ホースレース・ロマネスク

2017 阪神大賞典・スプリングS レース回顧

このエントリーをはてなブックマークに追加

★阪神大賞典

 伝統の長距離重賞阪神大賞典は、サトノダイヤモンドが古馬となり、更に精緻に磨き抜かれた輝きを満天下に示す快勝でした。内容を振り返っていきましょう。

 まず今日の馬場は、基本的に高速気味の馬場だったと思います。  9Rの1000万下が34,8-11,6-34,1のバランスで、勝ち馬がぶっちぎったとはいえ1,20,5の好時計、10Rも60,5-59,0で後半5Fのロンスパ戦の形でラストまで落とさず2分を切ってきていました。  ただ完全に素軽い馬場と言う事は勿論なく、ある程度パワーの裏付けがあってこそ時計が出せるイメージで、サトノケンシロウが好位から伸びあぐねたのを見ても、基本的には汎用ディープ向きの馬場ではなかったと感じます。

 展開は中々に混沌としていましたね。  内からウインはあまりダッシュが良くなく、外のタマモ、マドリードがスッと前に出ていく形になり、その直後にウインとスピリッツがつけていきます。  しかし隊列が固まりかけたところで、レーヴミストラルがガツンと引っかかって一気に先頭列まで上がっていってしまい、序盤にやや流れが速くなっていきます。

 シュヴァルグランは普通のスタートから枠を利して中団、サトノダイヤモンドは一歩目がややゆったりで、そこから折り合い重視でがっちり抑えていった分、序盤のポジションは後ろから二頭目とシュヴァルグランを見る形になります。  一周目の勝負所でやや引っかかる様子も見せますが、鞍上がしっかり馬の後ろにつけて折り合わせ、スタンド前ではゆったりした走りを取り戻してジワジワと前に取りついていくのは、有馬記念を彷彿とさせる立ち回りでした。

 そしてスタンド前から一気にウインが動き、ハナを取り切って前走同様に大きく後続を離していく展開になり、結果としてレース全体的にあまりガクンとペースが落ち着くことなく勝負所に差し掛かります。  サトノを外に置いたシュヴァルグランが果敢に先に動く競馬を選択し、残り1000m付近から一気に馬群が凝縮していく中での、総合的なスタミナ、持久力が強く問われるレースになり、勝ち時計もレコードに0,1秒差と素晴らしいものでした。    ラップは3F×5で、36,2(12,07)-36,8(12,27)-36,6(12,2)-37,2(12,4)-35,9(11,97)=3,02,6(12,17)と、数字的にも全く淀みのない推移、タフな流れになっています。  5F×3だと61,5-60,4-60,7で中盤が最も速く、無論これはウインが単騎で離した分はありますが、大体2000m通過でシュヴァルグラン・サトノダイヤモンドの位置で目測1,5秒差くらいなので、この辺りの馬でも62,3-61,0-59,3くらいの推移かな、と感じますし、相当にステイヤー色が強い競馬です。  故に先行馬では、スタミナに長けるタマモとスピリッツが粘り込んでいますし、最後方で脚を溜められたバジルが3着に食い込んできた、と、レース自体のイメージとしてはこれでいいかなと思いますね。

 勝ったサトノダイヤモンドは、本当に強い競馬を見せてくれたなと思います。  やはり休み明けで気性面でも多少ちゃかつくところはあり、またレース展開としても普段のポジショニングの良さを捨ててシュヴァルグランの後ろから、と、この辺りではひょっとすると、という気配を醸していなくもありませんでした。  しかし勝負所から、先に動いたシュヴァルグランをしっかりマークする形で、後半の最速ラップを踏んでいるコーナーで1枚外から楽な手応えで押し上げ、残り200m地点ではほぼ並びかけています。  そこから持ち前のラストのしぶとさを発揮し、残り100mで追いすがるシュヴァルグランやトーセンバジルをもう一度離す脚を見せての完勝でした。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レース回顧・中央競馬
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第255回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~阪神大賞典 G2【『ウマニティ』凄馬(スゴウマ)プロジェクト/凄馬出馬表分析&馬券検討】

スプリングSの【ペケマル指数】が確定! 今日こそは何とかなるのか、“ペケマル予想”!?【【競馬まとめ!ペケマル】編集長のblog】

スプリングS、阪神大賞典などの予想【中穴馬券研究所】

ブロガープロフィール

profile-iconclover

  • 昨日のページビュー:108235
  • 累計のページビュー:6218075

(05月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 皐月賞
  2. 2017 天皇賞(春) プレビュー
  3. 2017 ダービー
  4. 2017 ダービー プレビュー
  5. 2017 ヴィクトリアマイル プレビュー
  6. 2017 天皇賞(春) 
  7. 2017 大阪杯 プレビュー
  8. 2017 オークス
  9. 2017 桜花賞
  10. 2017 皐月賞 プレビュー

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss