「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~

月別アーカイブ :2013年05月

硬式野球部・東都大学野球春季リーグ戦対亜大戦2回戦

5月30日 神宮球場 目の前での胴上げ阻止できず 春は4位に終わる  初戦に敗れ、第2戦に敗れれば亜大に目の前で優勝を決められてしまうことになった中大であったが、初戦に続き力の差を見せられる形となり春季リーグ戦を終えた。  先発は前節の国学大戦に初先発をし、今カードでは第2戦に抜擢される形となった川口貴信(法3)。初回の失点が多い今季の中大投手陣だが、走者は出すものの無......続きを読む»

関東学生卓球新人選手権

5月30日 所沢市民体育館 大坂・八木橋組ダブルス優勝  新1年生中心の新人戦で大坂亮輔(文1)・八木崎優(文1)組がダブルス優勝を成し遂げた。新人戦ダブルス優勝は松生直明(法4)・橋本唯史(文4)組以来。実に3年ぶりとなる。  決勝戦は「相手が格上なので、思い切っていこうと思った」(八木橋)と第1セットを接戦の上制す。第2セットは5-11で落とすものの「落ち着いて臨めた......続きを読む»

準硬式野球部・東都大学準硬式野球春季リーグ戦

対専大1回戦(5月26日、上柚木公園野球場)・2回戦(27日、上柚木公園野球場) 10戦全勝の完全優勝! リーグ戦は7連覇!  リーグ戦最後の相手である専大との2試合に勝利した中大はリーグ戦10試合全勝の完全優勝を成し遂げた。リーグ戦優勝は春秋合わせて7季連続。常勝軍団に隙はない。 1回戦・○中大3-0専大●  専大との初戦は先発の笠継泰成(商4)が専大打線を完全に......続きを読む»

硬式野球部・東都大学野球春季リーグ戦対亜大戦1回戦

5月29日 神宮球場 島袋5失点  先発は島袋洋奨(商3)。1回、2回、3回と3人で抑える。3回裏の攻撃では9番松田進(法1)、1番影山潤二(商4)と安打を放つもチャンスを生かし切れず先制点を奪えない。  すると4回表、島袋は3安打を浴び、この回2失点。島袋を援護したい打線は九里(亜大)から一本をとれない。6回表、2番が安打で出塁すると、5番の適時二塁打で1点を失う......続きを読む»

ゴルフ部・関東大学春季Aブロックリーグ戦

5月20日~24日  こだまゴルフクラブ 無念の降格  昨秋歓喜のAブロック昇格を果たし、試金石となる今大会。しかし「地力の差が大きかった」(黒須監督)と上位校に苦戦を強いられ、無念のBブロック降格となってしまった。  春季リーグ戦は1チーム12組で対戦するマッチプレー方式(1ホールごとの打数で勝敗を決める方式)で行われる。5日間の勝ち点で順位を決め、同点の場合は勝率、獲得ポイ......続きを読む»

バレーボール部・春季リーグ戦コメント集

関東大学バレーボール春季リーグ戦 最終結果は5位  5月19日に終わりを迎えた春季リーグ戦。残り2戦を前にして順位は8位と結果が出せずにいた中大。しかしその中でも筑波大にストレート勝ちをすると、最終戦となった順大戦ではフルセットの接戦で粘り勝ち。3つ順位を上げ5位で締めくくった。 以下、順大戦を終えた選手のコメントです。 #1新井洋介主将(法4)「(順大に勝てて)嬉しいけど、......続きを読む»

陸上競技部・関東学生陸上競技対校選手権大会

5月26日 日産スタジアム 15年ぶりの総合4位  大会最終日は多くの決勝種目が行われた。  まず最初に行われたのがハーフマラソン決勝。中大からは永井秀篤(文3)、徳永照(経2)、渡邉俊平(商3)が出場。永井が先頭集団に食らいつくなど意地をみせたが入賞には及ばず13位でのフィニッシュとなった。  続く400mHでは昨年のロンドンオリンピック出場者である舘野哲也主将(商......続きを読む»

女子陸上競技部・関東学生陸上競技対校選手権大会

5月26日 日産スタジアム 4×400mR、400mH、200mで金  大会は4日目最終日。中大は三つの種目で優勝を果たし、前日の3位から逆転、大学対校で準優勝に輝いた。  200m準決勝には菅原聡美(総4)と新宅麻未(商2)が出場。菅原は組1位で決勝に進んだ。決勝ではスタートからほかの選手を離し逃げ切った。24秒19で見事優勝を果たした。  400mHは決勝が行われ、昨......続きを読む»

水泳部(競泳)・ジャパンオープン2013

5月24~26日 相模原市立総合水泳場 塩浦決勝進出ならず ◆決勝 200m個人メドレー ⑧堤貴大(総3) 2分4秒95 ◆B決勝 50m背泳ぎ ⑭安野真幸(法3) 26秒66 「3日目だから疲れもあった。スタートにキレがなく、ピッチも遅いし予選よりタイムが落ちて残念。(インカレに向けて)今回中京大の背泳ぎ陣は100も200も決勝にしっかり残っていた。これから長......続きを読む»

サッカー部・関東大学サッカーリーグ戦第9節

5月26日 第9節 対明大 味の素フィールド西が丘 リーグ戦前期最終戦 勝利! 昨年負けている明大との試合が味の素フィールド西が丘で行われた。1点は取られてしまったものの、前半と後半中盤までで奪った3点を固い守備で守り抜き、最終戦で勝利を収めた。    前節はリーグ戦首位専大に、2-5とぼろぼろにやられていたものの、「内容的には勝っていた」(白須監督)。そして迎えた前......続きを読む»

ハンドボール部・関東学生ハンドボール連盟春季リーグ戦入替戦 対立大戦

5月26日 日体大健志台キャンパス 入替戦を大勝で制し1部復帰へ!  2部優勝の中大と1部最下位の立大で行われた春季入れ替戦。前半で手にした大量リードを後半にしっかり守り切り31-21と10点差をつけて勝利を飾った。入替戦を制した中大は秋季リーグ戦から1部復帰となる。  「とにかく勝つことだけを考えて臨んだ」(通事享介主将・経4)入替戦は中大のスローオフで始まった。前半1分半、「流......続きを読む»

柔道部・東京学生柔道優勝大会

5月26日 日本武道館 関東学生ベスト8  土屋潤主将(法4)、福本翼(文4)、三苫亮人(経4)と主力メンバーがいない中、大王光貴(商4)が中心となり「実力のある」(土屋主将)下級生と共に勝ち取った結果だった。  「主力がいない分活躍できる選手が増え、チームとしてもどれだけやれるか楽しみ。目標は日体大を倒し、国士舘にどれだけやれるか」と試合前に土屋主将は話した。  「良いスタートをき......続きを読む»

ボクシング部・第66回関東大学ボクシングリーグ戦 対専大戦

対専大 5月25日 後楽園ホール 新戦力が光り、2勝目  初戦の平国大を破り勢いに乗る中、リーグ2戦目の相手は専大であった。中大陣営は7人中5人が1年生と新戦力に期待を懸けたオーダーであった。結果として新戦力が光り、5−2で勝利した。「(オーダーに関して)不安があったが、力を出せていた」(糸川監督)とコメントを残した。  新戦力・1年生が活躍する試合展開となった。最初のライトフラ......続きを読む»

陸上競技部・関東学生陸上競技選手権大会

5月25日 日産スタジアム 4継、早大破りV奪還  大会3日目の今日は200m予選、400mH予選、準決勝、4×100mリレーの決勝などが行われた。  まず最初に行われたのは800m予選。長谷川拓哉(総3)、馬宮惇(経3)が出場したが、残念ながら2人とも予選落ちとなった。  400mHは出場選手3人ともが準決勝へ進んだが決勝進出は舘野哲也(商4)のみとなり......続きを読む»

女子陸上競技・関東学生陸上競技対校選手権大会

5月25日 日産スタジアム 走幅跳 清水主将が2連覇 4継は惜しくも準優勝  大会3日目、二日間にわたる女子の七種競技がスタートした。中大からは冨崎千加(文4)、羽鳥玲奈(法2)、豊田梓(文1)の3名がエントリー。  200mでは3名がそれぞれの組で1着でゴールするなど、確実にポイントを重ねていった。明日の3種目を残し、冨崎は7位、羽鳥は8位、豊田は9位の順位につけた。 ......続きを読む»

水泳部(競泳)・ジャパンオープン2013

5月24~26日 相模原市立総合水泳場 塩浦、優勝! 大会2日目 ◆決勝 横一線の中から飛び出しレースを制した塩浦。得意の50m、100m自由形を封印して出場した今大会で、1位を獲得した。 50mバタフライ ①塩浦慎理(法4) 23秒78 「どのくらいのタイムが出るかは分からなかったが、練習では良いタイムが出ていたし、出るからには優勝したかったので、優勝できて良かっ......続きを読む»

フェンシング部・関東学生フェンシングリーグ戦 エペ種目2日目

5月24日 駒沢公園屋内球技場 屈辱の全敗、入れ替え戦へ   1日目の3試合で勝ちの無い中大エペ、あとのない中での2日目となったが、日体大と日大にも敗れ全敗。1部残留をかけての入れ替え戦へ進むこととなった。  この日最初の相手は前日の2試合を敗北した日体大。序盤は両チーム拮抗した試合となるが4セット目に出場した高阪一世(法3)がリードを作ると中盤はそのリードを保ちながら試合を進める。し......続きを読む»

水泳部(競泳)・ジャパンオープン2013

5月24日 相模原市立総合水泳場 石橋表彰台に届かず 大会初日  ジャパンオープン2013が開幕した。今大会は世界水泳、ユニバーシアード、インカレなど今後へ向けたトレーニングとして取り組み、決して本調子でない中でレースに挑む選手も多い。エース塩浦慎理(法4)は日本代表チームとして出場したが、自身の専門外ということもあり200m自由形でB決勝8位(全体で16位)。同じ200m自由形では中大勢......続きを読む»

フェンシング部・関東学生フェンシングリーグ戦 エペ種目1日目

5月23日 駒沢公園屋内球技場 エペ、全敗で1日目を終える  リーグ戦エペ種目初日、3連敗という厳しいスタートとなった。  初戦の専大戦では、フルーレにも出場した高阪一世(法3)が5-2で流れを作った。「最初は緊張があった」という1年生の水口紘希(法1)もリードを守り、23-19で金子凌(文4)に繋げる。しかし、金子が4点あったリードを奪われ、さらに3点差をつけられてしまう。逆転で......続きを読む»

フェンシング部・関東学生フェンシングリーグ戦 サーブル種目2日目

5月22日 駒沢公園屋内競技場 法大に軍配上がり2位  前日を3連勝で終えた中大サーブル陣。2日目は明大、そして宿敵法大との対戦だ。ともに4勝し、全勝同士でぶつかった最終戦は、法大に軍配があがった。10日後に迫る王座決定戦で、リベンジを狙う。  明大戦では曽我啓介(商2)が先陣を切った。「試合慣れしてほしいし、自信をつけてほしくて」(前田脩吾主将・経4)と、今リーグから起用され......続きを読む»

フェンシング部・関東学生フェンシングリーグ戦 サーブル種目

5月21日 駒沢公園屋内球技場 サーブル陣、3戦全勝の好発進  昨年のインカレ覇者である中大サーブル陣、今季のリーグ戦でも好発進だ。この日にあたった早大、専大、日大を下し、リーグ戦3試合負けなしで翌日の明大と法大との試合に臨む。  新チームになって最初の団体戦となった早大との試合。序盤は競り合いの展開が続いた。2番手小谷太洋(経3)が早大にリードを許したが、続く曽我啓介(商2)......続きを読む»

アメリカンフットボール部・春季オープン戦対立教大戦

5月19日 対立教大ラッシャーズ アミノバイタルフィールド  攻めあぐねるも、勝利  オープン戦第3戦目は、立教大と対戦。中大は、負傷者を多く抱えた中での試合となった。        第1クオーター、先攻で序盤にRB#1北村光至(商2)とRB#19萩原誠人(法3)のランプレーでボールを運ぶが、パスが通らず苦しむ。追い込まれてフィールドゴールを狙うも、決まらず。次の攻守......続きを読む»

ハンドボール部・関東学生ハンドボール連盟春季リーグ戦 対国際武道大戦

5月19日 日体大健志台キャンパス第一体育館 苦戦強いられるも勝利 2部リーグ制す  春季リーグ2部最終試合。中大は国際武道大との一戦で苦しいながらも30-26と勝利を収め、1部昇格をかけた入替戦への切符を手にした。  前半の立ち上がり、両者が交互に得点を入れ一進一退の攻防に。「前半は守備が全然出来なかった」(山内貴史・経3)中大は横一線の守備形態を採るも、ゴールを守り切れず苦しい......続きを読む»

拳法部・第26回東日本大学リーグ戦

5月19日 立教大学新座キャンパス ライバル早大、明大に敗れ3位  昨年度のインカレで準優勝を果たした拳法部。今年こそ全国の頂点をめざし臨んだ今季初の大会だったが、長年のライバルである早大と明大に敗れ、3位という結果に終わった。  本大会は7人制、3本勝負で行われた。予選リーグでは慶大と国士大と対戦。それぞれ6-1、7-0と圧勝し、危なげなく決勝リーグ戦へ駒を進めた。  決......続きを読む»

バレーボール部・春季関東大学バレーボールリーグ戦

5月19日 対順大戦 慶大日吉記念館 最終戦諦めず、勝利で締めくくる スタメン(サーブローテーション順)   11C手塚奨(経3) 9R江頭広樹(経3) 25L井上慎一朗(法1) 2C傳田亮太(経4) 21S関田誠大(法2)  1L新井洋介主将(法4)  28Li伊賀亮平(経1)  春季リーグ最終戦は順大と対戦。高さのある相手に終始苦しんだが、粘り強いバレーで対抗し......続きを読む»

ボート部・全日本軽量級選手権大会

5月19日 戸田ボートコース 男子エイト優勝!  大会3日目は準決勝、順位決定戦、決勝戦が行われた。中大からは男子エイトと男子舵手なしフォアが出場し、男子エイトが見事優勝を飾った。  男子エイトはコックス小林陽太郎(文4)、宮竹勇輔(文5)、上田裕樹(理工5)、林靖晴主将(商4)、野田郁真(経4)、松本侑也(経3)、中村圭(理工3)、中世古万集(経2)、石畑......続きを読む»

陸上競技部・関東学生陸上競技対校選手権大会

 5月19日 国立競技場 飯塚、木村共に優勝逃す!!   2日目となる関東インカレは決勝を中心に行われた。その中でも中大は飯塚翔大(法4)、木村淳(法4)の2人が表彰台に上がった。 中大の最初の種目は100m準決勝。向かい風が強く吹く、走るのが難しい中でのレースとなる。惜しくも3人全員が決勝進出とはいかなかったが、女部田亮(法4)と飯塚が決勝に進んだ。 決勝でも......続きを読む»

女子陸上競技・関東学生陸上競技対校選手権大会

5月19日 国立競技場 吉良 400mで銀 清水主将、高橋麻実も表彰台にあと一歩  大会2日目、最初に行われた100m準決勝には菅原聡美(総4)が出場。12秒58で6着となり、決勝に進出はならなかった。  三段跳決勝には清水珠夏主将(文4)、冨崎千加(文4)、青木栄美花(文3)が出場した。清水主将、冨崎がトップ8に残り、清水主将が4位、冨崎が7位入賞を果たした。  ......続きを読む»

ハンドボール部・関東学生ハンドボール連盟春季リーグ戦 対順大戦

5月18日 東京理科大野田キャンパス 優勝目前 着実に点差広げ勝利!   春季リーグ2部最終試合を翌日に控えた今回の一戦。中大は点差をじわじわと広げ、34-25で順大に勝利した。 前半の出だし、中大は横一線に並んで守りを固めるも、相手に得点を許し競り合いとなった。しかし、鈴木翔大(商3)や佐﨑静磨(経2)の積極的な攻撃により僅差ながらもリード。「本当は中盤でもっと点差を離し......続きを読む»

陸上競技部・関東学生陸上競技対校選手権大会

5月18日 国立競技場 三宅 1500m3位入賞!!  関東インカレ初日は、予選種目が多く、数多くの選手が準決勝、決勝へコマを進めた。強風が吹き付ける中でのレースもあったが、初日から好スタートを切った。 最初に行われたのは400m予選。木村淳(法4)は余裕のレースで通過。横山直広(経2)は着順で準決勝進出を決め、法月秀平(文4)はプラスの最後のタイムで拾われ......続きを読む»

1 3

ブロガープロフィール

profile-iconchuosports

中央大学学友会体育連盟に所属する「中大スポーツ」新聞部の公式ブログです。
  • 昨日のページビュー:432
  • 累計のページビュー:4384818

(08月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 陸上競技部・東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  2. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 監督、部長、コーチ、主務、新主将
  3. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対東海大
  4. 陸上競技部・駅伝監督交代記者会見
  5. 陸上競技部・第44回全日本大学駅伝対校選手権大会 区間エントリー選手発表
  6. バレーボール部・天皇杯皇后杯全日本バレーボール選手権大会 2回戦 対サントリーサンバーズ
  7. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対法大
  8. 陸上競技部・10000m記録挑戦競技会
  9. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 往路選手
  10. 陸上競技部・上尾シティハーフマラソン

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
06
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss