「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~

月別アーカイブ :2013年03月

硬式野球部・春季オープン戦対立大

ワンチャンスをものにし、完封勝利! 立大とオープン戦を行い3-0で勝利した。 中大の先発は上田晃平(文3)。2回、3回と粘られて先頭を四球で出すなど安定しない投球だったが、傷口を広げない。徐々に調子を上げていった。 打線は、走者はだすものの得点につながらない。初回に影山潤二(商4)、2回には金子大喜(文3)が無死から安打を放ち次打者が犠打で進め得点圏に走者を置くも得点とはならず。一......続きを読む»

硬式野球部・春季オープン戦対創価大

大接戦の末、最終回に追いつき引き分け 3月27日、創価大Gにてオープン戦が行われた。逆転を許すも最終回に追いつき引き分けとなった。 この日の先発は川口貴信(法3)。試合開始後すぐに二塁打を打たれるも、後続を三者で抑える。その後の2回、3回、4回を三者凡退で抑え、5回まで被安打2無失点と快投をみせた。 打線は5回、この日6番ショートで先発出場していた松田進(法1)が投手強襲の......続きを読む»

準硬式野球部・第55回関東地区大学準硬式野球選手権大会 対早大

3月28日 早大G 延長の末サヨナラ負け…関東大会初戦敗退  前日に行われた早大との試合は、4回6-6の雨天ノーゲームとなった。仕切りなおして迎えた関東大会初戦。中大は3点差を8回、9回で同点にする粘りを見せるも、延長13回裏、無死満塁というピンチを乗り切れず、サヨナラ負けを喫する。昨年、準優勝の中大が早大相手に3-4×で今年最初のタイトルを逃した。  試合は3回、相手の攻撃で動く......続きを読む»

軟式野球部・東都学生軟式野球春季リーグ戦対神奈川大

3月27日 町田市民球場 雨の中の攻防、中大悪天候に苦しむ 強い雨と冷たい風の中で、春季リーグの開幕戦を迎えた。 中大は、先発に新井敬人(経3)を起用。ところが、立ち上がりが悪かった。「雨で手元が狂い、制球が定まらなかった」と新井が言うように、降りしきる雨の中で8人の打者に投げた初回には、四球と2個の死球、そして暴投。無安打にも関わらず2点を失った。 追いつきたい中大は、......続きを読む»

硬式野球部・春季オープン戦対学習院大

3投手の継投で完封勝利 学習院大とオープン戦が行われた。3年生以下を中心としたメンバーで試合に臨み、3-0で勝利した。 先発は山手幹(商2)。初回をわずか6球で3者凡退に打ち取ると、ファールでカウントを稼ぎ、ストライク先行の投球でテンポよく打ち取る。4回に追い込んでから甘い球を連打され1死1、2塁のピンチを招くが、相手の中軸を抑え無失点で切り抜ける。 打線は初回、先頭の新城拓(......続きを読む»

硬式野球部・春季オープン戦対早大

最終回に意地を見せ引き分ける 本日は早大Gでオープン戦を行った。 中大の先発はエース島袋洋奨(商3)。しかし、走者をためる立ち上がり。初回は走者をためながら抑えるも、2回には3安打を浴びて先制を許してしまう。 一方打線は2回に小川拓真(商2)が初安打を放ち、盗塁を成功させチャンスを作るも後続が続かず無得点。 3回、島袋は初めて3者凡退に退けると、4回からは前回好投を見......続きを読む»

硬式野球部・春季オープン戦対JR東日本

3月23日 JR東日本G 6失点でJR東日本に敗れる  本日はJR東日本Gでオープン戦が行われた。  中大の先発は上田晃平(文3)。立ち上がりから先頭打者に安打を許すと、盗塁なども絡み、この回2失点。2回からは立ち直り、安打は許すものの失点はない。だが5回に再び失点し、5回被安打8、失点3で降板した。  代わった津花康平(商4)は本塁打を浴びるが、許した安打はこれ1本のみ。6、7回を......続きを読む»

硬式野球部・卒業生 鍵谷陽平

卒業生特集 北海道日本ハムファイターズへ入団した鍵谷陽平(法)です! 「中大スポーツ」4月号に掲載しきれなかった硬式野球部の卒業生を特集しています 鍵谷を作った中大での4年間 小学1年生の頃から兄の影響で始めた野球。高校では甲子園に出場し日本一を目指すも、15-10で負け「惨めな思いをした」。しかしその経験により「もっと上を目指す」気持ちが大きくなり、中大への進学を決意し......続きを読む»

硬式野球部・卒業生 上嶋健司

卒業生特集 静岡ガスで軟式野球に転向する上嶋健司(法)です! 「中大スポーツ」4月号に掲載しきれなかった硬式野球部の卒業生を特集しています   攻撃では勝負強いバッティングで、守備では外野の要としてチームに貢献してきた上嶋。卒業後は地元の静岡ガスで軟式に転向し野球を続ける。  兄二人につられて始めた野球。巨人が好きなのも兄たちの影響である。常葉菊川高時代は一塁手として活躍し、0......続きを読む»

硬式野球部・卒業生 廣瀬公秀

卒業生特集 声でチームを鼓舞した廣瀬公秀(商)です! 「中大スポーツ」4月号に掲載しきれなかった硬式野球部の卒業生を特集しています   毎試合ベンチから大きな声でチームを鼓舞する。代走を中心にチームになくてはならない存在として活躍した廣瀬公秀(商)が卒業し、ウスネに就職。「日本一の肉屋になる」と誓った。  野球を始めたきっかけは父とのキャッチボール。関東一高時代には甲子園で本塁......続きを読む»

硬式野球部・春季オープン戦対セガサミー

チャンスを生かしきれず惜敗 本日は社会人セガサミーとのオープン戦を行った。チャンスの場面での一打が出ず1-3の敗戦。これで対社会人戦は4連敗となった。 先発は川口貴信(法3)。4回まで無失点の好投をみせる。そして0-0で迎えた5回。リリーフで上田晃平(文3)が登板すると、守備の乱れを突かれ1点を失ってしまう。 打線は6回に二死2、3塁、7回には一死満塁のチャンスの場面を生かしいれず......続きを読む»

自転車競技部・春季ロード合宿

3月16日・中央大学富浦臨海寮 春季ロード合宿  添田監督の指導のもと、3月11日から17日までの7日間にわたって自転車競技部の春季ロード合宿が行われた。  疲労も溜まった合宿6日目の練習はロード220km。長距離の1班(笠原恭輔・商3、山本隼・商2、宮一貴・法2、金内一行・経1、高士拓也・法1、安原大生・榛生昇陽高)、2班(北川明人・経3、黒瀬耕平・法2、緑川竣一・法2、神開一輝・経1、広瀬......続きを読む»

硬式野球部・春季オープン戦対JX-ENEOS

社会人王者に完敗  本日のオープン戦は、昨年の日本選手権、都市対抗野球の覇者JX-ENEOSとの対戦。相手打線の勢いを抑えることができず4-8の敗戦となった。 先発の上田晃平(文3)は、2回まで3安打無失点の好投を見せる。 打線は2回、影山潤二(商4)が四球で出塁すると、その後石川啓祐(商4)の安打で二死1、2塁のチャンスをつくる。そして本日9番ショートでスタメン起用されていた1年生松......続きを読む»

水泳部(水球)・東日本リーグ戦

3月17日 慶大日吉プール 対専大 接戦を落とす  第4ピリオドを終えて9-9の同点、ペナルティシュート(PS)戦までもつれた熱戦で惜しくも敗れた。  立ち上がりは両チーム決定機をつくるもゴールが遠い。第2ピリオド以降、田辺一樹主将(文4)を中心に得点を狙う形が機能し始めると、徐々にリズムをつかむ。第3ピリオドでは中大が挙げた3得点全てが田辺主将のゴールだった。しかし点を取っては......続きを読む»

硬式野球部・春季オープン戦対NTT東日本

粘戦も終盤に突き放され対社会人2連敗 本日は社会人の強豪NTT東日本とオープン戦を行い、ミスが失点につながり敗戦となった。 先発はエース島袋洋奨(商3)。投球数は要したものの初回から四球を一つ挟んで5者連続三振を奪うなど力強い投球を披露。 打線は2回。先頭の二十八貴大主将(文4)が安打で出塁すると、羽山弘起(商3)の死球などで2死1、3塁のチャンスを作る。そして8番でスタメ......続きを読む»

硬式野球部・春季オープン戦対鷺宮製作所

社会人相手に完封負け オープン戦で鷺宮製作所と対戦。6回に失った1点を最後まで返せず完封負けを喫した。 先発は津花康平(商4)。制球が安定せず5回までに5つの四死球を与えた。しかし要所を押さえて被安打1無失点の好投を見せる。 打線は初回に新城拓(文1)、2回に小川拓真(商2)が安打を放ち出塁するも、後続が続かない。 6回から投手を島袋洋奨(商3)に交代。しかし島袋は先頭打......続きを読む»

連載29回

 連載第29回は、航空部です!  部を引っ張ってきた和田祐樹(法4)とクルーの清水翔(明星大・2)のお二人にお話を伺いました。  自然の力で空を飛ぶグライダー。その魅力をたっぷりお伝えします。 ――中大へは一般で入学されたんですか? 和田「あ、うちは中大と明星大学合同の航空部なんです。で、清水は明星大学。今は一人です。自分は中大には普通に入学して、大学に入って航空部を知り......続きを読む»

硬式野球部・春季オープン戦対同志社大

3月13日 中大G 打線爆発! 大量10得点  本日は関西学生野球連盟所属の同志社大とのオープン戦が行われた。風の影響で両チームとも失策の多い試合となった。  中大の先発は山手幹(商2)だ。山手は初回から先頭打者に四球を許すと、犠打や盗塁で走者を進められ、4番の適時打でいきなり失点。  また3回にも適時打や味方の失策も絡み3失点。山手はここで降板し、チームも2回に1点を奪......続きを読む»

航空部・第53回全日本学生グライダー競技選手権大会

3月2日~10日 埼玉県妻沼滑空場    エース和田、入賞!  各地の予選を突破した大学が競うハイレベルな今大会。中大からは関東学生グライダー競技会を3位で通過した和田祐樹(法4)が出場し、見事個人総合で4位入賞を果たした。  今大会は指定されたポイントを通り、掛かった時間などによって得点を出す競技。競技は8日間行われ、各日の最終フライトがその日の得点となる。全日の合計......続きを読む»

陸上競技部・第16回日本学生ハーフマラソン

3月3日 陸上自衛隊立川駐屯地~国営昭和記念公園 チーム再建へ!  暖かい日差しが指すなか、今年も日本学生ハーフマラソンが開催された。中大からは26人が出走した。  中央トップでゴールしたのは須河宏紀(経3)。63分43秒と見事自己ベストを更新した。しかし、「後半の勝負するところの前で離れてしまい、これが自分の力だと痛感した」と納得できる結果ではなかった。  ......続きを読む»

連載28回

 おまたせしました。連載28回は剣道部です!  今年度、昨年度とインカレで準優勝だった剣道部。今回はチームを引っ張る宮本大幹主将(法3、写真右)、宮本浩平(法2、写真左)兄弟にお話をうかがいました。 ―剣道を始めたのはいつですか。 宮本大幹(以下兄)「僕が小1で弟が年長のころです。きっかけは弟がやりたいと言ったからです。わたしはやりたくなかったんですけど(笑)知り合いからの勧めがあり始......続きを読む»

柔道部・東京都柔道選手権大会

3月3日 東京武道館 土屋潤(法3)全日本に一歩届かず  東京都柔道選手権大会(兼、全日本柔道選手権大会東京都予選)が行われた。学生だけでなく、企業からも選手が出場するこの大会。ベスト8以上が全日本大会の代表選手となる。中大からは7人が出場し、中でも土屋主将が著しい活躍を見せた。  「同級生なので絶対負けられなかった」という一回戦目は森内(日体大)から一本をとる。  二回戦目は菱......続きを読む»

スキー部・全日本学生スキー選手権大会

2月20~25日 岩手・八幡平市安比高原スキー場他 総合9位に終わる  ノルディック世界選手権大会に同行し、佐藤志郎監督が不在の中、中央大学スキー部として戦う唯一の大会であるインカレが、アルペン種目の大回転で幕を開けた。村田仁志(商3)が昨年に引き続き大回転で7位に入賞した。1本目のタイム49.69が10番に入り、入賞圏内につけた村田。「安全に滑ったら得点を獲ることができないので、2本目......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconchuosports

中央大学学友会体育連盟に所属する「中大スポーツ」新聞部の公式ブログです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:4521386

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 陸上競技部・東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  2. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 監督、部長、コーチ、主務、新主将
  3. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対東海大
  4. 陸上競技部・第94回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  5. 陸上競技部・駅伝監督交代記者会見
  6. 陸上競技部・第44回全日本大学駅伝対校選手権大会 区間エントリー選手発表
  7. バレーボール部・天皇杯皇后杯全日本バレーボール選手権大会 2回戦 対サントリーサンバーズ
  8. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対法大
  9. 陸上競技部・10000m記録挑戦競技会
  10. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 往路選手

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
06
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss