「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~

月別アーカイブ :2017年11月

バスケットボール部・全日本大学バスケットボール選手権大会 対白鴎大

11月21日 大田区総合体育館 一時は大量リードも逆転負けで、今シーズン最後の試合に  インカレ2回戦は白鴎大と。白鴎大は春のトーナメントで準優勝しており、今年最も勢いに乗るチームの一つである。リバウンドやフィジカルが強い相手だが、ディフェンスから流れを呼び、前半はリードを奪う。しかし、第3ピリオドで中大のシュートが入らなくなると、一気に逆転を許し、その後も追い付くことはできずに敗戦。4年ぶりの......続きを読む»

バスケットボール部・全日本大学バスケットボール選手権大会 対静岡産業大

11月20日 港区スポーツセンター インカレ初戦制す!  4年ぶりのインカレに臨んだ中大は初戦を静岡産業大と対戦した。序盤緊張からかパスが噛み合わず相手にボールを取られてしまう場面もあった。しかし、第2ピリオドからはいつもの中大のペースを取り戻し、持ち前のディフェンス力を発揮。85-54で勝利した。 ▲シュートを放つ#13中村功平(総3) スターター #6柿内輝心主将(法4)、#24小林千......続きを読む»

フェンシング部・全日本学生フェンシング選手権大会 5日目

11月18日 駒沢オリンピック公園屋内球技場  サーブルに続きエペも優勝! 中大旋風起こした5日間  インカレ最終日、エペ団体が12年ぶりの連覇を達成。また、サーブルの白井寛夢主将(法4)が最優秀選手賞を受賞するなど、団体二冠を果たした中大の強さを知らしめる大会となった。 決勝の相手は、エペ個人戦それぞれ1位、2位の中村と村山率いる法大。中大は昨年の王者ではあるものの、かつての4年生が二人......続きを読む»

フェンシング部 ・ 全日本学生フェンシング選手権大会 4日目

11月17日 駒沢オリンピック公園室内球戯場 サーブル団体優勝!今年四冠目達成!  インカレ4日目。サーブル個人覇者の白井寛夢主将(法4)率いる団体サーブルが優勝。フルーレ団体は法大相手に一歩及ばず準優勝。また、エペ団体は翌日の3回戦へ駒を進めた。  「個人より団体でタイトルを取りたい」と個人戦後も団体での優勝を語った白井主将。チームの4人はサーブル個人入賞者。  2回戦の対立教大は45-2......続きを読む»

フェンシング部・全日本学生フェンシング選手権大会 3日目

11月16日 駒沢オリンピック公園屋内球技場  エペで山田が入賞! フルーレ団体は明日の決勝へ  折り返しとなったインカレ3日目。エペ個人戦では、山田森太郎(文3)が5位に入賞。また、フルーレ団体戦では男子が準決勝で明大に勝利し、明日の決勝への切符を手にした。  予選で得たシード権で2回戦から出場となった山田。3回戦では予選1位の安(早大)相手に終盤接戦になったが15−13で逃げ切った。だが準......続きを読む»

フェンシング部・全日本学生フェンシング選手権大会 2日目

11月15日 駒沢オリンピック公園屋内球技場  「一戦一戦集中」 白井主将、最後のインカレで初優勝!  先月の関カレで個人ベスト4を独占、団体でも優勝と、圧巻の強さを見せつけた男子サーブル陣。今大会では上位入賞が期待された二人がベスト8止まりするなどの事態もあったが、白井寛夢主将(法4)が安定した強さを見せ、インカレ初優勝を果たした。  関カレ優勝の渡邊裕斗(商2)は、海外遠征での疲れからか、......続きを読む»

フェンシング部・全日本学生フェンシング選手権大会 1日目

11月14日 駒沢オリンピック公園屋内球技場  勝負のインカレ開幕 一年生コンビがフルーレで入賞  ついに開幕した全日本学生フェンシング選手権大会。1日目、フルーレ個人戦では永野雄大(法1)が6位に、菅原康平(商1)が8位入賞を果たした。  予選プール全勝で1位通過と調子のいい永野は、シード権で2回戦から参加。その2回戦では7点連取で15-4と相手を寄せ付けないフェンシングを披露した。  ......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦対早大2回戦

11・12 ダイドードリンコアイスアリーナ 早大に苦戦強いられるも「気持ちで勝った」  『守りが堅いチーム』早大に苦戦を強いられた。第2ピリオドが終わった時点で点数は2-2。「どっちが勝ってもおかしくない試合」(小泉智也主将・法4)だったが、最後は中大が「気持ちで勝った」(小泉主将)。 〈第1ピリオド〉  開始約5分、先制点を挙げた中大。パワープレーのチャンスで宮本明朗(総1)がディフェンスを......続きを読む»

アメリカンフットボール部・関東大学アメリカンフットボールリーグ戦対明大グリフィンズ

11月12日 横浜スタジアム TOP8で初の4勝へ タイブレークを制し最終戦につなぐ! ▲タイブレークでタッチダウンを決め喜ぶ選手たち  第5節まで終え、2勝3敗の中大ラクーンズ。残り2戦となり、舞台は横浜スタジアムに移った。中大は第1Qでフィールドゴールを許し、勝ち越すことがないまま第4Qまで苦しい展開が続く。しかし、29番WR野田篤生(文4)のタッチダウンで追いつき、同点となり試合はタイ......続きを読む»

相撲部・第95回記念全国学生相撲選手権大会

 11月4、5日 堺市大浜公園相撲場  集大成のインカレ、無念のベスト8  アマチュア相撲の聖地・堺で行われた今大会。ここ2年、団体で3位入賞を続けてきた中大は18年ぶりの優勝に挑んだが、好調だった予選から一転し、優秀8校トーナメントでは緊張から中大らしい相撲が取れずベスト8。悔いの残る試合となった。  16校中、得点・勝ち数の多い上位8校を決める予選では、3回・九情大戦のみ2勝3敗で落すもそ......続きを読む»

バスケットボール部・第93回関東大学バスケットボールリーグ戦 順位決定戦対日大①

11月7日 駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場 後半失点を重ね、第1戦を落とす     先月行われたリーグ戦で2部優勝と1部昇格を決めた中大は、1部との順位決定戦へ進んだ。今試合は全3戦を先に2勝したチームが勝利となる。中大と順位を争うのは1部10位の日大だ。前半、中大は序盤から攻め、リードを奪う。しかし次第に日大に強力なオフェンスを見せつけられ、持ち前のディフェンス力を発揮することができ......続きを読む»

サッカー部・関東大学サッカーリーグ戦第2部 後期第9節 対早大戦

11月5日 龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド 強豪相手に奮闘するも一歩及ばず ◆スタメン GK 30佐川雅寛(経3) DF 2安在達弥(商3)、3渡辺剛(経3)、5須藤岳晟(経4)、27今掛航貴(経1) MF 28中村亮太朗(経2)、23縄靖也(商2)→67分・8早坂翔(経4)、19加藤陸次樹(商2) FW 20野口竜彦(文2)→63分・10寺村介(商4)、12池谷友喜(商4)→77分・11......続きを読む»

準硬式野球部・東都大学準硬式野球秋季リーグ戦~4年生引退コメント~

4年生引退コメント 渡邊剛主将(商・浦和学院高校・投手) ー今日の試合を振り返って    最後(の試合)なので負けるわけにはいかなかった。普段から気持ちは入っているが、それ以上に気持ちを入れてピッチングをした。同点になってからはどちらかと言うと劣勢だった。向こうがチャンスが多くてこっちが全然淡白だった。これだと負けるっていういつもの流れかなと思ったけど、橋本とか4年生が意地を見せてくれて一気に流れ......続きを読む»

ラクロス部・関東学生ラクロスリーグ戦ファイナル4対早大戦

11月3日 駒沢オリンピック公園総合運動場 第一競技場 初のファイナル4進出も強豪早大の壁厚く 「日本一」への夢破れる ▲円陣を組む選手たち  前回、前々回と勝利を重ね、ついに創部初となるファイナル4進出を果たした中大BANDITS。しかし強豪早大に敗れ、「日本一」への道はここで絶たれた。 ▲第1Qで先制点を挙げた藤原(左)  第1Q、序盤から攻められる中で、ゴール前のもつれからこぼれ......続きを読む»

ハンドボール部・全日本学生ハンドボール選手権大会1回戦 対関西大

11月3日 石川・いしかわ総合スポーツセンター 「俺たちを超えてゆけ」 初戦敗退も4年生「感謝の1年」  試合終了を告げる無情なブザーが鳴り響く。選手たちは静かに天を仰いだ。涙は出なかった。インカレ初戦、西の雄、関西大と対決した中大。「いつものプレー」をさせてもらえないまま、60分が終わった。「もっとやりたかった」と玉榮悠主将(文4)。初戦敗退、この試合をもって、4年生は引退を迎える。 ▲試......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦対法大2回戦

11・3 ダイドードリンコアイスアリーナ 後半戦3連勝! 勝因はゴーリーの好セーブ  後半戦第3戦目の相手は法大。第1ピリオドでは何度かピンチを迎えるも、金子将太朗(法3)の好セーブ連発により失点を0に抑える。後半から少しずつ流れを取り戻し、着実に得点を重ねていく中大。第3ピリオドで2失点するも、追いつかれることなく試合を5-2で終えた。 〈第1ピリオド〉  序盤から何度も攻め込まれ、なかなか......続きを読む»

アメリカンフットボール部・関東大学アメリカンフットボールリーグ戦対日体大トライアンファントライオン

10月29日 富士通川崎スタジアム 「自分たちのプレー」で勝利 雨の中での対戦 ▲雨の中、戦う選手たち  前節、王者である早大ビッグベアーズに破れ日本一という夢を叶えることはできなかった。しかし、中大ラクーンズの闘志が潰えることは無かった。中大は前半第1Qでフィールドゴールを決め先制点を得る。そのまま後半戦に突入。第4Qでまたもやフィールドゴールを決め追加点を得ることに成功。台風接近でグラウ......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦対日大2回戦

10・29 ダイドードリンコアイスアリーナ 大量得点で圧勝!二試合連続完封勝利!  後半戦2試合目は、強豪明大を破り勢いに乗る日大と対戦。中大は1回戦で11-1と大勝しているものの「気を抜かないように臨んだ」(坂本颯・法4)。今回も12点という大量得点をあげ、危なげなく圧勝。積極的な攻めと堅い守りでまたも完封勝利を収めた。秋季リーグ戦「三連覇」の文字が少しずつ見えてきた。 〈第1ピリオド〉  ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconchuosports

中央大学学友会体育連盟に所属する「中大スポーツ」新聞部の公式ブログです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:4561571

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 陸上競技部・東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  2. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 監督、部長、コーチ、主務、新主将
  3. 陸上競技部・第94回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  4. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対東海大
  5. 陸上競技部・駅伝監督交代記者会見
  6. 陸上競技部・第44回全日本大学駅伝対校選手権大会 区間エントリー選手発表
  7. バレーボール部・天皇杯皇后杯全日本バレーボール選手権大会 2回戦 対サントリーサンバーズ
  8. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対法大
  9. 陸上競技部・10000m記録挑戦競技会
  10. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 往路選手

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
06
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss