ホースレース・ロマネスク

2017 エルムS・関屋記念

このエントリーをはてなブックマークに追加

★エルムS 展開予想・ポイント

 今週の札幌はかなり雨が強く降っていて、今日のダートは不良馬場でした。  明日の予報も高い確率で雨ですので、馬場が乾き切る可能性はまずないでしょうし、基本的には重~不良馬場での時計勝負になる公算が高いと踏んでいます。  今日の9R500万下の1700m戦でも、ケルティックソードの圧勝とはいえ平均ペースで1,42,6が出ていますので、スピード色の強い先行勢が出揃ったここは、1,41,5前後のレコード決着まで視野に入れたいところですね。

 展開は、微妙に難しい枠の並びになりました。  まず内の方では、基本的にはなにがなんでも逃げたいドリームキラリのすぐ外にテイエムジンソクがいます。  マリーンSで対戦した時は、ドリームキラリの方が外枠だったとはいえ、テンのスピードが全く違う、という感じで楽にテイエムにハナを奪われており、その観点からしますとこの並びで遮二無二テイエムの前に出ていくのは中々難しいかな、と感じます。

 そして、外の方の逃げ・先行候補としてはモンドクラッセとクリノスターオーがいます。ショウナンアポロンも逃げたい馬ではありますが、大外ですし最近は出足も良くないので、ここで前の争いに加わってくるのはちょっと難しいかな、と見ています。  モンドクラッセも基本的には逃げないと良さが出ない馬ではあり、テイエムは絶対に逃げなくてはいけない馬でもないので、ある程度は色気を持って出していくでしょう。  クリノスターオーは番手至上主義ですので、モンドが行くならそれについていって番手という形で楽ですが、テイエムが逃げた場合はモンドをパスして番手までは取り切れないと思うので、一列外を走ることになりその点はマイナスに作用してくる並びかなと思っています。

 テイエム古川Jの意識としては、自分のリズムを崩すのは良くないので、内に包まれる形だけは避けたいと考えるはずで、枠なりにフラットに出しつつ内外の出方を見て、なにも来ないならハナでもいいし、内外が遮二無二来るなら4番手外目くらいに下げる意識でもいい、という感じではないでしょうか。  このあたりはスタートダッシュの程度もあるので読み辛いですが、ただ基本的にすぐに隊列が決まってペースが落ち着く可能性は、時計が出る馬場という事も踏まえるとまず考えづらいでしょう。  ただ全体的にはハイペースバランスまで入るかは微妙なラインで、平均ペースから後半もラップを落とさないスピード特化勝負になってくるかな、と踏んでいます。

 ともあれその4頭の後ろに、インではコスモとロンドンが追走、中目をオヤコダカにリッカルド、外からはリーゼントにショウナンも入ってきて、馬群は前の方である程度凝縮する形になりそうなイメージですね。  ピオネロは一歩目がそこまで速くありませんので、このコースでこのメンバー、この枠ですと中団より前を取るのはちょっと難しい印象があります。  メイショウスミトモもこの並びですと周りの馬が全部前に行ってくれるので、後方の内目で我慢しつつ、という競馬になるでしょうか。

 この馬場ですので、ある程度後ろからでも高い追走力は問われると思いますし、ポジショニングが良く、そこからもう一足を使えてかつコーナーでの機動力も持っている馬がやはり強いレースをしてくるのではないかな、と考えています。

◎テイエムジンソク

 相手は強化されますが、ここまではクリアして欲しいな、という感じです。  ここ2走の1700m戦は、良馬場で前掛かりのレースの中、1頭だけ桁の違う追走面での余裕と要所の反応の良さを見せていて、本格化した分を差し引いても、基本的には前傾で流れ切ってしまった方が他の馬にアドバンテージを持ちやすいタイプなのだとは思っています。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レース予想
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017 エルムS・関屋記念

>エピカリス様

 いつもコメントありがとうございますー。

 ジンソクとオヤコダカは良馬場のほうが信頼度は高かったでしょうね。
 モンドクラッセは前走平均ペースの番手からでさっぱりだった理由づけが難しくて、高速馬場は大の得意とはいえ、古川Jの腹の括り方次第で逃げられないリスクも相応にある中、大沼Sのように番手からでも高いパフォーマンスを発揮できるかの懸念があって、単穴候補ではあったんですけど、スピード勝負でもこの距離と並びなら、とオヤコダカの方に期待を寄せてしまいました。

 ここでどうかはともかく、今後のオヤコダカは積極的に交流重賞参戦を視野に入れて欲しい一頭ですよね。

「2017 エルムS・関屋記念」へのコメント

いつも拝見してます。
トップジョッキーと並の騎手と違いが大きく出るのが、重賞で人気の馬に騎乗した時だと思います。
そこは技術よりもメンタル面。
能力は抜けているジンソクの鞍上が、通算重賞勝ち数・四勝の吉川騎手。
内枠なので押してでもハナを切りにいけば問題なく勝てる。
並の騎手は、ハナを切りに外から馬が来たら控えて小綺麗に乗ろうとする。
狙い目はモンドクラッセ。
逃げ切りを期待。
追記、オヤコダカ
地方競馬ファンとして楽しみにしてました。地元同士では二千でも勝っているけど
適正は千六〜千八なので、願ってもない距離。ただ高速馬場になってしまったのが残念でならない。門別の千六と同じ時計の決着は???
個人的には来年のかしわ記念を目指して南関東に移籍して欲しいです。
今の船橋の馬場は門別と同じぐらい重い馬場なのでピッタリのはず。

こんな記事も読みたい

新潟日報賞の【ペケマル指数】が確定! 本日の“ペケマル予想”はこんな感じです。【【競馬まとめ!ペケマル】編集長のblog】

【重賞予想】第52回関屋記念、第22回エルムS 好対照な2レースですね。【人生は競馬と共に】

阿蘇Sの予想【中穴馬券研究所】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:16974
  • 累計のページビュー:12619638

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 天皇賞(秋) プレビュー
  6. 2017 菊花賞 プレビュー
  7. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  8. 2017 天皇賞(春) 
  9. 2017 安田記念 プレビュー
  10. 2017 大阪杯 プレビュー

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss