ホースレース・ロマネスク

2017 ききょうS・芙蓉S レース回顧

このエントリーをはてなブックマークに追加

★ききょうS

 阪神1400mで行われた2歳のOPクラスの一戦は、圧倒的な人気に推されたタワーオブロンドンが後方から豪快に突き抜けて圧勝しました。レースを振り返っていきましょう。

 阪神の馬場は、土日通じて基本的に良好な高速馬場を保っていたと思います。  2歳の未勝利戦が1,35,9に1,48,2とまずまずの時計で、古馬1000万下の1800m戦が1,46,4でしたから、このレースの1,21,7は可もなく不可もなく、かなり流れたことを加味すればちょっと時計面では微妙かも?とは見ています。

 展開は、綺麗に一線に揃ったスタートから、まず内のバーニングぺスカが先頭を窺っていきます。  それを外から気合をつけて、離れたところからジュンドリームが交わしていって、後ろを大きく引き離す逃げを打ち、バーニングぺスカが二番手におさまります。  その後ろにアイアンクローとフランシスコダイゴがつけ、丁度中団にリンガラポップスとイイコトズクシ、その後ろにスーサンドンとアントルシャがいて、大外枠からまずまずのスタートだったタワーオブロンドンは一度下げ、内に潜って後方二番手、というレースプランになりました。  最後方に大きく離されてテイエムスグレモン、全体的にハイペースらしい縦長の展開になりましたね。

 ラップは33,5(11,17)-11,7-36,5(12,17)=1,21,7(11,67)という推移でした。  ジュンドリームが注文を付けて一気にペースを引き上げたことで、阪神内回り1400mでは時々起こる超のつくハイペースになりました。  すこし離れたバーニングぺスカの位置でも前傾2秒近いハイペースですし、丁度タワーオブロンドンの位置でややハイ寄りの平均、という感じで、兎にも角にも追走力が大きく問われ、そこからの持久力も求められたレースだったと思います。

 その中で、勝ったタワーオブロンドンは強い競馬ではあったと思います。  スタートは良かったものの無理せず馬任せで後ろから、とはいかにもルメールJらしい静かな入りで、道中は上手くインに潜ってコースロスを防ぎつつ、徐々に外に持ち出していくあたりも巧みでしたね。

 他の馬がこの激流の中で促しつつの追走になる中、この馬はほぼ馬任せでスムーズに流れに乗っていましたし、勝負所からの進出も実にスムーズでした。  レースラップとこの馬の動きからして、後半4Fはずっと11,7~11,8くらいの脚を続けてきたのではないか、という見立てで、追走面ではかなりの裏付けになるのと、そこから持続力水準に入らない、高速持久力戦に対する高い適性を見せてきたのではないかと思います。

 新馬戦が中緩みからの2F瞬発力特化戦で完勝し、クローバー賞はややスローで中盤息の入らない流れで外から押し上げる競馬で惜敗、このあたりからしても、この馬はスローで入った時の後半要素にはちょっと限界があるタイプかもしれません。  勿論ダブルシャープは札幌2歳Sでもあの無茶な競馬で3着ですから、相手が悪かったとも言えますが、このレースを見る限りは前半要素が問われてよりしぶとさが生きてきた、というイメージは持てますね。

 ただ時計面での1,21,7はそこまで評価出来なくて、馬場状態が違うとはいえ、夏前のヴァイザーの新馬戦でも超ハイで1,21,9が出ていますし、あの馬がここにいれば際どい勝負にはなっていたんじゃないか、と思います。  ともあれ、これで少なくとも3歳春までのマイルGⅠレベルまでの追走力の担保は確実、と思わせますし、後はもっと高速馬場、時計の速い決着になった時に、もう一段加速するギアがあるかどうか、それ次第ではマイル戦線の主役に躍り出てもおかしくはないと感じます。  ただ新馬とクローバー賞の印象からは、最高速を早めに踏んでしまうと甘くなる印象はあるので、阪神外回りの朝日杯は適性的に微妙かもしれませんね。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レース回顧・中央競馬
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017 日本テレビ盃【ホースレース・ロマネスク】

GIウィーク 9月30日・10月1日の注目馬情報【ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点】

2017 9月第3・4週海外GⅠなど レース回顧【ホースレース・ロマネスク】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:29019
  • 累計のページビュー:10464672

(10月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  6. 2017 天皇賞(春) 
  7. 2017 菊花賞 プレビュー
  8. 2017 安田記念 プレビュー
  9. 2017 大阪杯 プレビュー
  10. 2017 オークス

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss