークに追加

★もちの木賞

 こちらは新馬であのルヴァンスレーヴに敗れた後、前走の未勝利を圧勝してきたビックスモーキーがポケットからしぶとく抜け出し勝利を収めました。レースを振り返りましょう。

 土曜の京都は未明からの雨で芝ダート共に重、ただ降水量が極端に多いわけではなく、実際に重で留まっているように、悪化し切るよりはむしろ脚抜きが良く滑りもしにくい、一番時計が出やすい条件だったのではないかと感じています。  同日の1800m戦は2歳未勝利がややハイペースで1,52,7、500万下が35,7-36,6-37,5とかなりのハイペースとはいえ上位団子で1,49,8を出してきています。  その点でこのレースの1,51,0は、2歳レコードとはいえ驚くほどではないですが、他のレースに比べるとペースは緩いので、後半要素での良さがより求められる内容になっていたと思います。

 展開は、函館の未勝利を好タイムで勝つも、前走は距離不足で沈んだサージュミノルが、今度こそ自分のリズムでと外枠から敢然とハナに立ちます。  それをキーフラッシュとスーサンドンが追いかけて、ビックスモーキーはそれを見ながら2列目のポケットを確保、その後ろにライジングドラゴンとサクラアリュールがいて、コマビショウは押していくも先団には入れず中団より後ろ、外目からじわっと進出していく形を取ります。

 ラップは36,0(12,0)-38,4(12,8)-36,6(12,2)=1,51,0(12,33)という推移でした。  テンの争いはそこそこ速かったですが、コーナーに入ってからは一気にペースが落ち着いて馬群が密集し顕著に中緩みがあります。  ただその分後半の仕掛けどころはそこそこ早くて、ラスト4Fが12,5-12,2-12,1-12,3となっており、コーナー地点でかなり速い脚を問われるロングスパート戦になっていると考えられます。  そうなると当然そこでの横のポジション差は響きますし、一方で極端な加速や切れ味までは問われていないので、器用に立ち回って持久力を引き出せた馬が上位に粘りこんだレース、というイメージですね。

 勝ったビックスモーキーは、上手く2列目ポケットから前にスペースを置いて、勝負所でも外に持ち出せず我慢を強いられますが、幸い逃げた2着馬が伸びてくれて、番手外の馬が垂れたので、そのスペースから残り200mで猛追、最後も前がしぶとい中でしっかりと底力を見せつけた勝ち方ではあったと思います。  ただ全体的には内枠で先行も難しくなく、かつコーナーの緩みも利用してじわっと取り付いた形ですので噛み合っていますし、直線もラップ推移的に出し抜かれない数字だったからこそ、前が空いてからでも届いた、とは言えそうです。

 本質的にはもう少し早く吹かして出し切りたいタイプとは思いますし、ただ馬場が軽くなって速いラップを長く問われる条件では結果的に完璧な立ち回りとなった、と考えます。  距離はこのくらいがベストでしょうし、良馬場ならある程度コーナーから動いていく形でより強さを引き出せる気がします。

 2着のサージュミノルは、前走は距離不足もあったでしょうが、それ以上に芝スタートですと全くスピードが乗らないタイプなのかな、と感じます。  函館の未勝利もやや軽い馬場とはいえ、最初の500mを29,1とかなりの速度で入れていますし、ここでもテンは36,0としっかり一歩目からスピードに乗っていて、それでしっかりハナを取り切れたのが良かったのだろうと思います。

 馬自身は必ずしも逃げなくては駄目、とは思いませんが、揉まれるとイマイチかもですので、外枠から逃げ番手、という競馬が一番噛み合いそうですし、自分のリズムで入れれば強い馬ですね。距離もこのくらいがちょうどいいでしょうが、ダートスタートならもう少し短くてもチャンスはあると思います。  このレースに関してはちょっと中盤緩め過ぎて、後続の早仕掛けを誘発してしまったのもやや苦しい要因ではあったと思いますし、函館戦のように消耗戦に持ち込んでどこまでやれるか、というのも興味がありますね。  ただダート2戦の好走歴が渋った馬場に限られているので、良馬場のこの距離でスタミナ面の不安が出ないかは留意しておくべきかな、とは感じました。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レース回顧・中央競馬
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ジャパンカップ【攻略データ】&【トラックマン注目馬情報】【【おウマの玉手箱】】

マイルCSレース回顧~常識とは覆す為にある~【サンチェス・ピスファン】

話題にはなっていないが【no title】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:29837
  • 累計のページビュー:12540725

(12月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 天皇賞(秋) プレビュー
  6. 2017 菊花賞 プレビュー
  7. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  8. 2017 天皇賞(春) 
  9. 2017 安田記念 プレビュー
  10. 2017 大阪杯 プレビュー

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss