ホースレース・ロマネスク

2017 宝塚記念 プレビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

★はじめに

 いよいよ今週は春のGⅠシリーズ総決算、夏のグランプリ宝塚記念ですね。  今年は絶対王者キタサンブラックがいるからか、登録時点で11頭と、下手すると一桁頭数でのレースになりそうな寂しい雰囲気です。  それでも新設初年度からの、キタサンのおそらく達成できれば不朽になりそうな春古馬三冠(今後中距離と長距離の双方であれだけ強い競馬が出来る馬が早々出てくるとは思えません)、それをさせじと牙を研ぐ同期のライバルや4歳の上がり馬など面白い馬や見所は沢山あります。

 加えて前走ああいう強い競馬を見せたキタサンが、去年のリベンジの意味も含めてここでどういうレースプランを立ててくるかも非常に楽しみです。  現状例年にない高速状態を維持している阪神ですが、それでもキタサンがいる限り、単なる上がりの切れ味勝負ではないレースにはなるでしょうね。

★レース傾向分析

 阪神内回り2200mは、スタートから1コーナーまでの距離が長いのが最大の特徴です。  それこそゴールドシップくらいのズブい馬でも、外枠を引いてその気になれば先行できてしまう舞台でもあり、逃げたい馬が多数いる時はかなり前半のペースが上がっていく傾向にあります。  また後半も、残り1000mくらいからじわっと上がって、コーナー地点で既に速いラップを踏むパターンがほとんどで、スピードだけでもスタミナだけでも押し切れない、底力を求められるチャンピオンコースのひとつという認識でいいと思います。

 加えて例年このレースは梅雨時開催ですので、非常に馬場が重くなる傾向ですが、今年に関してはやや様相が違っています。  梅雨入り後も週末の雨が限定的で、その分だけ馬場も高速状態を保つ、どころか週を増すごとに拍車がかかっている現状で、昨日のレースでも500万下の2000m戦で1,57,9、マイルのOP戦も47,1-44,8という超後傾ラップなのに1,31,9とレコード更新していました。  今週の週間天気は今のところずっと曇りマークと、なんとも言い難い微妙さではありますが、仮にこの高速状態が維持されるのであれば、宝塚記念レコードの2,10,1、2200m日本レコードの2,09,9も視野に入ってくると見ておいた方がいいでしょう。

 なので今年はあまり参考にならないかもですが、一応過去10年の平均ラップを出しておきます。  3-2-3-3Fで取って、34,8(11,6)-24,8(12,4)-36,8(12,27)-36,1(12,03)=2,12,5(12,04)という推移になっています。  やはり前半3Fだけが飛び抜けて速く、そこから多少の緩みはあっても極端ではなく、淡々と12秒前半を続けていく感じで、一定の追走力と持久力面がかなり強く問われ、要所の加速力や切れ味、持続力面は最低限あれば、というイメージでいいと思います。    とにかく前半のペースが極端に触れていて、58秒、59秒になる時もあれば、62秒とか異常に遅くなる時もあるので、ペースの決めつけが難しい舞台ではありますが、今年はキタサンがいますので、このキタサン×武Jのこのレースに対する意識をどう読むか、が唯一絶対のポイントになってくるのかな、とは感じています。

 去年のキタサンは、番手勢につつかれた事もあり、稍重馬場の中でかなりのハイペース、59,1-12,4-61,3という前傾2秒の推移で走破してタイム差なしの3着に敗れました。  ですが、私も含めてこのレースぶりを見て、キタサンブラックってこんなに強かったのか、と、それまで持っていたどこかひ弱なイメージを払拭した人は多かったと思いますし、少なくとも良馬場でなら前半59秒はこの馬にとっては楽にクリアできるペースになっている、と考えていいでしょう。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
雑談
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017 宝塚記念 プレビュー

>TCE00076431様

 コメントありがとうございますー。

 キタサンは3歳春に使い詰めでダービー惨敗したのを反省材料にしてか、その後はきっちりシーズン3戦に留めている、欲張り過ぎないローテーションに好感が持てますし、その分成長力を阻害せずにここまでこられたんだろうなぁ、と思っています。
 正直先週の土曜阪神メインに出ていたコウエイエンブレムみたいな詰め込み過ぎのローテーションを見ると、折角の才能を蕾の内に擂り潰しているように思えてしまって…………というのは観戦者のエゴかもしれませんが、結局どれだけタフな調教をこなしたとしても、一回実際のレースで激戦を潜り抜けるよりは活力を充填出来るのかなと。

 お尋ねの件ですが、そもそも古馬王道を満足いく成績で走り切って、更にもう1年、という馬がほとんどいない、ってのはありますね。
 一度皆勤した後、更に成長した、という視座で言うなら、メジロマックイーンはその範疇に入れてもいいんじゃないかなと思います。

 あの馬も4歳で皆勤した後、5歳で春天連覇、その後骨折がありましたが6歳時は春天以外圧勝の連続で、明らかに6歳時が一番強かったように感じます。
 ただ結局オペラオーのように2年連続皆勤はしていないですし、キタサンにしてもまだ春3戦目ですから、今後秋になってもこの強さを維持したまま駆け抜けた時は、それこそ史上初と思っていいのかもしれませんね。

 後は、あくまで私の視座で、ですが、オペラオーが一番強かったレースは5歳時のJCだと思っているんですよね。
 勝ち負けはどうしても相手関係や展開がありますし、成績表の着順だけ見るとどうしても、ってなりますけど、本当にオペラオーは最後までタフで、常に能力を出し切れる馬だったと考えています。

「2017 宝塚記念 プレビュー」へのコメント

いつも拝見してます。
スーパー競馬で取り上げていましたが、宝塚をキタサンが勝つとボーナスを含めてオペラオーの賞金記録が見えてくると。
まさか、キタサンがそこまでの馬になるとは全く思いませんでした。
レースの内容や、武騎手もコメントで去年より明らかに強くなっていると言っています。
長い事、競馬を見ていますがキタサンは史上初の馬だと思います。
それは古馬王道路線を走った翌年に、さらに成長をしたと言う事で。
オペラオー、ロブロイ、オルフェーヴルといった名だたる名馬も、走り抜いた翌年は
パフォーマンスを明らかに落としました。
自分の中ではキタサンが唯一の馬だと思いますが、他にいましたか?

こんな記事も読みたい

【第2弾】ノーザンファームの新馬がヤバすぎる位来てる件[新馬戦考察]【『新馬戦を買わないなんてもったいない!』&『単勝万馬券研究所』】

【宝塚記念考察、新馬戦のポイント】番狂わせがある可能性(6/25阪神)【馬券に年間500万投じる”リアル”な週末 by 安置エイジ】

次週は上半期の総決算・宝塚記念 気になる穴馬は……【ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:29019
  • 累計のページビュー:10464672

(10月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  6. 2017 天皇賞(春) 
  7. 2017 菊花賞 プレビュー
  8. 2017 安田記念 プレビュー
  9. 2017 大阪杯 プレビュー
  10. 2017 オークス

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss