ホースレース・ロマネスク

2017 凱旋門賞 レース回顧

このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨夜行われた凱旋門賞は、イネイブルが好位からあっという間に抜け出して後続を突き放す圧倒的な競馬で勝利し、3歳牝馬にしてキングジョージ&凱旋門賞の2大レースを制するという途方もない偉業を達成しました。  一方で日本期待のサトノダイヤモンドとサトノノブレスは共に外目追走から直線で伸びず惨敗と、またしても欧州の高い壁に跳ね返される無念の結果に終わってしまいました。レースを振り返っていきましょう(レース映像はJRAのホームページからご覧ください)。

 まず当日の馬場ですが、重の発表通りにかなり時計のかかる条件だったのは間違いありません。  レースごとにペースのバラつきがあるので一概には言い切れないですが、前半の2歳マイルGⅠで去年の時計から2~3秒遅く、オペラ賞は去年より1,5秒程度ですが、これは去年がスローだったからかもしれません。  最終のフォレ賞などは、馬場が使い込まれたせいもあるのか去年より4秒近く時計を要しており、少なくとも2400mの距離なら普通に3~4秒は余分に時計がかかる馬場、であったのは間違いないと思います。

 コース的には、前日になんと12m分もの豪快な仮柵を立てていたので、基本的にはどこを通してもそこまで荒れていない条件だったと思いますが、そうであれば尚更に、出来る限りインを通した方が噛み合うレースだったでしょう。  実際に上位に食い込んだ馬のほとんどが内から2頭分までの隊列にいましたし、外々を回して追い込むのは相当に能力と馬場に対する適性がないと、という所だったと思います。

 レース展開ですが、まずいいスタートからポンッとハナに立ったのは、ほぼ想定通りにオブライエン勢のペースメーカーとなったアイダホでした。  イネイブルもいつものように好発を決め、少しだけ外に張り出すようにポジションを調整しながらも、まずは番手外の絶好位を確保します。  その外から上がっていったオーダーオブセントジョージは、やっぱりスタート自体はあまり良く見えませんでしたが、こちらも先行してイネイブルを揉み潰すオーダーがあったのでしょう、遮二無二前に取りついていって、外からイネイブルを交わして番手に取りつき、そこでイネイブルが一列下げる形になります。

 内の隊列は、1番枠からまずまずのスタートだったユリシーズが2列目のポケットを狙いに行きますが、最初のコーナーワークで更に内から進出してきたブラムトにその位置を奪われる格好になりました。  ブラムトもスタートはいつも通りちょっと遅れていますが、それでも近走の中では一番まともには出ていて、かつ内枠を生かして最初からインに回り込み、それこそ去年のオーダーオブセントジョージの逆パターン、内から馬体を離して、外回りのコースとの合流地点までにじわっと押し上げてポケットに入り込んでおり、これは非常に積極性のある素晴らしいアイデア・騎乗ぶりだったと思います。

 結果的にそこから弾き出されたユリシーズは3列目、イネイブルの真後ろあたりをキープする形となり、その内側に、やはり真ん中の枠から狙い通りにインに絞り込んできたオブライエン勢の筆頭格、ウィンターとムーアJが潜り込みます。  この位置取りは去年のファウンドと全く同じところで、それを難なくやってくるあたりが流石ですし、他の外枠のオブライエン勢も結果的に惨敗だったとはいえ、すぐに内に舵を切って出来るだけタイトなコース取りを心がけており、改めてこのコースはインにいないとお話にならないのかな、と感じさせました。

 対象的に、というべきなのか、それともあれで作戦通りなのかは判断に迷うところですが、サトノノブレスのポジション取りはちょっと稚拙でしたね。  イネイブルと互角の好スタートを決めていて、おそらくそこからイネイブルマークのつもりだったのでしょうが、思った以上に内外から前目に馬が殺到してくる中で揉み潰され、じりじりと下がって最終的に3列目の外、という、内枠の利は全く生かせない位置取りになってしまいました。

6ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レース回顧・海外競馬
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017 凱旋門賞 レース回顧

>マンボ様

 こちらこそ文脈読み違えて申し訳ありません。
 確かにこちらの重なら、サトノクラウンくらいしか強敵はいませんしね。
 まあそういう馬でも適応できないくらい差異がある、と言う事でしょうが、どうあれまた国内ではしっかり強さを取り戻して欲しいですね。

2017 凱旋門賞 レース回顧

 コメントが言葉足らずで申し訳ない。
 後半の「楽勝するはず」というのは、サトノダイヤモンドが、というのが抜けていました。

 サトノダイヤモンドは、日本の重い馬場でも勝っているので。

2017 凱旋門賞 レース回顧

>マンボ様

 見た限り東スポだけのコメントなのでなんともですけど、それだけ馬場差は大きい、というのを忖度し過ぎてる感はありますけどね。

 ただイネイブルに関しては、距離が2400mあれば世界のどこでも勝ちそうですよね。
 確かにモンジューやデインドリームの例もありますし、まず来日なんてしないから出せる言い分でしょうけど、あの先行力に、全体時計の裏付けはなくても速い上がりの裏付けはあるのだから、普通の状態なら崩れるイメージを持てないタイプです。

 ともあれ、改めて日本の良馬場と欧州の悪馬場の両方を軽々こなしたエルコンとオルフェの規格外さがよくわかるレースでした。

2017 凱旋門賞 レース回顧

 次のコメントが本当だとしたらマズいし、恥ずかしい。
 池江調教師は「東京の2400メートルでやれば(今回勝った)エネイブルよりうちのほうが強い。100%とは言い切れないけど、10回やれば9回は勝つ。・・・」
 重い馬場が苦手、という発言も信じがたい。ディープインパクトは、どろどろの宝塚記念を楽勝していることを知らないのかね、池江君は。
 日本の重い馬場なら、今の日本のたいていの馬相手には、楽勝するはず。そうなった時の池江君のコメントを是非とも聞きたいものだ。

 どう思います??

こんな記事も読みたい

凱旋門賞 2017 結果と各国のオッズ比較【レースをより楽しむブログ】

毎日王冠・京都大賞典に2歳重賞…… 秋本番です!【ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点】

GⅠ十番勝負*番外編*【競馬をこよなく愛するおじさんのブログ 】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:6865
  • 累計のページビュー:12602665

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 天皇賞(秋) プレビュー
  6. 2017 菊花賞 プレビュー
  7. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  8. 2017 天皇賞(春) 
  9. 2017 安田記念 プレビュー
  10. 2017 大阪杯 プレビュー

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss