ホースレース・ロマネスク

2017 ダービー プレビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

★はじめに

 さて、いよいよ今週は競馬の祭典、ダービーが行われますね。  「最も運がいい馬が勝つ」と言われ、それ故に一国の宰相が「ダービー馬の馬主になるのは一国の宰相になるより難しい」と嘆いたという逸話がまことしやかに囁かれたり、ダービーだけは勝てない名騎手が、「ダービーを勝ったら騎手を辞めてもいい」とまで思い詰めて臨んだと伝えられる舞台、果たして今年はどんな劇的なドラマが繰り広げられるのでしょうか?

 日本の競馬が社台グループの独擅場になって久しいですが、今年も社台グループ生産の出走馬が大半を占める中で、簡単に白旗は上げないと、この一世一代の舞台で下剋上を狙う馬も多く、どこからでもドラマの切り口を見つけられる面白いメンバーが揃ったと思います。    今年のメンバーをパッと見て面白いな、と思ったのは、「三本の矢」的な視点ですかね。  名門池江厩舎が、アルアイン・ペルシアンナイト・サトノアーサーという折り紙付きの良血3頭で上位独占を試みます。  一方音無厩舎も、アドミラブル・ダンビュライト・アメリカズカップの3頭で、特に先行馬2頭が上手く流れを組み立てる形で進められそうなのは面白い組み合わせです。  また若手の松若Jが、デビューからずっと乗り続けた馬でダービーに参戦する、というのも、最近ではあまり見られない光景になっただけに趣きがあり、鞍上関係で悶着があったと推測される皐月1,2着勢より判官びいき的な視座を置きたくなります。

 そして、この2つの厩舎はそれでも走るのは全部社台の馬、という情勢であり、それに対する非社台勢も駒をしっかり揃えてきました。  その急先鋒たるラフィアングループも、トラスト・マイネルスフェーン・ウインブライトときっちり「三本の矢」を整え、こちらも前に行く2頭で展開を支配して見せ場を、というチーム戦術の介在を予感させる布陣になっています。  グランバズドリームからはやくも30年、マイネル総帥自身が子を為し、その子から孫が生まれて、自身が祖父と呼ばれるだけの時間を経た中で、今もなお一向に衰えないダービーへの情熱が、ここで花開くことはあるのでしょうか?

 その他でも、宮本厩舎の個性派2頭出し、近年ダービーに相性のいいノースヒルズの刺客、昨日のオークスで戴冠し、遂に王道ローテーションで悲願のダービー制覇、2週連続クラシック制覇を狙う藤沢厩舎×ルメールJなど、見所が多過ぎて何から紹介すべきか筆は彷徨うばかりです。

 どうあれこの精鋭18頭の中から「もっとも運のいい馬」となれるのはただ1頭だけ(流石に同着は計算に入れないでいいですよね)、その競馬シーンでも有馬記念に並んで最も予想の盛り上がる1週間を前に、改めてそれぞれの軌跡などを振り返り、ヒントを探っていきたいと思います。

★レース傾向分析

 昨日のオークスも超高速馬場でしたが、来週からはCコースとなり、その傾向に更に拍車がかかります。  現状週間天気予報を眺めている限り、週中週末共にやや怪しい予報にはなっていますが、少なくとも良馬場なら絶対的なイン有利、先行有利が確立されて、それは近年の1枠に入った馬の活躍度を見るだけで顕著でしょう。どうあれ枠のバイアスはかなり大きいレースになります。

 データ的には、過去10年で見るとロジとオルフェの年、2回の超不良馬場がかなり数字を狂わせるので、一応良馬場前提で、近5年の平均で見ていこうと思います。  そのラップは35,4(11,8)-36,6(12,2)-37,4(12,47)-35,0(11,67)=2,24,4(12,03)という推移になっています。

6ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
雑談
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017 ダービー プレビュー

コメントありがとうございますー。

フサイチコンコルド、懐かしいですねー。私はあのレース、ダンスの対抗にマウンテンストーン推してました。昔っから青葉賞馬には騙され続けています。。。

あの時のフサイチ藤田Jのダンス徹底マークからの差し切りは印象深いですよね。
当時確か23歳で、あれだけ決め打ちした大胆な騎乗が出来たというのは驚きです。

ベテランの悲願達成、というシナリオも美しいですが、近年の騎手事情を鑑みると、個人的には若手の台頭をより強く期待したくなります。
ここも松山Jには皐月賞馬らしい強気の競馬で魅せて欲しいですし、藤岡Jも馬の力を信じた積極的なペースメイクをして欲しい、そしてベテラン勢も魂の籠った騎乗でレースを沸かせて欲しいですね。

2017 ダービー プレビュー

絶頂期の武豊でさえ初制覇の時はゴールのかなり手前で鞭を落とすレース。(スペシャルウィーク)
百戦錬磨のベテランジョッキーが僅差で負けて悔し涙を見せるレース。(エビショウ、ユウイチetc)
足を余して負けるのは絶対したくない。未だタイトルを取ってないジョッキーはもれなく早仕掛けに
なるレース。それが東京優駿 日本ダービー。すべてのホースマンの夢。
馬券を買う側も熱くなる。ダービーと有馬記念はガミッてもいいから獲りたい!出来れば叫びたい!
私の思い出のダービーはフサイチコンコルド、ダンスインザダークの単勝に有り金全部突っ込んで
府中から歩いて帰りました。(キップ買ときゃ良かった。)

こんな記事も読みたい

【日本ダービー考察】どんな女と”アレ”が出来るって言われても今週は予定あるって言うね(5/28東京)【馬券に年間400万投じる”リアル”な週末 by 安置エイジ】

2017 オークス 結果【気まぐれ競馬予想】

直感と世相で馬券を予想【3連単で夢を(*^ー^)ノ♪】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:10653
  • 累計のページビュー:7827626

(07月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  6. 2017 天皇賞(春) 
  7. 2017 安田記念 プレビュー
  8. 2017 大阪杯 プレビュー
  9. 2017 オークス
  10. 2017 桜花賞

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss