ホースレース・ロマネスク

2017 皐月賞 レース回顧

このエントリーをはてなブックマークに追加

 一足早い初夏の陽気に包まれながら、絶交の好天、良馬場で開催された皐月賞。  大混戦の下馬評通りに出入りの激しい競馬になり、その中で好位を虎視眈々と立ち回ったアルアインが、馬群を鋭く切り裂いて他馬の追撃を凌ぎ切り、見事な戴冠を果たしました。

 このレースで松山JはGⅠ初制覇がなんとクラシックの大舞台、去年はミッキーアイルとのコンビであと一歩でGⅠタイトルを逃していましたが、そうしてコツコツと積み重ねてきた実績と悔しさをバネに、この晴れ舞台で乾坤一擲の大仕事をやってのけましたね。  また2着のペルシアンナイト共々に池江厩舎所属馬のワンツーとなり、大舞台でこそ生きてくる名門厩舎の底力、というものをまざまざと見せつけるレースになったと思います。

 まず今日の馬場ですが、中間の散水情報はなく昨日に引き続き、というより昨日よりも更に乾いた超高速馬場にまで至っていたと思います。  8Rの2000m鹿野山特別が60,3-58,4と、後半2秒近くペースアップする流れで1,58,7の好時計であり、準メインのOP1200m戦も34,0-33,5で1,07,5と、ちょっとやそっとのペースでは前が止まらない条件になっていたと思います。

 また、昨日もそうでしたが、砂埃が舞うほどにはインの馬場は悪く感じさせず、特にタフなレースになればなるほどインの経済コースを生かした乗り方が嵌るイメージはありました。  血統面からも、時計が出る割には比較的パワータイプの馬も台頭してきていて、元々先週までは重い馬場だった分の名残はそれなりにはあったとは感じます。

 展開は、注目のファンディーナもまずまず、サトノアレス以外は特に極端な出遅れはない綺麗なスタートでした。  先行争いは、思った以上に最内のマイスタイルは出していかず、中目からポジションを伺うファンディーナが外の逃げ馬を待つ形になります。  そこからアダムバローズ、トラストが前に出していき、アルアインやダンビュライトもファンディーナのすぐ外まで押し上げてきてプレッシャーをかけ、スタートからの出足は今一歩だったクリンチャーもコーナー過ぎからじんわり先団に加わっていきます。

 内の隊列は、スワーヴリチャードがそれなりに出してきたものの外主導の流れについていけるほどではなく中団まで、結果的に最内がぽっかり空く中で、ファンディーナがそこに入っていって2列目のポケット、それにアルアインとダンビュライトが並んだまま進めていく形でコーナーを進んでいきます。  プラチナヴォイスがそれを見るあたりで、ウインブライトもかなり頑張って出してきて中団やや後ろの外目、スワーヴリチャードもコーナーワークで徐々に外目に出していく形を取ります。  アウトライアーズがその後ろで、ペルシアンナイトはこのあたりから一気にインに潜り込んで、向こう正面で最内からスルスルとポジションアップ、カデナもそれについていく形で内から進出していきます。  レイデオロはスタートから無理はさせない追走で、コース取りも完全にイン決め打ちという形、サトノアレスは最後方から、勝負所で外に持ち出していく形を選びました。

 前は3コーナー過ぎから、早々とトラスト、クリンチャーの番手勢が外目を回しながら進出していき、ファンディーナもそれに呼応する形で外に持ち出し追撃を開始、後続もそこ目掛けて内外から殺到し、横一線、という形で直線を迎えます。  そこから坂地点でしっかり末を落とさずに伸び切った馬が上位を占め、非常に立ち回りと仕掛けのタイミングなど難しい判断を強いられる中、イメージとしてはコーナーでしっかり我慢できた馬が最後は、という印象になりますね。

 ラップは35,1(11,7)-48,2(12,05)-34,5(11,5)=1,57,8(11,78)というレースレコード、コースレコードタイを計時しました。  ハーフで見ますと59,0-58,8の綺麗な平均ペースで、前半がそれなりに速いので時計面で1000万下を上回ってきたのはまず当然として、その上で後半ラップのほうが速い、という形でレコードまで押し上げたのは立派な数字だと思います。前評判はあまり高いレベルではなく混戦、でしたが、この馬場で、という補足を置くにしても、今日の競馬レベルは非常に高かったと見ています。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レース回顧・中央競馬
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

皐月賞、明確なサインは見つからず…今回は直感で!【no title】

どうせ当たんない皐月賞予想【ピノキオ〜「クビ差」で「クビ」になったはずなのに、舌の根も乾かぬうちに再開した厚顔無恥なブログ】

第264回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~皐月賞 G1【『ウマニティ』凄馬(スゴウマ)プロジェクト/凄馬出馬表分析&馬券検討】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:59578
  • 累計のページビュー:10595185

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 菊花賞 プレビュー
  6. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  7. 2017 天皇賞(春) 
  8. 2017 安田記念 プレビュー
  9. 2017 大阪杯 プレビュー
  10. 2017 オークス

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss