ホースレース・ロマネスク

2017 プロキオンS・七夕賞 レース回顧

このエントリーをはてなブックマークに追加

★プロキオンS

 昨日に引き続き、熱波で陽炎が浮かび上がりそうな馬場で開催されたプロキオンSは、常に堅実な走りを見せ続けてきたキングズガードが見事に差し切り、嬉しい初重賞制覇を飾りました。レースを振り返っていきましょう。

 この時期はダート戦が少ないのでなんともですが、午前中の未勝利戦でも1,24,7が出ていたので、良馬場としては比較的軽めではあったと見てもいいとは思います。

 展開は、外からレヴァンテライオンが好スタート、それに内からトウケイタイガーが競りかけていき先頭、内からきゴーインググレート、外からナンチンノンやウォータールルドなどが先団に取りついていきました。  チャーリーブレイヴは外から来られて怯むようなところもあり少し下げながら、ベストマッチョとアキトクレッセントはスタートが今一歩の上にペースも速くて中団のやや前くらいでの追走になります。  メイショウウタゲはインからリカバーしつつ中団、ブライトラインがその外で、イーデンホールを外に置いてカフジテイク、キングズガードは一番内目に潜り込んで虎視眈々と進出の機会を伺っていました。

 ラップは34,1(11,7)-11,8-36,9(12,3)=1,22,9(11,84)という推移でした。  予想よりも先行争いは激しくなって、前傾度合い2,8秒とかなりのハイペースになりましたね。ラップ的にも後半は11,8-12,1-12,4-12,4と加速地点がひとつもない一貫消耗戦で、後方からでもかなり高い追走力は問われましたし、その上で要所の立ち回りや持久力性能が強めに問われたレースかな、と思います。

 勝ったキングズガードは、ここまで綺麗に嵌ることはないだろう、と思っていましたが、嵌りましたね。。。  ただそれは、鞍上が最初から勝負ゾーンであるインに拘って、前が空かなかったら仕方ない、と腹を括って進めていったから、ではありますし、この外目の枠から最内を通し、綺麗に馬群を割ってくるのは見事なコース取りでした。まぁそれで進路取りが強引で過怠金取られていなければなお良かった、という話ではありますが。

 馬自身は芝スタートでペースが上がっても追走面には余裕を持って入れるタイプですし、前が空いたところでスッと反応できるのも強みで、抜け出してくる時の小気味よいピッチ走法は印象的でしたね。  今回は前傾型の強敵がほぼいなかった、という点はあり、例えば去年みたいにノボやニシケンがいたら、このラップでも前々で押し切られていた、と考えることは出来ます。時計面も流れ切った割にはもうひとつ、という印象もありますしね。  結果的に去年のプロキオンS上位馬で決まっているところも含めて、やはりコース適性は鍵を握る舞台だなと思いますし、その中で最高に噛み合った競馬が出来たと思います。

 2着のカフジテイクも、いつもの大外ぶん回しでなく、馬群の中からしっかり外に出して脚を伸ばす小器用な競馬を試みて、一定の結果を出してきたのは今後を考えるとプラスでしょう。  今日のレースに関してはどうしてもドバイ明けで完調、とはいかなかったでしょうし、こういう一貫減速戦の流れの中では、キングズと比較して考えると追走面でちょっと厳しさはあったかな、と感じます。この馬のベストはやはり、ある程度再加速戦の中で、自身も足を溜め切れて、その最速地点でより切れる脚を使って、というパターンになってくると考えますし、この負け方は悪いものではないと思います。

 この馬も戒告貰っているように、差し追い込み馬が外に出す過程でごちゃつく所もあったレースですが、特に不利はなかったので今日の時点では力負け、ただやはり本領は府中でこそ、の馬ですので、そのあたりは加味しつつ、今後もこの馬らしい切れ味をしっかり引き出す騎乗を心がけて欲しいですね。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レース回顧・中央競馬
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017 プロキオンS・七夕賞 レース回顧

>エピカリス様

 いつもコメントありがとうございますー。

 確かにグラスは直仔で平地GⅠ複数勝った馬はいなかったと思いますので(記憶違いがあったら申し訳ありません)、そこからよくモーリスなんて超大物が出てきたな、と感慨深いです。
 このあたり隔世遺伝の強さと、ロベルト系の当たり外れの幅の広さを感じますし、モーリスのあの血統背景でもし種牡馬としても大成してくれたらこれほど嬉しい事はないですね。

 エルコンは、同父のキンカメがあれだけ走っているのを鑑みるに早逝が本当に勿体なかったと思います。
 唯一の芝GⅠ馬のソングオブウインドも相当強かったと思うのですが、こちらも早期引退でその強さがヴェールに包まれたままだったのが悔やまれますよね。
 スペシャルウィークはどうしてもフィリーサイアー的なイメージというか、シーザリオとブエナビスタが強烈な分、牡馬の脆弱さが物足りなかったですよね。
 流石にリーチが大物を出すイメージは難しいですし、せめて母系、エピファあたりから血が繋がっていけばいいなぁと思っています。

 JDDは明日の夜か明後日の朝に予想記事書きますけれど、サンライズノヴァは圧倒的人気にはなるでしょうね。
 ただそこで、前走が軽い馬場で切れ味を問われたからこそ、と見做して、重い馬場の中山戦での序列を重視してみる、という狙い方は確かに充分ありだとは思います。

 ですが正直、リゾネーターは鞍上がねぇ…………。
 前走も状態面に問題があったのかも、とはいえ、コーナーで全く馬を動かせていませんでしたし、先週も騎乗停止食らって本当に粗さが目立つので、そつのないコーナリングが求められる大井コースでは信頼度は下げざるを得ないかな、とは思っています。
 というより、今回の中央勢の大半は鞍上が微妙ですので(笑)、そりゃあノヴァ×戸崎Jに人気一極集中するよなぁ、と。岩崎Jを降ろす非情采配を見せているソアにしても、川田Jも正直大井での信頼度はそこまででもないので悩み所ですね。

「2017 プロキオンS・七夕賞 レース回顧」へのコメント

いつも拝見してます。
グラスワンダー、思い出します。
いちばん楽しかった時代です。
真骨頂は引退後ではないでしょうか?
最強世代と呼ばれた中で、唯一サイアーラインを残してます。
しかも珍しい代を経て最強馬を出すというウルトラC。
見解を頂きたく。
JDDですが、サンライズノヴァを切る作戦を実行しようと思ってます。
ゴールドドリームと踏んでいます。
後の悩みは、リゾネーター中心でいくかです。

2017 プロキオンS・七夕賞 レース回顧

>名無し様

 コメントありがとうございますー。

 ミリッサは大分馬に芯が入ってきましたね。昨日のレースでは今まで程追走に汲々としていませんでしたし、自身58,7-34,0のややスロー程度のバランスで走れたのは収穫が大きいと思います。
 ただエンジンのかかりは相変わらず遅いな、って感じで、坂加速も今一歩でしたので、どこがベストコースかちょっと難しいですね。はじめての左回りで追走がスムーズになった可能性もありますし、ただどちらにせよダイワメジャー産駒にしては、もう少し距離の融通は効きそうなイメージはあります。
 距離さえ克服できるなら、エリ女とかは噛み合いそうなタイプですね。

 テイエムジンソクも完全に別馬の強さですね。ここにきて一気に本格化したのか、これまで周りのペースに合わせ過ぎていたのか…………。
 少なくともここ2走は、自分のペースで前傾ラップを刻んで押し切る、後続を篩にかける競馬が出来ていますので(インでビシバシ叩いているドリームキラリを、馬なりで抑え切れる序盤のスピードの乗りの速さがえぐいです)、余程強力な追走力を持つ先行馬とぶつからない限りは負けないでしょうね。今年のチャンピオンズカップの台風の目になってほしいです。

2017 プロキオンS・七夕賞 レース回顧

プロキオン、七夕賞の勝ち馬もそうですが、有松特別のミリッサとマリーンSのテイエムジンソクも今後の飛躍が楽しみなレース振りでした。

こんな記事も読みたい

約2年2か月ぶり!に予想ブログ書いたよ!七夕賞&プロキオンS!!【基本穴党の競馬予想】

第282回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~七夕賞 G3【『ウマニティ』凄馬(スゴウマ)プロジェクト/凄馬出馬表分析&馬券検討】

【予想】第22回プロキオンS、第53回七夕賞 超簡略版で。 【人生は競馬と共に】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:99207
  • 累計のページビュー:12042897

(11月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 天皇賞(秋) プレビュー
  6. 2017 菊花賞 プレビュー
  7. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  8. 2017 天皇賞(春) 
  9. 2017 安田記念 プレビュー
  10. 2017 大阪杯 プレビュー

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss