「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~

月別アーカイブ :2016年06月

バレーボール部・東日本バレーボール大学選手権大会3位決定戦

6月25日 墨田区総合体育館 逆転勝ち3位で東日本インカレを終える スタメン(サーブローテーション順) 17S 柳田貴洋(法2) 1WS 井上慎一朗主将(法4) 3MB 渡邊侑磨(法4) 20WS 谷口渉(法2) 12WS 武智洸史(法3) 9MB 大竹壱青(商3) 7L 伊賀亮平(経4)  3年ぶりのベスト4進出を果たしたが、準決勝で日体大に敗れた中大。3位決定戦で前回リーグ戦で負けを喫して......続きを読む»

ホッケー部・関東大学ホッケーリーグ春季リーグ

4・9~6・26 明大八幡山グラウンド他 2部残留! ▲入替戦で得点が決まり喜ぶ選手  新体制で迎えた春季リーグ。中大はリーグ最下位で入替戦まで進んでしまったものの、入替戦では序盤から試合の流れを作った。チーム初勝利で2部残留を決めた。  入替戦を回避すべく臨んだ7・8位決定戦であったが、開始2分から失点し、中大は反撃の隙があたえられぬまま0-6で完敗した。4月には引分けた相手なだけあり、......続きを読む»

陸上競技部・第100回日本陸上競技選手権大会2日目

6月25日 パロマ瑞穂スタジアム 400M障害4位田辺は東京五輪へ気持ち新た 「この悔しさ一生忘れずに」 男子400m障害決勝、田辺将大良(法4)は49秒95で4位に終わりリオデジャネイロ五輪代表の座を逃した。標準記録までは後0秒55及ばなかった。 ▲ゴール後、悔しさをおらわにする田辺 自らの不甲斐なさからか、控え室では涙が止まらなかった。「昨年も4番で悔しくて、次の日から今日......続きを読む»

バレーボール部・東日本バレーボール大学選手権大会準々決勝準決勝

6月25日 墨田区総合体育館 準決勝 日体大に敗れ決勝進出ならず スタメン(サーブローテーション順) 17S 柳田貴洋(法2) 1WS 井上慎一朗主将(法4) 3MB 渡邊侑磨(法4) 20WS 谷口渉(法2) 12WS 武智洸史(法3) 9MB 大竹壱青(商3) 7L 伊賀亮平(経4) 【準々決勝 対明大】○3-0 ▲スパイクに飛びつく(左から)谷口、渡邊、井上  前日の2試合を快勝し、......続きを読む»

女子卓球部・関東学生卓球選手権大会シングルス

6月25、26日 所沢市民体育館 惜しくも表彰台ならず ▲山本  三日間で行われた今大会。惜しくも表彰台ならず。女子卓球部から14人の選手が出場した。大会1日目にシングルス1回戦、2日目に2~5回戦が行われた。7人の選手がシードで4回戦から登場。シングルス5回戦では、瀬山咲希(文1)が前回大会優勝の温(日体大)に快勝する等、熱い戦いが繰り広げられた。  5回戦に勝ち、ランク入り(ベスト16)......続きを読む»

陸上競技部・全日本大学駅伝対校選手権大会関東学生陸上競技連盟推薦校選考会

6月18日 浦和駒場スタジアム 「実力通り」の17位 全日本大学駅伝出場権獲得ならず  2012年にシード落ちをしてから、全日本大学駅伝の出場権を逃し続けてきた中大。結果は出場20校中17位で、4年連続で予選敗退が決まった。この結果に藤原監督は「実力通りに差が出た」と肩を落とした。  各大学二人ずつ1万㍍を走って、4組計8人の合計タイムで競う予選会。1組目は苗村隆広(文2)と、当日変更で相馬一......続きを読む»

軟式野球部・東都学生軟式野球春季リーグ戦 対明学大

6月15日 川口市営球場 優勝へ王手! ▲先発の栗原  接戦を制し、2-0で明学大に完封勝利。先発の栗原崇人(文3)が7回無失点で好投し、勝利へ繋げた。しかし野手陣が苦しんだ試合展開に、岩崎監督は「消化不足」とぼやいた。  勝てばインカレ出場権を獲得し、リーグ優勝に王手がかかる大切な試合。先発を任された栗原は「いつもは結構緊張するが、今日は何も考えずに投げよう」と平常心でマウンドへ上がった。......続きを読む»

硬式野球部・東都大学野球春季入替戦 対青学大3回戦 コメント集

6月16日 神宮球場 入替戦コメント集  1勝1敗で迎えた入替戦3回戦、先発の伊藤優輔(文2=小山台)が8回を無失点に抑える好投を見せ、2対0で勝利した。2011年秋の入替戦同様、1回戦を落としてからの連勝。1部残留が決定した。戦国東都の厳しさを経験したチームは、秋季リーグ戦で頂点を目指す。 ◆コメント 秋田監督 野球はピッチャーなのかな。伊藤は最高のピッチング。鍬原は先発に使うメドが立った。......続きを読む»

硬式野球部・東都大学野球春季入替戦 対青学大 3回戦

6月16日 神宮球場 涙、涙、涙の1部残留 伊藤8回零封「開き直った」 ▲残留を決め、それぞれの感情を爆発させる選手たち      123 456 789 RHE ○中 大=001 001 000=260 ●青学大=000 000 000=041 [青]岡野祐、葛川-山田誠 [中]伊藤、鍬原ー保坂 本塁打:なし ◆スタメン 1[遊]松田  進(法4=国学院久我山) 2[二]土谷 恵介(法3......続きを読む»

硬式野球部・東都大学野球春季入替戦 対青学大2回戦

6月15日 神宮球場 鍬原4安打完封勝利! 1勝1敗で3戦目へ ▲完封勝利を果たした鍬原      123 456 789 RHE ●青学大=000 000 000=040 ○中 大=000 001 11X=360 [青]近藤、河端-山田誠 [中]鍬原ー保坂 本塁打:なし ◆スタメン 1[遊]松田  進(法4=国学院久我山) 2[二]土谷 恵介(法3=前橋育英) 3[左]吉田 叡生(経2=......続きを読む»

硬式野球部・東都大学野球春季入替戦 対青学大 1回戦

6月14日 神宮球場 初回の先制を生かせず 残留へ手痛い1敗 ▲初戦に敗れ、無念の表情を浮かべる中大ナイン     123 456 789 RHE ●中 大=300 000 001=471 ○青学大=001 010 32☓=7100 [中]伊藤、村川、鍬原、松村―保坂 [青]岡野、葛川-山田誠 本塁打:[青]吉澤岳(8回2点) ◆スタメン 1[遊]松田  進(法4=国学院久我山) 2[一]......続きを読む»

サッカー部・関東大学サッカーリーグ戦2部 前期第11節 対東洋大戦

6月11日 東京国際大学坂戸キャンパス第1サッカー場 上位対決を制し6連勝で首位浮上 ◆スタメン GK 1置田竣也(商4) DF 24安在達弥(商2)、3小川雄生(経4)、25上島拓己(法2)、2縣翔平(商4) MF 18山口陽一朗(商3)→58分・7寺村介(商3)、20早坂翔(経3)、8三島頌平(商3) FW 11翁長聖(経4)、19矢島輝一(商3)→92分・34加藤陸次樹(商1)、10古橋匡......続きを読む»

ボクシング部・関東大学ボクシングリーグ戦対慶大

6月11日 後楽園ホール 7階級全勝で連勝を3に伸ばす  開幕から2連勝と勢いに乗る中大。好調を維持し、9日に慶大と対戦。5回のTKO勝ちを含む7ー0で慶大を圧倒し、開幕3連勝を飾った。 一番手はLF級の及川雅人(商3)。初出場ながらも序盤から相手を攻め立て、試合を優位に進める。そして、3R1分4秒にダウンを奪い、そのままTKO勝ちを収め、中大が先勝する。 F級では新井勝(文3)が出場。......続きを読む»

バスケットボール部・第56回関東大学バスケットボール新人戦 決勝 対青学大

6月12日 国立代々木競技場第二体育館 リーグ戦に向け、課題見えた準優勝 運命の決勝戦。ここまで順調に勝ち上がってきた中大だが、準決勝で昨年の王者である筑波大を下した青学大に64-84で敗れた。リードを許していたものの、前半までは逆転可能な点差で必死に耐える。しかし第3ピリオドで大きく差をつけられ、新人戦を悔しい準優勝で終えた。 ▲表彰を受ける#14久岡 スターター #13中村功平(総2)......続きを読む»

女子陸上競技部・日本陸上競技選手権大会混成競技2日目

6月12日 長野市営陸上競技場 恵は自己ベスト更新の5882点!  「後半の3種目で頑張れた」(恵)。恵は着時に得点をのばしていき、5882点で大会連覇を決めた。5882点は恵の自己ベストで日本歴代2位、さらに日本学生記録となった。  2日目最初の競技は走幅跳。恵は関東インカレで6m越えの記録を出し、2位になった種目だ。6m台を狙うが、3回目の5m95(+0.5)が記録となった。1日目終了時点で......続きを読む»

陸上競技部・日本学生陸上競技個人選手権大会3日目

6月12日 Shonan BMW スタジアム平塚 栗がやり投げ6位入賞  個人選手権最終日、栗優人(商2)がやり投げで入賞を果たした。  栗は1投目から67m04という好記録を出し6位につける。しかし、2,3投目と続けてファールとなってしまい波にのれない。決勝に残ったが4,5投目もファールにしてしまう。だが、勝負強さを発揮し最後の6投目に68m50を投げ記録更新となる。  結果は6位、自己ベスト......続きを読む»

女子陸上競技部・日本陸上競技選手権大会混成競技

6月11日 長野市営陸上競技場 恵、1日目首位で突破  混成競技の日本一を決める大会が長野県で始まった。中大からはヘンプヒル恵(文2)と藤沼朱音(法3)が出場。日中は30度近くまで気温が上がり、夕方には雨に見舞われるという悪天候の中、恵は100mH自己ベスト、走高跳自己ベストタイとなる高成績を残した。 ▲100mHで自己ベストを出した恵  一種目目は100mHが行われた。恵は13秒43を記録......続きを読む»

バスケットボール部・第56回関東大学バスケットボール新人戦 準決勝 対日体大

6月11日 国立代々木競技場第二体育館 昭和55年以来の優勝へ王手! 三上と沼倉、対照的なルーキーコンビが旋風支える  偉業へあと1勝に迫った。中大が準決勝に臨み、日体大を78-65で下して決勝に駒を進めた。#70沼倉壮輝(経1)が、第1ピリオドからリバウンド、速攻でチームを牽引。#14久岡幸太郎(商2)が束ねる「個性派集団」は、明日の青学大戦で36年前の再現に挑む。 ▲中大に流れを引き寄せ......続きを読む»

陸上競技部・日本学生陸上競技個人選手権大会1日目

6月10日 Shonan BMW スタジアム平塚 冨原、田母神が1500m入賞  個人選手権が開幕した。全国規模の大会で、冨原拓(経1)と田母神一喜(法1)が1500m入賞。1年生が大学の舞台で躍動した。 ▲冨原の予選の走り  冨原は予選、大会連覇中のラザラス(桜美林大)と同じ組を走った。序盤から先頭集団についていくと、タイミングを見計らって終盤抜け出す。ラストの直線でスパートし、2着でゴール......続きを読む»

バスケットボール部・第56回関東大学バスケットボール新人戦準々決勝 対早大

6月10日 国立代々木第二体育館 接戦制し、17年ぶりの4強  早大との準々決勝に臨んだ中大は、最後までどちらに転ぶか分からない展開をものにし、目標としていたベスト4進出を決めた。ともにタイトなディフェンスから早い展開に持ち込むのが持ち味の、似たタイプのチーム同士の対戦。序盤から終盤まで大きく点差の開かない緊迫した展開が続いたが、残り24秒で久岡幸太郎(商2)が決めたスリーポイントが決勝点となっ......続きを読む»

バスケットボール部・第56回関東大学バスケットボール新人戦3回戦 対東洋大

6月9日 大田区総合体育館 追撃振り切り8強 三上”挽回”スリー連発  中大が同じ2部リーグに所属する東洋大を退け、準々決勝進出を果たした。盤石の試合運びを見せた前半から一転、後半は相手の勢いに押され一時は逆転を許す。それでも三上侑希(法1)のスリーが終盤に冴え渡り再逆転。怒涛の追い上げを振り切った。 ▲計6本のスリーを決めた#33三上 スターター #2大崎翔太(総1)、#13中村功平(総......続きを読む»

バスケットボール部・第56回関東大学バスケットボール新人戦2回戦 対白鷗大

6月8日 大田区総合体育館 うまく作用したディフェンス、3回戦進出 1・2年生だけで行われる今回の大会。相手の白鴎大は外国人選手や大きい選手が揃っていた。しかし大きな相手には足を使って対抗。激しいディフェンスからのインターセプトで流れを確実につかむと、78-64で勝利を収めた。 ▲キャプテンとしてチームをまとめた#14久岡 スターター #2大崎翔太(総1)、#13中村功平(総2)、#14久......続きを読む»

サッカー部・関東大学サッカーリーグ戦2部 前期第10節 対神奈川大戦

6月5日 中央大学多摩キャンパスサッカー場  古橋の活躍で接戦を制し、今季初の5連勝目! ▲先制点を挙げ雄叫びをあげる古橋 ◆スタメン GK 1置田竣也(商4) DF 24安在達弥(商2)→71分・33藤崎雄太郎(商2)、3小川雄生(経4)、25上島拓己(法2)、2縣翔平(商4) MF 18山口陽一朗(商3)→86分・7寺村介(商3)、20早坂翔(経3)、8三島頌平(商3) FW 11翁長聖......続きを読む»

水泳部(水球)・関東学生水球リーグ戦対明大

6月4日 専大生田キャンパスプール 全敗同士の1戦に勝利 入替戦回避に弾みつける  昨年は6位で、入替戦に回らず1部残留を決めた水泳部(水球)。関東1部の水球リーグ戦は、インカレ18連覇中の日体大をはじめとし、レベルの高い試合が展開される。1部8校に残ることも厳しい戦いとなる。下位2校が2部上位2校との入替戦に回る。 ▲シュートを放つ山谷  第1ピリオド、明大に先制を許す。中大は鳴海航介主将......続きを読む»

自転車競技部・全日本学生選手権チーム・ロード・タイムトライアル大会

5月28日 加須市・羽生市 利根川河川敷 メカトラに泣き、監督就任後最低の10位  メンバーもそろい、4年ぶりの優勝を狙った中大。1周約30kmの周回コースを2周、計62.4kmを各大学のタイムで競うレースに挑んだ。しかし1周目、エース原井博斗(法3)の乗る自転車にメカトラが発生。原井の離脱を余儀なくされた中大は、残された1、2年生で奮闘するも、結果は10位。「これでは、『中大なにやってんの?』......続きを読む»

ラグビー部・関東大学春季大会対東海大

5月29日東海大グラウンド 後半に差を見せつけられ、4敗目を喫する  今大会4戦目は昨年のリーグ戦王者、東海大だ。秋のリーグ戦につなげるためにも勝っておきたい一戦となった。前半は競りつつも、開始直後に取られた二つのトライと、後半の相手の勢いを止めることができなかったことが痛手となり、24-47で敗戦した。 ▲試合後にお辞儀をする選手たち  序盤から相手のタックルを止めきれない中大。前半4分......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconchuosports

中央大学学友会体育連盟に所属する「中大スポーツ」新聞部の公式ブログです。
  • 昨日のページビュー:755
  • 累計のページビュー:4349541

(06月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 陸上競技部・東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  2. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 監督、部長、コーチ、主務、新主将
  3. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対東海大
  4. 陸上競技部・駅伝監督交代記者会見
  5. 陸上競技部・第44回全日本大学駅伝対校選手権大会 区間エントリー選手発表
  6. バレーボール部・天皇杯皇后杯全日本バレーボール選手権大会 2回戦 対サントリーサンバーズ
  7. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対法大
  8. 陸上競技部・10000m記録挑戦競技会
  9. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 往路選手
  10. 陸上競技部・上尾シティハーフマラソン

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
06
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss