「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~

月別アーカイブ :2012年01月

第10回奥むさし駅伝競走大会

1月29日 東飯能駅西口前~飯能市内中央通り  かなりの冷え込みの中、スタートした今年で第10回目となる奥むさし駅伝。中大からは3年生のみで組んだ「中央大学A」と1年生を中心に組んだ「中央大学B」に加え、中大陸上部OBを中心に組んだ「ホクロ」の3チームが出場した。   「中央大学A」は一般の部で優勝したが、全体では高校の部で優勝した埼玉栄高校に敗れ2位となり、昨年のワンツーフィニッシュよ......続きを読む»

平成23年度天皇杯・皇后杯全日本選手権

1月21日 東京体育館 男子シングルス5~6回戦 伊積が初ランク入り!  大会はついに5日目を迎える。中大勢で残っているのは伊積健太(商4)ただ一人。5回戦を突破し、初のランク入り(ベスト16)を果たした。  5回戦は坂本(協和発酵キリン)との対戦。緊張していたというが、思い切ったレシーブや、左利きの選手には特に効くサーブの組み立てが決まる。フルセットまでもつれる熱戦の末、最後に......続きを読む»

平成23年度天皇杯・皇后杯全日本選手権

1月20日 東京体育館 男子シングルス3~4回戦  大会4日目で残るは強豪ばかり。中大勢で残るは藤木、橋本、大久保、伊積だけだ。3回戦では藤木と橋本が破れたものの、大久保が積極性と粘り強さを見せて見事勝利した。  4回戦ではこれまでと違い4セット先取となり、実力が反映されやすくなる。大久保はスーパーシードの選手を相手に互角の勝負を繰り広げるが、惜しくも敗戦した。スーパーシードの伊積は4......続きを読む»

平成23年度天皇杯・皇后杯全日本選手権

1月19日 東京体育館 男子シングルス1~2回戦  大会3日目のこの日はシングルス2回戦まで行われた。中大でエントリーされたのは9名だったが、今大会は社会人やプロも含まれる日本最大級の大会なだけに、2回戦に進んだのは6名。鈴木、藤木、橋本が1回戦を突破、松生、大久保はシードのため2回戦から、伊積はスーパーシードのため翌日からの出場となった。  そしてシングルス2回戦。鈴木は格上相手......続きを読む»

第84回日本学生氷上選手権大会

 1月6~9日 苫小牧市白鳥アリーナ  インカレ 創部史上初優勝かざった!!!  準々決勝では法政大を破り、準決勝では秋季リーグ戦覇者の東洋大を下し、迎えた決勝戦。中大は早大と対峙した。  八戸翔太(総1)が先制点を決め幸先の良いスタートを切る。続いて林川浩太(総2)がパワープレーを生かしシュートを決め、2点目。だが、早大は簡単には勝たせてはくれない。2ピリオド後半、ミスから失点を許......続きを読む»

硬式野球部初練習

1月15日 中大グラウンド 硬式野球部始動!!  硬式野球部が15日中大グラウンドで新年初練習を行った。ランニングやダッシュ、キャッチボールなどで汗を流した。部員全員でグラウンドを30周する恒例行事では、新しく主将に就任した西銘生悟(法3)が集団を引っ張り、3位でフィニッシュ。今秋のドラフト候補としても期待されるなか「春は首位打者とエラーゼロを目指していきたい」と目標を語った。また今季は......続きを読む»

連載 第5回

連載5回目はレスリング部です。 オリンピック競技でもあるレスリング、中大レスリング部はこれまでに5人のオリンピック金メダリストを輩出してきました。その伝統を受け継ぐ選手たちの中から今回は 瀧澤廉太郎(法1)選手に注目です。 瀧澤選手は高校時代には国体チャンピオンに輝き、大学入学後は昨年5月に行われた東日本学生リーグ戦に出場し4戦3勝と活躍、チームに貢献しました。その後も東日本春季新人戦で3......続きを読む»

ワンダーフォーゲル部

ワンダーフォーゲル部より「中大スポーツ」1月号掲載に向けて写真を提供していただきました。 残念ながら紙面に載せることができたのは1枚だけでしたが、ほかにも写真を頂いたのでご紹介します。 夏に井戸沢にて 冬に江の島にて これは自転車で行動する「ツーリング」です。 春に西表島にて 春に西表島にて 「沢登り」の様子です。 ......続きを読む»

第88回 東京箱根間往復大学駅伝競走

 総合8位となったハコネ。浦田監督のインタビュー、10区間を走った選手のハコネ直後の言葉を掲載させていただきます。 ≪選手の言葉 復路編≫ 6区 代田修平(経2)   力を出し切れば必ずシード権に近づける (初めてのハコネは)展開的にも予想外の展開で往路を終わったので、何とか自分が挽回になる足がかりを作ろうと思った。(区間3位という結果は)区間賞獲れると思ったが、最後にへばってし......続きを読む»

第88回 東京箱根間往復大学駅伝競走

 総合8位となったハコネ。浦田監督のインタビュー、10区間を走った選手のハコネ直後の言葉を掲載させていただきます。 ≪選手の言葉 往路編≫ 1区 西嶋悠(文2) ハイペースでもついていける自負あった (1区8位は)順位は満足のいくものではないが、タイムで成長が見られた。(早大、大迫選手がエントリーされてどう思ったか)大迫が入るにしても入らないにしても、みんな去年の展開を見ているので、......続きを読む»

第88回 東京箱根間往復大学駅伝競走

 総合8位となったハコネ。浦田監督のインタビュー、10区間を走った選手のハコネ直後の言葉を掲載させていただきます。 ≪浦田監督インタビュー≫ ――総合8位という結果についてはどうお考えですか  目指したところとずいぶんかけ離れ、総合8位という残念な結果になりました。 ――昨年と同じ区間を走った選手が多いように感じました。どういったことを狙いましたか  ひとつには一度経験しているとい......続きを読む»

第88回 東京箱根間往復大学駅伝競走 復路

1月3日 芦ノ湖~大手町 総合8位、28年連続シード権守る    往路を12位で終え、復路は26年ぶりの一斉スタートとなった。復路のスタート区間6区を走った代田修平(経2)が集団を引っ張る走りで飛び出し、区間3位の快走を見せる。7区で早くもシード権内に入ると、9区で10位に沈むも11位とは2分以上の差をつけ、シード権はほぼ確実となった。最終10区は塩谷潤一(理工3)が前を追う積極的な走りを......続きを読む»

第88回 東京箱根間往復大学駅伝競走 往路

1月2日 大手町読売新聞東京本社前~箱根町芦ノ湖駐車場入り口 往路12位でゴール 復路で巻き返し誓う  総合3位以内を目標に挑んだ箱根駅伝往路。4区までで6位につける健闘を見せたが、5区では一時13位に沈んだ。そのなかでも終盤で1つ順位を取り返し12位で往路のゴールテープを切った。  3位以内の目標は遠のいたが、復路で巻き返しシード権獲得を目指す。  明日は復路一斉スター......続きを読む»

第88回箱根駅伝 区間エントリー

2011年 1月2、3日 大手町~芦ノ湖 箱根駅伝区間エントリー発表!! 1区 西嶋悠(文2) 2区 棟方雄己(法4) 3区 渥美昂大(総政3) 4区 鈴木大和(経3) 5区 井口惠太(経3) 6区 代田修平(経2) 7区 須河宏紀(経2) 8区 相場祐人(経2) 9区 大須田優二(経3) 10区 塩谷潤一(理工3) 控え選手 市塚遊(理工4)、新庄浩太(法3)......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconchuosports

中央大学学友会体育連盟に所属する「中大スポーツ」新聞部の公式ブログです。
  • 昨日のページビュー:2802
  • 累計のページビュー:4257334

(05月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 陸上競技部・東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  2. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 監督、部長、コーチ、主務、新主将
  3. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対東海大
  4. 陸上競技部・駅伝監督交代記者会見
  5. 陸上競技部・第44回全日本大学駅伝対校選手権大会 区間エントリー選手発表
  6. バレーボール部・天皇杯皇后杯全日本バレーボール選手権大会 2回戦 対サントリーサンバーズ
  7. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対法大
  8. 陸上競技部・10000m記録挑戦競技会
  9. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 往路選手
  10. 陸上競技部・上尾シティハーフマラソン

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
06
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss