ホースレース・ロマネスク

2017 日本テレビ盃

このエントリーをはてなブックマークに追加

★展開予想・ポイント

 JBCからはじまる怒涛の秋~冬シーズンのダート中距離GⅠ路線のステップレースとして、年々存在感を強めてきている日本テレビ盃の展望をしていきましょう。

 まず昨日今日あたりの船橋の馬場ですが、昨日が重、今日が稍重での開催になっています。  ですが時計自体はこの時期の割には相当重いな、と感じさせる推移で、昨日のB1クラスのスプリント戦でも1,14,4止まりでしたし、明日良まで回復するにしても一気に軽い馬場になることはまずないでしょう。

 ちなみに今日のメインのマイルのオープン戦に、移籍初戦のクリスマスが出ていてちょっと楽しみだったりします。  このあたりのメンバーでどのくらいの時計を出してくるかでもう少し指標としては絞り込めそうですが、少なくとも去年の同日のレース時計から推定するに、ここではペースが上がっても1,52,5~53,0くらいまでしか出ないような、そんな馬場に感じています。

 メンバー構成としては、今年は力の差がはっきり乖離していますね。  地方馬に食指を動かしたい馬が全くおらず、そもそも先行に加わってこられるか、と言う観点ですらほとんど候補がいませんので、素直に中央勢4頭の序列を考えればいい、という淡泊なレースにはなりそうです。

 船橋1800mはスタートしてから1コーナーまでの距離がかなりありますので、先行争いが激化するとすごくペースが上がりやすい舞台でもあります。  一昨年にサウンドトゥルーが突き抜けた年などその典型で、コパノリッキーとクリソライトが猛烈に競り合う中でサウンドトゥルーがきっちり漁夫の利をものにしましたが、逆に去年の様にペースが落ち着いた時はほぼ追い込みの出番がないコースでもあります。

 そして、今年のレース展開の鍵を握るのはケイティブレイブになるでしょう。  枠の並び的にモーニンが内にいて、この馬も船橋で逃げる競馬で結果を出しているので、ここもある程度スムーズな競馬をする為に主張してくるでしょうが、まともにスタートさえ出ればケイティブレイブのほうが速いはずです。  よしんば帝王賞のように出遅れたとしても、この枠とメンバー構成なら1コーナーまでに巻き返してくるでしょうし、そこからどういうペースを作ってくるかがポイントになってくると思います。

 モーニンとしては去年を踏襲して、あまりタフな流れにはしたくないでしょうが、ケイティブレイブはタフな流れでこそ強さが生きる馬で、調教師も基本的に逃げられるなら逃げろ、と拘っているところがありそうですので、最低でもモーニンの番手から前をつついていく展開になる可能性の方が今年は高い、と踏んでいます。  なので一定のハイペース適正と、タフな馬場に対する適性面を重視して序列を決めていきたいですね。

◎ケイティブレイブ

 ここは勝ち切って欲しいところですね。  外に3頭中央勢が並びましたが、アポロケンタッキーはそこまでテンのダッシュが速くはないですし、普通に出るならハナ、最低でもモーニンの番手は確保できるはずで、そこから変にペースを緩めさせず、自分のリズムで進められればそれで結果はついてくると思っています。

 前走も後ろからになったとはいえ、中盤緩みのない流れを楽に追走して、ラスト1頭だけ全く違う脚を使えていたように、非常にハイペース適正とタフな馬場適性は高い馬です。  ここで負けるとしたら、状態面でよほど春シーズンの使い詰めの尾を引いているか、或いは福永Jがレースの流れに合わせてしまって、モーニンに去年のような中緩みの展開を作らせてしまう以外にはない、と思います。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レース予想
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017 日本テレビ盃

>エピカリス様

 いつもコメントありがとうございますー。

 昨日のグランディオーネとか完璧でしたもんね。確かにモーニンには厳しそうな馬場です。

 去年のビックアーサーじゃないですけど、調教師があらかじめ戦法の幅を狭める発言をしていると、往々にしていい結果にならないパターンの方が多い気はしますよね。
 ただ今回に関しては、モーニンに楽逃げさせたらスローに落とされそうですから、前目でつつく意識でいい、とは思ってますけどね。相手関係次第で臨機応変にスタイルを変えられるようになればべストなんですけど。

 東京盃は揃いそうですよね。
 長い休み明けのコーリンがどれくらい走るか、もありますが、この牙城を崩すのは中々大変そうです。
 スアデラは斤量54kgと枠が上手く噛み合って、2走前だけ走れればチャンスはあっていいと思うんですけどね。
 

「2017 日本テレビ盃」へのコメント

 いつも拝見してます。
時計は推測通りだと思います。付け加えれば逃げ馬が大苦戦、真ん中から外が伸びる馬場です。
 本命はアポロケンタッキー。外目から内田jkが追いまくる。ケイティとの一点で。
 それにしてもケイティの調教師に大疑問。あくまでも先行してこそとコメントしてます。誰が見ても帝王賞の内容は今までで一番良かったと思いますが。勿論ジョッキーも含めて半信半疑なところはありますが、だからこそ前哨戦の今回再度試すべき。出遅れたりして。
 追加、東京盃かなりのメンバーになりますね。スアデラで足りるかな。

こんな記事も読みたい

GIウィーク 9月30日・10月1日の注目馬情報【ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点】

2017 9月第3・4週海外GⅠなど レース回顧【ホースレース・ロマネスク】

よろしくお願いします【競馬はいろいろ難しい】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:10410622

(10月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  6. 2017 天皇賞(春) 
  7. 2017 安田記念 プレビュー
  8. 2017 大阪杯 プレビュー
  9. 2017 オークス
  10. 2017 桜花賞

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss