「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~

月別アーカイブ :2017年05月

連載第63回・航空部

 連載第63回は航空部です!  風向きや天候など自然と戦いながら、日々活動している航空部。今回は、関口輝主将(理工4)、児玉七海(法3)の2人に航空部の活動、フライトの魅力についてお話を伺ってきました! ▲中大のグライダーの前に立つ関口主将(左)と児玉 ――航空部に入部したきっかけは? 関口「小さい頃からの夢がパイロットだった。大学を選ぶときも航空部があるかないかで選んだ。言い方はかっこいい......続きを読む»

軟式野球部・東都学生軟式野球春季リーグ戦 対国学大戦

5月23日 戸田北部公園野球場 九回一死からの逆転 全勝で優勝に王手!  無傷の6連勝でリーグ首位をひた走る中大。リーグ7戦目は国学大との二回目の対戦となった。試合は1点ビハインドの九回に長谷川賢吾(経2)の左前適時打で同点に追いつくと、二死満塁から途中からマウンドに上がった福迫幸己(法2)が押し出しの四球を選んで勝ち越しに成功。3-2で勝利し、連勝を「7」に伸ばし、リーグ優勝に王手をかけた。 ......続きを読む»

女子陸上競技部・関東学生陸上競技対校選手権大会

5月25日~28日 日産スタジアム(小机) 5月25日  初日から爆発! 期待の大型ルーキー諸田、優勝! 炎天下の中行われた関カレは初日から優勝、準優勝者が生まれた。 中大女子陸上競技部歴史史上いただろうか。棒高跳に出場したルーキー諸田実咲(法1)が優勝を果たした。ほとんどの選手が3m50からスタートするのに対し、諸田は3m60まで待った。一回目でクリアしたが、次の70で思わぬブレーキ、3回目の......続きを読む»

陸上競技部・関東学生陸上競技対抗選手権大会3、4日目

関カレ後半戦突入!総合10位で閉幕! 5月27日 日産スタジアム  厳しい暑さとなった大会3日目。棒高跳決勝と800m予選、400mH予選、200m予選、3000mSC決勝、4×400mR予選が行われた。棒高跳決勝には、吉村拓真(経2)が出場。4m60㎝に挑戦するも失敗に終わる。800m予選には、昨年度ルーキーながら同種目で入賞を果たしている田母神一喜(法2)が登場。各組の上位2位が準決勝に進......続きを読む»

陸上競技部・関東学生陸上競技対校選手権大会2日目

5月26日 日産スタジアム  4×100mリレー優勝!!昨年のリベンジを果たす!  四連覇がかかった4×100mリレーで、筑波大に敗れ、準優勝に終わった昨年の関カレから1年。今季日本最高記録39秒07を叩き出す、堂々の走りで圧勝。リベンジを果たした。「1番勝利が似合うのはやっぱり中大かなと思います」(日吉克実・文4)。昨年悔し涙を流した川上の目からはうれし涙がこぼれていた。「強い思いがあったから......続きを読む»

陸上競技部・関東学生陸上競技対校選手権1日目

5月25日 日産スタジアム 関カレ開幕、槍投げで5位入賞  ついに開幕した関東インカレ。初日は100㍍、110m㍍H、400㍍、4×100㍍Rの予選そして、やり投げ、1500㍍、1万㍍の決勝が行われた。  100㍍予選では、昨年の全日本インカレの4×100㍍Rにおいて、4連覇を果たしたメンバーのうちの2人、竹田一平(経3)と川上拓也(法4)が出場。難なく準決勝進出を決めた。 ▲組トップでゴー......続きを読む»

卓球部・春季関東学生卓球リーグ戦対日大

5月21日 所沢市民体育館 勢いにのまれ完敗も、定松主将中心に目標の3位でリーグ戦を終える  明大に勝ち、後半戦を3連勝の中大。最終戦も勝利で収め、いい形で終わりたかったが日大の勢いにのまれ1-4で完敗。だが、リーグ戦前から掲げていた春リーグ3位の目標を達成した。 ▲この日は敗れたが3勝をあげた伊丹  今日も1番手には伊丹雄飛(法1)が登場。明大の森薗に勝ち、後半戦からのオーダー入りも今......続きを読む»

女子卓球部・春季関東学生卓球リーグ戦後半戦

5月19~21日 所沢市民体育館 7戦全勝!! 6年ぶりに春季リーグ戦制覇! この日を待ち望んでいた。粒ぞろいの中大ではあったが、近年並み居る強豪校に競り負け悔しい思いをしていた。  圧倒的な強さで1試合を残して優勝を決めていたが、「全勝してこそ本当の優勝。負けたらうれしさが半減」(大場監督)と最後まで気を緩めず、全勝で優勝を収めた。6年ぶり11シーズンぶりに歓喜に沸いた。 ▲表彰式後、満面......続きを読む»

卓球部・春季関東学生卓球リーグ戦 対駒大、法大

5月20日 所沢市民体育館 駒大、法大に連勝! 弾みをつけて最終戦へ  大学卓球界に君臨する「スター軍団」・明大から金星を挙げた中大。上位校との対戦を2勝2敗の五分で終え、残り3試合。優勝の可能性こそないものの、全日学(団体インカレ)など今後を見据え、勝ち星を重ねたいところだ。この日行われた2試合、危なげなく勝利し、今季リーグ戦の成績を4勝2敗とした。 ▲1番手として2勝を挙げた伊丹  午......続きを読む»

卓球部・春季関東学生卓球リーグ戦対明大

5月19日 所沢市民体育館 スーパー1年生、伊丹躍動! 全員の力で2連覇中の明大を撃破!  前半戦を1勝2敗で終えた中大。後半戦の最初の相手は、絶対王者・明大。昨年の黄金世代が抜けたとはいえ、強敵に違いはない。そんな明大戦の1番手を任されたのは伊丹雄飛(法1)。相手はエースで主将の森薗。この試合を伊丹が競り勝ち、中大に流れを呼びこむ。そのあとは、強力4年生が意地をみせ、ここ数年、一人勝つのがやっ......続きを読む»

軟式野球部・東都学生軟式野球春季リーグ戦 対東洋大川越

5月15日 笹目公園野球場 打線好調!開幕6連勝  前回、前々回と完封勝利を遂げた中大。今試合は完封勝利とまではいかなかったものの、7-2で勝利し点数で東洋大川越を圧倒した。試合は初回、相手に先制点を奪われるスタートとなる。しかし2回にすぐさま逆転。そこからは常に中大が先行し、自分たちのペースで試合を進めた。守備面では細かいエラーやミスはあったものの失点は「2」で抑え、7番長谷川をはじめとした打......続きを読む»

剣道部・関東学生剣道選手権大会

5月14日 日本武道館 まさかの全日本出場者3人にとどまる  中大から10人が出場した関東学生剣道選手権大会。関東の王者を決める大会であると同時に、全日本への出場権をかけた大会でもある。「全員全日本に出れてもいいメンバー」(松井)だったにも関わらず、全日本への出場者は3名にとどまった。加えて、5回戦までで中大勢全員が敗れるという結果に終わった。 ▲4回戦で敗退し、ベスト64という結果に終わっ......続きを読む»

硬式野球部・東都大学野球春季リーグ戦 対専大2回戦

5月18日 神宮球場 畠中ほろ苦デビュー 逆転勝ちで最終戦を飾る ▲「いつもと違い土が固かった」と神宮のマウンドの感触を語ったリーグ戦初先発の畠中    123 456 789 RHE 専 大=201 000 100=4161 中 大=006 000 100=791 [専]金城、上野、髙橋礼-深水、大橋将[中]畠中、鳥養、花城、鍬原-田畑 本塁打:〈専〉和田(7回1点) ◆スタメ......続きを読む»

女子卓球部・春季関東学生卓球リーグ戦前半戦

5月4、5日 港区スポ―ツセンター 後半戦へ弾み 3戦全勝! 5・4 1戦目対日大戦 初戦のかたさあっても 危なげなく勝利 ▲新しくダブルスを組んだ秋田・森田組  初戦は昨季7位の日大と対戦。今年度から主将に就任した山本怜(文4)が先陣を切った。「初日だから硬さも目立った」(大場監督)が、ストレートで勝利した。続く秋田佳菜子(文3)も2ゲーム目は波を持っていかれ苦しんだが、落ち着いて立て直......続きを読む»

硬式野球部・東都大学野球春季リーグ戦 対専大1回戦

5月17日 神宮球場 1年生内山、大学初本塁打! 鍬原、花城の継投で逃げ切る ▲試合後挨拶をする選手たち     123 456 789 RHE 中 大=000 200 010=380 専 大=000 000 020=262 [中]鍬原、花城-田畑[専]堀田、上野、佐藤奨、髙橋礼-深水 本塁打:〈中〉内山(4回1点) ◆スタメン 1[中]五十幡亮汰(法1=佐野日大) 2[二]土谷 恵介(......続きを読む»

フェンシング部・関東学生フェンシングリーグ戦 サーブル

 5月15、16日 駒沢オリンピック公園  リーグ戦全勝優勝! 前王者法大下し王座出場決定!  中大サーブル陣は、今年も強かった。新体制になってから初めての団体戦となった今大会。昨年インカレ決勝で惜しくも敗れた法大を含め、全試合で10点差以上をつけ5年ぶりの優勝。リーグ戦上位2校に与えられるへ全日本学生フェンシング王座決定戦への出場権を勝ち取った。  リーグ戦初日の専大、日体大を難なく倒し、2......続きを読む»

硬式庭球部・関東学生テニストーナメント大会

5月1~7日 有明テニスの森公園 大和田・望月組が優勝! インカレに向け好スタート  学生大会の幕開けとなる本大会。インカレ出場権を懸けて中大は熱戦を繰り広げた。ダブルスでは大和田秀俊(法4)・望月勇希(法2)組が優勝、シングルスでは大和田が準優勝という結果に終わった。 ▲ボレーを打つ望月(手前)と後衛の大和田  ダブルスでは2次予選からのスタートだった大和田・望月組が優勝。2次予選ではク......続きを読む»

ハンドボール部・春季関東学生ハンドボールリーグ戦対明大

5月14日 国士大多摩体育館 エース北詰大爆発! 昨年度インカレの雪辱果たす  春リーグも残すところ2試合。今節中大は明大と対戦した。昨年度のインカレでは延長戦の末に敗北しているだけに、「因縁みたいなものがあった。負けられない相手」(森田啓仁・法3)。そのリベンジを果たした。前半から守備が機能し、失点はわずかに8。後半追い上げを許すが、リードを守り切った。この試合ではエースの北詰明未(商3)が大......続きを読む»

バレーボール部・春季関東大学バレーボールリーグ戦 対早大

5月14日 日本体育大学健志台キャンパス米本記念体育館 早大にストレート負けを喫し、3位転落 スタメン(サーブローテーション順) 25WS 中野竜(総1) 3MB 平田亮介(経4) 12WS 谷口渉(法3) 4WS 武智洸史副将(法4) 18MB 水野将司(法2) 17S 牧山祐介(商2) 9Li 柳田貴洋(法3) 27Li 土岐大陽(経1)  最終戦を目前に痛い2敗目を喫した。安定したつなぎ......続きを読む»

軟式野球部・東都学生軟式野球春季リーグ戦 対神大

5月12日 笹目公園野球場 2試合連続完封勝利 開幕5連勝で優勝へ視界良好  前回は完封勝ちを収めた中大。5戦目は神大との対戦となった。試合は2回に相手の失策で中大が先制に成功。その後鈴木太郎(経2)が左翼越え本塁打を放ち、序盤にリードした中大がそのまま逃げ切り勝利した。先発の福冨旅史(総3)は9回を投げ、無失点。2試合連続での完封となった。  中大は初回から先頭の鈴木太の左翼への二塁打でいき......続きを読む»

バレーボール部・春季関東大学バレーボールリーグ戦対日体大

5月13日 日体大健志台キャンパス米本記念会堂 日体大に快勝 優勝の行方は残り2戦へ スタメン(サーブローテーション順) 25WS 中野竜(総1) 3MB 平田亮介(経4) 12WS 谷口渉(法3) 4WS 武智洸史副将(法4) 18MB 水野将司(法2) 17S 牧山祐介(商2) 9Li 柳田貴洋(法3)  残り3戦となった春季リーグ戦。2位に位置する中大は日体大との対戦となった。試合は石川......続きを読む»

ハンドボール部・春季関東学生ハンドボールリーグ戦対筑波大

5月13日 国士舘大学多摩体育館 激戦はラストプレーの名冨弾でドロー決着  正真正銘の「ガチンコ勝負」(玉栄悠主将・文4)だった。優勝には勝利しかない中大は、現在リーグ2位の筑波大と対戦。筑波大は日本代表の徳田が代表合宿から復帰し、中大もけがで戦列を離れていた佐野利器(法3)がベンチ入りと、互いにベストメンバーで挑んだ一戦となった。中大のリードで一進一退の攻防を繰りひろげるも、終盤に逆転される。......続きを読む»

準硬式野球部・東都準硬式野球春季リーグ戦 対日大2回戦

5月5日 ダイワハウススタジアム八王子 日大に連敗 リーグ優勝へ向け正念場へ カード初戦を落として迎えた日大2回戦。中大はベンチを含めた全員が3年生以下というメンバーで挑むも、延長戦の末2-5で敗戦。春季リーグ優勝、そして全日本選手権に向けて正念場となった。 中大の先発は細谷琢真(経3)だったが、初回に1死一、二塁から三盗に悪送球が絡みいきなり失点。その後、3回には本塁打で1点を追加され、結局......続きを読む»

準硬式野球部・東都準硬式野球春季リーグ戦 対日大1回戦

5月4日 上柚木公園野球場 日大の積極性に押されカード初戦を落とす  勝ち点2で中大が首位に立つ中迎えた日大戦。中大と幾度となく東都リーグや全日本選手権で優勝を争ってきた日大だが、今季のリーグ戦は大苦戦。この試合に敗れれば全日本選手権への出場が絶たれ、4年生のリーグ戦限りでの引退が決まるという崖っぷちの状況での試合となった。  試合は常に日大が主導権を握り、中大は0-5の7回表に2点を返すも、......続きを読む»

自転車競技部・東日本学生選手権トラック自転車競技大会

5月6、7日 山梨・境川自転車競技場 団抜き、大会新記録で2年連続頂点に!    4㌔チームパーシュート(以下団抜き)で2年連続の優勝を果たした。6日に行われた予選から大会新記録を叩き出し、絶好調で挑んだ7日の本戦。前日の記録を更新し、4分17秒541で堂々の1位を獲得。実力の差を見せつけた。「自分が1年の時に出したタイムを塗り替えられて良かった。全日本、インカレに向けて良い走りができた」(原井博......続きを読む»

バレーボール部・黒鷲旗全日本選抜男女バレーボール大会グループ戦 対駿台学園高

5月4日 大阪市中央体育館 春高王者駿台にストレート勝ち、勢いそのまま春リーグへ スタメン(サーブローテーション順) 1WS 石川祐希主将(法4) 3MB 平田亮介(経4) 12WS 谷口渉(法3) 4WS 武智洸史副将(法4) 18MB 水野将司(法2) 17S 牧山祐介(商2) 9Li 柳田貴洋(法3) 27Li 土岐大陽(経1)  前年度、インターハイ、国体、春高と三冠 を達成した駿台学......続きを読む»

軟式野球部・東都学生軟式野球春季リーグ戦 対東洋大川越

4月27日 戸田北部公園野球場 福冨3安打完封 投打かみ合い連勝伸ばす  開幕3連勝で好スタートを切った中大。4連勝を懸けて、東洋大川越と対戦した。試合は2回に水谷紘輝(商2)の右翼線への適時三塁打で先制。投げては福冨旅史(総3)が東洋大川越打線を3安打に抑え、完封勝利。連勝を4に伸ばした。    福冨が凡打の山を築き上げた。東洋大川越につけ入る隙を与えず、3安打完封。「真っ直ぐ中心でいけたの......続きを読む»

バドミントン部・関東学生バドミントン春季リーグ戦対日体大

5月7日 日体大健志台キャンパス 接戦をものにし、日体大に勝利!  リーグ戦も最終日。相手は優勝候補の日体大となった。ここで負けると2部との入れ替え戦の可能性が出てくるため、何としても勝ちたい勝負。チームカウント2-2、第3シングルスはファイナルにまでもつれこんだ試合だったが、意地でもぎ取り、何とか白星を挙げた。この結果、中大は春季リーグ戦を5位で終えた。 ▲ベンチから応援で盛り上げる 第......続きを読む»

バスケットボール部・第66回関東大学バスケットボール選手権大会5位決定戦 対大東大

5月7日 代々木第二体育館 「課題も見つかった一週間」、6位で大会終える  トーナメントも最終戦となった。5位の座を争う相手は、昨年のリーグ戦で2部全勝優勝、1部に昇格した大東大だ。昨年、中大も苦しめられた相手だったが、インサイド、アウトサイドともに攻められ、勝利ならず。中大はトーナメントを6位で終えた。 ▲#2大﨑翔太(総2)はアクティブにゲームに絡んだ スターター #13中村功平(総3......続きを読む»

バスケットボール部・第66回関東大学バスケットボール選手権大会対拓殖大

5月6日 国立代々木第二体育館 1部チームに勝利! 5位決定戦へ  準々決勝で敗れ5~8位決定戦に回った中大は、初戦で1部リーグ所属の拓大と対戦した。相手は外国人選手や大きい選手が揃っているチーム。中大は序盤から攻めあるプレーで対抗する。激しいディフェンスと正確なシュートで流れをつかむと94-86で勝利し、翌日に行われる大東大との5位決定戦への進出を決めた。 ▲#33三上は今試合で6本のスリ......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconchuosports

中央大学学友会体育連盟に所属する「中大スポーツ」新聞部の公式ブログです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:4556424

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 陸上競技部・東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  2. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 監督、部長、コーチ、主務、新主将
  3. 陸上競技部・第94回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  4. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対東海大
  5. 陸上競技部・駅伝監督交代記者会見
  6. 陸上競技部・第44回全日本大学駅伝対校選手権大会 区間エントリー選手発表
  7. バレーボール部・天皇杯皇后杯全日本バレーボール選手権大会 2回戦 対サントリーサンバーズ
  8. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対法大
  9. 陸上競技部・10000m記録挑戦競技会
  10. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 往路選手

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
06
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss