ホースレース・ロマネスク

2017 菊花賞 プレビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

★はじめに

 今週は牡馬クラシックの最終章、もっとも強い馬が勝つ、と言われる菊花賞ですね。  独特の雰囲気を持つ淀の長距離戦、今年はダービーの1~3着馬が不在とかなり手薄なメンバー構成にはなってしまいそうですが、マヤノトップガンやマンハッタンカフェなど、夏の上がり馬から一気にチャンピオンホースに登り詰めた例もありますし、今年もこの距離で躍動する強い馬が台頭する事を大いに期待したいところです。

★レース傾向分析

 淀の3000mはスタートしてからすぐに上り坂、そして下り坂というロケーションですので、スタート直後からいいポジションを取るべく出していくと、坂の下りで引っ掛かってスタミナが持たないとされる、非常に繊細な手綱捌きが要求されるコースです。  また近年は馬場の高速化が顕著になり、その分コーナーごとにそれなりに速いラップを踏むパターンが増えてきましたので、基本的には前に壁を作りやすく、ポジションも取りやすく、コースロスもない内枠が圧倒的に有利な舞台と化しています。

 距離が長いのでラップは5Fごとの区切りで見ていきますが、過去10年の平均は60,5(12,1)-63,1(12,62)-60,3(12,06)=3,03,9(12,27)という推移になっています。  基本的には前半のゴール板前あたりまでは、ポジション争いと下り坂の影響もあってそこそこ流れ、1コーナーから緩み出して二周目の坂の上りまでは緩いペース、そして下り坂に差し掛かってからの後半4Fで速いラップを踏んでくるものの、極端に切れ味の質は問われず、長くいい脚を使う事が求められています。

 当然ながら最序盤のポジショニングは重要で、特に近年は馬群が凝縮して展開する事も多々あり、外枠の馬が内目に潜り込むのは簡単ではありません。  コーナーを6回通すことになるので、その分だけ距離ロスの影響も大きいですし、最後の4コーナーではかなり速いラップも問われるので、この距離を淡々と追走して尚高い持続力を引き出せるレベルの馬でないと、外から一気に差し込むのは難しい条件です。

 ただし今年は少し様相が違っていて、先週から不動明王の如くに列島近辺に居座っている秋雨前線、これが今週もまだまだその勢威を奮う模様です。  昨日の秋華賞でも史上初の重馬場決戦になりましたし、そこから晴れ間が少なく断続的に雨が降る、という事となれば、例年に比べて純粋に芝の状態も良くなく、かつ当日も重馬場開催になる可能性はあります。  そうなると、例年よりもよりスタミナ色が強い、古色蒼然の菊花賞に立ち返る可能性も見ておきたいですし、ここも非常に難しい一戦になることは間違いないと感じています。

★有力馬分析

・アルアイン

 栄えある皐月賞馬でダービーも5着と、春シーズンの実績としては明確にこの馬が図抜けています。  厩舎や牧場の使い分けの方針もあったのか、前哨戦はわざわざ関東のセントライト記念でしたが、明らかに叩き台のここでも、特殊な馬場コンディションの中でミッキースワローの一瞬の切れには屈したものの、クラシックホースとしての貫禄を示す内容ではありました。

 血統的にスタミナ不足は指摘されていますし、私もこの馬のべストは2000m近辺だろう、とは考えていますが、それでも近年の淀の長距離は立ち回りひとつでなんとかなります。  今年の春天のように全く淀みなく進んでしまえば別でしょうが、少なくともこのメンバーでそういうタフなレースになる公算は低いでしょうし(そういう流れに持ち込んで欲しい、と期待する馬はいますが)、序盤のポジショニングの巧さと操縦性の高さは折り紙付きです。  少なくとも良馬場なら勝ち切るまではともかく凡走はしない、とは思っていますし、当然ながら内目の枠を引ければ尚更に重い印まで視野に入ってきますね。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
雑談
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

重馬場の2000は長距離血統か【考えたこと】

この時期に一つ勝てることの嬉しさ【競馬はいろいろ難しい】

なおさんうまの結果【no title】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:99167
  • 累計のページビュー:11869156

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 天皇賞(秋) プレビュー
  6. 2017 菊花賞 プレビュー
  7. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  8. 2017 天皇賞(春) 
  9. 2017 安田記念 プレビュー
  10. 2017 大阪杯 プレビュー

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss