ホースレース・ロマネスク

2017 凱旋門賞レース展望 及び簡易予想

このエントリーをはてなブックマークに追加

★はじめに

 さて、いよいよ今週末に、欧州2400m路線の総決算となる凱旋門賞が行われますね。  このレースの制覇が悲願となっている日本からは、今年もサトノダイヤモンドにサトノノブレスという2頭が参戦し、週末の夜を大いに盛り上げてくれることと思います。

 情報収集能力の低さには定評のある私ですので、綿密な現地情報などは当然わかっちゃいないのですが、色んな報道や有力馬の動静、後はざっくりとした枠組みの天気予報などから推察しても、現時点でも馬場はそんなに軽くはなく、かつ週末には更なる降雨が予想される状況のようです。  前走フォワ賞において、重馬場の中で全く動けなかったサトノダイヤモンドにとっては苦しい条件になってしまったようですが、それでも出走するからには勝つチャンスはある、と信じて応援はしっかりするとともに、今年も多頭数出しの陣営がいくらかいて、その戦略、特に圧倒的な一番人気であるイネイブルに対してどういう競馬を仕掛けてくるかも検討のし甲斐があるところです。

 既に全18頭立てで、枠番も発表されていますので、まずはある程度重い馬場と、引いた枠を含めての、有力馬分析を軽く進めてみようと思います。

★有力馬分析・展開予想

・イネイブル

 今年の欧州競馬はこの馬が中心で回っていた、と言っても過言ではなく、英オークスを勝ってからの圧巻続きのパフォーマンスは見るものすべてを驚愕させる素晴らしいものでした。  この凱旋門賞でも2倍を切る圧倒的な1番人気に支持されており、3歳馬や牝馬といった斤量の軽い馬が強いレースでもあるのでそれは当然と言えるでしょうが、では果たして付け入る隙はないのでしょうか?

 そこは当然ですが、まだキャリアの浅い3歳牝馬だけに、粗を探せばそれなりには出てきます。  まず事前に心配されていた高速馬場適性ですが、これは馬場が重くなる予想ですのでまず問題なくクリアされました。  これまでイギリスの3歳牝馬は勝てておらず、ヨークシャーオークスから直行のローテーションも異例ではあり、かなり春シーズンから使い詰めできたことによる勤続疲労も含めて、ここはちょっと危さを感じるところです。

 また、ここまで多頭数の競馬は当然はじめてになります。  これまでのレースぶりは、スタートも二の足も良くスッと前につけられるポジショニングセンスがあって、かつそこから早めに仕掛けて長く脚を維持できる、というものでした。  なのでレース中や勝負所では、必ず前が向ける条件で走ってきていて、今回の2番枠がどう出るか、これは考え所だと思います。

 シャンティイの2400mの内枠有利はほぼ定説ですが、この馬の場合しっかり脚を出し切りたい、そしてエンジンのかかり自体が凄く鋭い、という印象でもないので、外目から各陣営のペースメーカーがこぞって前に出てきて、ポケット付近に閉じ込められて勝負所で動けない、という状況になると、ちょっと雲行きが怪しくなります。  そこは百戦錬磨の名手・デットーリJですのである程度上手く立ち回ってくるとは思いますが、いずれにせよ普段よりは少しポジションを下げての競馬にはなるでしょう。揉まれるのが嫌で逃げる、という形を取ったら、道中つつかれてつつかれて消耗してしまうのは目に見えていますからね。

 ただ当然仮柵を取ってのインコースを走れるのはプラス材料にはなるでしょうし、まず時計的にも2分28~30秒前後はかかる、と思えば、能力全開なら当然最上位のラインには食い込んでくるのは明白です。  展開面で押さえつけられる懸念はあれど、それでも最後は地力でどうにかする可能性もありますし、軽視が出来る馬ではないでしょうね。  ただ惨敗はしないと思いますけど、取りこぼす可能性はそれなりにあると踏んでいます。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レース予想
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017 凱旋門賞レース展望 及び簡易予想

>まあ様

 コメントありがとうございますー。

 仰る通り自分の競馬に徹するなら前に行く形の方が自然ですけど、善戦を目指すのではなく、あくまでも勝ちの目を狙うなら、という観点でこういう見解を書かせていただきました。
 どうしても外から先行ですと、去年のマカヒキ同様外々を回らされて辛い、とは思うんですよね。内に潜り込むチャンスを貰えないのがこのクラスの競馬ですし。

 勿論正攻法で勝ってくれるならそれが一番嬉しいですし、奇襲戦法でも勝ってくれれば万々歳、どうあれ精一杯挑戦した、と見ていて納得できるレースをしてくれればいいと思っています。

「2017 凱旋門賞レース展望 及び簡易予想」へのコメント

サトノダイヤモンド 枠順悪くてもスタートしてから位置を取りに行った方が良いと思う 後ろからいくと 今までの日本馬もそうだったが見せ場なく惨敗している
負けて元々 好位置で競馬させるべき

こんな記事も読みたい

2017 凱旋門賞全頭解説【競馬は世界中で行われている】

スプリンターズS、各馬短評【レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~】

さすが【ペケマル指数】1位、馬券圏内率75%に復活! 新馬券part11もまあまあ健闘か?※追記アリ※【【競馬まとめ!ペケマル】編集長のblog】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:8400
  • 累計のページビュー:12595801

(12月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 天皇賞(秋) プレビュー
  6. 2017 菊花賞 プレビュー
  7. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  8. 2017 天皇賞(春) 
  9. 2017 安田記念 プレビュー
  10. 2017 大阪杯 プレビュー

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss