ホースレース・ロマネスク

2017 スパーキングレディーC レース回顧

このエントリーをはてなブックマークに追加

 古馬と3歳馬の初顔合わせも魅力の一つの初夏の交流牝馬重賞、スパーキングレディーCは、中央からは唯一の3歳馬の参戦となったアンジュデジールが軽斤量を味方に歴戦の古馬牝馬を打ち負かし、この路線での世代交代への第一歩を踏み出しました。レースを振り返っていきましょう。

 今日の馬場は結局稍重までの回復で、全体的に時計は掛かり気味だったと思います。  流石に地方で他のレースまで全部は見ていないのですが、ペース如何に関わらずほとんどのレースで逃げ・先行馬が上位に食い込んでいるのを鑑みるに、先行有利・イン有利の馬場だった可能性は高そうです。

 レース展開は、内からトーコーヴィーナスが、外の先行馬を牽制するようなコース取りをしながら逃げを打ち、そこに中目からプリンセス、アンジュ、外からララベルが早めに加わっていきます。  結果的にアンジュが2列目ポケットに入り、ララベルが番手外、外枠からじんわりリカバーしていったサクラがその外につけて、タイニーダンサーは中団やや前目のインでレースを進めていきます。  圧倒的人気のホワイトフーガは、スタートで少しトモを落とすようなところもあり、最序盤は中団より後ろ目から、上手く馬群の切れ目を利用して外に持ち出し、じわじわとリカバーして向こう正面手前ではサクラの後ろくらいまでポジションを上げてきていました。

 ラップは37,1(12,37)-25,4(12,7)-39,1(13,03)=1,41,6(12,7)という推移になっています。  このレースはハーフラップで取ると50,8-50,8と綺麗な平均ペースに見えるのですが、基本的に川崎の1~2コーナーではまずペースアップが出来ませんし、その分向こう正面から一気にペースが上がって4F戦になるのが通例ですので、実質的にはこの3-2-3のバランスで見るようにハイ寄りの流れだったと考えます。  序盤のコーナーの入りまではそれなりに流れて、追走力を問われていますし、その上で向こう正面から11,7-12,7-13,0-13,4というラップは、3~4コーナーで再減速してからの再加速になりやすい川崎では珍しく一貫減速ラップを踏んでいて、勝負所のコーナーでもかなり足を使っている展開に思えます。  なので当然序盤のポジショニングは大切でしたし、かついつも以上に横のポジショニング差も大きく影響しているレースで、そのタフな持久力戦で足を削がれなかった馬、無駄足を使わずに直線向けた馬が強い競馬をしてきた、と考えていいと思います。

 勝ったアンジュデジールは最序盤からかなり積極的に位置を取りに行って、上手くインに潜り込んだのが最大の勝因に思えます。  ともすると急コーナーの川崎でインに入り込むのは、コーナーの機動力面で後手を踏みやすく諸刃の剣のところもありますが、今日の馬場コンディション的には正解だったと感じますし、馬自身が機動力に長けていて、外から早め早めにフーガが進出する流れの中でも置かれる事なくいい位置を確保し続けられていました。

 直線もトーコーが早めに下がって上手くスペースが作れましたし、仕掛け自体も直線まで待てていて、そこからしっかり反応して動けるのは、追走力面で担保があるこの馬らしい性能でしたね。  無論今日は軽斤量が武器になった面も強かったですが、前走とは違いラストまでしっかり伸び切れていて、マイル前後なら地方の馬場でも戦える素地はここではっきり見せてきたなと感じます。難しいところですが、大井の1800mならクイーンマンボとも互角の戦いが出来るのではないかと思えます。  今年の関東オークス1、2着馬は、適正面で違いはあれど素材としてはかなり高いと踏んでいたので、ここで完勝してくれたのは嬉しいところですし、今後の牝馬ダート路線を盛り上げてくれると思いますね。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レース回顧・地方競馬
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【七夕賞2017予想】特別対談!倉本匠馬とスーパー未勝利のオススメ馬やゼーヴィントのジャッジとは!?【倉本匠馬の重賞コラム・予想】

【ノーザンファーム特集 第3弾】外厩から見るデータ集【新馬戦考察】【『新馬戦を買わないなんてもったいない!』&『単勝万馬券研究所』】

七夕賞ウィーク 7月8・9日の注目馬情報【ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:6312
  • 累計のページビュー:7833937

(07月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  6. 2017 天皇賞(春) 
  7. 2017 安田記念 プレビュー
  8. 2017 大阪杯 プレビュー
  9. 2017 オークス
  10. 2017 桜花賞

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss