ホースレース・ロマネスク

2017 帝王賞

このエントリーをはてなブックマークに追加

★展開予想・ポイント

 昨年の覇者・コパノリッキーこそ怪我で回避したものの、現時点でのトップクラスの中距離ダート路線の猛者が集い、非常に興味深い一戦となりそうな帝王賞を考えていきましょう。

 まず馬場状態ですが、今日の現時点で重表記、明日もある程度雨が降る予報になっていますので、少なくとも重のまま、或いは不良まで悪化する事も視野に入れておいた方がいいかもしれません。  不良になってもさほど高速化しないのが今の大井ですが、ただ今開催自体は最近にしては時計が出ている印象です。  昨日もメインの1200mで1,12,4、今日も直前に終わった9R1400m戦が1,27,7なので、極端に時計がかかっているイメージではありません。  明日もこの感じが維持されるならば、このメンバーなら2,03,0近辺には入ってくるかな、と思いますし、ペース次第で0,5秒ずつくらい前後はするでしょうが、ある程度の時計の裏付けは欲しいところです。

 展開としては、この枠からならまずケイティブレイブがハナを主張する形になると思います。  川崎記念ではオールブラッシュの方が前に行きましたが、本気で逃げる気になればケイティの方が速いと思いますし、それを目標にオール・アポロ・クリソ・ゴールド辺りは先行策を狙ってくることになるでしょう。

 人気のアウォーディーに関しては、すぐ外にケイティがいるという並びはやや厄介で、最序盤に内から出していっても精々ポケットまで、といって最初から外狙いで下げ気味に入っても、簡単に外には出させまいとアポロやゴールド、オールあたりも壁になってくる可能性があり、最初のコーナーまでに思いの外ポジションが後ろになったり、窮屈な位置に閉じ込められてしまったり、という懸念はあります。  サウンドトゥルーは外枠ですので、出たなりにじわっと進出して中団よりやや前くらいで先団の動きを見ながら進められそうで、地方勢では唯一そこそこ人気しそうなウマノジョーは、近走の感じですと流石に序盤のペースにハついていけずに後方から、となる可能性が高いと見ています。

 ペースとしては、ケイティの意識が前走の負け方でどこまで落ちてくるかと、後はクリソライトがどれだけ前をつついてくるか、この二つの要素をしっかり読み切れるかどうかがポイントだと思います。少なくともオールブラッシュは、自分から無理につついてハイペースを演出してくる可能性は低いと考えます。  その上で、ケイティは近走調教師が随分と逃げに拘っているのはありますし、今回もそういう注文を出してきているなら、福永Jですしそれは遵守する形になるでしょうが、ある程度トーンダウンしているならそこまででもなく、ややハイくらいのバランスに留めてくるかもしれません。  一方クリソライトは基本的にハイペースでないとこのメンバーには太刀打ちできないのは実績から明らかなのですが、二回目の騎乗の戸崎Jがどこまでそれを意識して積極的に前をつついてくれるかは未知数で、下手するとオールが番手でその外で我慢、という競馬をしかねないのは去年末の東京大賞典@コパノリッキーを見ていると、あながち有り得ないとは言い切れないんですよね。

 まぁ基本的にはハイペースで流れる、とは思うのですが、馬場が比較的軽め、という部分も含めて極端な前傾になり切る可能性までは低いと思います。  大体ややハイから1,5秒程度のハイペースを目途に、60,5-62くらいのバランスで、直線向いて多少なり加速が問われる展開を想定して、そこまでのポジショニングと要所の反応の良さ、全体の底力・総合力を勘案しつつ見ていきたいところです。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レース予想
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017 帝王賞

>エピカリス様

いつもコメントありがとうございますー。予想の方も御見事です。

しかしケイティブレイブ強かった…………んですけど、この勝ち方は予想外としか言えませんね。
騎手コメントも正直に、スタートで終わったと思ったら、でしたし、本当に好走スポットが広く、極めてタフないい馬だなぁと思います。今から回顧記事書きます。

「2017 帝王賞」へのコメント

いつも拝見してます。
珍しくオッズが割れている帝王賞。
ケイティブレーヴで勝負します。
骨折の影響を抜きにすればグレイトパールが最強だと思います。
あれだけ強い競馬をされて2着とは差のない競馬であれば、条件好転の今回は勝負になると。
その割には人気がないのも歓迎。
複勝をメインに、単勝を少々。

こんな記事も読みたい

大井 優駿スプリントの予想【砂に魅せられて~ダートメインの単複予想~】

【回顧】第58宝塚記念 狙い済ました勝利のサトノクラウン、データを覆せなかったキタサンブラック。【人生は競馬と共に】

+②下見所から、、【+下見所から、、】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:99207
  • 累計のページビュー:12042897

(11月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 天皇賞(秋) プレビュー
  6. 2017 菊花賞 プレビュー
  7. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  8. 2017 天皇賞(春) 
  9. 2017 安田記念 プレビュー
  10. 2017 大阪杯 プレビュー

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss