ホースレース・ロマネスク

2017 マイルチャンピオンシップ レース回顧

このエントリーをはてなブックマークに追加

 肌寒い日が続く中、前日の雨の影響を残した渋馬場での一戦となったマイルチャンピオンシップは、大外枠の3歳馬ペルシアンナイトが後方インから馬群を縫って進出、最後の最後で先に抜け出したエアスピネルを捉えて嬉しいGⅠ初勝利を飾りました。レースを振り返っていきましょう。

 今日の馬場ですが朝の時点では重のままで、昼過ぎから稍重に戻ったものの終日時計の掛かる状況が続いていました。  9Rの2歳500万下の1400m戦が36,6-12,0-35,0のスローペースで1,23,6、準メインの1000万下1800m戦が34,8-36,0-36,7とかなりのハイペースで1,47,5止まりでしたので、マイル戦でも2秒程度は時計を要する、力の要るコンディションだったと思えます。  また昨日の時点ではまだインが伸びていましたが、昨日今日と渋った中でレースを使った分か、この日の午後くらいからは顕著に外差しが効くイメージに変わってきていたかな、と感じました。

 レース展開は、まずマルターズアポジーがこの大一番で微妙に立ち遅れます。  これはすぐ隣の、抜群のスタートだったレーヌミノルと比べると明らかで、そこからレーヌが待ってくれたので、押して押してダノンとの間を割ってハナに立ちますが、ダッシュを決められなかった分だけ後続の序盤の押し上げもはやく、ややリズムを崩しての先行態勢になります。  内からはヤングマンパワーとダノンメジャーが早めの競馬で、前者が2列目ポケット、後者が番手外を取り切り、それに外枠の先行馬、ムーンクレストやウインガニオンが絡んでいく形になります。

 レーヌミノルは外の動きを見つつ2列目の馬群の中目でじっくり構えていて、3列目のインにアメリカズカップ、それに並ぶあたりにやや立ち遅れたものの、そこから即座にリカバーしたエアスピネルがいました。  それをブロックするような位置に外からジョーストリクトリが入っていって、そしてイスラボニータ、サングレーザー、レッドファルクスは揃ってエアスピネルをマークする位置、丁度中団での競馬となります。  そのイスラを見る位置にクルーガーがいて、序盤はここから少し差が空いてグランシルクにガリバルディ、そしてスタートは良かったものの二の脚でついていけなかったペルシアンナイトに、注文を付ける形のサトノアラジンがいて、最後方が追い込みにかけるブラックムーン、という隊列になりました。

 ラップは34,6(11,53)-24,0(12,0)-35,2(11,73)=1,33,8(11,67)という推移でした。  レース中盤で馬群が詰まってきていたのでそんな予感はしましたが、数字からもアポジーが淀の坂越えで自分の競馬を作り切れなかったな、というのが率直なところですね。やはりこのあたり、コース経験の乏しい人馬に稍重の条件では難しさがあり、常識的な形に持っていってしまった感はあります。  それも最序盤にやや出負けして、自分のリズムでの先行策が打てなかった事が響いていると思いますし、ひとつ噛み合わないとズルズル全部ダメになるのが逃げ馬の脆さとは言えますね。

 ともかく、それでも流れ自体はそこそこ速く、ハーフで46,7-47,1ですので少し前傾寄りですがほぼ平均、と見ていいでしょう。  中盤が12,1-11,9と、極端ではないですが緩んでいて、特に坂の下りに差し掛かったところでのペースアップ度合いがかなり低いので、後ろから追いかける馬はこの地点では結構楽に進出出来たと思います。  その上でラスト3Fが11,5-11,6-12,1という数字で、誤差ではありますが4コーナー出口の部分が最速ラップであり、外々からここで押し上げる、という形になると大きな影響ではないでしょうが少し苦しかった気はします。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レース回顧・中央競馬
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017 マイルチャンピオンシップ レース回顧

>MOMO様

 いつもコメントありがとうございますー。

 京都で外枠から勝つのは、モーリスみたいに余程力が抜けてない限り正攻法では厳しいんですよね。
 その意味では勝ちまで意識するならあれしかない、のは確かですけど、それを一部の隙なく完遂出来るのが恐ろしいところです。馬も確実に前走から調子も上げて、かつ成長も見せていましたし、来年も楽しみなコンビですね。

 レッドのコメントは私も気にはなったのですが、それでも、と思ってしまいました。
 大抵弱気な面は見せない大レース直前コメントで、あれだけ正直に吐露しているのはもう少し大切に考えるべきでしたね。
 伏兵陣も比較的みんなお行儀のいい正攻法に終始してしまいましたからねぇ、本来はペルシアンナイトの競馬を伏兵がやらないと、と思うんですけれど。

2017 マイルチャンピオンシップ レース回顧

いつもありがとうございます。
今回のマイルチャンピオンシップ、MデムーロJがペルシアンナイトに騎乗するという一報の時点では本命でしたが、18番枠に決まった事で圏外にしてしまいました・・・。少なくともこの馬は右回りの方が良さそうですね。MデムーロJの話としてこの馬の適距離は1800mだそうで、そういう意味では前週のエリ女のヴィブロスよりは外枠の不利は少なかったのかも知れません。私はエリ女、マイルCSとルメールJを軸としたので、共に5着となり、私の予想が彼の足を引っ張った格好になってしまったような気がします。
レッドファルクスは管理する尾関調教師が「直線平坦な京都は、4大場の内で最も向かない競馬場」と言われていたのが印象的で結果もそれを踏襲する形になりましたね。
今回は支離滅裂なコメントでごめんなさい。追い切りで凄く良く見えたクルーガーやグランシルク・・・やめておきます。
これが1番大切な事なのですが。
cloverさんのブログ、ぜひ場所を替えて続けて頂きたいです。

2017 マイルチャンピオンシップ レース回顧

>大王様

 コメントありがとうございます。

 仰る通りに騎手心理への読みの甘さがはっきり出てしまいました。
 コース形態に沿うなら武士沢Jがヘタれて緩む可能性も考えてはいたのに、そうなった時の保険を打たなかったのはバランスを欠いたと反省しています。

2017 マイルチャンピオンシップ レース回顧

ブログ主さん!

見事なハズシっぷり、お見事でした!
ミルコを消して武士沢を選ぶというのは、ものすごい事ですよ。
武士沢は1回もG1で好走したことないんだからね。
どうやったらそういう決断になるのか。

こんな記事も読みたい

第314回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~マイルチャンピオンシップ G1【『ウマニティ』凄馬(スゴウマ)プロジェクト/凄馬出馬表分析&馬券検討】

マイルCSなどの予想【中穴馬券研究所】

~重賞予想~かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(マイルチャンピオンシップ G1)【『ウマニティ』凄馬(スゴウマ)プロジェクト/凄馬出馬表分析&馬券検討】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:17860
  • 累計のページビュー:12578333

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 天皇賞(秋) プレビュー
  6. 2017 菊花賞 プレビュー
  7. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  8. 2017 天皇賞(春) 
  9. 2017 安田記念 プレビュー
  10. 2017 大阪杯 プレビュー

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss