「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~

月別アーカイブ :2013年10月

準硬式野球部・東都大学準硬式野球秋季リーグ戦対日大第3回戦

10月31日 小野路球場 準硬式野球部、8季連続リーグ優勝!  秋リーグ最終戦は宿敵日大との第三戦。お互いに優勝が懸かった試合で、負けられない相手だった。3回、福澤開(商3)のソロ本塁打にはじまり5、6、8回と追加点を挙げ、投げては笠継泰成(商4)、清水彰仁(商4)の4年生投手リレーで日大打線を1点に抑え、結果は5ー1。8季連続57回目のリーグ優勝を決めた。  序盤打線は第一戦......続きを読む»

バレーボール部・秋季リーグ戦コメント集

秋季関東大学バレーボールリーグ戦 4勝5敗 現在9位  前回の学芸大戦から2週間の間を挟み、再開された秋季リーグ戦。日体大戦、早大戦ではミスが目立ち、共に敗戦。9戦終え、4勝5敗現在9位とチームは苦しんでいる。  以下、早大戦を終えた選手と監督のコメントです。 #1新井洋介主将(法4)「客観的にチームを見ることは初めてなので良い経験になった。声の少なさやミスの多さがあったこと......続きを読む»

120号発行のお知らせ

 「中大スポーツ」新聞部では10月31日付で第120号を発行致します。 1面では日本学生陸上競技対校選手権大会の4×400mリレーで優勝を果たした陸上競技部を取り上げております。多摩、後楽園の両キャンパスや駿河台記念館で絶賛配布中です! 【11月号内容紹介】 1面:陸上競技部 日本学生陸上競技対校選手権大会(インカレ)4×400mリレー優勝 2面(個人結果):柔道部 全日本学生柔......続きを読む»

サッカー部・関東大学サッカーリーグ戦第18節

10月26日 第18節 対国士大戦 駒沢オリンピック公園総合運動場第二球場 悔しさの残るドロー  前節明大に手痛い敗北を喫してしまった中大。今節の対戦相手は後期リーグ戦絶好調の国士大だ。前回の対戦では逆転負けをしているだけに何としてもリベンジを果たしたいところだったが、2点差を追い付かれドローに終わった。  前半は中大が持ち味のポゼッションサッカーで流れをつかむ。GKシュミット・ダ......続きを読む»

ホッケー部・関東学生秋季ホッケーリーグ

10月26日 対成城大 明大八幡山グラウンド 勝利も課題残す  プール最終戦は成城大と対戦。小雨が降り続き、気温も下がった中で試合が行われた。中大は前半11分に先制されるが、18分に同点ゴールを決め、後半に勝ち越し点を決め2‐1で勝利した。しかし、試合後のチームには浮かれた様子はない。「春季リーグでは成城大に3‐0で勝っていた。今日は自分たちのやりたいことができなかった」(吉原光主将・......続きを読む»

ボート部・全日本新人選手権大会

10月25日~10月27日 戸田ボートコース 男子エイト、決勝に進むも4位  全日本から2週間が経ち、新体制で臨んだ新人戦。1、2年生が出場した今大会で、男子エイトが4位に入賞した。  1日目は各種目の予選が行われた。男子シングルスカルには東祐太郎(理工1)と秋葉直人(文1)が出場。東は2位に30秒近くの差を付け予選を通過した。秋葉は4位に終わり、敗者復活戦へ回った。  ......続きを読む»

バレーボール部・秋季関東大学リーグ戦

10月27日 対早大戦 日体大健志台米本記念体育館 宿敵早大を倒せず、連敗 スタメン(サーブローテーション順) 7S石井優冶(経4) 17L今村貴彦(法2) 11C手塚奨(経3) 25R井上慎一朗(法1) 5L早坂裕貴(法4) 2C傳田亮太(経4) 28Li伊賀亮平(経1)  秋季リーグ戦も終盤に差し掛かり、9戦目は早大と対戦。昨年の春季リーグ戦から続く早大戦の連敗......続きを読む»

アメリカンフットボール部・関東秋季リーグ戦 対日大

10月20日 対日大フェニックス アミノバイタルフィールド 強豪相手に力負け  明大戦の敗戦で、優勝のためにもう負けられない日大戦。しかし、強豪の壁は厚く0-48の完封負けとなった。  第1Q、日大の攻撃でスタート。最初の相手の攻撃をうまう抑えて迎えた最初の攻撃。司令塔QB#12佐藤邦洋(法4)からのパスを狙うも、寄せの速い相手にWR♯24新城雄基(文3)らへ通っても、なかなか前......続きを読む»

バドミントン部・全日本学生バドミントン選手権個人戦

10月21~24日 千葉ポートアリーナ 1年生、西本インカレ制覇! インカレは、団体戦に引き続き個人戦が4日間に渡り開催された。ダブルスで出場した相和勇輝(商3)・染木俊寛(経3)ペアが1回戦敗退。山中一浩(経3)・海谷慎吾(文1)ペアが3回戦まで駒を進めるも惜敗。シングルスは近藤拓未(商2)が3回戦、吉川英太郎(1)が2回戦で敗退。小森洋佑(商3)は4回戦で敗れベスト16で終えた。東......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦 対東洋大

10月26日 ダイドードリンコアイスアリーナ リーグ戦初黒星  ここまで全勝と好調の中大だったが、東洋大を相手に初黒星を喫してしまった。「勝てば優勝に近づく」(中島彰吾・総2)と分かっていただけに、先制するいつも通りの展開に油断が見え、逆転負け。簡単には優勝できないことを思い知らされる結果となった。 〈第1ピリオド〉  開始3分のパワープレーから中島が得点し「流れに......続きを読む»

バレーボール部・秋季関東大学リーグ戦

10月26日 対日体大戦 日体大健志台米本記念体育館 ストレートで敗戦 スタメン(サーブローテーション順) 7S石井優冶(経4) 17L今村貴彦(法2) 11C手塚奨(経3) 25R井上慎一朗(法1) 5L早坂裕貴(法4) 2C傳田亮太(経4) 28Li伊賀亮平(経1)  リーグ戦としては、前試合から約2週間ぶりの試合。対戦相手は現在リーグ2位の強豪日体大だ。新井主......続きを読む»

準硬式野球部・東都大学準硬式野球秋季リーグ戦対日大2回戦

10月24日 八王子市民球場 2ケタ得点! 1勝1敗のタイに持ち込む  前日日大相手に完封負けを喫した中大。序盤から大量得点を奪い13-9の2ケタ得点で勝利した。ともに勝ち点を落としていない両チームの勝敗は3戦目に持ち越された。  雨の中始まった試合は初回から動いた。中大の先頭打者松嶋真樹(経3)が3球目をライトスタンドへ運び先制。続く児玉健一郎(商3)の三塁打からチャンスを作ると......続きを読む»

フェンシング部・関東学生フェンシング選手権大会【男子エペ団体】

10月24日 駒沢公園屋内球技場 早大に惜敗 エペ団体はベスト8に終わる  「目標はベスト4に入ること」(高阪一世・法3)。前日の水口紘希(法1)、エペ個人優勝の波に乗って勝ち進みたいところだった。  初戦、学習院大戦では金子凌(文4)、高阪といった従来のメンバーに加え、3人目には簾内長仁(理工1)を起用した。フルーレを専門とする簾内は「出ないと思っていた。出るからには楽しもう」......続きを読む»

フェンシング部・関東学生フェンシング選手権大会【男子エペ個人】

10月23日 駒沢屋内球技場 1年生水口「まさかの優勝」   エペの個人戦が行われ、中大からは本戦に金子凌(文4)、北村賢史(文4)、高阪一世(法3)、簾内長仁(理工1)、水口紘希(法1)、諸田拓也(経1)、山本和磨(経1)の7人が出場した。   1回戦。諸田が序盤の7本を連続で奪い、榎本(国学大)相手に15ー10で勝ち上がる。諸田以外はシードで2回戦からの登場となった。金子は1......続きを読む»

硬式野球部・東都大学野球秋季リーグ戦対国学大2回戦

10月24日 神宮球場 勝ち点1のまま中大の全日程が終了  国学大に先勝を許し、勝ち点奪取のためには負けられない2回戦。勝って勝負を3回戦にもつれ込ませたいところだったが、失策や四球といったミスからの失点が目立ち2-6で敗れた。  先発は山手幹(商2)。初回に1点を奪われる苦しい立ち上がりだった。さらに2回には味方の失策で走者を出すと連打を打たれ、さらに1点を失う。何とか2死を取る......続きを読む»

軟式野球部・東都学生軟式野球秋季リーグ戦対神奈川大戦

10月23日 戸田市民球場 対神奈川大 序盤リードも9回サヨナラ負けを喫する   混戦をきわめるリーグ戦。雨天中止が続く中、久しぶりの試合が行われた。この日の中大の対戦相手は神奈川大だ。  先発は新井敬人(総3)。初回にいきなり右翼のエラーにより2塁に走者を置き、暴投で3塁に送ってしまう。さらに四球で塁に出すもショートゴロで本塁封殺し先制点を与えない。2回にも四球からのフィ......続きを読む»

準硬式野球部・東都大学準硬式野球秋季リーグ戦対日大1回戦

10月23日 八王子市民球場 日大に0-1で敗れるも… 清水自己最速151kmマーク!  今季お互いに勝ち点を落としていない日大との直接対決。試合は日大左腕保母に3安打完封負けを喫し、0‐1で初戦を落とした。しかし中大右腕の清水彰仁(商4)が3回2死二塁、三番打者に対しての4球目、「狙っていった」という渾身の一球が自己最速151キロをマーク。7回を被安打5、1失点で負け投手になるも、リ......続きを読む»

硬式野球部・東都大学野球秋季リーグ戦対国学大1回戦

10月23日 神宮球場 序盤の失点を返せず惜敗  本日、神宮球場で国学大との1回戦が行われた。序盤に投手陣の立ち上がりを攻められ5点。打線も9安打ながら1得点と機能せず、3時間を越す試合の末1-7で敗れた。  先発の島袋洋奨(商3)は初回、1死から連打を浴び走者をニ、三塁に置くと、暴投で先制を許してしまう。さらに1死一、三塁の場面で再び暴投、この回2点の先制を許してしま......続きを読む»

陸上競技部・東京箱根間往復大学駅伝競走予選会

10月19日 陸上自衛隊立川駐屯地~立川市街地~国営昭和記念公園 何とか通過も、厳しすぎる12位  箱根駅伝本戦出場をかけた予選会に29年ぶりに出場した。今回の箱根駅伝が第90回の記念大会であることと、関東学連選抜チームが出場しないことで、予選会から上がるチームが普段の9チームから13校に増えた。まずは13位以内の通過をすることが最重要となるが、本戦でもしっかり戦い、シード権を獲得......続きを読む»

バレーボール部女子・秋季関東大学バレーボールリーグ戦

10月20日 対帝京大 中大第一体育館 最終戦で見事勝利! スタメン(サーブローテーション順) 2C 稲垣莉恵(文3) 3R 島田奏(経1) 8L 黒津真理(総2) 1C 春日千尋主将(法4) 5S 松本優香(文3) 7L 小澤愛佳(経1) 6Li 河津奈々絵(経4)  秋季リーグ最終戦が中大第一体育館で行われた。この試合で4年生は引退。「練習通りやろう」(稲垣)と......続きを読む»

アメリカンフットボール部・関東秋季リーグ戦 対明大

10月20日 対明大グリフィンズ アミノバイタルフィールド 雨に泣いた初黒星  中大、明大の全勝同士の対決となった。照明に雨粒が、グラウンドが照らされる。雨の日はボールが滑り、ファンブルなどのミスの危険性が高まる。結果は、0―7で明大が勝利し、今季初黒星となった。  第1Q、中大はレシーブからのスタート。キックオフのボールをRB#28萩原誠人(法3)が敵陣30ヤード付近に持っ......続きを読む»

ラグビー部・関東大学リーグ戦対法大

10月19日 熊谷ラグビー場 春の雪辱果たしリーグ戦4連勝!  ここまで開幕から3連勝中の中大。今日は法大との対戦。4月に行われた春季交流大会では31-66で大敗した因縁の相手だ。前半リードを許したが、後半に逆転し春の雪辱を果たした。中大は4連勝で勝ち点16となり、リーグ戦首位を守った。  序盤は法大のペースで進む。中大は常に自陣でのプレーが続く苦しい展開となった。チームの武器であ......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦 対法大

10月20日 ダイドードリンコアイスアリーナ 集中切らさず貴重な一勝  秋のリーグ戦も、今日から後半戦がスタートした。その後半戦最初の相手は、現時点で3位の法大。しかし最後まで集中を切らすことなく、後半戦も白星でスタートした。 〈第1ピリオド〉  「スタートが悪かった」(江守監督)と、開始直後から攻められる場面が多く見られた。途中相手の反則からパワープレーの状況も生まれたが......続きを読む»

サッカー部・関東大学サッカーリーグ戦第17節

10月19日 第17節 対明大 川口市青木町公園総合運動場 手痛い敗戦、連勝ストップ  ここ2試合で計11得点と攻撃陣が好調の中大。勢いそのままに明大との上位校対決を迎えた。DF小出啓太(商2)のゴールで先制するも、その後明大に逆転を許し、1-3で敗北してしまった。  キックオフ直後から中大はボールポゼッションを高めていく。しかし、なかなか明大の守備を崩しきることができず、坦々とゲ......続きを読む»

バドミントン部・全日本学生バドミントン選手権大会団体戦

10月19,20日 千葉ポートアリーナ他 インカレ団体ベスト4  1回戦の相手は、敬和学園大。第1シングルスには近藤拓未(商2)が起用された。秋リーグは怪我のため欠場したが、インカレで復帰。復帰戦はラリーで相手を揺さぶり、危なげなく2-0で勝利した。第2シングルスに登場したのは小森洋佑(商3)。序盤こそ競るも、後半からはリードしストレートで勝利した。第1ダブルスは、相和勇輝(商3)・染木......続きを読む»

ソフトボール部(男子)・東京都大学ソフトボール秋季リーグ戦対学習院大

10月19日 国士大グラウンド 序盤の得点でリーグ戦連勝  リーグ戦2試合目の相手は学習院大。今後続く上位校との試合に向け、「絶対に勝たなければならない相手」(植西剛大主将・法3)だ。中大は初回から打線が活発。植西主将の適時三塁打などで3点を奪うと、2回には3番冨士眞胡人(商1)の2点本塁打でダメ押しとなる追加点を加える。序盤で一気に試合の主導権を握った。3回、4回と満塁のチャンスはつ......続きを読む»

女子ラクロス部・関東大学ラクロスリーグ戦3部

10月19日 対獨協大戦 中大ラグビー場 中大、有終の美を飾る  今年度最後の試合は普段練習しているグラウンドで行われた。前回の試合後#16藤井友美子主将(法4)が「ホームで一番良い形で終えたい」と語った言葉通り、最後まで集中してチーム全体で攻めた。  序盤から積極的に早いパス回しで攻撃、#19山下友美子(経4)、#31中村祐貴(法3)らが着実に得点を重ねる。20分が経過......続きを読む»

バレーボール部・秋季リーグ戦コメント集

秋季関東大学バレーボールリーグ戦 ストレートの快勝。現在7位  台風によって延期となった学芸大戦が10月6日行われた。序盤はミスでリズムを崩す場面もあったが、しっかりと格下相手にストレートで勝利。ライトに井上慎一朗(法1)を入れる新しい布陣で臨み、春からの課題であった守備の安定を図った。残す4戦はいずれも強豪校との対戦になるが、中大は新たなスタイルで反撃を見せる。 以下、学芸大戦を......続きを読む»

陸上競技部・出雲全日本選抜駅伝競走

10月14日 出雲大社正面鳥居前~出雲ドーム前 10位でフィニッシュ  駅伝シーズンの開幕を告げる出雲駅伝。昨年シード権を獲得した中大はほとんどが初めての駅伝となる1、2年生でタスキをつないでいった。結果は10位とシード権を逃したが十分健闘した。  1区を走ったのは町澤大雅(法1)。序盤から積極的に上位に食い込んでいくが「集団がペースアップして対応ができなかった」と中盤から......続きを読む»

硬式野球部・東都大学野球秋季リーグ戦対駒大3回戦

10月18日 神宮球場 島袋が今季2勝目! 待望の勝ち点1獲得  前日の試合で9得点を挙げて快勝した中大ナイン。本日の試合でも勝利し、勝ち点を奪いたいところ。羽山弘起(商3)の2戦連発となる本塁打で勝ち越すなど、4-2で勝利。待望の勝ち点を取ることができ、最下位争いから一歩抜け出した。  先発は今季初先発の石垣永悟(商3)。「やるしかない」(石垣)と意気込んで臨んだ石垣は先頭打者に......続きを読む»

1 3

ブロガープロフィール

profile-iconchuosports

中央大学学友会体育連盟に所属する「中大スポーツ」新聞部の公式ブログです。
  • 昨日のページビュー:753
  • 累計のページビュー:4189106

(03月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 陸上競技部・東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  2. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 監督、部長、コーチ、主務、新主将
  3. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対東海大
  4. 陸上競技部・駅伝監督交代記者会見
  5. 陸上競技部・第44回全日本大学駅伝対校選手権大会 区間エントリー選手発表
  6. バレーボール部・天皇杯皇后杯全日本バレーボール選手権大会 2回戦 対サントリーサンバーズ
  7. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対法大
  8. 陸上競技部・10000m記録挑戦競技会
  9. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 往路選手
  10. 陸上競技部・上尾シティハーフマラソン

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
06
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss