ホースレース・ロマネスク

2017 天皇賞(春) レース回顧

このエントリーをはてなブックマークに追加

 圧巻。   ただただその一言しかない、凄まじいレースでした。

 2強対決に沸いた春の天皇賞は、実質的に逃げる形でレースを完全に支配し切ったキタサンブラックが、4コーナー先頭から横綱相撲で堂々と押し切り、レコードタイムのおまけつきで、高らかに現役最強の称号を掌中に入れてみせました。  この素晴らしいレースを演出してくれた全ての人馬に感謝を捧げつつ、しっかりとレースを振り返っていきたいと思います。

 まず今日の馬場状態は、昨日のレース後の散水もなく超高速馬場だったと見ていいでしょう。  スローのレースも多いので、全体時計で目を引くのは1000万下1400m戦の1,20,0くらいですが、他のレースでも要所でかなり速いラップを刻んでいて、かつ内有利はかなり顕著に出ていたと思います。  なのでレコード自体は出ても不思議ない、とは思っていましたが、まさか3分12秒台にまで入ってくるとは驚きの一言ですね。ディープのレースは完全にこの馬の後半1000mのえげつない瞬発力と持続力あっての押し上げでしたし、レース全体が流れた上で、出し切っての時計ではあるのは確かですが、それでも馬場を踏まえても凄まじい、の一言です。

 レース展開は、まずスタートでかなりばらつきがありました。  シャケトラ、ラブラド、ゴールドアクター、レインボーラインあたりは明確に出負けし、逆にキタサンはいつものように好スタート、ヤマカツの出方を伺いながら少し外に張って、前に壁を作られないようにしつつ他の外の馬の動きを見て入っていきます。  シュヴァルグランとファタモルガーナも絶好のスタート、アドマイヤデウスもかなり速く、この馬が外から出していってキタサンにプレッシャーをかけつつ、最終的には外からヤマカツが逃げてキタサンが2番手、デウスがそのインに潜り込む形になり、その後ろにリカバーしたシャケトラ、シュヴァルグラン、外から押し上げたワンアンドオンリーという並びになります。

 注目のサトノダイヤモンドも好スタートからじわっと出していって、それでも枠の並びは良くないので序盤はファタモルガーナ・タマモベストプレイと並ぶあたりで中団外、常に2頭分は外を回らされる展開になります。  それをマークするようにアルバート、少し離れてディーマジェスティに出遅れたゴールドアクターが追走し、レインボーラインは注文を付けて最後方からという競馬になりました。

 レースラップは、やはりヤマカツは強気に出していった分ブレーキが中々効かずに暴走気味となりました。  4F×4で見て、46,9(11,72)-47,6(11,9)-50,3(12,58)-47,7(11,92)=3,12,5(12,03)という推移で、改めて書いても3200m戦で平均ラップがほぼ12秒ってえげつないですね。馬場の恩恵を最大限に生かしての超スピード戦でした。  ハーフで見てもヤマカツは94,5-98,0と完全に前傾ラップなので、実質的にレースを作っていたキタサンの推定ラップを見ていきます。

 まず最初の1000m地点では、この馬の通過は60秒を切るかな?くらいだったと思います。  そこからの2Fでヤマカツがブレーキせず11,6-11,6と飛ばしていく中で、1,5秒くらいの差が2,5秒くらいに広がるものの、それでもキタサン自身は12,1-12,1くらいで直線出口から1コーナーを刻んでいる計算になります。

 流石にここからヤマカツも減速して13,0-12,5-12,6-12,7という中盤後半の推移ですが、この2コーナー出口から向こう正面坂手前あたりまでで、キタサンは上の画面で見てもわかる程度にじわじわ前との差を詰めています。  残り1000m地点ではもう1秒差くらいのところにいるので、おそらく息が入ったと明確に言えるのはコーナー出口近辺の13,0のところで12,6~7を刻んだ程度、向こう正面に入ってからは淡々と12,2~3で前を追い掛けていると推定できます。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レース回顧・中央競馬
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017 天皇賞(春) レース回顧

コメントありがとうございますー。

やはり先行馬が問答無用で速度の違いで押し切る競馬はいいですよね。
レースがピリッと引き締まりますし、駆け引きなしの真っ向勝負に持ち込んでのこの結果、本当に大喝采だと思います。

今はこういう強気の競馬をメイクできる騎手がどうしても少ないですからね。
佐藤哲三Jに関してはタップダンスシチーの一連のレース、特に凱旋門帰りの有馬記念が敗れはしたものの一番印象深いです。
あと宝塚記念のアーネストリー、あれも凄まじいパフォーマンスでした。

このレースのサトノ陣営のコメントにもあったように、負けた側が完敗を認めるしかない、という競馬を作れる騎手がもっと増えて欲しいです。
適性判断的に見れば、潜在的にこういう肉を切らせて骨を断つ競馬が出来る馬はもっといると思いますから。
流石に普段からそれをしていては馬がパンクしてしまうかもですが、大レースでの乾坤一擲、なら、その馬の後の馬生にも繋がってきますしね。

私も反動は心配だなと思いますし、本気で凱旋門賞狙うなら欧州直行でいいと思いますが、陣営はあくまでも国内のレースが最優先と考えているようですね。
そこはこの馬の類い稀なるタフさに対する信頼もあるでしょうし、ここで馬場・展開不問の無敵ぶりを改めて見せつけたことで、この先も本当に楽しみが膨らむ一方ですね。

「2017 天皇賞(春) レース回顧」へのコメント

まさしく圧巻のレースで、いいレースだったと心から思えました。
キタサンの強さや成長力は自分の見解を大きく超えていました。
自分はスピード指数を始まった時からやっていて、時計やラップはかなり意識しています。
高速馬場だけでなく、脅威の時計です。
豊騎手の騎乗は芸術的です。
キタサンの長所を活かし、またディープ産駒の長所を殺す騎乗。
こんな騎乗をするのは、タップダンスの佐藤哲三騎手ぐらいしか無い。
また、キタサンの父はディープの全兄というところは血統の不思議なところ。
凱旋門を目指すなら、宝塚は回避してローテーションを組んで欲しい。
間違いなくこの時計で走った負担は小さくは無いはずなので。

こんな記事も読みたい

天皇賞(春)などの予想【中穴馬券研究所】

第268回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~天皇賞(春) G1【『ウマニティ』凄馬(スゴウマ)プロジェクト/凄馬出馬表分析&馬券検討】

天皇賞春の【ペケマル指数】が確定! 2強の順位付けはどんな感じ? そして“ペケマル予想”は?【【競馬まとめ!ペケマル】編集長のblog】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:20314
  • 累計のページビュー:12111265

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 天皇賞(秋) プレビュー
  6. 2017 菊花賞 プレビュー
  7. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  8. 2017 天皇賞(春) 
  9. 2017 安田記念 プレビュー
  10. 2017 大阪杯 プレビュー

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss