「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~

月別アーカイブ :2010年09月

関東大学バドミントン秋季リーグ戦

9月18~26日 日体大健志台キャンパス米本記念体育館 バドミントン部 秋季リーグ5位  春季リーグ戦で見事な優勝を飾った中大。ディフェンディングチャンピオンとしての貫禄を見せつけたいところだったが、東日本インカレからチームの状況は変わらず、苦しい状態で秋に臨むこととなった。  第1戦日大戦は銭谷翔(法4)・松本岳(法3)組が1勝を挙げるも1-4で敗れてしまう。第2戦は春季で1部に......続きを読む»

秋季関東学生卓球リーグ戦

9月28日(火) 代々木第2体育館  リーグ最終戦。相手は、強豪東京富士大。前日の専大戦での敗北により、優勝の可能性は消滅したが、勝てば3位に食い込むことができる。春季からのジャンプアップはこの1戦にかかっていた。  トップの松村夏海(法1)は敗れたものの、第2シングルスの北岡エリ子(文1)がストレート勝ちを収め、すぐさまタイとする。  続く第3ダブルス。根本理世(文2)・北岡ペア......続きを読む»

秋季関東学生卓球リーグ戦

卓球部 秋は4位に終わる 9月28日 対日大 代々木第二体育館  4勝2敗で最終戦を迎えた卓球部。今日の最終戦で現在4位の日大と3位の座を懸けての試合となった。中大は、前半に主力を起用し、瀬山辰男主将(経4)が通算40勝目を挙げるなど、前半で試合に王手をかける。しかし、後半勝負の日大にこらえきれず3-4で惜敗した。  トップを務めたのはリーグ戦初出場となった近藤功成(2)。これまでサ......続きを読む»

秋季関東学生卓球リーグ戦(女子)

9月27日 代々木第2体育館  前回王者淑徳大を下した中大は4勝1敗と他2校と同率2位につけていた。優勝のためには残り2戦を全勝したい中大。今日の相手は春季リーグの順位は下であるが、春は負けてしまった専大だ。  第1シングルスは坂本夕佳(文3)。相手に連続得点を許してしまい、自分のペースに持ち込めず破れてしまう。第2シングルス根本理世(文2)も敗れ、中大は序盤から2敗となる。 ......続きを読む»

秋季関東学生卓球リーグ戦

9月27日 対早大 代々木第二体育館  リーグ戦も終盤。今日は、春の優勝校早大との対戦となった。優勝争い残留のため、どうしても避けたい敗戦であったが0-4で完敗。早大の3年生トリオの壁はあまりにも大きかった。  早大はトップにエース笠原を起用してきた。中大も自ら志願した瀬山辰男主将(経4)をトップ起用。瀬山主将は、相手のミスを攻め1セット目をとるが、次第に攻勢を強めた笠原に苦しめられる......続きを読む»

関東大学サッカーリーグ戦

9月26日 古河市立古河サッカー場 第15節 対拓大  第14節は順大に1-6と大敗し、後期開幕から3連敗を喫した中大。今節の相手はリーグ最下位位の拓大とはいえ、前節は筑波大に勝利しチームの士気も高まっている。  中大は「メンバーも考え直す」と語った佐藤監督の言葉通り、GKシュミット・ダニエル(法1)やMF磯部想(3)などがリーグ戦初スタメンを果たし、フレッシュな顔ぶれとなった。 ......続きを読む»

関東大学アイスホッケーリーグ戦

レギュラーリーグ 対早大 9月26日 ダイドードリンコアイスアリーナ  リーグ戦も3戦目。開幕から1週間で3試合をこなさなければならない。対戦相手も早大と好敵手が続く。  試合開始4分、いきなり早大にシュートを許してしまう。その後も相手の攻撃が目立つが、ピリオド終盤、中大のパスワークもあと一歩のところまでせまる。しかし中々得点にはつながらない。  第2ピリオド前半は両者とも得点には結びつ......続きを読む»

秋季関東大学女子バレーボールリーグ戦 3部

リーグ戦第2日目 対山梨大 9月25日 学芸大学体育館 春を昇格という最高の形で締めくくった女子バレーボール部。いよいよ秋季リーグ戦から3部での戦いが始まった。更に今季リーグ戦を最後に佐野水紀主将(文3)、佐藤詩織(文4)ら4年生は引退、チームのリーグ戦にかける思いも高まる。  また、3部で戦うことにより試合も今までの3セットマッチから5セットマッチに。「スタミナは夏から一番気にしてい......続きを読む»

秋季関東学生卓球リーグ戦

9月22日 対埼工大 代々木第二体育館  昨日1敗を喫してしまったがまだまだ優勝争いに残っている中大。昨日の試合から間をおかず、すぐの試合となった今日は気持ちを切り替えて試合に望めるのか。相手は毎回長期戦を余儀なくされる埼工大だ。  第一シングルスから試合は動く。リーグ戦2番手出場が多かった瀬山辰男主将(経4)が1番手で登場する。対するは0勝3敗とかなり分の悪い胡。今年の関東学生選......続きを読む»

関東アメリカンフットボールリーグ戦 対駒大ブルータイド

9月26日 アミノバイタルフィールド  晴れ渡る空のもと、二部リーグから昇格した駒澤大学ブルータイドとの一戦が繰り広げられた。果たして、ラクーンズの勝敗やいかに?  「タッチダウン!」。いきなり場内アナウンスが響き渡った。まだ開始直後で、ドキドキしている観客にとっては早い試合展開。得点したのは、もちろんラクーンズ。RB、29番の横田惇(経2)。この得点を皮切りに、格上の力を見せつける。 ......続きを読む»

秋季関東大学バレーボールリーグ戦

リーグ戦 第5日目 対筑波大 9月25日 東海大学湘南校舎総合体育館 1セット目スタメン L               C               R ――――――――――――――――――――――――――――― 8千々木駿介(法3) 11岡村義郎(経3) 3辰巳正敏(経4) 27石井優冶(経1)   4長山拓未(法4) 10白岩直也(経3) Li1山本拓矢(法4) ......続きを読む»

関東学生ハンドボール秋季リーグ戦

最終節 対国士大 9月25日 国士舘大学多摩キャンパス 1カ月にわたるリーグ戦も遂に最終章を迎えた。リーグ戦最後の対戦相手は国士舘大だ。現在の順位は中大の1個前を行く6位となんとしても勝ちたい相手。一つでも最終順位を上げるためにも、インカレに向け少しでも良い形で終われるように白星を上げたい。 しかし4連敗の中大は序盤からペースを作ることができない。国士大の猛攻に圧倒され、まったく走るハ......続きを読む»

関東大学アイスホッケーリーグ戦

レギュラーリーグ 対東洋大 9月23日 ダイドードリンコアイスアリーナ  リーグ戦前に行われたサマーカップでの決勝戦で戦った強豪東洋大との一戦。サマーカップでは死闘の末、東洋大に勝った中大は今回も勝利を手にすることはできるか。  第1ピリオド試合開始すぐに、東洋大に得点を許してしまう。中大にも何度か得点のチャンスが現れたが、そのチャンスをものにすることができず、第2ピリオドへ。   ......続きを読む»

関東大学サッカーリーグ戦

9月20日 対順大 NACK5スタジアム  開幕2連敗と、後期スタートでつまづいた中大。ここで連敗を止めてチームを立て直したいところだったが、今節はさらに順大に苦しめられることとなった。  立ち上がり。この2試合の出遅れを取り戻そうとするかのように中大は果敢に攻め上がる。しかし中大はこのいい時間帯に点が取れない。徐々に順大も攻撃の形を作り出し、前半17分、順大のシュートを大岩一貴(経3......続きを読む»

関東学生ハンドボール秋季リーグ戦

第8節 対日大 9月23日 早大東伏見スポーツホール 3連敗中とここまで苦しんでいる中大。今日の相手は開幕から7連勝中と、6年ぶりの首位奪回に向けて独走中の日大との対戦。今日負ければ日大の優勝が決まる大事な一戦。目の前での優勝はどうしても防ぎたい。 日大の先制で始まったこの試合は、前半から両チームのチーム状況を表すかのような厳しい展開。パスミスにつけ込み、そこから速攻へと日大としては理......続きを読む»

秋季関東学生卓球リーグ戦

9月22日 代々木第2体育館  リーグも5戦目を迎えた。今日の相手は3季連続全勝でリーグを制覇している王者、淑徳大。圧倒的な実力をもつ強豪を倒せるか。試合は劇的な展開となった。  第1シングルスでは根本理世(文2)が敗退したものの、続く第2シングルスでは松村夏海(法1)が逆転勝利を収める。王者を相手に互角の試合を展開する。  第3ダブルス。春季リーグでは最優秀ペアに輝いた中島慶......続きを読む»

東都大学野球秋季リーグ戦

対亜大 2回戦 9月22日 神宮球場  劇的なサヨナラ勝ちから一夜が明けた。今日、勝ち点を奪えるのか。苦手とする亜大との2戦目が始まった。  大切な一戦の先発は上松英一朗(商4)に任せられた。1回に失策が絡んで先制点を献上してしまうが、その後は走者を出しながらも要所を抑えた投球を見せる。その姿に打線も奮起した。3回、2死から杉沼慶(商3)が左前安打で出塁するとすかさず盗塁を決めた。ここ......続きを読む»

関東大学テニスリーグ

対専大 9月21日 中大テニスコート  1カ月にわたり行われてきたリーグ戦も今日が最終戦。今日勝てば2部優勝が見えてくる。相手は昨年度の2位専大だ。最低でもダブルスを2勝して折り返し、勢いをつけたい。  最初のダブルス。第1ダブルスの月村隼人(商2)・大野貴央(商2)組は序盤こそゲームの取り合いになるが、相手のサーブに苦しめられ徐々に引き離されていき1セット落としてしまう。2セットに入っても思う......続きを読む»

東都大学準硬式野球秋季リーグ戦

対亜大 1回戦 9月22日 上柚木球場  ここまでリーグ戦負けなしの4連勝と勢いに乗っている中大。この試合も勢いに乗って得点を重ねたいところだったが、試合は1点を争う展開となった。  中大の先発は前の試合で完投勝ちをした古賀達彦(商2)。「相手が早く振ってきてくれたんで、球数少なくいけた」とテンポのいいピッチングを見せ、相手を打ちとっていく。エラーなどでピンチを背負う場面もあったが得点......続きを読む»

秋季関東学生卓球リーグ戦

9月21日 対明大 代々木第二体育館  リーグ戦3連勝と優勝への道を歩んでいる中大。その道を2つの壁が阻む。その一つが今日の相手明大だ。日本代表でもある相手エース水谷を欠く状態での対戦だ。まさに中大にとっては壁を破る絶好のチャンスである。今日から代々木第二体育館へと場所を移し、OBが多く見守る中での戦いとなった。  シングルス1番手は今まで2番手での登場が多かった瀬山辰男主将(経4)。......続きを読む»

東都大学野球秋季リーグ戦

対亜大 1回戦 9月21日 神宮球場  第1カードの青学大戦から1週空き、迎えた亜大戦。亜大は昨季、唯一勝ち点を取り損ねた因縁の相手だ。このカードを取ることが今後何よりも生きてくる。  先発はケガから回復を果たした澤村拓一(商4)。初回から球速を飛ばし1、2番を空振り三振。3番本間を左翼フライに打ち取り上々な立ち上がりを見せる。3回、6回にはヒットを許すも後続を打ち取り強力亜大打線......続きを読む»

関東大学アイスホッケーリーグ戦

レギュラーリーグ 対明大 9月20日 ダイドードリンコアイスアリーナ  いよいよ11月まで続くリーグ戦が開幕した。初戦の相手は今年の関カレ覇者、明大だ。中大は先日のサマーカップ優勝校として挑む。  試合序盤は両校ともスローペースで試合が進む。このまま次のピリオドへ持ち越しかというところで中大の攻撃が目立つ。そしてついにピリオド終了間際、阿部慎也(商4)が先制点を決めた。  続く第2ピリオ......続きを読む»

全・日本拳法総合選手権大会

浜田翔平(法3)、総合選手権準優勝!! 9月19日 大阪市中央体育館  今大会に出場できる選手は選抜された猛者に限られる。中大からは東日本個人選手権で準優勝の浜田と、同大会ベスト8の安武光博(文4)、そして予選を勝ち上がった木下智大(理工2)が出場した。昨年もこの大会に出場した浜田は2回戦敗退と、社会人との実力の差を痛感。今年の奮起が期待された。  初出場の安武は初戦、坂口(第......続きを読む»

関東大学サッカーリーグ戦

9月16日 対早大戦 埼玉スタジアム2002第3グラウンド  後期開幕戦を黒星とし後期の逆転優勝のためにも絶対に勝ちたい一戦となった。しかし前節で永木亮太(経4)が退場となりこの日は出場できないなどメンバーは万全とはいえない状況である。早大は前期を下位で折り返し中大同様後期開幕戦で敗戦しているだけに相手も負けられない状況は同じだ。  この日の天候は雨。さらに試合開始直後の3分に佐藤謙介......続きを読む»

秋季関東大学バレーボールリーグ戦

リーグ戦 第3日目 対法政大 9月18日 慶應義塾大学日吉記念館 1セット目スタメン L               C               R ――――――――――――――――――――――――――――― 8千々木駿介(法3) 4長山拓未(法4) 14渡辺奏吾(法2) 27石井優冶(経1)   11岡村義郎(経3) 10白岩直也(経3) Li1高橋賢(経4) ......続きを読む»

秋季関東学生卓球リーグ戦

9月16日 対専大 駒沢体育館  順調な秋季リーグをスタートさせた中大。第2戦で早くも専大戦を迎えた。先月のインカレ決勝トーナメント2回戦で対戦し、勝利を挙げたが、リーグ戦では接戦が多い。今回の試合も第6シングルスまでもつれ込む接戦となった。そして、ラストを任されたのは「今まで全くなかった」と言う松生直明(法1)。しかし、2セットを連取される場面から逆転勝ちを収め、大きな重圧をはねのけてみせ......続きを読む»

関東学生ハンドボール秋季リーグ戦

第7節 対日体大 9月19日 日体大健士台キャンパス第一体育館 秋季リーグ戦もいよいよ大詰め。2連敗で迎えたこの日の相手は、春季リーグ1位の王者、日体大。チーム一丸で今日も攻める。 小賀野龍也(法4)のシュートでゲームは幕を開ける。日体大はすぐに逆転するものの、この日、ワントップで起用されたルーキーの通事亨介(経1)を起点としたデフェンスが機能し、相手に大きなリードを許さない。「前半は......続きを読む»

秋季関東学生ホッケーリーグ

対木更津高専 9月19日 明大八幡山グラウンド'  武蔵大に敗れ1部昇格を目指すためには負けが許されなくなった中大。前回の負けを生かし、勝ちにつなげることはできるか。  2戦目の木更津高専は3部から昇格してきたチーム。しかし、前回は1部から降格してきた学習院大と引き分けたチームでもある。油断はできない。  前半は「やろうとしたことができ、自分たちの形を出せた」と天野哲也主将(商3......続きを読む»

関東大学バスケットボールリーグ戦

9月19日(日) 代々木第二体育館  リーグ戦、第3カード。現在全敗中の法大を相手にむかえた。  法大は昨年度の主力が抜け、大幅な戦力ダウンを強いられており、中大としては負けたくない一戦であった。  前半から、佐藤将斗(法2)を起点としてパスを散らし、アウトサイドから得点を重ねていく。シューターの渡邊良健(経2)だけではなく、竹原康広(商4)、小野大貴(商2)らも3ポイント......続きを読む»

秋季関東学生卓球リーグ戦

9月15日 対駒大 駒沢体育館 4年生最後の団体戦が始まった。 初戦の相手は昨年春にストレート負けを喫した駒沢大学だ。 シングルス1人目は「調子が良い」という伊積健太(商3)。勝利してチームに流れを作りたいところだが、序盤から相手にペースを握られる。ミスを重ね自分のペースを作ることができないままセットを連取される。 後がなくなった3セット目は長いラリーを制すなどしセットを取る。反撃が始......続きを読む»

1 3

ブロガープロフィール

profile-iconchuosports

中央大学学友会体育連盟に所属する「中大スポーツ」新聞部の公式ブログです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:4598398

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 陸上競技部・東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  2. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 監督、部長、コーチ、主務、新主将
  3. 陸上競技部・第94回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  4. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対東海大
  5. 陸上競技部・駅伝監督交代記者会見
  6. 陸上競技部・第44回全日本大学駅伝対校選手権大会 区間エントリー選手発表
  7. バレーボール部・天皇杯皇后杯全日本バレーボール選手権大会 2回戦 対サントリーサンバーズ
  8. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対法大
  9. 陸上競技部・10000m記録挑戦競技会
  10. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 往路選手

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
06
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss