「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~

中央大学学友会体育連盟機関紙「中大スポーツ」によるブログです。 体育連盟所属の48部会の活躍を紙面とは違う、試合結果と試合経過を伝えることに重視してお送りします。毎月1回の連載も掲載中!中大スポーツの情報を知るなら、まずは当サイトで! ※写真、記事の無断転載を禁止します。

chuosports

中央大学学友会体育連盟に所属する「中大スポーツ」新聞部の公式ブログです。
  • 昨日のページビュー:591
  • 累計のページビュー:4597271
  • (12月14日現在)

最新の記事

アメリカンフットボール部・関東大学アメリカンフットボールリーグ戦対日大フェ二ックス

9月3日 アミノバイタルフィ―ルド 「本当に悔しい…」大事な開幕戦を落とす ▲試合前挨拶する選手達  いよいよリーグ戦が開幕!約3カ月間に渡るリーグ戦の開幕戦の相手は日大フェニックス。昨年は見事劇的勝利を収めた相手。ラクーンズは開始序盤から積極的に攻め、先制したが、中盤逆転を許す。再び逆転し終盤までリードを保ったまま試合を進めたが、相手のキック2本が大事なところで決まり逆転負け。開幕黒星スタ......続きを読む»

バスケットボール部・第93回関東大学バスケットボールリーグ戦 対順天大①

9月2日 日体大世田谷キャンパス 1部昇格に向け、開幕白星スタート!  ついに開幕したリーグ戦。2部に所属する中大の初戦の相手は順天大。確実に勝ちたい一戦だったが、相手にペースを握られ苦戦。それでも何とか得点を重ね、85-75で勝利した。「力があるチーム」(柿内輝心主将・法4)である中大が、4年ぶりの1部復帰を目指し、約2カ月に渡るリーグ戦へ臨む。 ▲両チーム最多の22得点を挙げた#28鶴巻......続きを読む»

ハンドボール部・秋季関東学生ハンドボールリーグ戦対順大

9月2日 日大八幡山総合体育館アリーナ 中大らしいプレーできず 春季リーグ戦2部の順大に引き分ける  1勝1敗で臨む秋季リーグ3戦目。勝ち越したい中大だったが、「流れを持っていかれた」(北詰明未・商3)と今季から1部昇格を果たし勢いに乗る順天堂大学にあと1点が出なかった。 ▲この日8得点の玉榮主将  前半はエースの北詰明未(商3)を中心に20点の大量得点。また途中前半9~10分にかけては速......続きを読む»

Cを背負う者番外編・自転車競技部

直井駿太(経3)  80点が100点になるとき    「自分は勉強で言えば全教科80点みたいな選手」。以前そう語った自転車競技部、直井駿太(経3)。良い意味で器用な彼だが、100点のものが無いがゆえになかなかレギュラーに食い込めない。昨年のインカレでは4㌔インディヴィデュアル・パーシュート(団抜き)のメンバーから外された。毎年春に行われる明治神宮外苑クリテリウム(以下神宮クリテ)でも、直井が所属す......続きを読む»

水泳部(水球)・日本学生選手権水泳競技大会

9月1日 横浜国際プール 早大に敗れ初戦敗退 悔しさを来年へ  8月が終わり、水泳のインカレが開幕。1回戦は昨年度ベスト4の早大との対戦となった。リーグ戦、順位決定戦と敗れただけにリベンジを果たしたかったが、序盤から相手のペースで試合が進み、中盤粘りを見せるも初戦敗退という結果に終わった。 ▲チームトップタイ3得点をあげた根井将光(文1)  あまりにも苦しい立ち上がりだった。試合開始して1......続きを読む»

軟式野球部・全日本学生軟式野球選手権大会二回戦・岡山大

8月29日 佐藤薬品スタジアム まさかの初戦敗退 連覇ならず    春リーグを連覇した中大。リーグ王者が昨年に続く全国制覇へ、満を持して二回戦に登場した。初戦は西日本地区代表の岡山大との対戦。試合は八回に一死三塁からタイムリーエラーで岡山大に先制されると、その後は岡山大の継投策の前に得点をあげることができることができず、敗戦。中大は好機を作りながらも無得点に終わり、初戦敗退となった。 ▲先発の......続きを読む»

バドミントン部・東日本学生バドミントン選手権大会 団体戦

8月26・27日 北海道総合体育センター ベスト8入りでインカレ出場権を得る  エースの五十嵐優(法4)、大関修平(商4)、川端祥主将(商4)の主力3人がユニバーシアード競技大会への出場のため不在という厳しい状況のなか迎えた今大会。準決勝進出は逃したが、ベスト8入りでなんとかインカレ出場権を得た。 ▲今大会、唯一の4年生、宮がチームを引っ張る  中大は2回戦からのスタート。千葉大との初戦を......続きを読む»

ラクロス部・関東学生ラクロスリーグ戦対日体大

8月24日 江戸川区臨海球技場第一多目的グラウンド 6年ぶりの白星発進! 日本一へ好スタート ▲整列する選手たち  日本一への第一歩となるリーグ戦が開幕した。決勝トーナメント進出を懸け、1部Bブロックでの総当たり戦に臨む。  初戦の相手は日体大。「負けん気」で6年ぶりの白星スタートを目指した。 ▲2得点を挙げた35番藤原  第1Q、互いに競った展開からショットを成功させたのは日体大だ。......続きを読む»

ハンドボール部・秋季関東学生ハンドボールリーグ戦対法大

8月26日 日大八幡山総合体育館アリーナ ディフェンス強化で快勝 春からの成長を実感  いよいよ秋季リーグが開幕した。春リーグを通しての課題はディフェンスの強化。「ディフェンスに重点を置いて練習した」と玉榮悠主将(文4)が春からの練習を振り返る。その練習が実を結び、37―26の大差で開幕戦の勝利を飾った。 ▲この日9得点の北詰。エースの得点力は健在。  「出だしから中大らしさを出すことがで......続きを読む»

ハンドボール部・秋季関東学生ハンドボールリーグ戦対国士大

8月27日 日大八幡山総合体育館アリーナ 2点差惜敗 連勝ならず  春のリベンジを目前に、高い壁ががっちりと立ちはだかった。開幕戦を11点差で快勝し迎えた国士大戦。中大は前半後半ともに互角の戦いを見せるも、及ばず敗戦。春リーグでは1点差で敗れているだけに雪辱を期した一戦だったが、ミスがかさみ、選手は「自滅です」と口を揃えた。 ▲佐野利器(法3)のシュートを阻む国士大の高い壁  序盤は先行さ......続きを読む»

硬式野球部・夏季オープン戦 対神奈川大戦

8月27日 中大G 投打かみ合い快勝 1年生リレーも安定感光る  秋季リーグ開幕を約2週間後に控え、仕上げの段階に入ってきた。相手の神奈川大は、今春の神奈川大学野球連盟2位の実力校だ。しかし、登板した1年生3人が好投、打線もそれに応え5-2で快勝した。 ▲被安打9ながらも、四死球0。試合をつくった畠中  先発のマウンドに上がったのは畠中優大(経1=樟南)。緩急を巧みに使い分ける、テンポのよ......続きを読む»

準硬式野球部・第69回全日本大学準硬式野球選手権大会 決勝 対同志社大 

8月26日 レクザムスタジアム 同志社大に「差のついた」惜敗 全日本二連覇を逃す  2年連続の日本一まであと1勝とした中大。決勝の相手は、ここまで大会6度の優勝を誇る関西の強豪、同志社大だった。  試合は5回まで同志社大に4点をリードされる苦しい展開だったが、6回に1点、8回に2点をかえし、中大も追いすがる。しかし反撃も及ばす、3-4で敗戦。全日本連覇とはならず、準優勝に終わった。  中大の先......続きを読む»

硬式庭球部・関東学生テニス選手権大会

8月21日~27日 有明テニスの森公園 シングルスで大和田優勝! ▲優勝を決めた瞬間の大和田  リーグ前に行われる最後の個人戦、通称夏関。この大会のシングルスで大和田秀俊(法4)が優勝した。4年生である大和田にとっては最後の個人戦となった今大会。全試合、厳しい暑さの中での戦いとなった。 ▲バックハンドを狙う大和田  準決勝の相手は川橋(筑波大)。大和田は序盤から丁寧なプレーをし、第1セ......続きを読む»

準硬式野球部・第69回全日本大学準硬式野球選手権大会 準決勝 対大経大

8月25日 レクザムスタジアム 全日本二連覇へ王手!  連日の猛暑の中行われた大経大との準決勝。今大会好調の投手陣が相手打線を2点に抑える。打撃陣もチャンスを確実にものにし、点を重ねた。二死からの攻防を制した中大が5ー2で勝利し、二連覇に王手をかけた。  中大の先発は小澤巧平(商2)。初回、簡単に二死を取るも、大経大3番中川に先制の本塁打を浴びる。  その裏、先頭の1番真谷健吾(商2)が左......続きを読む»

準硬式野球部・第69回全日本大学準硬式野球選手権大会 3回戦 対関大人間健康学科

8月24日 香川県営第二野球場 投打かみ合いベスト4進出  1回戦、2回戦と盤石とは言えない内容ながらも勝ち上がってきた中大。3回戦では、関大人間健康学科(以下関大)相手に7-1で快勝。ようやくチームの歯車がうまく回り始めた。  先攻の中大は2回表、2回戦でクロスプレーの際に負傷しながらも出場を続ける眼龍達矢(商3)の安打を足がかりに、今大会好調の千葉諒(経3)が右前適時打を放ち先制する。 ......続きを読む»

準硬式野球部・第69回全日本大学準硬式野球選手権大会 2回戦 対広大

8月23日 レクザムスタジアム 2年生コンビの活躍で2回戦突破  1回戦で延長12回の激闘を制した中大。2回戦では広大と対戦した。 投げては先発の小澤巧平(商2)が威力のある直球を武器に1失点完投。打線は1回戦でサヨナラ本塁打を放った真谷健吾(商2)が4打数3安打1打点の活躍。5-1で勝利し、悲願の連覇へまた一歩前進した。  先発の小澤は2回まで無失点に抑えるも、3回表に死球と失策が絡んで1点......続きを読む»

準硬式野球部・第69回全日本大学準硬式野球選手権大会 1回戦 対松山大

8月24日 香川県営第2野球場  思わぬ苦戦も真谷の一発で初戦突破   日本一の座をかけて争う全日本大学準硬式野球選手権大会。昨年度王者として二連覇を狙う中大だったが、初戦から厳しい戦いを強いられた。  先発のマウンドに上がったのは渡邊剛主将(商4)。「自分のピッチングというよりも、今日は試合を作ることを意識した」。5回に一死一、二塁のピンチを迎えるも、守備に助けられ無失点に抑えた。 ▲......続きを読む»

硬式野球部・夏季オープン戦 対セガサミー戦

8月21日 中大G 水谷の好投光るも最後は力の差を見せつけられる  8月も終盤に差し掛かり、秋のリーグ戦開幕も近くに迫ってきた。そんな中、本日の相手は社会人野球の強豪チームであるセガサミー。力のあるチームと対戦は力を試す大事な機会でもある。4回までお互いの先発の好投で走者を一人も出さない緊迫の展開。しかし、中盤から終盤にかけミスも絡み結果0-7で敗れた。  先発は水谷康希(商1=浜田)。春のリ......続きを読む»

硬式庭球部・全日本学生テニス選手権大会

8月7日~14日 岐阜メモリアルセンター ダブルスは大和田・望月組がベスト4 シングルスは3人が16強入りを果たす ▲ポイントを取りガッツポーズをとる大和田(右)と望月  学生日本一の座を懸けて戦う本大会。シングルスでは3人がベスト16入りを果たし、ダブルスでは大和田秀俊(法4)・望月勇希(法2)組がベスト4入りを果たした。 ▲シングルス3回戦での大和田  シングルスでは第3シードだっ......続きを読む»

連載第64回・ボート部

 連載第64回は、ボート部です! 今月末に控えるインカレに向けて、日々練習を重ねる中大ボート部。昨年度のインカレでは2種目優勝、先月にはU23日本代表として宮浦真之(文3)が世界選手権に出場するなど、今勢いに乗っています。そんなボート部から、今回は岡田直樹男子主将(法3)、亀井恵利沙女子主将(理工4)、宮浦、林田瑞季(商2)の4名にお話を伺いました。 ――競技を始めた時期はいつですか。 岡田主将「......続きを読む»

剣道部・全日本学生剣道選手権大会

7月23日 エディオンアリーナ大阪 松井、梅ケ谷は2回戦敗退も、川井はベスト8  大阪の地で行われた全日本剣道選手権大会(インカレ)。中大からは関東から勝ち上がった松井航汰(経4)、梅ケ谷翔主将(法4)、川井太誠(経3)の3人が出場し、熱戦を繰り広げた。 ▲表彰をうける川井  松井は、初のインカレ出場。初戦は松井が序盤にドウを奪い、流れに乗る。その後も攻め続け、メンを奪い勝利を収める。しか......続きを読む»

剣道部・全日本女子学生剣道選手権大会

7月22日 エディオンアリーナ大阪 中野が4強進出! 1年生二人が全国の舞台で躍動  学生日本一の剣士を決めるこの大会。中大からは中野佳央里(商1)、浅野茉莉亜(商1)の2名が出場した。 ▲相手と対峙する浅野  浅野は2回戦での敗退となった。「自分の中であまり良くなかった」と今日の試合を振り返る。2回戦では反則をしてしまうと、そこから「自分の試合が出来なくなってしまった」。延長戦でメンを決......続きを読む»

卓球部・第87回全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部)

7月8日 北海道立総合体育センター 2年連続で準々決勝敗退… ベスト4にあと一歩及ばず  予選リーグを2連勝で突破し、決勝トーナメントに進出した中大。獨協大、国学大を降し、筑波大との準々決勝に臨んだ。1番手・伊丹雄飛(法1)がフルセットの熱戦を制したものの、続く強力4年生陣で1勝もできず逆転負け。春季リーグ戦では4-1と快勝した相手の返り討ちを受け、2年連続でベスト8に終わった。 ▲伊丹の強......続きを読む»

ボクシング部・第70回関東大学ボクシングリーグ戦

後楽園ホール リーグ戦最下位に終わり平国大との入れ替え戦へ  今季悲願の1部昇格を果たした中大。昇格の勢いそのまま戦っていきたいところだったが、強豪が集う1部リーグで勝利をあげることはできずリーグ最下位。入れ替え戦を戦うことになった。重量級では、主将を務める岡澤セオン(法4)が4勝と奮闘。栗栖陸生(法3)が2勝。渡邊耕佑(文4)と新田隆人(文3)も1勝をあげ、1部でも通用する力があることを証明し......続きを読む»

卓球部・第87回全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部)予選ブロック

7月7日 北海道立総合体育センター 予選ブロック2連勝で決勝トーナメント進出!  今季リーグ戦を3位で終えた中大。関東学生などの個人戦をはさみ、迎えた全日学(団体の部)。1日目は予選リーグを戦い八戸工大、松山大に2連勝。明日からはいよいよ勝負の決勝トーナメントが始まる。 ▲坂野のフォアハンド  大事な初戦のトップバッターを任されたのは伊丹雄飛(法1)。1ゲームを奪われるが、その後は立て直し......続きを読む»

女子卓球部・関東学生卓球選手権大会 3日目

6月30日 水元総合スポーツアリーナ シングルス 伊藤が優勝!  2日目の試合でベスト16に残った5人が出場した3日目。1日目のダブルスで優勝を決めた伊藤佑里子(法3)が、シングルスとの二冠を達成した。その他にも森田彩音(法2)がベスト4、明神佑実(文4)がベスト8入りを果たした。  瀬山咲希(文2)と美濃口千夏(文3)は惜しくも3日目の初戦である6回戦で敗退するが、ベスト16入り。 ▲準々......続きを読む»

卓球部・関東学生選手権大会

6月28~30日 水元総合スポーツセンター 4強の壁厚く、単複ともに8強で終わる  リーグ戦が終わり約1カ月が経ち、28日から30日まで関東学生選手権大会が行われた。初日のダブルスでは、昨年優勝した定松祐輔主将(文4)・宮本幸典(文4)組は連覇を目指したが5回戦敗退。和田貴稀(商3)・岩城友聖(文2)組、高橋拓己(文3)・高橋徹(文2)組が進んだ8強入りが最高だった。  シングルスは同じく定松主......続きを読む»

女子卓球部・関東学生卓球選手権大会 2日目

6月29日 水元総合スポーツアリーナ シングルス 5人がベスト16入り!  うだるような暑さの体育館の中、シングルスが始まった。 まず最初にベスト16を決めたのは、明神佑実(文4)だ。4回戦、出だしに少しつまづいたもののすぐ持ち直し、3-1で5回戦へ。相手は今年の全日本選手権であの伊藤美誠(スターツSC E/A)を破った安藤(専大)。シーソーゲームの末もつれ込んだファイナルセットは、苦しみながら......続きを読む»

女子卓球部・関東学生卓球選手権大会1日目

6月28日 葛飾区水元総合スポーツセンター体育館 伊藤・瀬山ペアがダブルス優勝! 伊藤佑里子(法3)・瀬山咲希(文2)組が関東学生卓球選手権大会ダブルスで優勝を果たした。最大の山場は決勝戦。専大のペア相手にいきなり2ゲームを奪われ、絶体絶命の窮地に陥る。しかし、そこから3ゲームを連取。底力を発揮し、見事頂点に輝いた。 ▲相手に打ち込む瀬山 ▲攻め込む伊藤 他にも、秋田佳菜子(文3)・......続きを読む»

軟式野球部・東都学生軟式野球春季リーグ戦 対文教大戦

5月31日 越谷市民球場 二位文教大を接戦で下し、春リーグ連覇  7連勝で首位に立つ中大。文教大に勝利すると春リーグ連覇となる。試合は中大が四回に先制すると、五回にも相手の失策の間に追加点をあげた。中大先発の福冨旅史(総3)は文教大打線につけ入る隙を与えず、九回を1失点に抑え、完投。春リーグ連覇を達成し、8月に行われる全日本大会連覇に向け、弾みをつけた。 ▲優勝し喜ぶ選手たち  中大は初回......続きを読む»

1 2 3 4 6 8 9 10 102 103

このブログの記事ランキング

  1. 陸上競技部・東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  2. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 監督、部長、コーチ、主務、新主将
  3. 陸上競技部・第94回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  4. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対東海大
  5. 陸上競技部・駅伝監督交代記者会見
  6. 陸上競技部・第44回全日本大学駅伝対校選手権大会 区間エントリー選手発表
  7. バレーボール部・天皇杯皇后杯全日本バレーボール選手権大会 2回戦 対サントリーサンバーズ
  8. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対法大
  9. 陸上競技部・10000m記録挑戦競技会
  10. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 往路選手

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
06
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss