「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~

月別アーカイブ :2009年09月

関東学生ハンドボール秋季リーグ戦

リーグ戦 最終日 対早大 9月29日 駒沢体育館  秋季リーグ最終戦の相手は春季3位の早大。この勝敗にかかわらず中大の8位は決定していたが、インカレに向け1戦でも多く勝っておきたい。 序盤から中大は石原裕(文2)、門口敬太(法4)、小賀野龍也(法3)が次々にシュートを決め4連続得点。対する早大も速攻を仕掛けてくるが、GK永沼悠紀(法2)がゴールを守り、流れを渡さない。  さ......続きを読む»

東都大学野球秋季リーグ戦

対東洋大 1回戦 9月29日 神宮球場  たどり着く先は5年ぶりの悲願か、はたまた下位争いか。中大の命運は残り3カードに託された。  最初の敵は五連覇中の東洋大。春季は勝ち点を挙げているとはいえ、相手は王者。負けられない一戦で真価を発揮したのは中大だった。  中大のマウンドはエースの澤村拓一(商3)。立ち上がりから低めを丁寧に突く投球で、強打を誇る東洋打線から凡打の山を築く。 ......続きを読む»

関東学生テニスリーグ 1部2部入替戦

9月29日 対日大 日大テニス部合宿所  1部昇格はならなかった。  時折小雨も降る中、試合は始まった。両校ともに1部をかけての戦いとあり、コート内には緊張感が漂う。  ダブルスに臨んだ3組だが、なんと3組ともストレート負け。1部と2部との差を見せ付けられる。あと1歩近づけず、相手に後れを取ってしまった。  続くシングルスではS3月村隼人(商1)、S2千葉直也主将(法4)が気を吐き、日大......続きを読む»

関東学生フェンシング新人戦

9月29、30日 駒沢屋内球技場     関東の各大学の1年生が参加する今大会。フルーレ、エペ、サーブル種目の個人戦に加え、フルーレの団体戦が実施される。中大からは4人の1年生が出場した。  まず、初めのフルーレ個人には菅野昌徳(文1)、笹澤駿(商1)、木村芳徳(商1)、野里崇有(経1)4名全員がエントリー。全員が危なげなく予選プールを勝ち進み、決勝トーナメントへ。32名で争われるトーナメ......続きを読む»

第15回関東大学女子駅伝対校選手権大会

9月27日 千葉ニュータウン  10月に仙台で行われる全日本大学女子駅伝の予選会となる今大会。関東からはシード校の玉川大、東農大を除く上位6校が出場権を獲得する。  1区はスタートから先頭に飛び出た齋藤佑貴(文4)が快走を見せた。このレース展開に「ひょっと出てしまって…。でも周りに惑わされず自分のペースで行けたのが良かった」と語り、試合序盤の流れをつくる。  2区3区は初出場となる......続きを読む»

関東大学アイスホッケーリーグ戦

1stステージ 対東洋大 9月27日 ダイドードリンコアイスアリーナ  前節の早大戦では後半に追いつき、価値ある引き分けを手にした中大。勢いそのままに、王者東洋大にもなんとか食らいつきたいところだったが、東洋大の強さをあらためて感じさせられる試合となった。  第1ピリオドは、東洋大の攻めに対し中大がなんとか守りきる展開。幾度となく危ない場面をつくりながらも、GKの佐々木亮(法2)を中心......続きを読む»

秋季関東大学バレーボールリーグ戦

リーグ戦 第6日 対国際武道大 9月27日 日体大健志台米本記念体育館  ここまで1勝同士の対決。前日に続き内藤和也主将(商4)は体調不良のため欠場し、昨年のインカレでスタメンだった岡村義郎(経2)がその穴を埋める。  第1セットは互いにサーブミスやコンビミスで失点しダラダラとデュースまでもつれたが、千々木駿介(法2)と辰巳正敏(経3)がスパイクを決め中大がセットを先取。  続く......続きを読む»

関東大学ラグビーリーグ戦

リーグ戦 対日大  9月26日 日本大学稲城グランド  前節で強豪関東学大に大敗を喫している中大。今試合は、2戦目にして選手権大会出場へ天王山ともいえる大事な一戦。相手は、昨年のリーグ戦で惜敗している日大。絶対に負けられない緊張感の中で、中大は見事な逆転劇を演じた。  序盤、日大の勢いに押された中大は、前半10分で2トライを決められ大きく点差を離されてしまう。しかし、「焦りはなかった。......続きを読む»

第201回日体大長距離競技会

9月26日、27日 日体大健志台グラウンド  二日間にわたり行われた記録会に、中大からは主力を含む多数の選手が出場した。  26日に行われた一万m11組には辻幸佑(経4)、齋藤勇人(商3)が出走。合宿明けということで疲れもあったためか、自己ベスト更新とはならなかった。  27日の五千m種目では、まず29組に出場した橋形卓磨(経2)が果敢な走りを見せる。レース後半辺りに先頭集団に加......続きを読む»

関東大学バスケットボールリーグ戦 対日大

9月26・27日 国立代々木競技場第二体育館他  リーグ戦2カード目の相手は日大。1日目、中大は今まで課題としていたリバウンドを多く奪い、パスもうまくつながり第2クオーター終了時点で36-26とリードする。しかし、疲れの見え始めた第3クオーターからミスが出はじめ得点を重ねられると、第4クオーターも相手にいった流れを変えられず61-64で惜敗した。 大会結果     ●中大61-64......続きを読む»

関東学生ハンドボール秋季リーグ戦

リーグ戦 8日目 対筑波大 9月26日 国士舘大多摩  残り2試合となったリーグ戦。筑波大は毎年リーグ上位に食い込むチームだが、中大にとっては相性が良く、ここ数年互角の相手だ。  今試合でもその傾向はみられた。前半、中井鮎人(経4)の活躍などで、秋季リーグ2位の筑波大にリードした試合展開となる。「チームプレーができてセットオフェンスもできていた。全体で点が取れた」(橋本宏大・総3)と語......続きを読む»

秋季関東大学バレーボールリーグ戦

リーグ戦 第5日 対順大 9月26日 日体大健志台米本記念体育館  内藤和也主将(商4)がインフルエンザのため欠場。チームの大黒柱を欠いた状態で今試合を臨む。負け続きの今季、相手は強豪順大、と大事な一戦であった。  序盤は千々木駿介(法2)、辰巳正敏(経3)、白岩直也(経2)らアタッカー陣の速攻が冴え渡る。内藤の代わりにセンターで出場した岡村義郎(経2)もブロックと声掛けでチームを鼓舞......続きを読む»

関東学生テニスリーグ

対専大戦 9月25日 専大伊勢原グラウンドテニスコート  いよいよリーグ最終戦。最終戦の相手は、ここまで4勝0敗の専大。2部優勝をかけての直接対決だ。  首位争いを繰り広げる相手だけあり、リーグ戦中最も苦しい戦いになった。ダブルスを2-1とリードして終えたが、シングルスは実力伯仲の譲らぬ展開に。瀬戸和也(経3)は1セット目を6-4で取ったが、2セット目途中に足を痛めてしまう。なんとか立......続きを読む»

関東大学サッカーリーグ戦

第15節 対明大 9月26日 埼玉スタジアム2002第2グラウンド  前節は神奈川大の守りに苦しみながらも勝ち点3を手にした中大。今節の相手は「(入学してから)勝ったことがない」(村田翔主将・法4)という明大が相手であった。14節終了時点で3位の中大と2位の明大の直接対決となった。  試合は両者譲らないこう着状態が続くと思われたが、前半5分にコーナーキックを得ると、村田主将の正確なキッ......続きを読む»

東都大学軟式野球秋季リーグ戦

9月25日 朝霞球場 対明学大第1戦。ここまで1勝1敗1分けと苦しい戦いの続く中大は、先制されながらも終盤同点に持ち込み、なんとか引き分けた。  試合は初回から動いた。先発の堀内建一(経2)が先頭打者にいきなり二塁打を打たれると、動揺からかボークを取られ無死三塁。その後もチャンスを広げられ右前打で先制を許す。「失点場面はどちらも失策からとられたのがもったいない」(壇原知也主将・経3)と5......続きを読む»

秋季関東学生卓球リーグ(女子)

9月23日 対日大 国立代々木第二体育館  「采配がバッチリ決まった」。  今年で監督を辞めることになった石橋監督は満面の笑みでそう語った。リーグ最終戦、対日大。勝利を収めた中大は入替戦を回避し、6位となった。  一人目は「隠し玉」と監督が推す倉林奈保(文1)。倉林は、勢いに乗ると逆転されてもすぐに追いつく試合運びをみせ、ストレートで勝利を収める。  続く根本理世(文1)も......続きを読む»

関東学生ハンドボール秋季リーグ戦

リーグ戦 7日目 対日体大 9月22日 日体大健志台  前節では終盤に猛追を受け1点差で辛くも2勝目を手にした中大。7節目の相手は学生王者日体大だ。  序盤、中大は学生王者日体大にも臆することなく果敢に点を奪いに行く。シュートを決めるたびチームが盛り上がり、前節の迷いは感じられない。前半26分、GK永沼悠紀(法2)がファウルからのフリースローを止め勢いに乗る。  逆に日体大は中大の1......続きを読む»

秋季関東学生卓球リーグ戦(男子)

9月22日 対日大 国立代々木競技場第二体育館  ついにリーグ最終日、日大戦を迎えた。4年生にとっては最後の団体戦、そして下級生にとっては来期の新チームへの足がかりとなる大事な試合となった。  日大は有望な1,2年生を擁するも中大の有利かと思われた。しかし、第1シングルス伊積健太(商2)は昨年の新人王、明に第1セットで善戦するが、ストレート負け。続く第2シングルス、清水善巳(文3)はリ......続きを読む»

関東大学アイスホッケーリーグ戦

1stステージ 対早大 9月23日 ダイドードリンコアイスアリーナ  秋季リーグ戦2戦目の相手は早大。サマーカップでは3位決定戦で勝利した相手だけに、今日も白星を挙げたいところだ。    序盤、両チームともゴールを狙うが決定打につながらない。しかし8分、一瞬の隙をつかれ早大に先制を許してしまう。さらに14分に追加点を決められ、中大はなかなか試合の流れを自分たちのものにできない。  ......続きを読む»

秋季関東学生卓球リーグ(男子)

9月22日 対埼玉工大 国立代々木競技場第二体育館  秋季リーグ戦も残り2試合。今日勝てば1部残留を決められる。相手はインカレで敗れた埼玉工大。リベンジを果たしたいところだ。  今日も中大は試合の流れを一気にこちらに引き寄せるため、序盤から森田侑樹(文4)、瀬山辰男(経3)を使う作戦をとる。しかしこの作戦は裏目に出てしまう。森田も瀬山も敗れてしまい、流れを作ることはできず。中大にとって......続きを読む»

秋季関東学生卓球リーグ戦(女子)

9月22日 国立代々木競技場第二体育館  リーグ戦も終盤。第6戦の今日は専大との対戦となった。春季リーグでは中大の一つ上。実力的には互角のため、接戦となることが予想された。  中大は後半勝負になることを見越し、主力の根本理世(文1)を終盤に配置するオーダー。一人目の田中由貴(文2)は相手のエースである高と当たったためストレート負けを喫した。しかし次に控える岡野あいみ(文2)で勝利し、タイ......続きを読む»

関東学生ラクロスリーグ戦

対専大戦 9月22日 大井ふ頭中央海浜公園第2球技場  黒星から始まったリーグ戦、2戦目の相手は専大だ。4部から勝ち上がってきた勢いのあるチーム相手にどう戦うか、チームとしての力量が問われた。  前半はほぼ互角。「1本取られたら取り返すのが大事」(柏葉麻美主将・経4)と点を取られてもその後のフォローができていた。良い流れで試合は進み、3-3と同点で前半を折り返す。    しかし後半......続きを読む»

東都大学準硬式野球秋季リーグ戦

対国士大 2回戦 9月22日 上柚木球場  昨日は打線が上手くつながらず課題の残る試合となったが、今日の試合は序盤のチャンスをものにしての勝利となった。  中大は2回1死二、三塁のチャンスを作ると、真中恵介(総3)がスクイズ。これがそのまま内野安打となり先制すると、2死二、三塁で小西達也(商3)が初球を右中間へ運び、適時三塁打で2点を追加した。  投げては井上弘(経4)が打たせて......続きを読む»

秋季関東学生卓球リーグ戦(男子)

9月21日 対明大 国立代々木競技場第二体育館  リーグ戦もいよいよ大詰め。2日間のインターバルを経て、秋季リーグ戦四連覇中の明大を迎えた。春はストレート負けを喫しており、苦戦が予想される。  中大でトップを任されたのは瀬山辰男(経3)。相手の池田はチームの中核選手だが、関カレ、昨秋と連勝しており瀬山にとっては好相性。この日も1セットを先取されながらも続く3セットは大量リードで獲得した......続きを読む»

東都大学準硬式野球秋季リーグ戦

対国士大 1回戦 9月21日 上柚木球場  リーグ戦4連勝と絶好調の中大。投打共に好調であり、今日からの相手国士大にも連勝で勝ち点といきたいところだ。しかし、今日の試合は課題が多く残る試合となった。 中大は初回から3回まで毎回先頭打者が四球で出塁し、得点圏に走者を進めるも得点は3回の相手投手による暴投での1得点のみ。4回には3得点を挙げたものの安打での得点は1得点だけであった。この回ま......続きを読む»

秋季関東大学バレーボールリーグ戦

リーグ戦 第4日 対明大 9月19日 NECニューライフプラザ  第1セット、5ー10と5点ビハインドから、辰巳正敏(経3)のスパイクなどで一時は同点とするも、終盤に明大に突き放されこのセットを落としてしまう。  2セット目は一転して中大ペース。序盤から終始リードを奪い、25ー21でセットをものにしたが、3セット目、今度は中大のミスなどで明大が序盤からリードを奪う。終盤追い上げを見せる......続きを読む»

関東大学アイスホッケーリーグ戦

1stステージ 対明大 9月21日 ダイドードリンコアイスアリーナ  例年より長い合宿で、今までとは異なるプレースタイルに挑戦した成果をサマーカップを3位という形で示した。その流れのままリーグ戦に突入したかったが、サマーカップでは手玉に取った明大相手に黒星を喫することとなった。  第1ピリオド、先制は中大。2分、第3セット我妻良彦(法3)が早くも決める。18分間リードを守り1ピリを終え......続きを読む»

関東学生テニスリーグ

対東海大 9月21日 中大テニスコート  目指す1部復帰まで残りわずか。次は激戦が予想されるだけに、この1戦はなんとしても勝たなければならない。  ベストメンバーがそろわない中、オーダーを変えて臨んだが、どのコートでも競り合う場面が。 「フルメンバーではないからここが一つのヤマ場」(北澤監督)。ダブルス・シングルスともに選手には苦しい表情も見られた。  しかし地力に勝る中大。「み......続きを読む»

関東大学バスケットボールリーグ戦 対専大

9月19・20日 国立代々木競技場第二体育館  リーグ開幕戦。相手は昨年度リーグ戦3位ながら、今春の関カレでは2回戦で敗退した専大。同大会でベスト8の中大としては勝っておきたい相手だった。  1日目。ケガから復活した小野龍猛主将(法4)が、序盤からインサイドで圧倒的な存在感を示し得点を重ねていく。1年生ながらスターティングメンバーとなった小野大貴(商1)や佐藤将斗(法1)、入戸野良(経1......続きを読む»

関東学生ハンドボール秋季リーグ戦

リーグ戦 6日目 対大東文化大 9月20日 明大和泉キャンパス  前節の東海大戦では力の差を見せつけられ大敗を喫した中大。現在1勝4敗、リーグ8位ともうこれ以上負けることは許されない。  6節目の相手は全敗中の大東文化大。開始直後、幸先よく橋本宏大(総3)が連続得点を決める。すると流れに乗った中大は小賀野龍也(法3)がリバウンドでチャンスを広げると、中塚達也主将(商4)がこれをきっちり......続きを読む»

1 3

ブロガープロフィール

profile-iconchuosports

中央大学学友会体育連盟に所属する「中大スポーツ」新聞部の公式ブログです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:4521386

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 陸上競技部・東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  2. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 監督、部長、コーチ、主務、新主将
  3. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対東海大
  4. 陸上競技部・第94回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  5. 陸上競技部・駅伝監督交代記者会見
  6. 陸上競技部・第44回全日本大学駅伝対校選手権大会 区間エントリー選手発表
  7. バレーボール部・天皇杯皇后杯全日本バレーボール選手権大会 2回戦 対サントリーサンバーズ
  8. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対法大
  9. 陸上競技部・10000m記録挑戦競技会
  10. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 往路選手

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
06
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss