ホースレース・ロマネスク

年度代表馬選考について

このエントリーをはてなブックマークに追加

 もうすぐJRA賞の発表の時期となります。  2016年の年度代表馬を争うのが、サトノダイヤモンド、キタサンブラック、モーリスの3頭であることは誰も異論を挟まないでしょうが、ではその中から1頭を選ぶ、となると、これは中々難解です。

 少なくとも3頭共に、歴代の受賞馬に全く引けを取らない成績を収めているので、私としてはどの馬が選ばれても文句はない、というのが率直なところではあります。  ただ近年の選考においては、以前よりも遥かに海外が近くなり、そこで活躍する馬が増えた事を考慮して、もう少し選考基準というか、しっかりしたガイドラインをJRAが明確に発信すべきではないか、と思っています。

 ここでひとつ、ちょっと思考実験をしてみましょう。  もしも今年のモーリスの成績が、チャンピオンズマイルが2着で、安田記念を勝っていたとしたら、年度代表馬はどの馬が選ばれるでしょうか?

 私はその場合、かなりの高確率でモーリスが選ばれるだろうと思っています。  それは去年、マイル路線を制圧した余勢で香港マイルも制したモーリスが、国内王道路線を皆勤して、宝塚記念、天皇賞・秋を制したラブリーデイを抑えて代表馬に選ばれたプロセスに近いものがあるからです。  勿論タイトル数のみならず、無敗で駆け抜けた事や、ラブリーデイが肝心要のJC、有馬でパフォーマンスを落としたことなどの影響もあるでしょうが、やはり現状の根底的な観念として、まず国内のGⅠ数を比較し、海外GⅠはそれにプラスアルファ、ただし国内でのGⅠ2着やGⅡ勝ちよりは上、という匙加減で一括して評価されている、というのが私の率直な認識であり、国内2勝で3頭が並んでいるなら、海外1勝を加味してモーリス、というのが自然なチョイスになるとは思いませんか?

 大抵の場合、年度代表馬はGⅠの勝鞍の数が最重視されます。  例えば古くはイナリワンのように、GⅠ3勝以外は大半が凡走でも当然のように選出されますし、少なくともタイキシャトルの年からは、マイル路線も王道路線とほぼ同じ価値がある、という基準が暗黙の了解として成立した為、牡馬2冠のセイウンスカイや、国内馬では史上初の3歳でのJC制覇を成し遂げたエルコンドルパサーを凌いで選出されました。  その選択基準はシンプルで最良だと思っているし、同数で並んだときのみ、他のレースの成績や直接対決の結果を反映させればいいし、もし私に投票権があるとして、キタサンとサトノの2択なら、勝鞍以外の実績もほぼ同等、故に直接対決の結果を重視してサトノに1票を投じるでしょう。

 ただこの年の選択が、純粋にGⅠ3勝馬だから、と画定していれば良かったのですが、この時は明らかに、ジャックルマロワ賞という海外GⅠ制覇の価値に下駄を履かされていた、と当時は強く感じましたし、その歪みが翌年、今までで最大級の物議を醸した選考に繋がったとも見做せます。  そう、国内王道GⅠを皆勤し3勝を挙げたスペシャルウィークと、その王道路線の残り2つでスペシャルに土をつけたグラスワンダーを差し置き、年間通して一度も国内で走らなかった、数字上で見ればGⅠ1勝2着2回のエルコンドルパサーが、凱旋門賞2着という結果を最大級に評価されて、最終的には選考委員内の決戦投票で選ばれた年です。

 無論、エルコンドルパサーの偉業にケチをつけるつもりは微塵もありませんが、あの時点で「JRA賞」の年度代表馬として選んでしまったのは勇み足であったと私は思っています。少なくとも前年のタイキシャトルの結果を受けて、その時点で海外競馬の成績をどこまで反映するか、というガイドラインを策定しておくべきでしたし、それが出来ていないのならば特別賞までにしておくのが妥当だったと当時も語り、今でも思っています。  しかし、喉元過ぎれば、ではありませんが、その後長期海外遠征というロマンを追いかける陣営が出てこなかったこともあり、海外GⅠでの成績はあくまで国内の実績にプラスアルファで評価するファクター、というスタンスに落ち着いて、結局まともなガイドラインも作られないままズルズルと20年近くが過ぎてしまったわけです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
雑談
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

年度代表馬選考について

 そうですね、心情的にキタサンにあげたい、取るべきだと思う人が一番多い年なのは確かでしょう。
 その上で横並びや調和、年功を踏まえて判断するのも、実に日本らしい在り方だと思います。

 ただし去年、一昨年と、そういう配慮の末に年度代表馬と最優秀四歳古馬のねじれ現象が起きたのは事実で、即ちそれは現状の表彰基準に時代性とそぐわないところが出てきている証左ではあるわけで。
 そういうのを機に、色々システムをブラッシュアップしていこう、そしてそういう議論を継続化させていこう、というのが宗旨であり、その一要因として海外GⅠの扱いの問題を取り上げさせてもらっただけで、私はどの馬が受賞するか、という予想に与する気はないので、そこをご承知おきしていただけると助かります。

 アメリカのようにその時代に必要と思うなら、フレキシブルに部門の区分を改良したり、欧州のように競争ポイント、記者投票、ファン投票の並存型にしたり、全てを見習えとは言わなくても、現状を金科玉条とせず、より良いシステムを模索する試みはあってもいいと思うのです。

年度代表馬選考について

モーリスな訳ないでしょう。
何故なら前年取ってるから。
短距離も走ってるから最優秀短距離馬でお茶も濁せます。
今年はサトノが活躍するだろうからサトノも割引です。
そんな不条理な理由で決まるのが年度代表馬です。
G1いくつとか、ガイドライン作るなら投票制にする意味がありません。
話題性とかインパクト、そういうものが選考に影響してくるんです。
タイキシャトルの時は初海外(ではなかったですが)でインパクトがありました。
エルコンもあわや凱旋門賞Vでインパクトを残しました。
去年1年を振り返る競馬冊子の表紙はモーリスだったでしょうか?
春天、JCを勝ち余力を絞った有馬でも強さを見せて2着。
キタサンブラックでなければおかしいですよ。

年度代表馬選考について

 そうですね、競馬においてロマンの入り込む余地がなくなったら面白味は相当に薄れますし、私の中でそれを蔑ろにするつもりは些かもなかったですけれど、文章だけで拾うとロジカルに寄り過ぎた、提言自体が硬質なものと捉えられかねないものになってしまった事は申し訳なかったです。

 記事本体で触れた、GⅠ成績の数字で概ね決まる、というのも、実際的に明文化されているものではなく、あくまで記者の良識が集約された部分でそうなる蓋然性が高い、くらいのニュアンスで考えていました。
 その上で、例えば国内で牡馬三冠を取ればほぼ確実に年度代表馬になるけれど、牝馬三冠だけではまず選ばれない、というように、国内GⅠに対する比重の置き方に関しては、その「良識」の振れ幅は小さく安定していると思います。
 でも海外レースに関しては、日本馬の海外での躍進の速度・拡散に追いつくほど安定はしていないから、その「良識」に訴える最低限の枠組みは前もって示して欲しいな、と思うのです。

 無論、これから海外実績の色々な事例が出てくる中で、その都度喧々諤々と議論を交わし、少しずつその角を削り合っていく過程そのものも競馬の醍醐味、ロマンと捉える人は多いでしょう。そこでの世論、時代の空気あればこそ選ばれる馬だっていていいと思います。
 その上で私は、そのロマンを台無しにしない程度に、様々な可能性を「想定内」に落とし込むことは矛盾することなく両立できるはず、というスタンスなので、その為には、ってところでこういう話を書かせてもらったわけです。

 ですけれど、私も長年競馬ファンをしているので、自分が心からのめり込んだ馬が正当に評価されていないと感じる時の悔しさはよくわかります。
 もっとも純粋な好みで語るなら、私はあの3頭の中では断然グラスワンダー派だったりするので、そこは相容れないのですけれど(笑)、それだけあの3頭には底知れない魅力があった、という事でしょうね。

 ともあれ、今年の年度代表馬も3頭の接戦が予想される中で、記者の「良識」がどういう形で収束するのか興味深く見守りたいですね。

年度代表馬選考について

そもそも年度代表馬は記者の投票で選ばれるわけだが
中には偏屈な記者がいて、毎年該当馬なしの記者もいる
ディープやオルフェが3冠取ろうが、ウォッカやジェンティルドンナがどんなに牡馬を蹴散らそうが
毎年該当馬なし
そんな記者が投票権を持ってる是非はともかく、競馬を一番身近で見てそれでメシを食ってる記者の投票で決まるのが年度代表馬

競馬はロマンと言われるように、それぞれ記者の思い入れで決まるのも悪くないと思う
むしろ、G1の数で数値化されて決まるなら記者の投票はいらないし
それこそG1の優劣つけるのが難解になってしまう
G1の数でエルコンが評価されないのが悔しいんです
今にして、凱旋門賞を取る難しさを考慮した時に
よくあの時エルコンを年度代表馬に選んでくれたなと

サイレンススズカ、エルコンドルパサー
記録より記憶に残る馬が選ばれたならそれでもいい
記録で選ばれるも良し、記憶で選ばれるも良し
いろんな選択肢の中から選ばれる年度代表馬であって欲しい

こんな記事も読みたい

名馬物語2016 -サトノダイヤモンド 磨かれゆく原石-【スポーツとしての競馬】

私的名馬列伝 第一話 ライスシャワー【ホースレース・ロマネスク】

【G3】有馬記念も東京大賞典も忘れて、金杯でかんぱ~い!【◆fan of JRA◆ 『超高金利の定期預金』】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:103290
  • 累計のページビュー:6109841

(05月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  6. 2017 天皇賞(春) 
  7. 2017 大阪杯 プレビュー
  8. 2017 オークス
  9. 2017 桜花賞
  10. 2017 皐月賞 プレビュー

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss