「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~

月別アーカイブ :2011年11月

ゴルフ秋季対抗戦男女ダブル優勝祝賀会

 新宿京王プラザホテルに於いてOB・OGや中大関係者総勢100名ほどでゴルフ部男女ダブル優勝の祝賀会が行われた  男子はBブロック優勝しAブロック昇格。女子はCブロック優勝し初のBブロック昇格。  祝賀会の様子を写真に撮ってきました。 ......続きを読む»

全日本学生自動車運転競技選手権大会

11月27日 大阪・近鉄自動車学校 フィギュア団体6位  全日本戦(インカレ)三大会の最後、全日本運転競技選手権大会(フィギュア)が行われ、4種目の一つの小型貨物Aで光本圭佑(法3)が優勝するなど中大は健闘。団体でも6位入賞を果たした。だが三大会の合計ポイントで争われる全日本総合杯では惜しくも連覇を逃し、3位となった。  大会は小型乗用と小型貨物の2部門で、各二人ずつが出......続きを読む»

関東大学サッカーリーグ戦後期

11月27日 第21節 対神奈川大戦 西が丘サッカー場  前節の青学大戦ではまさかの敗戦。1部残留を決めることはできなかった。だが前日の試合で青学大が敗れ、駒大が引き分けたことにより、今節で勝ち点3を奪えば残留が決定する。そしてその大事な一戦で中大は勝利した。2年生の両ウィングコンビがそれぞれの必殺技を披露し中大のサッカーが上手く機能した試合だった。  「(立ち上がりから)非常に良......続きを読む»

関東大学アメリカンフットボールリーグ戦

11月13日 対法大トマホークス 横浜スタジアム  リーグ最終戦、相手は6年連続リーグ負けなしの強豪法大トマホークスだ。勝てばあずまボウル(関東大学選手権)出場への切符を手にすることができ、甲子園ボウル(全日本大学アメリカンフットボール選手権)出場へ大きく前進できる大事な一戦だ。      前半、先に流れを作ったのは法大だった。開始早々パスでのタッチダウンを許してしまい(0−......続きを読む»

関東大学ラグビーリーグ戦

リーグ戦 11月20日 対流経大 熊谷グラウンド  残り2試合を残し、1部残留を左右しかねない戦いが始まった。課題としてきた立ちあがりだが、前半3分、反則を取られ、スクラムで押されいきなりトライを奪われる。7分、得意のクイックスタートから藤井諒(法3)がトライを決め、奪い返す。しかし、その後スピードと技を活かした戦術で得点を重ねられる。    後半に入っても、22mライン内に侵入するも、......続きを読む»

【展望】全日本学生自動車運転競技選手権大会

11月26日 大阪・近鉄自動車学校 慶應の完全優勝を阻止せよ! 自動車部    ジムカーナ(舗装路)、ダート(未舗装路)、フィギュア(運転技術)の3種目で行われる自動車競技。3試合の総合成績で全日総合杯(=学生王者)が決まる。中大は昨年全日総合杯を手にし、ディフェンディングチャンピオンである。今年は夏にジムカーナ、ダートのスピード競技大会が行われ、残りのフィ......続きを読む»

関東大学アイスホッケーリーグ戦

11月23日 ダイドードリンコアイスアリーナ  9月から始まった秋季リーグ戦も今日で最終日。相手の法大は2部からの昇格間もないとはいえ、過去幾度もタイトルを獲得している伝統校だ。今季は一勝をあげていたが、今回は予想外の波乱の展開となった。  開始直後から容赦なくシュートを繰り出し、中大を圧倒する立ちあがりを見せた法大。GK佐々木(法4)がナイスセーブで危機を回避する相......続きを読む»

10000m記録挑戦競技会

11月23日 国立競技場 野脇に復調の兆し、代田は自己新記録  雨という天候の中、上尾ハーフに引き続き、ハコネの通過点ともなる1万m記録会が行われた。中大からは9組に野脇勇志(法3)、12組に代田修平(経2)の2名が出場した。  9組出場の野脇は1周目から3位につき、4000mを過ぎたころから先頭に立つ。ケガからの復帰戦ということもあり、ベストには届かなかったも......続きを読む»

東日本学生軟式野球選抜大会

11月22日 八王子市民球場 決勝戦 対名古屋商大戦  昨年はリーグ戦で負け、出場できなかった今大会。2年前に出場した時は頂に立った。そして今年、2年ぶりに決勝戦の舞台までコマを進めた中大は、3度目の優勝を目指して、3戦連続で愛知県勢と対戦することになった。  今までの試合と同様に、この日も序盤からチャンスをものにし主導権を握りたかった中大であったが、なかなか最後の一本が出ない。1~4......続きを読む»

東日本学生軟式野球選抜大会

11月21日 八王子市民球場 準決勝 対愛知学大戦   前日の愛知東邦大戦に勝利し、勢いに乗る中大は愛知学大と決勝の舞台をかけて戦うことになった。  中大はいきなり流れをつかむ。まず初回の攻撃、1番の石川侑弥(法2)が四球で出塁し、盗塁と犠打で1死三塁のチャンスを作る。次打者の内野ゴロの間に石川が生還し先制。2回にも相手の2つの暴投で無死三塁へ。ボールカウント1-3からエンドランを......続きを読む»

上尾シティマラソン&陸上部激励会

11月20日 上尾市 渥美が大台を突破 上尾ハーフ  上尾シティマラソンが埼玉県上尾市で行われた。距離が20㌔を越える大学生男子の部に中大からもハコネを見据えて多くの選手が挑戦した。  中大勢トップでゴールしたのは渥美昂大(総3)。序盤から上位集団に食らいつき、残り1㌔地点でもマイナ(拓大)、矢......続きを読む»

秋季関東学生ホッケーリーグ

10月20日 対木更津工專 東大駒場グラウンド 勝利に恵まれず苦しんだ今秋だったが、迎えた7位・8位決定戦を危なげない試合運びで勝利。最終戦を笑顔で締めくくった。 勝利を飾った試合だったが、先制点は相手に許してしまう。だが直後から中大ペース。ほどなく山本尚史(経3)がゴール前で勝負強さを見せると、最後は内野翔主将(法3)が得点を奪い、同点。前半を終える。 後半に入ると、10分......続きを読む»

東日本学生軟式野球選抜大会

11月20日 上柚木公園野球場 対愛知東邦大戦  前日の雨が嘘のように晴れ渡ったこの日、東日本大会の準々決勝を迎えた。相手は夏の全日本大会で優勝した愛知東邦大。「めちゃくちゃ強かった」(滝口紳太郎主将・商3)という王者に対して中大は完封リレーで勝利を収めた。  先発を任されたのは桑田憲史(文2)。春リーグで痛めた肘の状態は万全ではなかったが、初回から2者連続三振と完璧な立ち上がりを見せた。......続きを読む»

関東大学ラグビーリーグ戦

リーグ戦 10月30日 対東海大 熊谷グラウンド 昨年のリーグ戦で1位、そして今年も現在1位と圧倒的な強さを誇る東海大と対戦した。 前半途中までに4トライを決められるなど東海大の強さを見せつけられる。対する中大はペナルティーゴール2本のみと苦しい展開だったが、30分、35分と立て続けにトライを奪うなど反撃をみせ前半を6点差で折り返し、後半に勝負をかける。 期待のかかる後半だったが......続きを読む»

東都大学野球秋季リーグ戦

《その4・外野手編》 上嶋健司(法3)  (2回戦ダイビングキャッチ)抜けたら流れが変わるから、なんとしてもあそこで止めなきゃと思ってました。無我夢中でした。(入替戦は)4年生を筆頭にして勝てた。すごく、春につながる試合になったと思います。(杉沼主将は)同じポジションで、試合中はよく声をかけてくれて、試合をしやすい環境をつくってくれていたなと思います。(今季振り返って)今年は出てる4年生......続きを読む»

東都大学野球秋季リーグ戦

硬式野球部、秋季リーグ戦を終えた選手の皆さんのコメントです。 《その3・捕手、内野手編》 井上晴哉(商4)  (3回戦初回の犠飛は)1点にどん欲に行きました。指示は僕だけフリーだったので、もうガバーンと!2打席目も流れに乗れてよかったです。(中盤は)押されてましたね。チームも落ち着きがなかったです。僕は落ち着きがないチームというものを一番経験しているので、なんとか落ち着かせなき......続きを読む»

東都大学野球秋季リーグ戦

硬式野球部、選手の皆さんのコメントです。 《その2・投手編》 入江慶亮(法4)  (最終回での登板)思いっきりやるだけだった。最初は少し気合いが入りすぎてしまっていたが、1本打たれて気持ちが落ち着きました。3人で終わらせられれば一番良かったんですけど、勝てて良かったです。4年間やってきましたし、自分たちが引っ張って行かないといけなかった。(入替戦は)長かった。苦しかったですし、本当......続きを読む»

東都大学野球秋季リーグ戦

 今季、硬式野球部は1部6位となったものの、拓大との入替戦を見事制し1部残留を決めました。高橋監督、選手の試合直後の思い、来季へ向けた言葉を掲載させていただきます。 《高橋監督・杉沼主将編》 高橋監督  (入替戦3回戦は)井上のヒットで最後に1点取れたのが大きかった。あそこで1点差に終わっていたら負けてた。ここまできたら心の勝負。同じくらいの力を持っているならなおさら。心の弱さ......続きを読む»

関東大学サッカーリーグ戦後期

11月19日 第20節 対青学大戦 国立西が丘サッカー場    前節は専大にゲームの主導権を握られ3-0で圧倒されて、負けた中大。残留するにはもうあとがない試合が続く。今回はU-22の日本代表に選ばれた大岩一貴(経4)が欠場。また六平光成(経3)もアキレス腱の痛みにより大事をとって欠場。今季リーグ戦出場が絶望的な林容平(文4)も同じく欠場。チームの柱が3人もいない中、現在最下位の青学大との......続きを読む»

東日本学生軟式野球選抜大会

11月19日八王子市民球場 対青山学院大戦  秋季リーグ最終戦で明学大が神奈川大に敗れたため、6勝4敗でなんとか2位に滑り込んだ中大は東日本大会への出場を決めた。1回戦は青学大理工学部が相手となった。雨が降り注ぎグラウンドのコンディションが悪い中試合は行われた。 先発は春季リーグ戦終盤から先発の機会が多くなった堀内健一(経4)だ。「(雨が降っていて)グラウンドが悪かったので最初は試行錯誤で」......続きを読む»

バレーインカレ冊子発売!!

バレーインカレ冊子発売!!  関東大学バレーボール1部リーグ(秋季リーグ開始時点で )に所属している各大学スポーツ新聞部のバレー班が昨年から作成している、インカレ特集冊子を今年も作成しました。制作に携わったの は中大、専大、慶大、東海大、法大、明大、早大、国士大 の各大学スポーツ新聞部。その他の大学は各大学がそれぞれ協力して取材や撮影を行いました。  「大学バレーの魅力をもっとたく......続きを読む»

連載

ブログ連載2回目は、 今年の9月に行われた日本学生選手権水泳競技大会(以下インカレ)、50m自由形において日本タイ記録を樹立しました 塩浦慎理選手 にインタビューしてきました!  ━━前シーズンを振り返ってみていかかでしたか   とても充実していました。ユニバーシアードで良い結果が出て、インカレでも日本タイ記録を出せて、オリンピックの前の年としてはオリン......続きを読む»

東都大学野球秋季入替戦

一部残留!来季も神宮だ!!' 対拓大3回戦 11月14日 神宮球場 昨日の勝利で1勝1敗に持ち込んだ中大。勝てば残留、負ければ降格の、まさに大一番となった。ここまでの2試合はどちらも初回に先制点を奪っていたが、この日も試合序盤のペースは中大が握った。  相手先発は石橋。1回戦では救援登板ながらMAX148キロの速球で中大打線を封じ込め、勝ち投手となった因縁のピッチャーだ。しかし......続きを読む»

関東大学サッカーリーグ戦後期

11月13日 第19節 対専大戦 市原臨海競技場  前節の駒大戦では久しぶりの勝利で勝ち点3を得た。今節では首位争いを繰り広げる専大との対戦。前期は1-1と引き分けたものの、内容的には圧倒された。  専大のキックオフで試合開始。立ち上がりは中大の得意なサイド攻撃で相手ゴールに迫る。5分過ぎには、この日スタメンに入った砂川優太郎(法1)が右サイドからのグラウンダーのパスを受けシュート......続きを読む»

東都大学野球秋季入替戦

拓大に雪辱!出た!4番井上のHR!! 対拓大2回戦 11月13日 神宮球場  延長戦の末のサヨナラ負けから一夜、選手たちは気持ちを切り替え2回戦に臨んだ。負ければ2部降格。重要な一戦のマウンドに登るのは、入替戦男、渡邊洋平(商4)だ。2008年春に中大は1部に昇格。その入替戦で無安打無得点を成し遂げたのが他でもない渡邊だった。その後長らくケガに苦しんだが、ここ一番というところで高橋監督......続きを読む»

関東大学アイスホッケーリーグ戦

11月13日 ダイドードリンコアイスアリーナ レギュラーリーグ 対東洋大戦  今季全勝中の東洋大にとって、この戦いは勝利すれば優勝が決まる大一番。中大は王者の勢いを止めることができるか。    フェイスオフでパックを奪い、順調な滑りだしで第1ピリオドが開始されたかに思われたが、ディフェンシングゾーンで集中攻撃にあったり、ロングシュートを放たれるなど頭から油断できな......続きを読む»

関東大学アイスホッケーリーグ戦

11月6日 ダイドードリンコアイスアリーナ レギュラーリーグ 対早大戦  今試合で中大が早大に引き分けか敗戦し、直後に行われる試合で東洋大が明大に勝てば東洋大の優勝が決まってしまうことになってしまうため、中大の優勝の可能性を残すためにも大事な一戦となった。  今季立ち上がりの悪さに悩まされていた中大だったが、この日は試合開始から動きにキレがあり、1分40秒には鈴木博敦(総3)がゴールを......続きを読む»

東都大学野球秋季リーグ戦1部2部入替戦

対拓大 1回戦 11月12日 神宮球場  延長13回に終止符打たれる… 3点差守れず  プレーオフによる6位決定戦でのサヨナラ負けから2週間余り。中大は2部1位拓大との入替戦に臨んだ。名門の意地を見せるべく初回から得点を挙げ試合をリードするが、後半に失策から同点に追いつかれると延長戦へ突入。互いに主力投手陣をフル回転させる総力戦となったが、13回裏に3番手の入江慶亮(法4)が一死から3......続きを読む»

国際選抜個人選手権

国際選抜V!浜田 11月6日 慶大日吉記念堂  先月に名古屋市で行われた全日本学生拳法個人選手権大会。浜田翔平(法4)が三連覇を成し遂げることを期待されていた。しかし3回戦、会場がどよめいた。浜田が大石(明大)に面突きを決められ、一本取られた瞬間だった。王者の突然の敗北。この大会、かろうじて東田大介(法3)がベスト8に残ったが、誰もが驚きを隠せなかった。  その翌週に行われたの......続きを読む»

全国学生相撲選手権大会

11月5、6日 大阪・堺市大浜公園相撲場  学生王者を決める時がやってきた。昨年度インカレで優勝している近大や本年度東日本インカレで頂点に立った日体大など、東西のつわものがひしめく中、中大はどれほどの力を見せつけられるか。  大会1日目は個人戦が行われ、193名がトーナメント方式で高みを目指した。中大からは8名が出場。2回戦を福島和希、原井川恵人(法4)、伊藤将明(商4)、中嶋祥悟(法1......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconchuosports

中央大学学友会体育連盟に所属する「中大スポーツ」新聞部の公式ブログです。
  • 昨日のページビュー:432
  • 累計のページビュー:4384818

(08月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 陸上競技部・東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  2. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 監督、部長、コーチ、主務、新主将
  3. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対東海大
  4. 陸上競技部・駅伝監督交代記者会見
  5. 陸上競技部・第44回全日本大学駅伝対校選手権大会 区間エントリー選手発表
  6. バレーボール部・天皇杯皇后杯全日本バレーボール選手権大会 2回戦 対サントリーサンバーズ
  7. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対法大
  8. 陸上競技部・10000m記録挑戦競技会
  9. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 往路選手
  10. 陸上競技部・上尾シティハーフマラソン

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
06
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss