「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~

中央大学学友会体育連盟機関紙「中大スポーツ」によるブログです。 体育連盟所属の48部会の活躍を紙面とは違う、試合結果と試合経過を伝えることに重視してお送りします。毎月1回の連載も掲載中!中大スポーツの情報を知るなら、まずは当サイトで! ※写真、記事の無断転載を禁止します。

chuosports

中央大学学友会体育連盟に所属する「中大スポーツ」新聞部の公式ブログです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:4597846
  • (12月16日現在)

最新の記事

東都大学野球秋季リーグ戦

対国学大 2回戦 10月28日 神宮球場  台風、六大学野球の影響で伸びに伸びたこのカード。今度はインフルエンザの影響も出始めた。  先発澤村拓一(商3)とバッテリーを組むのは鮫島哲新(法3)に代わって飯田大祐(商1)だ。そして、ファーストに岡山真澄(経4)、レフトに林田拓人(商4)が入る。  初回、澤村は2三振を奪い、上々の立ち上がりを見せる。しかし、2回に1死一、三塁からスク......続きを読む»

関東大学サッカーリーグ戦

第18節 対駒大 10月24日 埼玉スタジアム2002第3グラウンド  明大に勝利してから勝ち点3を手に入れることができていない中大。首位流経大との差は5で、ここでの敗戦、引き分けは次節の直接対決に大きく響いてくる。  試合序盤は中大がボールを支配。村田翔主将(法4)、柴橋浩太(商4)の積極的な攻めやFW陣の裏に出る動きから何度もチャンスをつくる。しかし、フィニッシュがうまくいかず得点......続きを読む»

第27回全日本大学女子駅伝対校選手権大会

10月25日 仙台市  9月27日に行われた関東大学女子駅伝対抗選手権大会で今大会出場の切符を手にした中大。シード6校を加え、全国から26校が杜の都仙台で実力を競った。  レースの流れをつかむ1区を任されたのは齋藤佑貴(文4)。その齋藤はトップ差0:55で第2走者の野村友香里(文3)へと襷をつないだ。    インカレ1500m3位という成績を残し、期待が懸かる野村だったが、1つ順位を......続きを読む»

全日本学生剣道優勝大会

10月25日 日本武道館  剣道部にとって今年度の区切りの大会、インカレ。小雨が降り、少し肌寒い天候のなか、武道の聖地日本武道館内では大学日本一を懸けた熱戦が繰り広げられた。  中大は1回戦で九産大、2回戦では福井工業大を下し3回戦へ。相手は東海大。関カレベスト4の強豪を相手に、互角以上の奮闘をみせる。1ポイントリードして迎えた大将戦を落としてしまうが、奪った本数の差で中大が上回ったため......続きを読む»

関東大学アイスホッケーリーグ戦

2ndステージ 対東洋大 10月25日 ダイドードリンコアイスアリーナ  秋季リーグ戦も前回から折り返し地点。第2節、2戦目の相手となった東洋大は前節大きく点差をつけられ敗れた強豪。しかし、今流れに乗る中大にとって決して攻略できない相手ではない。  試合序盤、ゴール右方からのシュートをキーパー佐々木亮(法2)は好セーブで止める。しかし、そこからこぼれたパックが佐々木の右側からゴールに滑......続きを読む»

東都大学野球秋季リーグ戦

対亜大 3回戦 10月22日 神宮球場  優勝を懸けた亜大との死闘は、互いに譲らずついに第3戦となる。頂点を目指す中大は、必勝を誓いこの一戦に臨んだ。  大事な先発マウンドを任されたのは、ラストシーズンに燃える中村尚史(法4)。しかし初回、先頭打者に四球で出塁されると、2死三塁から右翼前に落ちるヒットを浴び、先制点を献上。さらに2回も守備の失策などが絡み1点を奪われ、ここで無念の降板。......続きを読む»

東都大学軟式野球秋季リーグ戦

10月22日 町田市民球場 対専大 2回戦  勝てばリーグ優勝へと大きく近づくが、引き分けか負けだった場合、東日本学生軟式野球選抜大会(リーグ戦2位以上に出場権)の出場に黄色信号がともる。何としても落とせない今日の専大戦であったが、勝利を手にすることはできなかった。  後攻の中大の先発は堀内健一(経2)。2回に1死二、三塁のピンチを招くが、後続を断ちきり難を逃れる。打たせて取る投球でテ......続きを読む»

関東大学アイスホッケーリーグ戦

2ndステージ 対早大 10月18日 ダイドードリンコアイスアリーナ  日大、法大に連勝し、良い流れできている中大。2ndステージ初戦の相手は1stステージで引き分けとなった早大だ。  第1ピリオドは両者無得点のまま終了した。しかし、第2ピリオド終盤16分に早大が1点を入れると、中大もその2分後早大に負けまいと重野駿佑(商2)がゴールを決めた。  両者同点のままむかえた第3ピリオ......続きを読む»

東都大学野球秋季リーグ戦

対亜大 2回戦 10月21日 神宮球場  落とせば優勝戦線から離れてしまう試合。「がむしゃらにいくしかない」(美馬健太主将・商4)と臨んだ。毎試合飛ぶ高橋監督のゲキが、選手らを鼓舞し優勝へ望みをつなげた。  昨日とは逆の展開だ。1回、早々に先制したのは中大。先頭打者西銘生悟(法1)が、打球を右翼線へ運び二塁打とする。その後2者連続でフライに終わるも、1回戦に2試合ぶり安打を放ち復調を予......続きを読む»

第50回全日本新人選手権大会

10月16日~18日 戸田ボートコース  代交代し、新体制となってから初めての大会となるこの新人戦。昨年は花形種目であるエイトで優勝と輝かしい成績を収めている。中大は今年も連覇を果たすべく、8枚9人を一つにして艇を動かし始めた。  1日目、予選。予選では各組で1着となったクルーのみが準決勝(※エイトの場合は決勝)に勝ち進むことができる。まずは中大ボート部で唯一の女子クルー、櫻井郁子......続きを読む»

東都大学準硬式野球秋季リーグ戦

対専大 3回戦 10月20日 上柚木球場  優勝を懸けた専大との真っ向勝負の日がついに来た。秋季リーグ戦の成績は一勝一敗とどちらが勝ってもおかしくはない。関東王座に進めるのは優勝した一校のみだ。  先発井上弘(経4)は、序盤から責めてくる専大打線を意地と迫力の投球で押さえ続ける。井上の調子は回を増すごとに上がって行き、中大の右のエースとしての貫禄を見せつけた。  しかし4回。先頭......続きを読む»

東都大学野球秋季リーグ戦

対亜大 1回戦 10月20日 神宮球場  中大の前に立ちはだかるのは、リーグ戦中盤以降打線が調子を上げてきている亜大。共に優勝の可能性を残す2チームの戦いは思いもよらぬ展開となった。  中大の先発はエース澤村拓一(商3)。立ち上がりの制球が定まらないところを亜大打線に狙われ1点を失うも、その後は走者を背負いながらも要所を締める粘りの投球で追加点を許さない。  一方の打線は亜大先発......続きを読む»

関東大学バスケットボールリーグ戦 対慶大

10月17、18日  国立代々木競技場第二体育館、青学大相模原キャンパス  先々週の青学大、先週の東海大と続く強豪との連戦。今回の相手は昨年度インカレチャンピオンの慶大。先の2校には1勝しているだけに、この戦いでも最低限1勝はしたいところであった。  1日目。前半早々から慶大の16番二ノ宮のスティール、7番岩下のリバウンドからカウンターを仕掛けられ、次々に得点を重ねられてしまう。第1クオ......続きを読む»

第12回全日本学生グライダー新人戦

10月11~17日 岐阜・木曽川滑空場  ライセンス取得者でなくても、各大学2年生以下が2名ずつ参加できる今大会。飛行距離を競う大会とは異なり、技の課目点のほかに、基本動作の正確性や登場準備、安全性などを教官が採点し、得点と順位をつけるという形をとっている。    中大からは北信哉(法2)、山田真悟(経2)の2名が参加。50人近くの参加者がいる中で北は9位、山田は19位に入る活躍を見せた。......続きを読む»

関東大学ラグビーリーグ戦

リーグ戦 対東海大 10月18日 秩父宮ラグビー場  今日の相手は昨年リーグ戦連覇を果たした東海大。3連覇を狙う強豪を相手に一矢報いることはできなかった。  先制点を獲ったのは中大。前半15分、東海大陣10m付近右中間で東海大のペナルティにより中大はPGを選択し、宇野将史(法1)がGKを決める。幸先のいいスタートで波に乗るかと思えたが、23分にトライを奪われるとその後は中大のミスから東......続きを読む»

東京都大学ソフトボール 秋季リーグ

対日体大 10月17日 国士大多摩キャンパスグラウンド  一般生のみの部ながら、1部で奮闘するソフトボール部。インカレで二連覇している日体大に先発の大野浩輔(法2)がどう立ち向かうかが注目だ。  ピンチは初回から訪れた。日体大に本塁打1本を含む猛攻で3点を奪われてしまう。その後、中大はなんとか相手投手を攻略しようとするが翻弄され、なかなか攻撃のきっかけをつかめない。しかし、3塁手のダイ......続きを読む»

関東大学サッカーリーグ戦

第17節 対早大 10月17日 川口市青木町公園総合運動場  前節最下位東海大に引き分け、「自分たちのサッカーができなかったことがすごい悔しかった」と振り返る佐藤監督。首位流経大に離されないためにも、何としてでも勝ち点3を手に入れたい。  比較的中大ペースで進んでいた前半戦。しかし完全に主導権を握ったわけではなく、シュートミスなど精度を欠いたプレーのせいで流れをものにできない。開始から......続きを読む»

東都大学準硬式野球秋季リーグ戦

対日大 2回戦 10月17日 上柚木球場  今日の試合に勝ち、いい流れのまま最終戦の専大戦に臨みたい中大ナイン。今日は1点差の接戦した試合となった。  中大の先発は井上弘(経4)、序盤は順調に相手打線を抑えていたが、3回に2死一、三塁のピンチを招くと相手に安打を許し2点を奪われてしまう。  対する中大打線はチャンスは作るものの、あと一本が出ずなかなか得点できないでいたが、5回先頭......続きを読む»

東都大学準硬式野球秋季リーグ戦

対日大 1回戦 10月16日 上柚木球場  宿敵専大に1勝1敗と油断の許されない状態が続く中、こちらも強敵日大戦を迎えた。先発はエース江口貴浩(商4)。また、つい先日初出場したばかりの1年生がツキをよび、初戦を白星で飾った。  先制点は2回。先頭打者小泉友哉主将(商4)が死球で出塁し、犠打や相手失策で1死三塁のチャンスを作ると、渡邉康太(総4)がきっちりとスクイズを決め小泉を帰す。その......続きを読む»

東都大学軟式野球秋季リーグ戦

10月14日 町田市民球場  前回は国学大に大勝した中大。優勝に向けて、勢いをつけたい中大は現在秋季リーグ戦首位の神奈川大を相手に迎えた。  初回、いきなり2死一、三塁の好機を迎えるも得点はならず。3回、堀内健一(経2)が左翼越え二塁打を放つと、植木淳一(商2)がバントヒットで続く。さらに相手捕手の失策から壇原知也主将(経3)も出塁し、無死満塁の大きなチャンスを迎えるも、後続が断ち得点を......続きを読む»

東都大学準硬式野球秋季リーグ戦

対専大 2回戦 10月14日 八王子市民球場  専大との二戦目。昨日は完璧に流れを相手に持っていかれた試合だったが、今日はその反省を生かした雰囲気作りができていた。練習にひたむきな一年生の活躍が鼓舞し、二戦目は中大が大勝した。    試合序盤から中大は猛攻を見せる。2回、二塁打で出塁した渡邉康太(総4)を後続が送り、真中恵介(総3)がきっちりスクイズを決め先制点をとる。そこで攻撃は切れず......続きを読む»

出雲全日本大学選抜駅伝競走大会

10月12日 島根・出雲大社~出雲ドーム  ついに始まった大学駅伝シーズン。開幕戦である出雲駅伝は天候にも恵まれ、各校夏合宿で鍛えた力を試す絶好の機会となった。  中大は1区の棟方雄己(法2)が8位でタスキを渡す。2区の野脇勇志(法1)は区間8位の力走をするも順位を2つ落としエース区間3区へ。3区の山本庸平(経4)が11位まで順位を落としたものの4区辻幸佑(経4)、5区高橋靖主将(法4)......続きを読む»

東都大学準硬式野球秋季リーグ戦

対専大 1回戦 10月13日 上柚木球場  今季の秋季リーグ戦はまだチームとしての課題も残るものの、今のところ負け無し。長いリーグ戦もついに佳境へ迫っている。今日の試合は雨で延期となった宿敵専大との対決だ。  先発はエース江口貴浩(商4)。専大も全日本決勝と同じ投手を先発させ、リベンジしようという気合は十分だ。ところが今日の江口は制球が定まらず珍しく初回から四球を出す。2回、2死二塁で......続きを読む»

平成21年度全日本学生柔道体重別選手権大会

10月11、12日 日本武道館  ベスト8以上には講道館杯出場の資格が与えられる今大会。中大からは東京大会でベスト8以上、敗者復活戦に勝利した平尾譲一主将(4年)、柴田暢(3年)、山岸将大(3年)、田中暁(1年)の4人が出場した。  大会1日目は4階級の試合が行われた。60㎏級では、東京大会で3位に入賞した山岸、柴田が出場。山岸は1回戦を難なく突破するも、2回戦の相手に一本負け。シードの......続きを読む»

関東大学アイスホッケーリーグ戦

1stステージ 対法大 10月12日 笠松運動公園アイススケートセンター  第1クール最終試合。法大はいまだ引き分けだけの勝ち点1だ。サマーカップでは決勝進出を許した相手だが、前回日大に勝利しうまく上昇気流に乗る。  茨城開催となった今回、長距離移動の疲れを感じさせない中大。「練習でやったことができた」(江守監督)という第1ピリオドからほぼ攻撃時間をキープした。法大の仕掛けてくるチェッ......続きを読む»

第45回全日本学生自転車競技新人戦・東日本大会

10月11日 山梨・境川自転車競技場  トラック公式戦の締めくくりとなる今大会。東日本の1,2年生のみが参加する小規模な大会ながら、熱い戦いが行われた。  4kmインディヴィデュアル・パーシュート予選では、2名で行われる決勝進出は逃すものの、豊住大輔(法1)が3位に入る。  先々週行われた国体・成年男子1kmタイムトライアルで4位に入った野口大誠(経2)は、連覇のかかるケイリンに出......続きを読む»

秋季関東大学バレーボールリーグ戦

リーグ戦 第8日 対法大 10月11日 日体大健志台米本記念体育館  昨日までの予選リーグの結果、3年ぶりの下位リーグ入りが決定した中大。本日からは下位4チームでの、入れ替え戦回避を懸けた必死の戦いが始まる。  前日の悪い雰囲気をぬぐいたい中大は、自分たちを盛り上げようと1点ずつ大きく声を掛け合う。しかし高橋駿(法2)のトスミスなどで連続失点すると、試合序盤にあったリードはあっという間......続きを読む»

秋季関東学生ホッケーリーグ

対成城大 10月11日 明大八幡山グラウンド  秋季リーグ戦順位決定戦前の最後となるこの試合。2部Bプールで2戦全敗の中大は、この成城大戦でなんとか勝っておきたかった。  試合開始からわずか5分でまず成城大がSC(ショートコーナー)を奪った末に1点先取。その後、追加点を許すことはなかったものの、中大は終始攻めあぐねる展開となる。  流れの悪いまま迎えた後半戦。開始3分ほどで1点を......続きを読む»

日本拳法東日本学生選手権大会

東日本学生選手権 3連覇 10月11日 明大和泉校舎体育館  2年前からこの大会の王座に君臨し続けた中大が、再び優勝を手にした。  試合は7人制でそれぞれ3分3本勝負。初戦の東洋大戦、次の国士大戦をそれぞれ6勝1敗、7勝0敗で余裕の勝利。なかには20秒足らずで2本先取した試合もあり、貫禄を見せる。    迎えた決勝戦、相手は明大。東日本のライバルとも言える相手に苦戦し、3勝3敗1分......続きを読む»

関東大学バスケットボールリーグ戦 対東海大

10月10、11日 東海大学湘南キャンパス  リーグ戦4カード目の相手は、優勝候補東海大。昨日は善戦するも敗れ、迎えた2戦目。前半はパスミスなどから速攻を許すなど苦しい展開となり29-38とリードされ第2クオーターを折り返す。  しかし第3クオーター、中大はオフェンスに流れが出はじめ、小野龍猛主将(法4)がたて続けに3Pを決めるなど小野を中心に得点を重ね56-48と逆転する。  そして......続きを読む»

1 2 90 91 92 94 96 97 98 102 103

このブログの記事ランキング

  1. 陸上競技部・東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  2. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 監督、部長、コーチ、主務、新主将
  3. 陸上競技部・第94回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  4. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対東海大
  5. 陸上競技部・駅伝監督交代記者会見
  6. 陸上競技部・第44回全日本大学駅伝対校選手権大会 区間エントリー選手発表
  7. バレーボール部・天皇杯皇后杯全日本バレーボール選手権大会 2回戦 対サントリーサンバーズ
  8. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対法大
  9. 陸上競技部・10000m記録挑戦競技会
  10. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 往路選手

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
06
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss