ホースレース・ロマネスク

2017 毎日王冠 レース回顧

このエントリーをはてなブックマークに追加

 GⅠ馬が5頭も出揃い、本格的な秋のGⅠシリーズ開幕の狼煙を上げるに相応しいレベルとなった一戦は、中団から鋭く脚を伸ばしたリアルスティールが見事復活の勝利を上げ、悲願の国内GⅠ制覇に向けていいスタートを切りました。レースを振り返りましょう。

 今日は朝から芝は良馬場発表で、実際に時計もそこそこ出ていました。  全体的にドスローのレースばかりなのではっきり読みにくいところはありますが、2歳未勝利のマイルでアーモンドアイが1,35,1での差し切り、午後の芝レースでも軒並み上がり32秒後半から33秒前半を繰り出す馬が上位に来るパターンが多く、おそらく超、に程近い高速馬場にはなっていたと見ていいと思います。

 逃げ馬不在の中で序盤のレース展開も注目されましたが、好スタートを切ったダイワキャグニー、マッチレスヒーロー、ヤングマンパワーが雁行状態でそれぞれの動向を窺う中、少し出負けしたソウルスターリングも気合をつけてこのグループに取りついていきます。  そうなると、基本どの馬も逃げたくはない、という条件の中で、最内のソウルが押し出されるようにハナを取る形になって、番手外にダイワキャグニー、ポケットにマッチレスが入って、その外にヤングマンパワーという隊列で前は落ち着きます。  その先団の後ろにウインブライトがいて、内からはマカヒキもそんなにスタートは良くなかったですが、ある程度しごいて前の集団の最後尾に取りついていきました。

 そこから少し馬群が切れて、丁度中団、前後に何もいない楽な位置に好スタートからきっちり下げたリアルスティール、それをマークするようにワンアンドオンリーとサトノアラジンがいて、そこからまた少し離れてグレーターロンドンが追走していきます。  更にそこからポツンポツンと、ヒストリカル、そして思い切った注文をつけてのアストラエンブレムが最後方となり、ペースの割に縦長で展開していったなと感じました。

 ラップは35,6(11,87)-36,5(12,17)-33,5(11,17)=1,45,6(11,73)という推移でした。  結果的に見れば予想以上に馬場が軽く、決して極端に襲い前半の展開ではないのですが、バランス的には2秒以上の後傾戦、瞬発力と持続力に特化したレースになっていると思います。  中盤も12,2-12,2-12,1と極端に息が入っているわけではない中で、先行勢は比較的仕掛けを遅らせる形を選択しており、それが後半ラップの11,1-10,7-11,7という推移に端的に現れています。

 3~4コーナー中間点ではまだ12秒台と楽なラップで、コーナー出口からじわっと加速していくものの、最速地点ははっきり直線坂地点で、かつ10,7とレースラップの時点で相当な質の高さを問われています。  なので形としては、後ろから楽なコーナーでじわっと勢いをつけつつ前を向いて入ってこられた差し馬に噛み合うところはあったと思いますし、その上で加速力・瞬発力の質、持続力の全ての要素を高いレベルで問われた、数字以上にハイレベルな一戦だったと見ています。

 勝ったリアルスティールは、ようやく実力馬が完全復活してきたのかな、と感じるのと同時に、改めて古馬になっての資質が変化してもきているかな、と思いました。  スタートは先頭列の馬と同等くらいに速く出ていましたが、そこから折り合い専念で、けれど必要以上に下げないのがデムーロJらしいバランスの取り方で、結果的に中団のエアポケットに近い最高のポジションを、ごく自然に確保することが出来ました。    そこからコーナーではじわっと取り付いていくものの、出来る限りタイトに回って脚を溜めつつ、直線入り口でスッと外に持ち出して進路確保と、このあたりのコーナリングも絶妙で、そしてそこからの伸び脚が圧巻でした。  個人的にリアルスティールという馬は、そこまで瞬発力に秀でていない馬だと意識していたのですが、今日は坂地点で前と3馬身くらいあったのを、あっという間に1馬身弱まで縮めてきていています。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レース回顧・中央競馬
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017 毎日王冠 レース回顧

>マンボ様

 いつもコメントありがとうございますー。

 思わぬ形で逃げることとなっても動じない強さ、というのは確かにあるでしょうね。
 ダノンもそうですが、どうしてもマスコミとしては新たなスターを青田買いしたい、という思惑が表に出過ぎてしまって、その過熱報道で実態が見えにくくなる事は往々にしてあります。
 そうならぬような抑制と、新たな顔が見えた時にそれが不都合な事象でもしっかり報じる誠実さ、丁寧さは心がけて欲しいですかね。

2017 毎日王冠 レース回顧

強い馬は逃げる、という格言?がありますね。
ソウルスターリングは、やっぱりそれほど強くない、ということでしょう。

ところで土曜日にサウジアラビアカップでダノンプレミアムが勝ちましたが、翌日のスポーツ紙に
早速「新怪物」という記事。
なんでこういうことになるんでしょうね。インパクトは全然ないし、全く普通の馬でしょう。

こんな記事も読みたい

2017 南部杯【ホースレース・ロマネスク】

毎日王冠の【ペケマル指数】が確定! 3日間開催2日目の“ペケマル予想”は?【【競馬まとめ!ペケマル】編集長のblog】

第300回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~毎日王冠 G2【『ウマニティ』凄馬(スゴウマ)プロジェクト/凄馬出馬表分析&馬券検討】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:10278032

(10月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  6. 2017 天皇賞(春) 
  7. 2017 安田記念 プレビュー
  8. 2017 大阪杯 プレビュー
  9. 2017 オークス
  10. 2017 桜花賞

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss