ホースレース・ロマネスク

2017 天皇賞(秋) プレビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

★はじめに

 今週はいよいよ、古馬の頂上決戦となる秋の中距離GⅠ三連戦、その先陣となる秋の天皇賞ですね。  2コーナーの引き込み線からスタートするという、やや特殊なコース形態で実施されるレースですが、それでも数多の名馬が勝ち馬に名を連ね、このコースならではの筋書きのないドラマをいくつも生み落としてきました。

 今年はGⅠ馬8頭と超豪華メンバーが出揃います。  まぁ近年はGⅠ路線も多様化して、そのタイトルが海外GⅠのみ、なんて馬も出てきますので、その頭数自体が全体的な能力の高さ、レース質の高さとイコールになるかは判断しづらいところもありますけれど、それでもやはりこれだけ多様な路線から有力馬が集まってくれるのは、2000mという距離ならではの醍醐味と言えるでしょう。

 2週続けて道悪での決戦が続きましたので、そろそろ今週位は良馬場での真っ向勝負が見たいなと思いつつ、過去を紐解いて攻略のヒントを探っていきましょう。

★レース傾向分析

 コース形態はややトリッキーで、改装前よりは改善されたとはいえ最初の2コーナーまでの距離がすこぶる短く、外枠の馬が先行するには不利な舞台、というのがほぼ定説化しています。  ただそこをクリアして隊列が落ち着けば、それなりの起伏を伴いつつもゆったりしたコーナー、長い直線で実力馬が力を引き出しやすいロケーションですし、直線の坂が残り260mくらいまでで、坂を上ってから更にもう一段踏ん張れるパワー・底力をも求められる事になります。

 過去10年での平均ラップは、35,4(11,8)-47,2(11,8)-35,1(11,7)=1,57,7(11,77)という推移になっています。  この数字だけ見ると、レース全体で淀むところがなく、均質的に高いスピード能力と底力を問われる条件だなと感じさせます。

 ただ府中の馬場は結構軽さにムラがあり、近3年は良馬場でもちょっと時計がかかってきている印象です。  またその10年の推移の中に、2年ほどシルポートが玉砕逃げをかまして超ハイペースを演出していることもあり、特にトーセンジョーダンの年の1,56,1というスーパーレコードが全体の平均値を押し上げていますので、実際的にはもう少しスロー寄りになる傾向が強いとは思います。

 それでもコース形態的に、序盤いいポジションを取るためにある程度先行争いは激しくなりますし、ハイペースになればなるほど逃げ・先行馬にはストレートに辛い条件と言えるでしょう。  過去10年でも逃げ馬で圏内に飛び込んできたのは稀代の名牝ダイワスカーレットのみですので、率直に逃げ馬は割り引いた方がいいと思います。

 その上でペースがスロー気味に落ち着くなら先行から中団につけた馬、ハイ気味になるなら後方からでも届く、というイメージですね。  また、レースの仕掛けどころは坂の上りが最速、というパターンが目立ちますが、コーナーからペースが上がる場合はスローでも持続力を引き出しきって差し馬が届く、という傾向も見えています。

 今年の場合は、先週・今週と極悪の馬場で開催したダメージがどのくらい残ってくるかが一つ大きな鍵になってくると思います。  今のところ週末は晴れ予報ですし、今週からBコースになりますので、昨日みたいに顕著に馬場の内側を避けての競馬にまではならないかもしれません。  それでも先行馬がコーナーで外に膨れ、馬場のいいところを狙ってくる可能性はあり、春の府中でも指摘したようにそうなると仕掛けのポイント・最速ラップ地点が600-400m地点のコーナー出口に来る場合が増えてきます。

7ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
雑談
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017 天皇賞(秋) プレビュー

>MOMO様

 コメントありがとうございますー。

 その可能性もありますけれど、一応去年のJCでは完勝できているので、状態面の方が大きいのかな、とは感じますね。
 レースに行くと一生懸命走ってしまう馬に見えますし、シーズン3戦目のお釣りをどれくらい残すか、陣営もこの秋シーズンはそこを意識はしてくると思うので、適性面とセットで私も秋天は、状態がまともでもちょっと危うさはあるのかな、と思っています。

 宝塚記念の精神的ダメージから未だ抜け出せていなければ、そういう奇跡の復活パターンも有り得るでしょうし、ともあれこれだけの名馬ですから晩節を悪戯に汚すことなく、無事に走り切って欲しいものですね。

2017 天皇賞(秋) プレビュー

いつもありがとうございます。
少し前にここに辿り着きそれからは毎回楽しみにしております。キタサンブラックについてですが、今まで宝塚記念、有馬記念で勝てていないのは、荒れ気味の馬場への適性が少しマイナスだからではないでしょうか。今回の秋天は馬場が回復しないと難しいのではと個人的に思います。・・・ただもし馬場が劇的に回復しても東京の芝2000mはキタサンにとっては合わないと思いますが・・・。ここで凡走して、ジャパンカップを回避、もしくは凡走して、有馬記念で劇的勝利で引退・・・オグリキャップのようになるかも知れませんね。

こんな記事も読みたい

10/22競馬回顧【オギのenjoy競馬】

馬場が重くなると長距離適性が強く出る【考えたこと】

2017 菊花賞 レース回顧【ホースレース・ロマネスク】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:99167
  • 累計のページビュー:11869156

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 天皇賞(秋) プレビュー
  6. 2017 菊花賞 プレビュー
  7. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  8. 2017 天皇賞(春) 
  9. 2017 安田記念 プレビュー
  10. 2017 大阪杯 プレビュー

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss