ホースレース・ロマネスク

2017 安田記念 プレビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

★はじめに

 まだまだダービーの残響も冷めやらぬ中ですが、今週は古馬の春のマイル王決定戦、安田記念が行われます。  ここ数年はダービーを機に賞金編成が一新されるので、そのせいで伸び盛りの4歳馬が出走しにくい事になっていたりもして、毎年直前までメンバーが読みにくいのが特徴的です。  ただ近々降級制度は廃止されるかも、という話も出ていますし、そうなれば傾向も変わってくるとは思いますね。  やはり今までの感じを見ると、ここまでに無理せずローテーションを組めた馬の方が強いイメージはありますが、色々な路線の馬が入り混じっても来るので、ペース的にも波乱の多い、一筋縄ではいかないレースになっていると思います。

 今日はちょっと時間がありませんので、少し駆け足で進めていこうと思います。決して昨日のダービーのレース内容で意気消沈している、というわけでは…………なくはないですけど。

★レース傾向分析

 府中マイル戦で、Cコースでの開催になります。  昨日の時点でもうかなり内側は掘れていたので、良馬場でもコース取りは難しくなってくると思いますし、また今の時点で週末金曜土曜に雨マークがついています。  基本的にはコース形態的にも流れやすいレースではあるのですが、また雨の影響が残るようなら、去年のようなスローの展開も十分有り得ます。メンバー的にも絶対に逃げる、と言う馬がいませんし、あまり傾向には捉われず柔軟に判断はしたいものです。

 とりあえず過去10年の平均ラップを見てみましょう。  34,2(11,4)-23,4(11,7)-35,1(11,7)=1,32,7(11,59)という推移になっています。  これだけ見ても基本的には前半からガンガン入って、中盤もあまり緩まず、末脚勝負にはなりにくい、というのが見て取れます。もっとも上がりに関しては超不良馬場のジャスタウェイの年の37,7がありますので、それを抜きにすれば34,8くらいと、ややハイの平均くらいの閾値に収まってきます。

 ともあれ、そんな馬場のジャスタウェイの年ですら35,1-24,0-37,7というペースだったわけで、去年の35,0-24,1-33,9という推移がいかにこのレースとしては異端だったかはよくわかります。  でも今年も雨が残りそうな馬場で逃げ馬不在、ヴィクトリアマイルもそういう条件でドスローになったことを考えると、必ず流れる、とは言い難いのが悩みどころになってくると思います。  ただこれはちなみに、ですけど、2010年もダービーがドスローで、するとこのレースでは一転して超ハイペース、という事になっていたり、先週不甲斐無い乗り方をしてしまったという気負いがここで極端に振れるパターンもあるので、本当に枠が出てもペース予想は最後まで悩みつくすだろうなと感じています。

 脚質的には基本スピード勝負ですので、高い追走力が問われます。  加えてコーナーでも緩まず仕掛けも速いのが特徴的ですので、後方から大外ぶん回しではまず届かず、中団後ろからとなる場合もコーナーはタイトに、直線で上手く進路を確保して、という器用な動きが出来た馬が好走しているイメージです。  無論極端な前傾になった年は追い込みにも出番はありますが、近年の騎手の意識の下がり方を見ても、そこまでのレースになる可能性の方が低い、と見ていていい気はしますし、最序盤のポジショニングの上手さと、総合的な後半要素、かつ持続力面で相対的にいいものを持っていれば面白い、という感覚でいいかなと思っています。

★有力馬所感

・イスラボニータ

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
雑談
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017 安田記念 プレビュー

>jhoge様

 いつもコメントありがとうございますー。
 やはり勝負事というのは、機先を制した方が強い、というのはありますよね。
 周りのペースに惑わされず自分の馬のリズムを意識してポジションを自在に変えられる、という点は、それだけ正確な体内時計と、乗り馬に対する適正面の意識と信頼、更に他のライバルの特徴までしっかり網羅していればこそ出来る事だと思います。

 結果的に昨日のルメールJの押し上げは、レースの流れそのものにはほぼ影響を及ぼさず、自分の馬を同じペースで走らせつつ、昨日の馬場で勝つための最適なポジションを取った、という「だけ」ではあるのですが、ダービーの魔物がその威力を遺憾なく発揮したのか、それすら出来ない人馬がほとんどだったわけで、その心理まで見越しての完璧な立ち回りでした。
 けれど、今の若手は結果的にその動きがレースの流れの中で理に適っていたとしても、それが勝利、という結果に繋がらない限りは批判されるし、すぐに降ろされてしまう難儀な時代に直面しているので、そういう勝負勘を磨くのが難しい点は同情したい、それでもダービーの舞台で勝ちに行かずどうする、とは傍から見て思ってしまうのは仕方ないですよね。

 タイキブリザードは懐かしいですねぇ。
 いつも馬場で落とし物を探してる、と言われたくらいに首を低く低く下げての走りはインパクト充分でしたし、1600m~2500mまでオールマイティに強さを発揮しつつも常に詰めが甘い、藤沢厩舎黎明期を支えた名馬でしたね。

 悲願のGⅠ勝利となった安田記念もいいレースでしたが、個人的にその後の宝塚記念で、バブルもいたのに岡部Jがこっちに乗ってきて、その理由が「タイキの方が乗り難しいから慣れた騎手の方が絶対にいい」だったのが印象的です。
 当時から藤沢厩舎の馬本位は徹底されていましたし、その中で本当に愛されていた1頭でしたね。

2017 安田記念 プレビュー

マジックモレイラ。昨日のダービーのルメール騎手を見てネオリアリズムのQE2を
思い出したのは私だけでしょうか?一流騎手だから許されるのか、度胸と技術があるから
一流になれたのか・・・。日本の若い騎手達も見習って欲しいものです。そう言えば最近
海外に武者修行に行く子がいませんね。安田記念は外国人騎手BOXでいくかな。

私の思い出の安田記念はタイキブリザードです。超良血、超大型、そして何と言っても
あの超個性的な走り方!うちのカミさんはこの馬の大ファンでした。あの走り方が超カワイイ
そうです。期待されてなかなか獲れなかったタイトルをやっと掴んだ7歳(現6歳)の初夏。
ジェニュインとの馬連一点勝負の私とカミさんのアイドルの悲願達成!テレビの前で
おもわず抱き合ってしまいました。

こんな記事も読みたい

2017年日本ダービー 備忘録的コメント【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

ダービーからダービーへ また新しい1年の始まりです!【ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点】

2017 日本ダービー 結果【気まぐれ競馬予想】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:74536
  • 累計のページビュー:11943691

(11月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 天皇賞(秋) プレビュー
  6. 2017 菊花賞 プレビュー
  7. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  8. 2017 天皇賞(春) 
  9. 2017 安田記念 プレビュー
  10. 2017 大阪杯 プレビュー

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss