「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~

月別アーカイブ :2010年05月

関東大学ボクシングリーグ戦 2部

対早大 5月29日 後楽園ホール  「今日の一勝は大きい」。君島監督も選手達もそう口を揃えた一戦だった。相手は現在全勝中、選手層も充実している早大。負ければ優勝の可能性が消える中大にとって今試合はリーグ戦のヤマ場だった。  今日のライトフライ級には園部貴也(商1)が出場。序盤から打ち合いが続き接近戦に。しかしこの接近戦が反則ぎりぎりの相手の減点を誘い、最終的に相手の失格負け。まず一つ目......続きを読む»

東日本学生選手権自転車競技大会

5月22、23日 境川自転車競技場  新入生も入部し、新たなメンバーで挑んだ東日本大会。荒れた天候の下、中大は今年も多数の入賞者を出した。  ケイリンでは決勝に進出した野口大誠(経3)、巴直也(商4)が1位、2位を独占。4kmインディヴィデュアル・パーシュートでは石田直樹(法4)が2位、野口裕生(法1)が3位に。4kmチームパーシュートでは中大が3位と、インカレに向けて弾みをつけた。 ......続きを読む»

5月の動画特集

「こちら大学スポーツ新聞会」中大スポーツチャンネルに動画をUPしました。 今回は男女卓球部の紹介です。 →この画面、左下の”リンク集”から”「こちら大学スポーツ新聞会」中大スポーツチャンネル”をクリックして下さい。 またはhttp://www.sponichi-telebee.com/tv/4000749/vid=14944を入力して検索しても視聴可能です。 ぜひご覧ください......続きを読む»

第89回関東学生陸上競技対校選手権大会

大会3、4日目 5月22、23日 国立競技場 大会1、2日目に良いスタートを切った中大は3、4日目もその波に乗れるか。 大会3日目。400mHの予選では田子雅(法4)が大会新をマークし、走幅跳では清水珠夏(1)が一年生ながらも5位に入賞。トラック競技、フィールド競技ともに結果を残した。 大会4日目。400mH決勝では、昨日の予選に続き、またも田子が大会新をマークし、圧倒的な強......続きを読む»

関東学生卓球新人選手権大会

5月26,27日 駒沢体育館  国内屈指といわれる春季リーグが終わり1週間が経った。各大学の精鋭同士の激闘の熱も覚めやまない中、2日間にわたって部のランクを問わない新人戦が行われた。26日に男子ダブルス、27日に男子シングルスが行われ、中大勢が大活躍を見せた。  5回戦までを勝ち抜き、ベスト32に名を連ねたのは橋本唯史(文1)・松生直明(法1)組と久野元成(文2)・土倉諒(経1)組。こ......続きを読む»

東都大学準硬式野球春季リーグ戦

対専大 2回戦 5月26日 上柚木球場  すでに優勝が決まっている中大。しかし今日の相手は関東大会で敗れている専大だ。リベンジを果たし今後に繋げるためにも、リーグの最終戦を勝利で飾り優勝を完全なものにするためにも今日の一戦は負けられない試合となった。  中大は初回、柴田紘希(経2)の右前適時打であっさりと先制すると、さらに小西達也(商2)の適時打で2点を追加し3点をリード。  先......続きを読む»

関東大学サッカーリーグ戦

5月23日 第9節 対駒大 平塚競技場  今節は現在勝ち点14でリーグ3位の中大と2位の駒大の直接対決となった。ここで勝ち点3を手にすることができれば、いまだ無敗の明大の背中も見えてくる。スタメンにはDF佐藤秀行(商4)が出場停止から復帰した。  前半開始からお互い一歩も譲らない試合運びを見せる。中大は永木亮太(経4)、六平光成(経2)の両ボランチと佐藤謙介(文4)が豊富な運動量と......続きを読む»

関東学生陸上競技対校選手権大会 最終日

5月23日 国立競技場 あいにくの雨の中、関カレ最終日を迎えた。 午前中に行われたハーフマラソンでは塩谷潤一(理工2)が健闘を見せた。「前の集団が入賞ラインだと思っていたので、とにかくついていくことだけを考えた」と粘りを見せ、5位入賞を果たした。タイムも3月に立川ハーフで出した記録を再び更新する1時間3分52秒。今季好調を維持している。大石港与主将(法4)が7位入賞、齋藤勇人(商4)は25位......続きを読む»

東都大学準硬式野球春季リーグ戦

準硬式野球部、春秋通算50回目の優勝を飾る 対国士大 3回戦 5月22日 八王子市民球場  悪天候の影響で幾度となく先延ばしになっていた今日のカード。国士大との試合は約1ヶ月ぶりとなる。この春季リーグ一ヶ月間での成長をここで見せ、優勝を確定させたいところだ。  先発は古賀達彦(商2)。「今日は球が走らなくて悪かったけど、悪かったなりにまとめていこうと思った」というように、ボール先......続きを読む»

全関東学生ジムカーナ選手権大会

5月23日 富士スピードウェイ  パイロンで定められたコースをいかに速く走れるかを競うジムカーナ。今季初のスピード競技であり、各大学とも気合が入る。 団体戦は各大学3人が各2回ずつコースを走り、良いタイムの合計によって争われる。中大からは山元然(商4)、安津畑翔平(経2)、田邊大輝(法4)が出場した。  当日の富士スピードウェイは激しい雨に見舞われ、コース上は難しいコンディションとな......続きを読む»

関東学生陸上競技対校選手権大会3日目

4×百mリレー 日本学生新記録で24年ぶりの優勝 5月22日 国立競技場  関カレ3日目の今日は、中大陸上部にとって記念すべき日となった。この日の男子最終種目として行われた男子4×百mリレー決勝。先週の百mで2位~4位を占めた飯塚翔太(法1)、川面聡太(法3)、河合元紀(文3)に畠山純(総2)を加えたメンバーで優勝を目指した中大。結果は2位の早大に1秒の大差をつけるダントツの走りで、2......続きを読む»

Japan Cup第32回全日本軽量級選手権

5月21日~23日 戸田ボートコース 漕手一人当たりの体重が72,5kg以下かつ平均体重が70kg以下の条件のもとに行われる軽量級選手権。中大からは男子シングルスカル、男子舵手なしフォアの2クルーが出場した。1日目の予選レース、まずはシングルスカルに宮川太郎(文3)が出場。しかし「コンスタントで伸ばすことができなかった」と第2,3クオーターでスピードを上げることができず、結局予選4着で敗者復活......続きを読む»

東日本学生レスリングリーグ戦

第3日 対早大・山梨学院大 5月20日 駒沢体育館    この日から、昨年度の上位チームとの対戦となった。    昨年度グループ1位、総合準優勝の早大との対戦は苦しいものとなった。55kg級の大谷健輔(法3)は接戦となるも敗戦。続く椿恭将(文4)、八反田貴顕(文4)も敗れてしまう。後がない状況で試合に臨んだ74kg級中井伸一(経4)であったが、最後まで1ポイントも奪うことが出来ず、早大戦の......続きを読む»

東都大学野球春季リーグ戦

対国学院大 3回戦 5月21日 神宮球場  雨天順延から一夜、泣いても笑っても今日が最終戦だ。澤村拓一(商4)が肘の張り、鮫島哲新主将(法4)が故障のため不出場という状況。ここで高橋監督は鍵谷陽平(法2)、飯田大祐(商2)という若いバッテリーを起用した。鍵谷は初回、2死から3番清水に四球を許すも4番庄司を遊ゴロに打ち取り上々の立ち上がりを見せる。  しかし先制したのは國學院大。2回......続きを読む»

第89回関東学生陸上競技対校選手権大会

大会1、2日目 5月22、23日 国立競技場  関カレでは2年連続準優勝の中大。今年こそは筑波大を破り、悲願の関東制覇なるか。  大会1日目。予選を順調に勝ち進んでいく中、フィールドで最初の決勝種目となった1500m。野村友香里(文4)が優勝、峰村いずみ(商2)が6位、渡辺美保(法2)が7位と結果を残した。また砲丸投では竹山知佳(文2)が4位入賞を果たした。  大会2日目。3人が......続きを読む»

東都大学野球春季リーグ戦

対国学院大 2回戦 5月19日 神宮球場  前日はエース澤村拓一(商4)が登板するも、国学院大先発・鷲尾に1安打に抑えられ、得点を奪うことができず敗戦。今日の試合を最終戦にしないためにも、明日へつながる1戦をしたいところだ。  初回、2番・西銘生悟(法2)が内野ゴロで出塁すると、志田卓也(商4)の二塁打で、西銘は三塁へ。続く4番・井上晴哉(商3)が中堅に犠牲フライを放ち、24イニン......続きを読む»

春季関東大学バレーボールリーグ戦

リーグ戦 第10日 対順大 5月16日 日体大健志台米本記念体育館  長かったリーグ戦も今日が最後日。様々なアクシデントにみまわれつつも、今日まで戦い抜いた中大。最終戦の相手は1次リーグで負けた順大。リベンジを果たし、成長を見せるのか。  スターティングメンバーにはリベロとして山本拓矢主将(法4)が起用され、チームを盛り上げる。試合は相手のミスから始まる。序盤から怪我で戦線離脱した千々......続きを読む»

関東大学サッカーリーグ戦

5月19日  第8節 対国士大 横浜市三ツ沢公園陸上競技場  中大は前節明大に敗戦し、第7節終了時点で3位。今節はFW林容平(文3)を第38回トゥーロン国際大会で欠き、DF佐藤秀行(商4)が出場停止とメンバーがそろわない厳しい状況となった。  雨でピッチの状態も悪い中前半が始まった。「最悪の内容だった」(安柄俊・経2)と語るように、15分国士大が浮き球のパスに頭で合わせ先制す......続きを読む»

東日本学生レスリングリーグ戦

リーグ戦 第2日 対群馬大・東農大戦 5月19日 駒沢体育館  初日の2連勝の勢いのままに臨みたい2日目はベストメンバーをそろえず、中井伸一(経4)等を温存しつつの戦いとなった。  初戦の群馬大戦では、初戦の高ノ山翼(文3)が全日本大学選手権準優勝の岩永を相手に善戦するも敗戦。続く60kg級小林篤生(文2)が勝利するも、66kg級松本和弥(商2)がケガのため万全ではない中での試合という......続きを読む»

東都大学野球春季リーグ戦

対国学院大 1回戦 5月18日 神宮球場  4日前亜大との接戦をものにできず、今リーグ戦で初めて勝ち点を落としてしまった中大。現在リーグ3位。ひとまず今カードの対戦相手国学院大から連勝で勝ち点を奪い、残された優勝への一抹の望みにかけたい。  先発は中4日での登板となったエース澤村拓一(商4)。その立ち上がり、疲れを感じさせないテンポの良いピッチングで僅か8球で初回を終わらせる。 ......続きを読む»

東日本学生レスリングリーグ戦

リーグ戦 第1日 対大東文化大・明大戦 5月18日 駒沢体育館  3年前6位、2年前5位、そして昨年度4位と一つずつ順位を上げてきている中大。天野雅之主将(法4)、中井伸一(経4)の二人のエースを擁して上位を目指す戦いが始まった。  初戦の相手は大東文化大。まずは55kg級の大谷健輔(法3)が1ピリオド・2ピリオド共に先に1ポイントを取られるも、終盤にラストポイントを奪い勝利。続く60......続きを読む»

春季関東学生卓球リーグ戦

5月18日 国立代々木競技場第二体育館  ここまで2勝3敗。今日勝てば3連勝となり、久しく訪れていない春季リーグ戦での勝ち越しに向けて弾みがつく。  相手は日本体育大学。このリーグ戦ではここまで同じ成績だが、中大は付け入る隙を全く与えず、4-0のストレート勝ちを納めた。   今の中大を示す象徴的なデータが対淑徳戦、対東京富士戦だ。共に3-4で敗れはしたものの、強豪相手に3-3まで粘......続きを読む»

春季関東学生卓球リーグ戦

5月17日 対明大 国立代々木競技場第二体育館  因縁の相手明大。昨季は接戦の末に敗れた。ほぼ戦力を落とさずに今季を戦う相手に、中大はどう戦うのか。  シングルス1番手は伊積健太(商3)。対するは昨季関東学生3位の軽部。2セット先取されこのままストレート負けを喫すのかと思われた3セット目。サーブが効果的に決まり、相手に3得点しか与えずセットを奪うと、そのまま中大ペース。5セット目は相手......続きを読む»

日本拳法東日本大学リーグ戦

5月16日 立教大学新座キャンパス シーズン開幕戦となる東日本リーグ戦が行われ、中大が見事に優勝を飾った。昨年の主力選手4名が卒業し、その穴が大きいのは事実である。しかし安武光博主将(文4)、浜田翔平(法3)に加え、下級生の活躍も見られ、チームの底上げを感じさせる結果となった。 Cブロックで圧倒的な強さを見せつけ全勝。順当に決勝リーグにコマを進める。決勝リーグ、最初の対戦は早大。今年から......続きを読む»

第59回関東大学バスケットボール選手権大会

5月16日(日) 代々木第二体育館  関カレ最終日の今日、前日早大に敗れた中大は、関東学大との7位決定戦に臨んだ。  課題は、関東学大の誇る点取り屋で得点ランクでトップを行くパプ ムール ファイをいかに抑えるか。パプがボールを持つとすぐさまダブルチームでプレスをかけなかなかシュートを打たせない。相手の攻撃を封じつつ、入戸野良(経2)を起点に竹原康広(商4)や小野大貴(商2)の切り込みや渡......続きを読む»

関東学生ハンドボール春季リーグ戦

第8日目 5月15日 対国士舘大 国士舘大多摩キャンパス  1カ月以上にわたる春季リーグ戦も今日で最終日。今日勝てば8年ぶりのベスト3が決まる重要な試合だ。リーグ戦最終戦を勝利で有終の美で飾りたい。  今試合の相手は昨シーズンのインカレ2回戦で1点差の激闘を制し勝利した国士舘大。現在のリーグ戦の順位においても3位4位を争う両校なだけに好ゲームが期待される。  序盤、先制したのは中......続きを読む»

第89回関東学生陸上競技対校選手権大会2日目

5月16日(日) 国立競技場  関カレ2日目。汗ばむほどの好天に恵まれる中、選手たちは白熱した勝負を繰り広げた。中大は百m、一万m、三段跳の3種目において決勝に出場した。  男子百m決勝。今年度多数の大型ルーキーの加入により活気付く短距離陣にとって一つ目のヤマ場だ。午前中の準決勝に進出した川面聡太(法3)、河合元紀(文3)、飯塚翔太(法1)はそろって決勝へ。最大のライバルは江里口(早大)......続きを読む»

関東学生春季ホッケーリーグ

対一橋大 5月16日 駿河台大グラウンド  2部リーグAプールでの総当たり戦を2位で終了した中大が順位決定戦で迎え撃つのはBプール1位の一橋大だ。昨季の春季リーグ時には1部にいたチーム。格上に挑む形ではある。しかし、この戦いに勝利すれば1部との入れ替え戦が待っている。チームが飛躍するためにぜひとも勝ちたい試合だ。  試合は一橋大が攻め、中大がそれをしのぐ形となる。容赦ない攻めにも塩田和......続きを読む»

第89回関東学生陸上競技対校選手権大会

大会1日目 5月15日 国立競技場   第89回関東学生陸上競技対校選手権大会が行われ、初日も国立競技場が盛り上がりを見せた。中大からは千五百m予選に、橋形卓磨(経3)、新庄浩太(法2)、服部峰祥(法2)が出場。そして短距離では百m予選、4×百mリレー予選が行われた。  予選1組で走った橋形、新庄の二人は序盤集団内でレースを展開するも後半のスパートで離されてしまう。一方、ここまで好調を......続きを読む»

東都大学野球春季リーグ戦

対亜大3回戦 5月14日 神宮球場  優勝への大きなカギとなる亜大戦は1勝1敗と3回戦までもつれ込んだ。先発は1回戦と同じく澤村拓一(商4)と東浜だ。好投手の投げ合いの中、1点が勝敗を分ける試合となった。  試合は見事な投手戦。東浜が打たせて取るピッチングなら、澤村は5回までに7つの三振を築く。球速こそ抑えていたが、粘る相手打線をねじ伏せた。  互いに譲らない試合は、0-0のまま......続きを読む»

1 3

ブロガープロフィール

profile-iconchuosports

中央大学学友会体育連盟に所属する「中大スポーツ」新聞部の公式ブログです。
  • 昨日のページビュー:753
  • 累計のページビュー:4189106

(03月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 陸上競技部・東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  2. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 監督、部長、コーチ、主務、新主将
  3. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対東海大
  4. 陸上競技部・駅伝監督交代記者会見
  5. 陸上競技部・第44回全日本大学駅伝対校選手権大会 区間エントリー選手発表
  6. バレーボール部・天皇杯皇后杯全日本バレーボール選手権大会 2回戦 対サントリーサンバーズ
  7. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対法大
  8. 陸上競技部・10000m記録挑戦競技会
  9. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 往路選手
  10. 陸上競技部・上尾シティハーフマラソン

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
06
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss