ホースレース・ロマネスク

2017 京都大賞典 レース回顧

このエントリーをはてなブックマークに追加

 好天に恵まれ、絶好の馬場での開催となった京都大賞典は、道中後方インから鮮やかなイン差しを決めたスマートレイアーが牡馬を撫で切り、悲願のGⅠ制覇に向けていいスタートを切りました。レースを振り返っていきましょう。

 今日の芝ですが、実質的には超高速だったと思います。  ただ芝のレース自体2歳戦ばかりで、かつスローのレースばかりでしたので、いつぞやの月曜開催中山の時のように、ラスト1F最速かそれに近い数字の上がり・切れ味勝負になるパターンがほとんどでしたね。  それでも新馬でラスト1F10,8とか、いくら超スローとはいえ1600万下の2000m戦も11,3-11,0-11,2なんて上がりですから、前半流れれば時計が出る馬場だったのは間違いないでしょうし、それをこのレースが証明していると思います。

 レース展開は、ちょっと色々序盤にごちゃつく所があって、これが制裁対象になっているかはまだ情報が出ていないのでなんともですが、そのあたりの影響は結構あったのかな、と感じます。  具体的にはスタート直後、内でサウンズオブアースとシュヴァルグランが2度ほど馬体をぶつけてスピードに乗り切れなかった事で、ただレース映像でだけ見ていると、これは内側の5頭全ての綾が絡み合ってのもつれ、に見えますね。

 1番枠のプロレタリアトがいいスタートを切った直後に外に寄れて、少し出負けしたサウンズオブアースの前を塞ぎ、同じく好発を決めたミッキーロケットは内に凭れ、そこから玉突き的にスマートレイアー、シュヴァルグランがインに馬体を寄せていく格好になっています。  その結果として、前を塞がれ咄嗟に外に出そうとしたサウンズオブアースとシュヴァルグランが接触し、二の足が削がれてしまっていて、プロレタリアトとミッキーロケットもその動きを横目に見ながら、という形で、一目散に前に出していく、という感じにはなりませんでした。

 その間隙をついて、というわけでもないのでしょうが、中目から好スタートのトーセンバジルが馬群を横切って最内へ一気に進路を取る積極策、更に外目からラストインパクトが復権をかけての逃げ戦法に出るという思わぬ形になりました。  その外からカレンミロティック、ハッピーモーメント、マキシマムドパリあたりがじわっと取り付いていって先行、その後ろにプロレタリアトとミッキーロケットがいて、サウンズオブアースはちょっと無理やりな感じで行き脚をつけつつ外に持ち出して、この先団グループの一番後ろの外目で構えることとなります。

 そこから少し馬群が離れたところに、インベタ強襲を狙うヒットザターゲットが入り込み、レコンダイトもこのグループにいました。  その後ろ、インにスマートレイアー、外目にフェイムゲームがじっくりと構え、行き脚を完全に削がれた格好になったシュヴァルグランは、デムーロJらしい肝の据わった後方待機策に切り替えて、まずは自分のリズムを取り戻すことに専念していたように見受けられます。

 レースラップは、35,6(11,87)-36,4(12,13)-36,6(12,2)-34,4(11,47)=2,23,0(11,92)という推移でした。  ラストインパクトが気合をつけて進めていったことで、思ったより前半しっかり流れ、かつ淀みもないいいレースになりましたね。  ハーフで見ると1,12,0-1,11,0と僅かに後傾ですが、これは馬場がとても軽かった故でもあり、少なくとも先行集団についていった馬はこの距離でもそれなりに質の高い追走力が求められていると感じます。

 その上で第3ブロック、坂の上りに差し掛かる地点で12,4-12,5と一息入り、そしてそこから11,7-11,5-11,4-11,5と、定石通りに坂の下りからペースが上がっていって、そのまま最後までほとんどラップが落ちずに進んでいます。  前半流れた分と、しっかり後半4Fで分散された事で、極端な切れ味は問われていませんが、それでもコーナー地点が丸ごと11秒半ばのラップですので、いかにも京都外回りの高速馬場らしい、外目を押し上げて勝負に加わっていくのは中々難しい条件ではあったと考えていいでしょう。  最後もしっかり持続力が問われていますし、コーナーを上手く立ち回った馬、持続力に秀でた馬、純粋に能力が高い馬が上位に食い込んできたと感じますね。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レース回顧・中央競馬
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第301回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~京都大賞典 G2【『ウマニティ』凄馬(スゴウマ)プロジェクト/凄馬出馬表分析&馬券検討】

京都大賞典~ミルコとはいえ~【サンチェス・ピスファン】

いただき京都大賞典【けいばフレンズ】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:99167
  • 累計のページビュー:11869156

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 天皇賞(秋) プレビュー
  6. 2017 菊花賞 プレビュー
  7. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  8. 2017 天皇賞(春) 
  9. 2017 安田記念 プレビュー
  10. 2017 大阪杯 プレビュー

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss